正しいターゲットの絞り方とは!?

正しいターゲットの絞り方とは!?

1091624_success_succeed_business_money_sign

 

 

 

 

 

 

 

ども、仙道です。

前回の続き

「市場を細分化していけば、
”明確なベネフィット”が与えられ、
差別化できるようになる」

だから

【”1人の顧客”の”1つの悩み”を特定する】

ということでした。

つまり、コレがよく言われている
「絞る」という事ですね。

ただし、ここで「1つの悩み」が・・・

【私の場合、どこまで市場やターゲット
を絞ればよいか、わかりません((+_+))】

という悩みです。

かなり悩んでいる方が多いです。

・・・・・

では、ズバリ!お答えしましょう!

すべてのビジネスやマーケティング
で当てはまる事ですが、

「答え」はコレです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

★★★★★★★★★

あなたの「強み」が最も発揮でき
「ライバルを圧倒できる市場」に
なるまで絞る

★★★★★★★★★

・・・・

実は、絞っても「ライバル」は
存在してよいのです。

よく、マーケティングの教科書や
ネットの教材には

「ライバル不在のブルーオーシャンを
見つけましょう!」

と、記載がありますが、それは
かなり難しいです。

儲かる市場には、必ず「先行者」がいますので。

膨大な資本金があれば、先行投資できなくも
ないですが(少なくとも1000万とか)

・・・・

というより、少し”発想”を変えて

「ライバルが存在するが、
ココで戦えば勝てるな・・・」

という市場、ターゲットに絞れば
よいのです。

なぜなら、

「ライバルが存在する」= 「不利」

ではなく

「ライバルが存在する」=「市場が存在する」

からです。

つまり、「お金を払う人」が存在する
から「ライバル」も存在するワケです。

そして、

【あなたの強みが最も発揮できる市場】

まで絞ってしまえば、ライバルを圧倒できます。

ライバルがいても、赤子をひねる
ように無力化できるのです。

「囲い込んだ市場」で1人勝ちが起こります。

ちょっとズルいですが、計算して

【最初から自分が勝てる市場で勝負する】

というワケです。

僕は、起業当初はこのプロセスを
意図的に実施してきました。

だから、
「実績0、資格0、学歴0、職歴0」
という状態からスタートしても
「起業・集客コンサルという激戦区」でも
抜き出る事ができたのです。

僕が「激戦区」で可能だったワケです
ので、あなたはもっとできるハズです!!!(^^)!