ブログ・メルマガのライティングが自然と習慣化できる6つのコツ

ブログ・メルマガのライティングを自然と習慣化できる6つのコツ

どうも、仙道です!

WEB集客を成功させるためには、
ブログやメルマガなどの記事を
継続的に書くことが必要です。

しかし、継続的に記事を書く。
これができなくて苦しんでいる人、
WEB集客を諦めてしまう人が
非常に多くいます。

そこで今回は、
記事を書くことを
習慣化するためののコツを
解説していきます。

記事を書くストレス・苦しみから
解放されるためにも
ぜひ記事を書くことを習慣化してください。

はじめに|習慣化の重要性

習慣化とは、
ストレスを感じることなく
自然とできるようになる状態のことです。

  • 歯磨き
  • 洗顔
  • 手洗い など

日常の生活の中にも
習慣になっている行動があるように
文章を書くこと(ライティング)も
習慣にしていくということです。

ライティングを習慣化できると、
ストレスを感じることなく
自然と文章を書くことができます。

では、実際にどのようにして
ライティングを習慣化していくのか。
7つのコツを解説していきます。

 

ライティング習慣化に欠かせない2つの要素

ライティングを習慣化するためには、
習慣化のコツを実践する前の段階で
整えておくべき要素が2つあります。

この2つの要素を無視してしまうと
どんなに努力しても
ライティングが習慣化できません。

2つの要素が自分には
欠けていないかどうかを
確認しながら読み進めてください。

 

要素1:セルフイメージを高める

ライティングを継続させるためには、
セルフイメージを高めることが必要です。

セルフイメージとは、
「自分で自分という人間を
どう思っているか」
このような意味です。

ライティングに苦手意識がある人は、
次のようなセルフイメージを
持っています。

  • 自分は文章が苦手だ
  • 自分は文章が書けない人間だ
  • 自分には文章を書く才能がない など

このような
セルフイメージを持っていると
どれだけ努力しても
ライティングが継続しません。

なぜなら、セルフイメージとは
自分の潜在意識(=自覚できない意識)の中に
あるものだからです。

人は潜在意識にある考え方に沿って
自分の行動を決めていると言われています。

なので潜在意識の中の
セルフイメージを書き換えないことには、
自分の習慣を変えていくことができません。

もし自分でセルフイメージが低い。
そう感じる場合は、
セルフイメージを高めることから
取組んで欲しいと思います。

セルフイメージを高めるための
具体的な方法については
別の記事で詳しく解説しています。

セルフイメージを高めるために
活用してください。

起業成功に欠かせないセルフイメージを高める方法

 

要素2:マインドセットを整える

マインドセットは
セルフイメージと合わせて
非常に重要な要素になります。

セルフイメージを高めると同時に、
マインドセットを整える(※)ことが必要です。
(※)成功に必要なマインドセットを身につけること

マインドセットとは、
物事・出来事に対する
自分の考え方』です。

<参考例>

  • ライティングには才能がいる
  • ライティングは難しい
  • ブログ・メルマガを書くのは大変なこと
  • 上手く書かないといけない
  • 実績がないと書いてはいけない
  • 真面目に書かないといけない
  • 毎回異なるネタを考えなくてはいけない

このようなマインドセットを持っていると、
どれだけ努力しても
ライティングを習慣化することはできません。

マインドセットを身につけるための
具体的な方法については、
別の記事で詳しく解説しています。

ライティングを習慣化して
WEB集客を成功させるためにも
マインドセットしっかり整えてください。

起業家の成功に欠かせないマインドセット構築方法

■文章を書けなくする5つのマインドブロックと対処法

ブログ・メルマガなどの
文章が書けないと悩む人は、
マインドセットに対する
ブロックが働いています。

つまり、
間違った認識や思い込みを
持っているということです。

では、どのような間違った
マインドのブロックがあるのか。
5つのタイプをご紹介します。

もし1つでも当てはまっている場合は、
しっかりと対処法を実践して
マインドブロックを無くしてください。

<5つのマインドブロック>

ブロック1: 完璧主義
ブロック2: 他人の意見が怖い
ブロック3: 自分の能力に自信がない
ブロック4: 成果を提供できる不安
ブロック5: 自分のスキル・知識を盗まれるのが嫌だ


ブロック1: 完璧主義

完璧主義の人は、
ライティングを
習慣化することができません。

  • 常に「100点」の記事を書かないといけない
  • 完璧を目指すため、 ダメ出しが増える
  • 完璧じゃないからいつまでたっても投稿できない

ブログやメルマガを書くとき、
特に初めてスタートするときは、
完璧なものを書くことは無理です。

そして「完璧」という状態は、
そもそも存在しません。

どんなに活躍している起業家でも
1番最初は素人からスタートしています。
もちろん私も同じです。

ビジネスをしていく上でも
完璧主義は大きな壁になるので
しっかり対処するようにしてください。

対処法

・自分の記事が 「30点」
と思っても読者から見たら
「80点」 の可能性があることに気づく。

記事に対する反応は
実際に投稿してみるまで
わからないものです。

・起業してビジネスをしていけば
ブログ・メルマガ記事は100記事、
200記事以上書くもの。

だから今「30点」でも
明日「30.5点」になればよい!
そのような気軽な気持ちで
ライティングを始めること。

・そもそもですが、
ブログ・メルマガを始めた
最初の段階では、
“そんなに”見られてなません。

自分が思っているほど
ブログ・メルマガは
ちゃんと見られていないことに
気づくこと。

ブロック2: 他人の意見が怖い

ブログ・メルマガを書くことで
・他人からの意見が怖い。
・思い切ったことを書けない
これもよくある悩みです。

クレームや批判の声をもらうと
自分のセルフイメージも下がるので
どうしても怖くて書けない。
そう悩む人もいます。

対処方法

・ブログ・メルマガはそもそも無料です。
もしもクレーム・批判ばかりしてくる方がいれば
解除してもらう。もしくは強制解除すれば大丈夫です。

・ブログやメルマガを通して発信する主張に
そもそも「正解」はありません。
この事実に気づくことが重要です。

・ブログやメルマガを通して発信する主張は
自分の「意見」であり「事実」ではない。

事実を公表しているわけではないので、
自分が思うように書いてください。

<批判・クレームを跳ね返すためのワーク>

他人の意見が怖い。
このマインドブロックを
解除することができる、
ワークを1つご紹介します。

  • ステップ1:自分が恐れている「批判・クレーム」はどんな物か
  • ステップ2:それがもたらす「最悪な状況」を複数あげてみる
  • ステップ3:ステップ2の答えを現実に起こりそうな順番で順位をつける
  • ステップ4:順位をつけた順番に「対処方法」「反論」を5つ以上考える

 

ブロック3: 自分の能力に自信がない

自分が発信する情報には価値がない。
このように感じてしまう人も多くいます。

・今の自分のコーチング技術、
コンサル技術で記事を書いてよいのか
不安になる。自信が持てない。

・自分よりレベルの高い人から
自分の意見、見解に反論されたら怖い

対処方法

例えばコーチ・コンサルの場合、
その手法に正解はありません。

売れている
= 実績がある
= 正解 ・正しい
このように考えてしまいがち。
けれどもこれは正解ではありません。

「売れている人が正解」なんてことは
決してありません。

セルフイメージを高めて、
自分の考え・主張に自信を持ってください。

自分より実力がある人は
まず、あなたのブログを見ていません。

もし見ていたとしても
わざわざクレームを
言ってくることもありません。

唯一クレームが来るとすれば、
売れている人のノウハウ・考え方を
丸パクリしたときです。

丸パクリだけは
ビジネスにおけるタブーです。
決してやらないようにしてください。

どうしても自信が持たない場合は、
自分の意見の裏付けとして
専門家の意見を使うことがオススメです。

 

ブロック4: 成果を提供できる不安

ブログ・メルマガには
強気ですごい内容を書いた。
けど実際に契約に来られたら
ガッカリさせてしまうかも。

コーチングやコンサルなど、
サービスを提供したときに
「クライアントが
成果を出せなかったら
どうしよう」
このように考えてしまう。

対処法

クライアントが成果を出せるように
「保証」や「サポート」をつけて
サービス内容を手厚くする。

少し無理目なことを書いたと思ったら、
それに合わせた自分が必死で成長する。
足りない部分を努力すること。

ブロック5: 自分のスキル・知識を盗まれるのが嫌だ

自分のスキル・ノウハウを書きすぎて
ライバルにマネされたら
どうしよう。

自分が頑張って作った
・オリジナルコンテンツ
・すごい理論やノウハウ など
ブログやメルマガに書きたくない。

これらは、すでに起業している人、
そして順調に売上の作れている人に
もっとも多い悩みです。

このブロックを外さない限り
成長が止まってしまうので
しっかり対処するようにしてください。

対処法

・売れてないうちは、
ブログ・メルマガは
ほとんど見られてません。

見られていない分、
逆にノウハウを出しまくった方が、
ターゲット(見込み客)の目に止まります。

・売れてくれば、
必ずマネする人が出てきます。
これは避けることができません。

ブログやメルマガでは
どこまでの内容を出すのか。
その「線引き」を明確することが大事です。

 

ライティングを習慣化する6つのコツ

コツ1:作業興奮の力を借りる

ライティングができないときは、
作業興奮の力を借りることが
おすすめです。

作業興奮とは
心理学者のクレペリンが
発見したと言われる
人間の体の仕組みのことです。

ブログ・メルマガを書こうとしても
書けないとき・やる気が出ないときは、
脳が嫌がっている状態にあるといえます。

しかし、脳が嫌がっていても
とりあえず作業すること。

すると、だんだんやる気が出てきて
いつの間にが自然と作業ができている。
これが作業興奮の仕組みです。

ブログ・ライティングに対する
やる気が出てこなくても、
とりあえず5分から10分だけ頑張ってみる。

5分だけがんばったら
別にやめていいや。
これぐらいの感覚でスタートすること。

作業興奮の力を借りて、
とりあえずやってみることで
自然とライティングする習慣を
作っていくことできます。

 

コツ2:完璧主義を手放す

要素2:マインドセットの中でも
解説しましたが、
完璧主義は手放してください。

完璧主義の感覚・考え方を
手放すことで
自然とライティングに対する
抵抗感が薄れていきます。

完璧主義をなくすためには、
・できる限り好きなことを書く
・楽しいと思えることを書く
気軽に書くことを
意識するようにしてください。

<完璧主義をなくす方法>

完璧主義を手放すために
好きなことを書くためのコツを
ご紹介します。

今まで勉強してきた中で
・自分の好きな理論
・こだわりの理論
・伝えたい内容
・教えたい内容
これに当てはまるものは何か。

最低でも
5つ以上の答えを
出してみてください。

 

コツ3:部分的に実践する

文章をコマ切れに書いていくことで
ライティングを継続し、書くことを
習慣化していくことができます。

多くの人が、
ブログ・メルマガを書こうと思うと、
1回で1記事書かないといけない。
このように誤解してしまいます。

しかし、ライティングの
習慣がない人にとって
1回で1記事書くことは
非常に苦痛といえます。

なので、1回で1記事を
まとめて書くよりも
少しずつ細分化して
文章を書くようにしてください。

コマ切れで、少しずつ書くほうが
ライティングを習慣化しやすくなります。

例えば、ブログ記事の場合。
・タイトルだけ考える
・導入部分だけ書いてみる
・最初の1行だけ書いてみる など

書いた文字数を気にする必要は
一切ありません。
大事なことは「書いた」という事実です。

ライティングを習慣化するために
重要なことは、書いて文字数ではなく
「書くこと」を続けることです。

1日たったの1行でもいいので、
毎日書くことを大事にしてください。

 

コツ4:決まった時間に書くようにする

ライティングを習慣化するために
毎日書く時間を決めておくことも
効果がある方法です。

例えば、朝6時におきて
30分だけなんでもいいから書いてみる。

大事なことは、決まった時間に
「書く」という行為をすることです。

最初の段階で、
書いている内容や
文字量を気にする必要はありません。

決まった時間に
とりあえず書いてみる。
このルールを作って
ライティングを習慣化してください。

ポイントは、
自分のコンディションを判断して、
自分が書きやすい時間帯に書くこと。
これがとても重要です。


■タイミングで習慣化する

決まった時間ではなく、
決まったタイミングで
習慣化することもできます。

例えば、
「食後の歯磨き」は
多くの人がタイミングで
習慣化している良い例です。

ライティングであれば、
『1日のうちの1番最初に
パソコンを開いたら
とりあえず記事を書いてみる』

自分の生活リズムの中で
無理のないタイミング見つけて
そこにライティングの時間を作る。

こうした方法も
1つおすすめの方法です。

 

コツ5:自分の文章を褒めるクセをつける

習慣化するためには、
モチベーションの維持が
大事な要素になってきます。

ライティングに対する
モチベーションを保つことで
習慣化につなげていくことができるからです。

ライティング習慣化に
繋がるモチベーション維持の方法としては
次の2ステップの方法を実践してみてください。

ステップ1
自分で書いた文章を
自分のメールアドレスに送る

・・
ステップ2
自分の文章を
できるだけ客観視して、
褒めてあげる

少し気恥ずかしいところが
あるかもしれません。

しかし、自分で自分の文章を
褒めることができることは、
とても重要なことです。

  • セルフイメージアップ
  • モチベーションアップ
  • ライティングスキルアップ など

自分を褒めることで
様々なスキルのアップに
繋がっていきます。

自分だけに送った文章であれば
誰かに見られることもありません。
ぜひ自分で自分の文章を
褒めてあげてください。

 

コツ6:キッチンタイマーを使う

ライティングする時間
(作業する時間)を決める。
これもライティングを継続して
習慣化するためには大事なポイントです。

具体的な取り組み方としては、
キッチンタイマーを使います。

10分・20分などと
キッチンタイマーをセットして
その時間だけ集中して作業してください。

ライティングができないと悩む人は、
1度に1〜2時間も時間を使って
文章を書こうとしてしまいます。

しかし基本的に、人間の集中力は
1時間も2時間も継続できません。
これは誰にでも当てはまることです。

集中力の継続には諸説ありますが、
平均して約20分前後が
人間の集中できる時間だと言われています。

なので、ライティングをする際も
1時間・2時間を時間を確保して
「よし!書くぞ!」とやるのではなく、
スキマ時間を見つけて書く。

1日の中にある
10分・20分の時間を見つけて
ブログ・メルマガを少しずつ書く。

このように少ない時間を集中して
文章を書く習慣を作ってください。

そして、キッチンタイマーなどを使って
制限時間を作ることで、
作業するときの集中力が高まります。

「この時間だけ頑張ろう」など、
意識も高めやすくなるので、
必ずタイマーを使うようにしてください。

 

まとめ

ライティングの継続は
WEB集客から成果を出すために
欠かすことができません。

なので、起業家として成功したい場合は、
「文章を書くこと」は
しっかり習慣化してください。

けれども、ライティングを
習慣化する前の段階で、
・セルフイメージ
・マインドセット
この2つの要素を
しっかり整えておく必要があります。

この2つが整っていないと
どんなに頑張っても
ライティングを習慣化することができません。

セルフイメージとマインドセットは
起業家としての成功にも
大きく関わる要素です。

2つの要素を整えるための
具体的な方法についは
別の記事で解説しているので、
必ず確認してください。

セルフイメージとマインドセット。
この2つを整えることができたら
ライティング習慣化のコツを実践してください。

作業興奮の力を借りる
完璧主義を手放す
部分的に実践する
決まった時間に書くようにする
自分の文章を褒めるクセをつける
キッチンタイマーを使う

これら6つコツは
どれもシンプルなものですが、
非常に効果の高い方法です。

事実、仙道塾の参加者の多くが
この6つのコツを実践することで
ライティングを習慣化し、
そこから売上獲得に繋げています。

もしあなたも、
・もっと売上を伸ばしたい
・これから起業して成功したい
・もっとメルマガリストが欲しい
このような想いがあるのであれば、
ライティング習慣化に取り組んでください。

そして、習慣化したライティングを
最大限生かせるWEB集客の
仕組みについて知りたい場合は
今無料で公開しているウェブセミナーに
参加してみてください。

仙道塾でしか伝えてこなかった
WEB集客の仕組みの作り方について
今だけ無料で全て公開しています。

baner_9movie
baner_9movie

よく読まれている関連記事

集客の悩み解消!売れてる起業家のセルフブランディング方法

どうも仙道です! コーチ・コンサルなど起業家の多くは 集客の悩みを抱えていることが多いです。 では、なぜ集客できないのか…

ブログ・メルマガのライティングが自然と習慣化できる6つのコツ

どうも、仙道です! WEB集客を成功させるためには、 ブログやメルマガなどの記事を 継続的に書くことが必要です。 しかし…

ブログ集客できない“致命的な3つの原因”と改善方法

どうも、仙道です! ブログ集客したいと考えるコーチ、コンサルなどの個人起業家が増えてきました。しかし、実際に「どうすれば…

起業家が30万円以上の高額商品を売る方法

どうも、仙道です! もっと自分の商品の価格をあげたい 高額商品を売って大きな売上が欲しい けれども、商品が高額になると …

コーチングが意味ないと感じる5つの理由

ども、仙道です! 「コーチングなんて意味ない」「どんな効果があるのわからない」「本当に効果があるのか怪しい」という声を聞…

baner_9movie
baner_9movie

動画9点セット&メルマガの感想

baner_9movie
baner_9movie

SNSでもご購読できます。