ブログネタの探し方|2つの状況に合わせた最善策!

ブログネタの探し方

どうも、仙道です!

「ブログに書くネタが
 
ありません・・・」

これは私の元に寄せられる悩みで
トップクラスに多い悩みです。

ブログのネタ切れに苦しみ、
ブログ集客で成果がでない。
そんなコーチ・コンサルが多くいます。

そこで今回は、ブログのネタの探し方を
解説していきます。

  • すでに起業している人
  • これから起業する人

2つの状況に合わせて、
それぞれ実践して欲しい最善の方法を
お伝えしていきます。

私も昔から実践してきて、
実際に効果の出ている方法です。
ぜひ最後まで読んでみてください。

ブログネタの探し方|すでに起業している人の場合

ブログ記事のネタを見つけるための
一番簡単な方法は、
『既存のお客様から
悩みを聞くこと』です。

既存のお客様の声を活用すれば、
お客様が抱えている悩みに対して
知りたいこと非常に具体的な形で知ることができます。

自分で考えたり、発想したものには限界がありますが、
お客様から直接聞いた悩みであれば、
非常にリアルな内容になるので、
読者の心に深く響く内容で記事を作ることが可能です。

『ブログ記事を作るためには、
お客様の声を直接聞く』

まずはこれをしっかり実践してください。

 

■お客様へのヒアリング:たった1つの注意点

お客様からヒアリングする際、
たった1つだけ注意して欲しいことがあります。

それは自分の商品・サービスに対して、
お金を払ってくれたお客様を
選ぶようにしてください。

言い方はあまりよくありませんが、
お金を払ってくれていない人の声を
参考にしてはいけません。

お金を出してくれた方の悩みの方が、
リアルで実用的なものが多いからです。

  • 今抱えている悩みは何か
  • 過去にどんな悩みを抱えていたのか など

既存のお客様からヒアリングしてください。

 

■見込み客、既存客からヒアリングする

お客様からヒアリングする理由は、
ブログに価値ある情報を掲載するためでもあります。

基本的にブログとは、
読者にとって価値ある情報を
提供する場所だからです。

  • 読者の知りたいこと、
  • 興味があること
  • 読者の悩みを解消すること

これらをネタにすることが
もっとも理想的といえます。

でも、読者が何を知りたいのか、
どんなことに興味があるのか。
それがわからないことが多いかもしれません。

そこで役に立つのが、
お客様アンケートです。

ブログ読者がどんな情報を
求めているのか・欲しいかを
ヒアリングで調べてください。

基本的なヒアリング内容を
3つご紹介しておきます。

  • どんなことを知りたいのか
  • どんなことに興味があるのか
  • どんな悩みを持っているのか

これらのヒアリング内容に対する回答を
ブログ記事にすれば、読者の方にとって
価値ある記事を書くことができます。

 

ブログネタの探し方|お客様へのヒアリング3つのポイント

コーチやコンサルとして活動されている方であれば
クライアントにヒアリングして悩みを聞き出すことは、
比較的簡単にできると思います。

その際に大切なポイントを
3つお伝えします。

  • ポイント1:クライアントの言葉をそのまま使う
  • ポイント2:クライアントの悩みをそのまま書く
  • ポイント3:コンサルで伝えたことをそのまま書く

この3つのポイントを守ることを
強く意識してください。

お客様の声を集めても、
・もっとこういう表現の方がいいかな
・こっちの表現の方がわかりやすい
・もっと内容を具体的にしなきゃ など

自分なりに文章を書き換えようと
してしまいがちです。

しかし、お客様の言葉は、
自分で考えた言葉よりも、
読者にストレートに伝わります。

つまり、お客様からもらった言葉を
そのままに素直に使うこと。そうすることで、
読者により伝わりやすい記事にすることができます。
自分なりに編集する必要はないということです。

今回のようにう、お客様の言葉をそのまま使うことで、
自然とペルソナを考えやすくもなります。

ペルソナとは、自分にとって、
理想のお客様像のことです。
ここでは記事を書く相手のことを
意味します。

お客様の言葉をそのまま使うと、
その言葉を使っているお客様を
そのままペルソナにできます。

なので「ペルソナどうしよう?」などど
難しく考える必要もなく、
声をくれたお客様をペルソナにして
記事を作成していってください。

 

ブログネタの探し方|これから起業する人の場合

【ブログネタの探し方①】売れてるライバルからネタを見つける

これから起業する人の場合、
まだヒアリングできるお客様が
いないことがほとんどだと思います。

もしあなたが、
・これから起業する、起業したい
・ヒアリングできる相手がまだいない
そういう場合は、すでに売れている
ライバルを参考にしてネタを探してください。

私もクライアントさんがいないときは
ライバルを参考にしてネタを見つけていました。

売れてるライバルを参考にする利点は
売れてるライバルは、自分よりも明らかに
お客様の数が多いし、たくさんの悩みを知ってます。

ライバル=同業者なので、
見込み客の層もある程度かぶっています。

そして、見込み客が喜ぶネタを
ブログ・メルマガに書いてるはずなんです。

なので、売れているライバルの
ブログ・メルマガを参考にして
記事のネタを見つけてくだい。

1つポイントは、中途半端に売れてる
ライバルは選ばないようにすることです。

最低でも、月収200万・300万程度は
売れているライバルを参考にしてください。

「絶対売れてるな、この人!」という方が
参考にするには理想的です。

売れているライバルを1人〜2人は見つけて、
その方のブログやメルマガをチェックしてください。

そして、そこから見込み客が抱える悩みや
記事のネタになりそうなことを
見つけていってください。

 

同業者のネタを参考にする際の注意点

これから起業したい人、
まだ自分のお客様がいない人の
対処法を解説しました。

売れているライバル(=同業者)を
ネタの参考にすることは、
もしかすると最初は抵抗があるかもしれません。

後から問題になる。クレームが来る。
そういう心配もあると思います。

しかし、その辺は安心してください。

どんな業界でも、見込み客の悩みや
売り手が伝えるメッセージは、
どうしても似通ってきます。

なので、ライバルを参考にする場合は、
次のポイントだけをしっかり抑えて
ネタ探しを実践していってください。

 ■同業者を参考にする場合の2つの注意点

  1. 文章をそのまま使わないこと(丸パクリは絶対NG)
  2. ネタとノウハウを混同しないこと

1.文章をそのまま使わないこと(丸パクリは絶対NG)

あくまでも、ライバルから参考とする内容は
記事を作るための『ネタ』です。

  • 何について書くか
  • どんなことを書くか

こういう部分です。
例えば、今読んでくれているこの記事を
参考にするなら『ブログのネタの探し方』という
ネタを参考にすることになります。

売れている人のブログやメルマガは
文章が上手でわかりやすいので、
ついついマネしたくなると思います。

けれども、実際にはやってしまうことは、
絶対NGなので十分に注意してください。

 

2. ネタとノウハウを混同しないこと

『ネタ』と『ノウハウ』を混同して
使用しないように注意が必要です。

何度もお伝えしますが、
参考にするのは、あくまでもネタです。

ライバルのノウハウをパクるのではない。
そこはしっかり気をつけてください。

もしかすると、ノウハウもほどんど同じという
ケースが出てくると思います。

同じ業界で、同じ層のターゲットを相手に
活動をしていれば、どうしても避けられないことです。

そんな時は、実際に記事を書くときに
次の5つのポイントを意識してください。

<ライバルに差をつける!オリジナル文章を作る5つのポイント>

  1. 自分が実際にやってみた意見を加える
  2. 参考にした人とは逆の意見
  3. 参考にしたネタの言い方を変えてみる
  4. 参考にしたネタに対しての感想を伝える
  5. あなたがクライアントに伝えるならどう伝えるかを書く

 

【ブログネタの探し方②】本や商材からブログネタを探す

ブログネタを「本」「情報商材」
「雑誌」などから探す方法は
もっとも基本的な方法です。

自分の頭の中からネタが思い浮かばないときや、
ビジネスやパソコン自体が初心者で
ブログが難しいと感じているときは、
本や情報商材からネタを探すことがオススメです。

本や情報商材から得た知識を
自分の言葉にして人に伝える練習をすることで、
ネタを見つける力だけではなく、
売れる文章を書くスキルも磨いていくことができます。

特に「本」を利用できるようになれば強いです。
ビジネス書や雑誌のネタを上手にブログ記事で
伝えることができるようになれば、
ネタ探しに困ることがなくなります。

なので、常に本を読むこと。
そしてそれを記事で伝えること。
これを意識してください。

 

■ブログネタを探す「本の使い方」

本の内容をブログにしようと思った時に、
本の内容のすべてをまとめて、
ブログに書く必要はありません。

1冊の本を要約することは難しく、
たくさんの時間と労力がかかり、非効率的です。

本からブログネタを探すときは、
本の目次に注目してください。

目次を見て、
ブログネタになりそうな
項目を探します。

そして、“ピン”ときた
項目の部分だけを読んで、
ブログネタにしてください。

“ピン”ときたかどうかは、
主観的な判断で大丈夫です。

唯一、注意点することは、
ここまで何度もお伝えしたように
内容を丸パクリしないこと。
これだけです。

特に本の場合は、
著作権侵害で違法になるので
十分ご注意ください。

著作権を侵害せず、
自分だけの文章を書くためには、
オリジナル文章を作る5つのポイントを
しっかり意識してください。

<ライバルに差をつける!オリジナル文章を作る5つのポイント>

  1. 自分が実際にやってみた意見を加える
  2. 参考にした人とは逆の意見
  3. 参考にしたネタの言い方を変えてみる
  4. 参考にしたネタに対しての感想を伝える
  5. あなたがクライアントに伝えるならどう伝えるかを書く

 

【ブログネタの探し方③】2つの「よくあるテーマ」を使う

テーマ1:あなたのビジネスに関するスキル・ノウハウ

自分のビジネステーマに関する
スキル・ノウハウ情報をブログネタにします。
これはもっとも王道のネタの探し方です。

例えば、あなたが恋愛コンサルタントなら
恋愛についてのスキル・ノウハウを記事にします。

スキル・ノウハウについては、
どこまで書いていいのかわからない。
そう思われるかもしれません。

私のオススメとしては、
有料で提供しているレベルの内容も
発信するようにすることです。

有料レベルの記事を書いた方が
読者に届けることができる価値が
圧倒的に大きくなります。

1つ注意点としては、
有料レベルの情報を発信するからといって、
専門用語を使いすぎないようにすることです。

スキル・ノウハウの話をすると、
どうしても内容が小難しくなってしまうものです。

けれども、読者にとっては、
わからない用語だらけということは
珍しいことがではありません。

「これぐらい知ってるでしょ」という
考え方を捨てて、初心者でもわかりやすく
伝わるように意識して、ブログを書くようにしてください。

どんなに素晴らしい・価値あるスキル・ノウハウ情報でも
内容がわかりにくければ、読者には理解されず、
読んでもらうことができないので注意が必要です。

  • 専門用語の解説
  • 具体的な事例
  • 画像・イメージ図 など

誰でもわかる・理解できる内容での
記事作りを意識してください。

 

テーマ2:自己啓発・マインドセット

自己啓発やマインドセットは、
コーチ・コンサル・セラピストを始め、
起業家にとっては広く人気のあるテーマです。

そして自分の考え方を伝えやすい
テーマでもあるので、すらすらと
書きやすいテーマでもあります。

  • どんな考え方をきっかけにして成功できたのか
  • どんな考え方で仕事に取り組んでいるのか
  • 成功に必要不可欠なマインドセットとは何なのか
  • どんな自己啓発本に影響を受けたのか
  • どのような内容の自己啓発、マインドセットを学んできたのか

自己啓発・マインドセットというテーマを通して、
自分の仕事や人生に対する考え方や姿勢を
ブログ記事の中で伝えていきましょう。

読者が思いもしないような考え方・価値観を
わかりやすく伝えることができれば、
その1記事をきっかけにあなたのファンになることもあります。

 

ブログのネタ探しに悩まなくなる“仙道流マインドセット”

ブログ記事のネタを毎日、毎日
考えることは非常に大変ですよね。

次から次へと知識をインプットしないと
ネタ切れになってしまう。
そんなふうに感じているかもしれません。

でも安心してください。
この悩みは誰でも解消することができます。

コーチ・コンサルを始め、
多くの起業家が『勘違いしていること』を
改善すれば大丈夫だからです。

 

■ブログのネタ探しに苦しむ起業家の『勘違い』

そもそも多くの起業家が
抱いている勘違いとは、
『ブログネタ=いつも最新なネタ』
こう考えていることです。

しかし、ブログネタは、
『過去と同じ内容』でも
全く問題ありません。

過去に書いた記事と
同じ内容で書いても大丈夫。
ということです。

「えっ、なんで?」
そう思うかもしれません。
その理由は次に解説していきます。

 

■ブログネタは忘れられて当たり前

私は自分のセミナーを
開催することが多いのですが、
その際、参加者の何人かは、
こんなことを言ってくれます。

『仙道さんのブログが
分かりやすくて、いつも
参考にしています』

とても有り難いことです。
そう言われると嬉しいので、
私もこう質問を返します。

『ブログ記事の中で
印象に残ってる記事は
何ですか?』

この質問をする意図は、
アンケートを取るという
目的もありますが、
純粋に声を聞きたい意図があります。

でも、残念なことに
「〇〇の記事です!」
などと、
即答できる人はまずいません。

私は意地悪で聞いているわけではないし、
相手を責めるつもりも全くありません。

ここで伝えたいことは、
どんなに自分のファンでも簡単に
過去のブログ記事の内容を忘れるということです。

例えば、自分が開催するセミナー中に
質問しても「10人に1人」ぐらいしか
パッと答えることができません。

ブログ読者(見込み客)は

ブログ記事を読んでくれています。
しかし、高い確率で
ちゃんと「記憶」してはいない。

これが私自身の経験から
強く感じたことです。

そして、次のようなマインドセットを
見つけることができました。

 

■ブログのネタ探しに欠かせない“仙道流”マインドセット

『ブログのネタは3回ぐらいは
同じ内容を書いてもよい

理由は、読者がそれを覚えていないから。
そして、何度も伝えることが
確実に読者のためになるから』

このマインドセットを身につければ、
ブログのネタ探しに困ることが
ほぼなくなっていきます。

もしあなたがブログネタの
探し方に困っている場合は、
このマインドセットを
ぜひ身につけて欲しいと思います。

 

まとめ

今回はブログネタの探し方について
すぐに実践可能な方法をお伝えしてきました。

ブログネタの探し方はブログを継続して
続けるためにも最も重要なポイントです。

ブログネタが無い。書くことがわからない。
そうした理由から記事を更新しなくなり、
最終的にマーケティング自体を諦めてしまう人います。

ですので、今回お伝えした方法を
1つ1つ実践しながら、しっかり身につけていき、
ブログネタに対する悩みは解消してください。

既にビジネス活動をしていて
お客様がいるなら、
お客様にヒアリングして
悩み・問題を直接聞き出す。

これから起業するため、
まだお客様がいない場合は、
売れてるライバルのブログ・メルマガを
参考にしてネタを見つける。

自分の状況にあったところから、
実践していくようにしてください。

そして、ブログネタが見つかったら、
読者(見込み客)にとって価値ある情報を
提供すること。

そのために次の5つのポイントを
強く意識してください。

<オリジナル文章を作る5つのポイント>

  1. 自分が実際にやってみた意見を加える
  2. 参考にした人とは逆の意見
  3. 参考にしたネタの言い方を変えてみる
  4. 参考にしたネタに対しての感想を伝える
  5. あなたがクライアントに伝えるならどう伝えるかを書く

この5つのポイントを意識すれば、
ライバルの文書を丸パクリすることなく、
オリジナリティのある記事を作成できます。

ブログネタの探し方の習得

オリジナリティのある記事作成

この2つの流れを実践していき、
ブログ集客の成功につなげて欲しいと思います。

もしあなたがブログ記事の書き方について、
「基本から知りたい!」という場合は、
こちらの記事も合わせてチェックしてください。
・・
やることは2つ!ブログ初心者のための記事の書き方

「記事はどう書けばいいですか?」
こうした悩みを解消するために、
シンプルで効果のある
ブログ記事の書き方を解説しています。

baner_9movie
baner_9movie

よく読まれている関連記事

None Found
baner_9movie
baner_9movie

動画9点セット&メルマガの感想

baner_9movie
baner_9movie

SNSでもご購読できます。