公開!たくさん読まれるアメブロの書き方“5つのコツ”

どうも、仙道です!

たくさんブログ読者が増えて、
毎月安定してメルマガリストが獲得できる。
そんなアメブロ記事を書くためには、
どうすればいいのか?

  • 読者からたくさん読まれるアメブロの書き方とは?
  • 自然とアクセスが集まってくる記事の書き方とは?

コーチ・コンサルなど個人起業家のために、
読まれる記事を書く5つのコツを解説していきます。

ではさっそく見ていきましょう!

【コツ1】アメブロのテーマを明確にしよう

アメブロのテーマとは、
「このアメブロは何についての
ブログなのか?」
これを明確にすることです。

例えば、
「今日はこんなランチ食べました!」
「今日はこんなムカつくことがありました!」
「今日は温泉旅行に来ています!」
など

「これは何のブログ?ただの日記?」
と感じてしまうブログを
書いている人は多いです。

しかし、自分が好きなことを
自由に書きているブログでは
アクセスを集めるは難しいです。

そこで重要になるのが、
ブログのテーマを明確にすること。
ブログの方向性を明確にすることです。

例えば、ブログのテーマを
「30代独身男性のための恋愛コーチング」
と設定した場合。

・第1印象で女性を魅了する秘訣
・女性と話すときに注意するべき3つのポイント
・これをやると嫌われる女性の嫌いなしぐさ5選
など

テーマに沿った記事を書くことで、
「これは男性のための
恋愛コーチングのブログなんだな」
と読者に認知されるようになります。

 

■ポイントまとめ

読者にたくさん読まれる
ブログの書き方を知る前に、
ブログのテーマは明確にすること。

ブログテーマを明確にする上では、
自分のビジネスの差別化コンセプト
しっかり明確にしておきましょう。

 

【コツ2】アメブロ読者が知りたいことを書こう

たくさん読まれるアメブロ記事を書くためには、
読者(ターゲット)が知りたいことを書く
必要があります。

しかし、思うようにアメブロが読まれない人は
「自分が書きたいことだけ」を
書いているケースが非常に多いです。

例えば、
「30代独身男性のための恋愛コーチング」の
ブログであれば、読者(ターゲット)は
恋愛に悩む30代の男性になります。

では、恋愛に悩む30代の男性が
知りたいこととは何でしょうか?

間違ってもあなたのランチ情報や
旅行に行ってきた情報ではありません。

・女性と仲良くなるコツ
・緊張しないで女性と話せるようになるコツ
・女性を自然と食事に誘う方法
など

恋愛に悩む30代の男性が
実際に使える情報を提供してあげることで
読者からのアクセスを集めることができます。

 

■自分の意見・主張の伝え方

自分の意見や主張は
次のような形で記事の中に
記載するようにしてください。

<アメブロ記事の構成>

記事のタイトル

導入

読者が知りたい情報

自分の意見・伝えたいこと

まとめ

 

自分の意見もしっかり伝えることは
読者から支持されるために重要なことです。

読者が知りたいことを
書かないといけないなら、
自分が言いたいこと・伝えたいことは
書いたらいけないのか?

そう思われるかもしれませんが、
上記のようなブログ記事の書き方で
自分の意見や考え方をしっかり伝えてください。

 

■意見・主張が差別化になる

あなたの意見や主張が
「ここだけの情報」に
なってくれます。

  • この人の意見は面白い
  • この人の考え方は共感できる
  • この人の話をもっと聞きたい

自分の意見・主張が認められると
それがライバルブログとの
差別化要素として機能してくれます。

・自分の意見・主張
・自分が実際にやっていた感想・事例
・お客様からいただいた声
・自分で発見した新しいノウハウ
など

自分の意見・主張を積極的に書いていき、
「ここだけの情報」を提供していきましょう。

 

【コツ3】記事のタイトルを魅力的にしよう

アメブロ記事が読まれるためには
『タイトル』が非常に重要です。

アメブロ記事のタイトルが
読者(ターゲット)にとって
魅力的なら読まれるし、
魅力がなければ読まれません。

非常にシンプルですが、
これは事実です。

自分が書いた記事が読まれない理由が、
「記事の内容がつまらないから」
と考えている人も多いですが、
実際の原因はタイトルだと考えてください。

極端な話ですが、タイトルが魅力的なら
どんなに中身がくだらない記事でも
とりあえず1度は見てもらうことができます。

なので記事を読んでもらうためには、
『タイトル』をしっかり考えて
つけるようにしましょう。

 

■タイトル作成2つのコツ

コツ1:タイトルにキーワードを入れる
コツ2:思わず読みたくなるタイトルづけを意識する

 

コツ1:タイトルにキーワードを入れる

キーワードとは、
「自分が書いたアメブロ記事が
何について書かれたものなのか?」
これを示すものだと考えてください。

例えば
「ブログ集客ついて書いた記事」であれば、
『ブログ集客』というキーワードを
必ずタイトルに入れてください。

同様に「女性を食事に誘う方法」について
書いた記事であれば、
『女性・誘う・方法』というキーワードを
タイトルの中に含めるようにしてください。

 

コツ2:思わず読みたくなるタイトルづけを意識する

読者が思わず読みたくなるタイトルを
つけることができると、
記事を読まれる可能性が高くなります。

「このタイトルはなんか気になる」
「ちょっと読んでみたい」など

タイトル作成はテンプレートを
使うと誰でも簡単に魅力的な
タイトルを作成することができます。

オススメのテンプレートを
5つ紹介しておくので、
タイトル作成の参考にしてください。

<アメブロタイトルの5つのテンプレート>

  1. なぜ〇〇するだけで■■になれるのか?
  2. 〇〇が■■する方法(秘密・秘訣・極意など)
  3. あなたは■■でこんな〇〇を抱えていませんか?(〇〇=悩み・問題・不安)
  4. 〇〇な人ほど、■■になるワケ
  5. 〇〇はまだやるな!!なぜ?

「ありがちなブログタイトル」を
一瞬で魅力的にする方法も
合わせてチェックしておいてください。

 

【コツ4】読者が読みやすい・わかりやすい文章を書こう

読みやすい文章とは、
誰がみても読みやすい、
内容が理解しやすい文章のことです。

ブログを見てくている読者さんは
難しい表現や単語・専門用語を
いちいち自分で調べてまで
記事を読んでくれません。

よく言われていることですが、
「小学5年生が読んでもわかる文章」で
記事を書いてあげることが重要です。

では、どんなふうに書けばいいのか?
そのポイントを3つ紹介しておきます。

ポイント1:ターゲット(読者)に合わせる
ポイント2:読みやすい「文章の構成」にする
ポイント3:リズムを意識する

 

ポイント1:ターゲット(読者)に合わせる

自分のブログを読んで
欲しい読者はどんな人なのか?
これをまずは明確にしてください。

そして自分にとっての読者が
どのぐらいの知識があるのか?
どのぐらいの専門用語なら理解できるのか?
こうした部分を意識してください。

例えば、
これから起業したい人にとっては
・フロントエンド
・バックエンド
・ベネフィット
などの専門的な単語は理解されないと
考えることができます。

一方、マーケティングを勉強していて
月商100万円が安定している起業家であれば
・フロントエンド
・バックエンド
・ベネフィット
などの専門用語は普通に通じると
考えることができます。

専門用語の利用は基本的には
避けたほうが無難ですが、
できる限り読者の知識に合わせて
使い分けるようにしてあげましょう。

 

ポイント2:読みやすい「文章の構成」にする

読みやすい文章を書くためには、
文章の構成が重要です。

わかりやすい文章の構成を
1つ紹介しておくので
ぜひ参考にしてください。

<わかりやすい文章構成>

タイトル

結論

本文

解説

結論

ブログ記事を書くときは
一番最初に結論を述べてから
そのあと解説をしていく。

この流れにすることで
わかりやすい文章にすることができます。

 

ポイント3:リズム・言い回しを意識する

文書のリズム・言い回しがおかしいと
非常に読みづらくなるので
注意してください。

<リズム・言い回し参考例>

■よくある読みにくい記事

ブログ集客は記事を定期的に書くことが大事です。

定期的に記事を書かないと
アクセスが集まらないからです。

アクセスが集まるとリストが獲得できるので、
ブログの更新が非常に重要です。

※「〜です」が連続しているので、
非常にリズムが悪い。読みにくい。

■上記、修正後の記事

ブログ集客は記事を定期的に書くことが大事です。

定期的に記事を書かないと
アクセスを集めることができません。

アクセスが集まることでリストが獲得できるため、
ブログの更新が非常に重要になります。

当たり前のように感じるかもしれませんが、
ブログを初めて書く人や
書き慣れていない人には多いミスなので、
ぜひ一度自分の記事を見直してみてください。

 

【コツ5】見やすい記事を作ろう

見やすい記事とは、
ステップ4の「わかりやすい文章」とは違い、
読者が文書を目で見たときに「見やすい」と
感じるかどうかを意味します。

スマホやパソコンで記事を
パッと見た瞬間に
「読みづら!」と
思われたらそこで終了です。

なので、視覚的に
見やすい記事になっているかどうか。
ここもしっかり意識して記事を作る必要があります。

 

■見やすい記事作成のポイント

見やすい記事を作るポイントは、
文章の行間を意識することです。

例えば次の2つの文書を見比べてみてください。
どちらの記事が見やすいでしょうか?
内容は1語1句、同じものです。

例文1

コンサルタントがweb集客から売上を獲得するために重要なことは、ブログ→LP →ステップメール→グルコン→体験セッションという流れを構築して、自分のコンサル契約をセールスすることです。

 

例文2

コンサルタントがweb集客から
売上を獲得するために重要なことは、

ブログ

LP

ステップメール

グルコン

体験セッション

という流れを構築して、
自分のコンサル契約をセールスすることです。

例文1よりも例文2の方が
行間があり、パッっと見たとき
読みやすい印象を与えてくれます。

アメブロ記事を書く際は、
例文2のように、行間をうまく使って、
読者が見やすい文章を作成していきましょう。

※スマホは特に注意!

スマホで見たときは、パソコンで見るよりも
画面が狭くなるので、1文の文字数が多いと
非常に読みづらくなるので注意してください。

 

まとめ|アメブロで記事を書くなら知っておくべき1つのこと

アメブロ記事の書き方のコツを
5つご紹介しました。

  • 【コツ1】アメブロのテーマを明確にしよう
  • 【コツ2】アメブロ読者が知りたいことを書こう
  • 【コツ3】記事のタイトルを魅力的にしよう
  • 【コツ4】読者が読みやすい・わかりやすい文章を書こう
  • 【コツ5】見やすい記事を作ろう

5つのコツを踏まえて記事を書くことで
読者にたくさん読んでもらえる記事を
書くことができます。

慣れないうちは何度もこの記事を読み返して、
自然と実践できるようにしてください。

ただし、アメブロで記事を書く上で、
1つだけ知っておくべきことがあります。

それは、
『アメブロを読んでくれる人は、
アメブロユーザーがほとんど』
ということ。

別の言い方をすると、
『アメブロをやっていない人は
記事を読む可能性が非常に低い」
ということです。

アメブロユーザーだけが
ブログ集客の対象になるので、
集客できる人数に限界がきてしまう
までのスピード(期間)が早いです。

では、どうすればいいのか?
その答えは『ワードプレス』という
ブログシステムに移行することです。

ワードプレスであれば
アメブロ読者だけではなく、
日本中から読者を集めることが
可能になります。

もしあなたがワードプレスや
ブログ集客の全体像について、
もっと詳しく知りたい場合は、
現在プレゼント中のWeb集客システム
無料で手に入れてください。

実績ゼロからでもお金をかけずに
実践できるノウハウを公開しています。

baner_9movie
baner_9movie

よく読まれている関連記事

None Found
baner_9movie
baner_9movie

動画9点セット&メルマガの感想

baner_9movie
baner_9movie

SNSでもご購読できます。