ネタの悩み解消!評論型ブログ「5段階式ライティング」とは!?

5段階式ライティング

どうも仙道です!

今日はブログのライティングがテーマです。ブログの記事がなかなか書けない。書いたことがなかったから書き方がわからない。こうした悩みを抱える人は多いですよね。

起業当時の仙道はどうやってそれを打開して行ったのか。それを詳しく説明していきたいと思います。記事か書けなくて悩んでいる人は必見の内容です。

評論型のブログ記事と作り方

評論型のブログにしましょうというのが結論です。

では具体的にどうやっていったのかというと、やはりネタがないので、本からのネタをもってきます。これはあなたが一番好きな本で結構です。

一番影響を受けたコーチングの理論、自己啓発の理論、コンサルの理論など色々とあると思いますが、頭の中でなんかこれは違うなあと思うものでいいです。

ネタは本を見ればいくらでもあります。1冊本を読めばネタは10個以上あるのではないかと僕は思っています。そこからネタを選んで自分独自の意見や評価、評論をします。

 

評論型のブログ、1つの大きなメリット

評論型のブログとは、『好きな本を読んで、その本に対する自分の意見・見解を書いていく』という形で作るブログ記事です。

評論型ブログが持つ1つの大きなメリットは、好きな本の数だけネタがあるということです。

ブログ初心者の多くが悩み・苦しむことは、『ブログに書くことがない』というネタの部分であることがほどんどです。

しかし、評論型のブログであれば、ネタへの心配がなくなります。好きな本の中から、幾つもネタを見つけることができるようになるからです。

例えば、好きな本の中には、思わず自分が赤線を引きたくなる部分があると思います。その赤線が引きたくなる部分が、ブログのネタになります。

『赤線を引きたくなる部分=読者(=自分のターゲット)』に伝えたい・教えたい内容。そう考えると良いかと思います。

ぜひ一度、好きな本を読みながら、自分が赤線を引きたくなる部分をチェックしてみてください。きっと、1箇所・2箇所ではなく、10箇所以上は赤線ポイントが見つかると思います。

赤線ポイントは、自分が本を読む時の状況・タイミングによって、変わってくると思います。つまり、1度チェックした本でも、時間を置いてから確認すると、再びネタを見つけることができるということです。

 

好きな本をネタにブログを書く具体的な方法とは!?

自分の意見に対してブログを見ると、やはり独自の意見が入っていると面白いので、意見に対して反響が出ますので、「なんだそう考えるんだ」とか「そういう考え方もあるんだ」とここでユーザーは意外なことがあるんだなあと思って興味を引きます。

ここから、いかにこの意見がもっともらしいのか理由を述べます。

もっともらしい理由を言った後は、実際にこんな事例があります、とか自分はこういう体験をしましたとか、成功事例や失敗事例があればここで詳しく書いていきます。

最後にまとめや意見を、先に述べたものと同じでいいのですが、「つまり、こうですよね。やはり、こうなりますよね。」でしめる感じです。

このテンプレートで書けば、ブログを書いたことのない僕でもすんなり書けていましたので、やはりポイントとしてはネタがないというところが最初は苦しいところではありますので、ネタは本からどんどん持ってきましょう。

 

好きな本を使った5段階ライティング

好きな本を使ってブログ記事を書く方法は、5つのステップです。

  • ステップ1:好きな本を読み、ネタを決める
  • ステップ2:自分なりの意見・考察を書き出す
  • ステップ3:自分の意見に対する証拠・事例を見つける
  • ステップ4:伝えたい要点をまとめる
  • ステップ5:ブログ記事として書き上げる

ステップ1:好きな本を読み、ネタを決める

自分の好きな本を読んで、ネタを見つけましょう。本からネタを見つけるポイントは、自分が赤線を引きたくなった部分を見つけることです。

 

ステップ2:自分なりの意見・考察を書き出す

自分が感じたことは何か
自分ならどんなふうに活かしていくのか
そこから読み取れる大事な要素って何か

など。こうした内容とピックアップしていきます。秘訣は、『自分のビジネスに活かすためにはどうすればいいのか?』をイメージしてみることです。この視点を持っていると、自分の意見・見解が考えやすくなっていきます。

 

ステップ3:自分の意見に対する証拠・事例を見つける

ステップ2で考えた、自分なりの意見・見解に対して、裏付けとなる証拠・事例があるか・ないかを探します。根拠や事例があると、説得力が増すので、記事の信頼性が大きく向上します。

もし証拠・事例がない場合は、無理に掲載する必要はありません。「自分の考えていることを実践したらどうなるか試してみますね!」というように、これから根拠や事例を探すことを伝えておくことも1つの方法です。

 

ステップ4:伝えたい要点をまとめる

最終的に自分が一番伝えたいと感じることを要約しておきましょう。自分が一番伝えたかったことは何なのか・重要なポイントは何だったのかを要約してみてください。

要約するときは「100文字以内で要約する」というよう、文字制限を設けておくと、要約しやすくなります。ぜひ試してみてください。

 

ステップ5:ブログ記事として書き上げる

最後にステップ1〜ステップ4の要素を活用して、1つの記事を書き上げます。

ブログ記事のタイトル

導入部分

本のポイント(赤線部分)

自分の意見・見解

意見・見解の証拠・根拠

要点

まとめ

このような記事の構成を意識してもらえれば、1つの記事を書き上げることができると思います。5ステップで記事を書くときは、ぜひ活用してください。

 

評論型ブログが初心者ほどオススメの理由

「それはパクリになりませんか?」とよく僕はクライアントさんから訊かれるのですが、大丈夫です。なぜなら、意見は人それぞれ変わるのでネタはもうありがちなもので結構です。

自己啓発やコーチングの本を見て僕も最初はやっていましたので、全く知識ゼロの時はそうやるしかなかったのです。

これが慣れてくれば、いろんな意見を言えるようになったり、理由や豊富な具体例が出てきますので、焦らずにまずはこの流れで短くても結構ですので書いたほうがいいと思います。

後は書いているとこれは結構楽しくなるんですよね。なぜなら、こだわりのネタに対しての自分の意見とか評価、評論というのは、結構コーチングの仲間とかで集まって盛り上がるからです。

あの人の考え方は良くないよねとか、私はこちらの方の考えなんだけどね、なぜなら私にはこういう理由があって、といくらでも語れるわけですから。ということで、この流れに従っていれば、かなり膨大な量で書けるようになってくるのです。

 

評論型ブログから身に付く成功者のスキル

今回お伝えした、評論型ブログは、ビジネス初心者ほどオススメの方法といえます。なぜなら、自分の言葉で意見・考えを人に伝える力が身についていくからです。

自分で考え、それを堂々と発言していくスキルは、起業家として成功するためには欠かせないものです。

起業家としてビジネスをしていくなら、人に言われたことに「はい、そうですね」と共感しているだけではダメです。

・自分はこう思います
・私はそうは思いません
・〇〇という考え方もあると思う

など。自分の頭で考え、行動する力を自然と身につけていくことができるようにます。

自分の意見、つまり独自の意見・見解を堂々と言えるようになれば、それが1つの差別化要素として機能していきます。

例えば、「この人の意見・考え方は面白い・共感できる」という人が増えていけば、そこから集客につながり、売上につながっていくようになります。

論型ブログは本をたくさん読むことになるので、様々な知識が自分のものになることも、ビジネス初心者にオススメする理由の1つです。

もしあなたが「これから起業したい」「起業したけど集客・売上に困っている」といった状態であれば、ぜひ評論型ブログを実践して欲しいと思います。

起業家として成功するために必要がスキルを手に入れると同時に、ブログからの集客も見込めるようになります。まずは、好きな本を見つけるところから始めてみてください。

baner_9movie
baner_9movie

よく読まれている関連記事

ネタの悩み解消!評論型ブログ「5段階式ライティング」とは!?

どうも仙道です! 今日はブログのライティングがテーマです。ブログの記事がなかなか書けない。書いたことがなかったから書き方…

売れるステップメールの書き方|高単価契約につなげる秘訣

ども、仙道です! ランディングページからメルマガリストを獲得したら、ステップメールを送ることで成果(=売上)につなげやす…

インパクトが強烈に残るブログ、メルマガ文章の「1つのコツ」とは!?

どうも仙道です。 今日は、インパクトが強いブログやメルマガの文章とは一体どうやって書けばよいのかを説明させていただきたい…

セッションの値段を上げる”2つの極意” 

どうも、仙道です! 今日はセッションの値段をいかにあげていけばいいかですね。2つのポイントを詳しく説明していきます。コー…

起業の目標設定|よくあるミス|その2

どうも仙道です。 今日は、目標設定のミス第二弾として、起業したい方がよくやってしまうミスについてお話します。コーチやコン…

baner_9movie
baner_9movie

動画9点セット&メルマガの感想

baner_9movie
baner_9movie

SNSでもご購読できます。