起業費用0円から売上獲得を実現する5つのステップ

どうも仙道です!

「起業するためには資金が必要」と思う方も多いかと思いますが、お金をかけず0円でできる部分はたくさんあります。もちろん起業資金が0円であったとしても、売上まで獲得することができます。

では、0円起業とはどのような流れで行えば、上手くいくのでしょうか。

0円起業を成功させるまでには5つのステップがあります。ここでは5つのステップについて詳しくお伝えしますので、しっかり読んで起業を成功に繋げてください。

0円起業成功の5ステップ

はじめに「0円起業」の全体像をお伝えします。

<0円起業成功のための5ステップ>

  • ステップ1:自分を知り、状況を知る!
  • ステップ2:魅力的な商品を作る
  • ステップ3:お金をかけずに集客する
  • ステップ4:無料相談を実施し接点を持つ
  • ステップ5:セールスを実施し、売上を獲得する

上記5ステップの流れで起業を目指すことで、費用0円のままで、売上まで到達することができます。熟読して0円起業であっても、軌道に乗せてください。

 

ステップ1:自分を知り、状況を知る!

0円起業であるからと言って、やみくもに手あたり次第行動を起こせば良いというわけではありません。ビジネスを軌道に乗せる流れを知った上で、0円でできる範囲をしっかりと順番に行っていく必要があります。順番を間違ってしまえばビジネスを軌道に乗せることが難しくなることでしょう。

起業して売上に繋げるために、最初にやるべきことは「現状を知る、分析する」ということです。分析項目は以下の3つです。

分析する3つのポイント>

  1. 市場・顧客を知る
  2. ライバルを知る
  3. 自社・自分の商品を知る

上記の順番で現状を把握し分析することが、ビジネスで最初に行うべきことになります。参考までにお伝えすると、上記3つの分析のことを、マーケティング用語で3C分析と言います。

今回は0円起業で、どんなビジネスで起業するか定まっていない人も多いかと思いますので、解説を分かりやすくするため、以下の順番で解説いたします。

<3C分析>

  1. 自社・自分の商品を知る
  2. 市場・顧客を知る
  3. ライバルを知る

 

自分のこと・自分の商品をよく知る

0円で起業する場合、物販などの仕入れに費用が掛かるものや、フランチャイズ、代理店などの契約金がかかるものは選択肢には入れることができません。

0円起業を行うために重要となるのは、元手が一切かからない「自分自身から商品を生み出すこと」です。もう少し分かりやすく言い換えるならば「自分の経験や知識、技術などをお金に換えること」です。持っている知識、技術、経験を活かして、お客様からお金を頂くというわけです。

具体的な例で挙げれば、コーチ、コンサル、セラピスト、カウンセラーなどが経験、知識、技術でお金を頂く仕事です。商品、サービスとしては無形のサービスを提供することになります。

「そんなこと言っても、そんな技術はないよ」という方もいらっしゃるかと思います。しかし、本当に何もないでしょうか。

あなたにとっては当たり前のことであるかもしれませんが、他の人から見た場合、対価をもらうことができるサービスになるものがある可能性があります。あなた自身の隠れた才能を確認するためにも、商品の元である、あなた自身を洗い出す必要があります。

どんなサービスを提供するか決まっていない人が、商品、サービスを作り出す目的でする自身の洗い出しにはコツがあります。以下の通りです。

自分から商品を生み出す際の洗い出しのコツ>

  • 人から褒められることを書き出す
  • 自分史を作成してみる
  • 自分が得意なことを書き出してみる
  • 自分ができること、経験したことを書き出す

洗い出す際には、特に数字が絡むものはその数字も併せて書き出してください。例えば「コールセンターでのサポート業務を経験」ではなく、「コールセンターで15,000人にサポートした経験」というような具体的な数字を含めるということです。

洗い出す際には、使えるか使えないかは無視して構いません。とにかく出し尽くすことを意識して取り組みましょう。

 

業界・お客様について理解する

ビジネスを行う上で、商品を買って頂く相手はお客様です。お客様のことを知らずにビジネスを始めてしまうと、独りよがりの商品、サービスや、全く買いたいと思う人がいない商品、サービスを提供してしまうことになりかねません。

お客様に必要とされない商品は、どんなに良いものであっても、売上に繋がることはありません。お客様が必要とするもの(ニーズ)、欲しいと思うもの(ウォンツ)を提供する必要があります。

では、お客様をどのように知り、分析していけば良いでしょうか。

1-1(自社・自分の商品を知るある程度)の分析において、自分ができるであろうことがある程度見えてきている場合、ターゲット層となる見込客がおおよそ検討付くと思います。見込客が分かったら、見込客の本音を知ることが重要です。

見込客の本音を知ることができないと、自分の考えだけでサービスを作ってしまい、サービスが売れない状態に陥ります。0円起業であれ、資金をつぎ込んだ起業であれ同じことです。見込客の本音を知ることは、重要ということです。

では、お客様の本音に迫るためにはどうしたらよいでしょうか。お客様は以下のところで本音を打ち明ける傾向がありますので、参考にしてください。

<お客様が本音を打ち明ける場面、場所>

  • 自分自身のサービスを受けたお客様の声
  • ライバルのサービスを受けたお客様の声
  • Yahoo!知恵袋、教えてgooなどのお悩み相談掲示板
  • 類似サービスのレビュー、評価

 

ライバルのことを知る

ライバルの調査をすることで、多くのことが分かります。ライバル調査を行わないまま起業をしてしまうと、全く同じサービスを作ってしまって勝ち目がない状況や、そもそも誰にも必要とされないサービスを作ってしまうことがあります。

ライバルを調査することで、必要とするお客様がいるかを確認できるだけでなく、ライバルがやっていない隙間を見つけることができる可能性があります。しっかりとライバル調査は行ってください。ライバルは実績がある3~5名程度を調査すると良いでしょう。

特に注意して見る点として、各ライバルの強みと弱みを探すように調査すると、商品作りに役立ちます。商品については次のステップでお伝えします。

 

ステップ2:魅力的な商品を作る

ステップ1で分析した結果を元に、魅力的な商品を作っていきます。魅力的な商品とは、お客様にとって魅力的な商品であり、「必要だ」「欲しい」と思わせるような商品です。

魅力的な商品であればあるほど、勝手に売れていくことになりますので、商品作りは非常に重要です。

しかし、商品には原価をかけたくはありません。お金をかけずに商品を作り出すことは、「自分の経験や知識をお金に換える」ことで対応が可能です。

ステップ2では、お金をかけずに商品を生む出す方法とポイントについてお伝えします。

 

好きなこととできることの選択

よく聞かれることの中に「好きなこととできること、どちらを仕事にした方が良いか」というものがあります。結論から言えば、基本的には「できること」です。

「基本的には」であるため、状況によっては異なりますが、「できること」を仕事にした方が良い人が多いです。「できること」をもう少し細かく言うとすると「他の人よりできること」です。

「他の人よりできること」で、かつ「欲しいと感じている人が多いもの」を商品作りの際に目指すと良いでしょう。もし欲しがられるものがないと思ったとしても、まだ諦めないでください。ステップ1で行った分析が役に立ちます。次の2-2で解説いたします。

参考までに「好きなこと」で起業する場合も同じです。「他の人よりできて、欲しいと感じている人が多いものどうか」が重要です。言い換えれば「ちゃんとお金を払ってくれる人がいる」ということになりますので、見誤らないよう注意してください。

 

商品作りで抑えておきたい重要なポイント

商品作りで重要となる部分は大きく分けると2つあります。

商品作りで抑えておきたい重要なポイント>

  1. 欲しいと思う人がいること(お金を払ってくれる人がいること)
  2. ライバルに勝てる商品(またはライバルがいない商品)にする

上記2つのポイントを抑えるために、重要となることは「小さなNo1を取る」ということです。例を出した方が伝わりやすいと思いますので、仙道の例を出します。

1-1(自社・自分の商品を知る)の結果から「起業コンサル」ができそうであると感じました。しかし、起業コンサルはライバルだらけで、後から起業したとしても勝ち目はほぼありません。

1-3(ライバルを知る)で、ライバルができていいないところや、手薄なところ探します。手薄なところで自分が勝負できるところはないか、他に使える技術、知識はないかを探していきます。

結果、コールセンターで15,000人以上のWEB素人をサポートした経験を使って、「WEB苦手なコーチ、コンサル、セラピスト専門のブログとメルマガを活用した集客講座」ができ上がることになります。需要についても問題ありませんので、商品として問題ありませんでした。

先程、「小さなNo1を取る」とお伝えしました。起業コンサルの市場では1番に成れないと感じたため、1番になれる市場まで細分化していったわけです。特定の市場に絞って1番が取れれば、特定の市場の人にとっては、あなたが1番になることができます。

1番になればあとは「僕が1番です」と周知するだけで、お客様は集まってきます。商品作りのポイントを押さえて、売れる商品を作り出してください。

高額商品を作成する場合には以下の記事も参考にしてください

「高額商品の作り方|30万円でも自然と売れる商品の構築」

ステップ3:お金をかけずに集客する

商品ができたら、次は集客をします。一般的に集客と言うと、広告、宣伝、チラシなどを思い浮かべる方も多いかと思います。しかし、これらは全てお金がかかってしまいます。

0円で起業する際には、お金に余裕はなく、広告宣伝費として、お金を確保することは難しいと思います。ここでは、お金をかけずに集客する方法をお伝えします。

 

即売上に繋がるリアル集客

一番早くて確実性の高い集客が「リアル集客」です。リアル集客とは、実際に会える人、つまり知人、友人をお客様にすることです。

知人、友人をお客様にすることに抵抗がある人もいるかと思います。しかし、リアル集客は、すでに知った仲であるため、非常に早く結果に結び付きます。

もちろん、必要としていない人に無理矢理お願いして買ってもらったりすると、関係性が壊れてしまいます。本当に役に立てそうな友人に当たってみると、意外と喜ばれるので試してみてください。

またリアル集客の良い点は、すぐ売上としてお金を得ることができるだけでなく、実績を起業初期から持つことができる点です。起業してビジネスを軌道に乗せるためには、実績はかなり重要です。可能であるならば、知人、友人に当たって、早めに売上と実績作ってしまいましょう。

 

0円でできる集客方法

3-1(即売上に繋がるリアル集客)のリアル集客以外にも、0円で集客する方法はあります。WEBSNSの活用です。有料サービスももちろんありますが、無料で活用できるものは沢山存在しています。いくつか例を挙げてみましょう。

<0円で活用可能なツール>

  • ブログ(アメブロなど)
  • ツイッター
  • Facebook
  • インスタグラム
  • YouTube
  • LINE


有名なところだけでも、多くのツールが無料で活用することが可能となります。0円起業において活用しない手はありません。もし、活用しなければ、常にリアル集客をしなければならず、効率的も非常に悪くなります。

では、無料で活用できるツールの中で、どのツールを活用すれば良いのでしょうか。最優先となるのは、ターゲット層である見込客の利用が多いツールです。見込客が少ないツールを活用しても、集客に繋がらない可能性が高いです。

見込客がどのツールに多いか分からない場合に、どのツールを使えば良いかと言えば、一番のオススメはアメブロなどの無料ブログです。見込客が多いツールがブログ以外であった場合にも、ブログは並行して活用した方が良いツールです。

ブログを活用した方が良い理由としては、ホームページのような扱いがされるということと、検索の対象になるということです。

集客のためには、どうにかして見込客に見つけてもらう必要がありますが、多くの人が検索エンジンを利用して探す現状があります。上記ツールの中で、検索エンジンにヒットするのは現時点(2019年2月)では、ツイッター、YouTube、そしてブログです。

ツイッターは文字数が少ないだけでなく、リアルタイム検索でしかヒットしません。また投稿がどんどん流れてしまうこともマイナス要素となります。YouTubeは動画であるため、見る場所を選びます。ブログであれば文字数も確保でき、どこでも見ることができるため、ブログはやはり持っていた方が良いというわけです。

ブログで発信をし続けることで、徐々にファンを増やしていきます。リアル集客とは異なり、ブログでの集客は少し時間がかかりますが、0円起業ですので仕方のない部分です。

まずは無料ブログを活用してお客様に知っていただきましょう。

 

ステップ4:無料相談を実施し接点を持つ

商品を持ち、ブログで周知を行い始めた後は、お客様と直接接点を持つ準備に入ります。売上を上げるためには、どうしてもお客様と接点を持たねばなりません。

今やネットでお買い物ができる時代ではあるものの、無形サービスである以上、最終的にお客様との接点は必要不可欠となります。

しかし、無形サービスであるが故に、お客様側の立場からすれば怪しさをぬぐうことは困難です。ましてやネット上では、なおさら信用ができません。

見込客に信用してもらうためにも、接点を持つことは大切です。ここでは見込客と接点を持つ重要性と、具体的なやり方についてお伝えします。

 

見込客と接する機会が大事

接点を持つ手段としては、大きく分けると4つほどあります

<見込客コンタクト手段>

  1. 直接会う
  2. メール、LINE@などの文字によるツール
  3. 電話による声だけのやり取り
  4. スカイプ、ズームによる相手の顔を見ながら会話ができるツール

1の場合は、場所代や交通費、飲食代がかかる可能性があり0円とはなりません。しかし、その程度の出費であれば問題ないとの判断であれば、直接会う方が良いでしょう。最終的にお客様になる可能性が高くなるからです。

ただし、直接会う場合、お客様となる対象は、あなた自身が移動できる範囲に限られてしまうということが難点です。

2のメールやLINE@などは、見込客のブロック等により、強制的に終了させられる可能性があります。関係性を構築することも、文字のやり取りだけで行うことになるため、難易度は高いです。別の方法が良いでしょう。

3の電話のやり取りは、声により全てを判断する必要が出てきます。相手の反応が見えにくいことも難点です。また声だけのやり取りでは、対面よりも断りやすいという側面があることもマイナス要素となります。

オススメするのは4のスカイプ、ズームでのカメラを使って表情を見ながらできるやり取りです。顔を見ながらできるやり取りであれば、表情を確認しながら、即座に対応が可能となります。またネット環境があれば、全国、全世界の見込客と繋がることが可能です。

さらに接する機会として大事な理由となる、以下の3つのポイントを一気に解決できます。

<見込客と接した方が良い理由>

  1. 反応に対して即座に対応できる
  2. ラポールの構築ができる
  3. 信用してもらえる

上記3つのポイントについて1つずつ解説します。

 

反応に対して即座に対応できる

接点を持つ場で、即座に対応ができることは非常に重要です。不快な表情、不信感を表す態度など、見込客の反応に応じて、確認しながら対応できる利点は非常に大きいです。

もし表情が見えない媒体でコンタクトを取ってしまっていると、見込客としては必要としていない話を長々としてしまう可能性があります。また何か聞きたそうな状態に気が付くことができず、疑問を解決しないままになってしまう可能性もあります。

対面していることで、即座に対応ができます。即座に対応できることで、見込客にも安心してもらえることでしょう。

 

ラポールの構築ができる

お互いに表情が見えることで、親近感がわき、関係性が良好になる可能性が高くなります。表情から読み取れる雰囲気や、声の印象など、お互いに多くの情報を受け取ることでラポール構築(親近感)の手助けとなります。

ラポールの構築ができない場合、セールス時の成約率は大きく下がってしまいます。最終的な売上に繋がる部分となりますので、関係性構築はしっかりと行いましょう。

 

信用してもらえる

セールスの際に、信用されているかはとても重要です。信用されていない場合、セールスが成功する可能性は限りなく0に近付くからです。

スカイプ、ズームではあるものの、見込客は対面で話をすることを了承しているので、ある程度の信用は取れているはずです。しかし、セールスとなるとお金もかかるため、より強い信用を勝ち取る必要があります。

最終的に売上に繋げることが目的です。対面でのやり取りをしながら、「この人は信用に値する人だ」と思わせなければなりません。言動、振る舞い、気遣いなど含めて、見込客に信用されるよう対応をしてください。

 

お客様の声を取る

無料相談であるので、無駄だと思う方もいるかと思います。しかし、無料であったとしても、起業初期段階において「お客様の声」を得られることは非常に大きいです。

「お客様の声」は言わば「実績」です。0円で起業したにも関わらず、かなり早い段階で実績を手に入れることができます。実績は信用に繋がるため、実績は多ければ多いほど良いです。無料であるからと言って手を抜かず、しっかりと実績に結び付けるよう対応してください。

 

ステップ5:セールスを実施し、売上を獲得する

商品ができ、周知をおこない、無料相談などで接点を持った後は、いよいよ売上に繋がるセールスです。セールスを失敗してしまうと、売上は上がりません。

セールスを失敗しないためには、いくつかの注意すべきポイントがあります。特に重要となるポイントに絞ってお伝えします。

 

成約率を上げる2つの不快

セールスを行う際に、以下の2つの「不快」について伝えるか、伝えないかで成約率は大きく変わります。

成約率にかかわる2つの不快>

  1. 一人ではできないという「不快」
  2. お金に関する「不快」

以下、2つの不快について解説します。

 

一人ではできない不快

提供するサービスを聞いて、「自分自身でもできるのではないか」と考える見込客もいます。自分でやられてしまうということは、売上には繋がらないということです。

「自分でもできるかも」と思っている見込客に、先手を打つためにも、「一人でできることではない」ということを明確に示してあげてください。例えば、「行わなければならない工程が沢山あり過ぎる」「一人でやってしまうと間違った方向に進んでしまう」のようなことです。見込客に「自分ではできない」と思ってもらいます。自分ではできないという不快な状態を作ります。

 

お金に関する不快

お金に関する不快についても伝えておくと良いでしょう。具体的には「今やっておかないと将来的にはよりお金がかかってしまう」「後でやろうとするとよりお金がかかってしまう」といったようなことです。

サービスを受けた時の「快」の状態と、受けなかった時の「不快」の状態の対比を明確に示すことも大切です。見込客にとって「快」の状態は、お金を支払ってでも手に入れたい状態であり、「不快」の状態はお金を払ってでも回避したい状態であることが望ましいです。

快、不快の両方をイメージさせることで、よりセールスの精度はあがります。しっかりとお客様に伝えていきましょう。

 

今を逃すと成約率は落ちる

セールスができるタイミングで、成約ができない場合、契約の確率は急激に下がります。「鉄は熱いうちに打て」ではないですが、セールスも熱いうちに契約をしないと厳しいということです。

では、熱いタイミングを逃さないために、どうするかと言うと「限定性」を打ち出していきます。「本日限り」「限定数」などの打ち出しです。

限定性を打ち出すことをしないでセールスをしてしまうと、見込客は「いつでも買うことができる」と思ってしまいます。

「いつでも買える」と思ってしまった場合、多くの見込客は購入することをしません。購入していただくためにも、「限定性」は打ち出しましょう。

 

用意しておくべき複数の商品

セールスをする際には、商品は1種類だけでなく、複数種類用意しておきましょう。2~3種類の価格帯の違うものを用意すると良いでしょう。

複数種類用意することによって、金額的に購入をためらってしまう見込客もフォローができます。1種類しかない場合、金額面で折り合いがつかなければ、購入していただくことはできません。しかし、複数種類あれば、購入できる可能性は上がります。

もし複数種類用意しなかったことにより、購入せずに見込客を帰してしまうと、今後、買って頂ける可能性はかなり低いです。しかし、安くても購入していただけた場合、再度セールスをかけるチャンスを残すことができます。

商品、サービスは複数種類用意して、セールスに望んでください。

 

まとめ

0円起業で成功するための5ステップについてお伝えしました。

《0円起業で成功するための5ステップ》

  1. ステップ1:自分を知り、状況を知る!
  2. ステップ2:魅力的な商品を作る
  3. ステップ3:お金をかけずに集客する
  4. ステップ4:無料相談を実施し接点を持つ
  5. ステップ5:セールスを実施し、売上を獲得する

上記のような流れを取ることで0円起業であっても、十分に起業は可能です。ただし、起業はできますが、継続して安定売上を続けるとなると、やはりお金をかけていく必要があります。

できたお金で環境を整備し、知識も補強していった方が良いでしょう。広告などにお金を投入し、ビジネスの拡大も必要となってきます。0円起業で運転資金を稼ぎ出し、できた資金でビジネスを軌道に乗せる。0円起業でスタートしたとしても、大きなビジネスチャンスはあります。しっかりと実行してビジネスを成功させてください。

baner_9movie
baner_9movie

よく読まれている関連記事

売上につながる4タイプの集客方法

ども、仙道です! お客様を集客するためには様々な方法があります。しかし方法が多すぎて悩んでしまうことがあると思います。 …

LINE@の導入から売上に繋がる見込客を集客する方法

どうも、仙道です! コーチ、コンサル、セラピストとして、ビジネスを行う際に、集客は避けて通れません。集客をしなければ売上…

見込み客獲得!WEB集客の仕組み構築「王道の3Step」

どうも、仙道です! コーチ・コンサル起業して 売上を獲得し続けるためには 『集客』が必要になります。 しかし、いきなり商…

集客で売上を作る2つのメディア戦略

ども、仙道です! コーチ・コンサルなどの起業家は、起業から1年以内で約60%が廃業する』という統計データの話をあなたはご…

ネット集客で売上を上げ続ける方法

ども、仙道です! インターネットから集客できる方法を知りたい、教えて欲しい、という声をよく耳にします。インターネットから…

baner_9movie
baner_9movie

動画9点セット&メルマガの感想

baner_9movie
baner_9movie

SNSでもご購読できます。