起業の目標設定|よくあるミス|その1

どうも仙道です。

今日は、目標設定の仕方について詳しく説明していきたいと思います。僕がどうやって起業する前、起業した後にうまく目標設定していったかという秘密を公開します。多くの起業家は目標設定をする際に大きなミスをしている傾向があります。どのように目標設定をすれば起業して成功していけるのかを具体的に解説していきます。

起業をするとメルマガやセミナーなどを通じて、「目標設定をしましょう」このように教えられることも少なくありません。あなたも恐らく一度は目標設定を組んだことがあるかもしれません。ですが、目標設定をしても成果に繋がっている人が少ないのが現状です。

なぜ、そのような問題が起こっているのか。まずは成果の出ない目標設定の仕方とは何かを明確にしてください。そしてどのように目標設定をすれば成果に繋げられるようになるのかを確認してください。ここでお伝えする内容は全3回でお伝えさせていただきます。起業してからの目標設定について、見直していただき実践することで、あなたにも成果を出すための目標設定の方法ができるようになります。では解説していきます。

 

起業時における目標設定で成果に繋がらない現状

ほとんどの方が間違っている3つの目標設定の原因があるのですが、その中の一つ目を今日は言いたいと思います。これが一番多いと思うので結論から先に言います。

目標設定で一番多いミス、それは「期間が長すぎる」ことです。

期限が長いので、何が起きるのかと言うと、いつでもいいや、1年後とか3年後とかに起業すればいいから、いつでもいいや、となっちゃって、ほとんどの人が行動しないんですよ。僕のところに申し込みや相談に来る方で、1年後に起業しようと思っています等という人には、僕は、基本的に3か月にしてください。と言っています。

 

起業して目標設定をするには期間に気をつける

目標設定におけるミスについて解説しました。いかがでしたでしょうか。もしかしたら、あなたも同じ目標設定の仕方を行なっていたかもしれません。目標設定でやってしまいがちなミス、それは「長期目標と呼ばれる長すぎる目標を立ててしまう」ことです。

目標設定の立て方には、長期目標、中期目標、短期目標の3つを上げられることが多く活用されています。

  • 長期目標・・・1年後など
  • 中期目標・・・3~6ヶ月後など
  • 短期目標・・・1ヶ月後など

上記のように長期・中期・短期とわけて目標設定をすることも確かに大切です。しかし、1年後の目標を立てること、つまりイメージすることができるか。あなたが頭の中でイメージできることがとても重要になります。

イメージ(想像)できないことは、実現に移すことは難しくなります。実際に6ヶ月後のイメージすらも難しいかもしれません。このような長い期間を設けた目標設定は企業などではとても大切な要素ですが、個人起業家として、特にこれから稼いでいく場合にはオススメはしません。その理由をこのあとに解説していきす。

 

起業してから頭に具体的なイメージが常にあるかを指標にする

3か月で起業はしなくてもいいのですが、ファーストキャッシュを得るとか、10万円とか20万円を3か月以内に必ず得るとか、そのような短期間の明確な目標を立ててください。これが1つ目の目標達成の大事なところです。

本質を話します。本質は何かというと、いかに行動できるかなので、頭に具体的でリアルなイメージが常にあるかなのです。1年後に月収100万円いきますとか、3年後に年商1億円いきますとか、そういうことを言って僕のところに来る方がいますが、僕がその方に、「それを毎日無意識に頭の中にリアリティを作れますか?」と訊き返すと、「無理ですね」、とほとんどの方が言うのです。

実は僕もそれを以前はやっていましたが、自己啓発やコーチングの本を見るとそういうことが書いてあるのでそれは間違いではないのですが、いかに頭で強いリアリティを維持するかにかかっているんですよ。

 

起業して目標を掲げたら達成することを優先すること

頭の中で具体的にイメージできることが目標設定をする上で大切です。このことを解説しました。どんな状況、物事でも同じことが言えますが、イメージできないことを達成することはとても大変ですし、行動に移すことも難しくなります。そうすると、口で言うだけの目標になってしまいます。

目標設定をするのであれば、実現可能(=頭の中でイメージできる状況)な状態で設定することが欠かせません。目標設定というのは、ただ掲げるものではなく、掲げたものを達成するために存在しています。その為にもイメージできる状態を作るということです。

一般的に、目標設定とイメージできることは別で伝えているケースがとても多いように感じます。実際に別々に学ばれたのであれば、それらを組み合わせて自身で実現できるであろう目標を立ててください。具体的にイメージできることの重要性についてをもう少し解説していきます。

 

脳科学でも実証されている目標設定の作り方

これは脳科学の分野でよく言われていることなのですが、人間というのは頭の中のリアリティが強ければ強いほど行動したくなるものなのです。だから、1年後の月100万円より、2~3か月後の10万円、20万円の方ができそうじゃないですか。頭ができると思えば、それに向かって行動するものなのです。だから、まずは3か月で目標を立ててください。

今は2014年12月の終わりごろなのですが、2015年の目標も新年の抱負なんて書かなくていいです。

常識外れなことを言いますけど、新年の抱負を書いても忘れていきますので、まずは3か月、1月から3月までの目標とかを立ててみると、非常に良いと思います。かなり明確になって行動しやすいと思いますので、試してみてください。

今日はいかがだったでしょうか?今日の内容が役に立ったとかすごく共感できた方はいいね!を押していただいたり、コメントも募集しておりますので、よろしくお願いします。

では、次回は目標設定の第2弾ですね、いきたいと思いますので楽しみにしてください。
仙道でした。有難うございました。

 

起業して成功するまでの目標設定は細分化することで作れる

起業における目標設定おのよくあるミスについて解説しました。いかがでしたでしょうか。全3回でお伝えしていく目標設定についての内容ですが、今回は「長期目標は立てる必要はない」ということをお伝えしました。

多くの起業家は、ビジネスを行う上でそれぞれの成功を目指しています。売上1000万円を目指す、売上1億円を目指す。そうした数字を用いた目標設定もとても大切なことですが、あなたの頭の中で実際に稼いでいるイメージができないのであれば、それを実現することはできません。1年後、3年後には達成します。私の周りにはそうした方も多くいますが、現実として達成している人は極僅かしかいません。

目標を達成している人と目標を達成できない人の違い、それが掲げた目標を具体的にイメージできているか、具体的なイメージができていないかです。今回、長期目標ではなく2~3ヶ月後の目標を掲げることを推奨しましたが、この考え方は長期目標をイメージできる、つまり実現可能な目標として分散したという考え方もできます。

どんな場面でも同じですが、大きな目標を達成するには、それを細分化する必要があります。細分化というのは、1つづつ階段(ステップ)として考えるということです。1億円を達成するには、まずイメージできる売上を目標として、2ヶ月後に達成すると決めること。それが実現できたら、次の2ヶ月の目標としてイメージできる数字を掲げる。これを繰り返していくことが大切です。

一度掲げた目標が達成できるようにんなっていくと、自然とイメージできる状態もアップデートされていき、最初は2ヶ月後に10万円や30万円だった数字でも、50万円、100万円と上げていくことができます。それを繰り返していくことで、1億円の目標が達成できるようになります。これは成功するまでの最短の方法とも言えます。

あなたがもし、長期目標は掲げたが短期目標を掲げていないのであれば、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後などのようにイメージがつきやすい未来に対して目標設定を組んでみてください。そうすることで、自ずと大きな目標が達成できる自分を作ることができるようになります。

baner_9movie
baner_9movie

よく読まれている関連記事

起業の目標設定|よくあるミス|その1

どうも仙道です。 今日は、目標設定の仕方について詳しく説明していきたいと思います。僕がどうやって起業する前、起業した後に…

売れるステップメールの書き方|高単価契約につなげる秘訣

ども、仙道です! ランディングページからメルマガリストを獲得したら、ステップメールを送ることで成果(=売上)につなげやす…

インパクトが強烈に残るブログ、メルマガ文章の「1つのコツ」とは!?

どうも仙道です。 今日は、インパクトが強いブログやメルマガの文章とは一体どうやって書けばよいのかを説明させていただきたい…

セッションの値段を上げる”2つの極意” 

どうも、仙道です! 今日はセッションの値段をいかにあげていけばいいかですね。2つのポイントを詳しく説明していきます。コー…

起業の目標設定|よくあるミス|その2

どうも仙道です。 今日は、目標設定のミス第二弾として、起業したい方がよくやってしまうミスについてお話します。コーチやコン…

baner_9movie
baner_9movie

動画9点セット&メルマガの感想

baner_9movie
baner_9movie

SNSでもご購読できます。