コーチング起業を1年目で成功させる“最高の近道”

どうも、仙道です!

「コーチングで起業したいです。
どうすればいいでしょうか?」

このような質問を
これから起業したい方から
よく受けることがあります。

起業1年目からの成功。
これは誰でも望むことです。

そこで今回は、起業1年目から
成功するために最高の近道となる、
その秘訣を特別に公開します。

コーチング起業
コンサルタント起業
セラピスト起業 など

個人起業家として1年目から
成功するための秘訣です。

ぜひこの記事の内容を参考にして
起業1年目からの成功を手に入れてください。

コーチング起業を1年目で成功させる“たった1つの秘訣”

結論から言います。

コーチング起業1年目で成功するためには、

「バックエンド(高額商品)」を

売ることに集中すること。

これが起業1年目から成功するための秘訣です。

バックエンド商品とは、
自分が一番売りたい商品です。

<参考例>

  • コーチなら、個別のコーチング契約
  • コンサルなら、個別のコンサル契約 など

自分が一番売りたい商品であり、
自分に利益をもたらしてくれる商品。
それがバックエンド商品です。

バックエンド商品の価格は
30万円〜120万円など、
様々な価格帯があります。

 

バックエンド商品を売ることに集中する理由

起業1年目はバックエンド商品の販売に
集中するべき理由は実績を作るためです。

バックエンド大量に販売できると、
同時に「実績」がハイスピードでつくれます。
そのため、起業1年目でも
ライバルを圧倒できるからです。

ライバルを実績の面で圧倒できれば
それだけでも大きな差別化要素になります。

「この人は実績がある・実績がすごい」
そんなふうにお客様に感じてもらえれば
それだけでお客様から選ばれます。

 

起業1年目にバックエンド販売に集中する3つのメリット

メリット1:自分の実績が増える

バックエンドの販売に集中することで
自分の実績が増える。大きくなる。
これが最大のメリットです。

バックエンド(30〜120万円の商品)を売ると、
自然とお客様と関わる機会・時間が増えます。

理由は、高額な商品を売れば、
その分、サポートが手厚くできるからです。

サポートが手厚くなれば、
お客様が成果を出しやすくなるため
お客様も成果を出しやすくなります。

そして、自分の手厚いサポートから
お客様が何人も成功していけば
それが大きな実績となっていきます。

バックエンド商品を売る
・・
お客様を徹底的にサポートする
・・
お客様が成果を出していく
・・
自分の実績が積み重なっていく

上記の流れを作り上げてしまうこと。
それが起業1年目から成功するための
たった1つのシンプルかつ強力な秘訣です。

 

メリット2:圧倒的な差別化・ブランディングになる

起業1年目からバックエンド商品を売って
自分の実績が増えると、それが圧倒的な
差別化・ブランディングに繋がっていきます。

差別化とは
自分の商品・サービスや自分自身が
ライバルとはどう違うのか。
それを明確にしたもの。

ブランディングとは
自分のお客様(見込み客)に対して、
自分自身を『〇〇な存在』として
認識させていく活動のこと。

「実績の数」というのは、
それだけで圧倒的な差別化・ブランディングの
要素として活用できます。

例えば、コーチ・コンサルの業界だけでも
多くの人が次のようなメッセージを出しています。

  • 1ヶ月でセルフイメージを高めます
  • あなたの年収を10倍にします
  • ゼロから起業成功する方法教えます など

お客様に伝えるメッセージで
差別化・ブランディングしようとするのは、
大切なことですが、大変な作業でもあります。

ライバルをリサーチして

見込み客をリサーチして

自分の強みを明確にして

そこから自分なりの差別化・ブランディングを
実践していくことになるからです。

※こうした地道な作業は
重要なことなので、ぜひ実践してください。

実践方法については、
別の記事でも詳しく伝えております。

<参考記事>

集客の悩み解消!売れてる起業家のセルフブランディング方法

起業家の成功に欠かせない差別化コンセプトの作り方

しかし、実績の数があれば、
まずはそれだけで差別化・ブランディングが
作れてしまいます。

例えば、
バックエンド商品を販売するときに
お客様の声が1人の場合と10人の場合。

どちらの方が売れやすいかは、
もちろん10人の方が売れやすいです。

見込み客(商品を買ってくれる可能性がある人)は
お客様の声がたくさん掲載されているだけで
安心感や信頼感を感じてくれるものです。

お客様の声がたくさんあるからこそ、
安心して商品・サービスを買ってくれる。
そう考えることもできます。

なので、起業1年目はバックエンド商品の
セールスに集中して、お客様をしっかりサポートして
お客様の声をしっかり集めてください。

お客様の声が集まれば集めるほど
ライバルに負けない圧倒的な
差別化・ブランディングをすることができます。

 

メリット3:起業2年目も成功しやすくなる

起業2年目も成功しやすくなる。
その理由は『LTV』を高めやすくなるからです。
順を追って説明していきます。

まずお客様が成果を出したことで、
自分の実績が増えていくと、
起業2年目からは様々な形で
ビジネスを仕掛けて行くことができます。

  • プロダクトローンチ
  • ウェブセミナー
  • 会員制ビジネス
  • コミュニティービジネス
  • 塾ビジネス など

そして、様々な商品・サービスを売ることで
『LTV』を伸ばしていくことができます。
(起業1年目から成果が出ているからこそ、
LTVを伸ばす活動に力を注ぐことができます。)

LTVとは
1人のお客様の
生涯価値のことです。

例えば、1人のお客様が
最初に3000円のグルコンに
参加してくれたとします。

その後、1年間で100万円の
コーチング契約をしてくれたとすると、
その人の1年間のLTVは100万円です。

もし3年でトータル1000万円分の
商品・サービスを買ってくれるとしたら、
『LTVは3年間で1000万円』になります。

1人のお客様が1つの商品を買って終わりではなく、
1人のお客様が3つも4つも商品を買ってくれる。
そのほうが売上全体は伸びていきます。

「LTVを高めていく。上げていく。」
このような考え方は、マーケティングにおいて
非常に重要なので是非覚えておいてください。

 

コーチング起業1年目に失敗する人がよくやる間違い

LTVのことを前項でお伝えしましたが
ここで注意して欲しいのは、
起業1年目から商品ラインナップを
増やさないことです。

起業1年目で失敗してしまう人、
もしくは、思うように成果が出ずに
苦しんでいる人は次のような共通点があります。

  • 商品・サービスが多すぎ
  • 利益にならない商品ばかり売っている
  • あれもこれもやろうとしすぎ
  • 結局何が売りたいのかわからない
  • 流行りのビジネスにすぐ流されてしまう など

<起業1年目に失敗する人のパターン>

コーチング起業に限らずですが、
個人起業家の成功までの流れとして
よく言われているものがあります。
それが次の5ステップです。

ステップ1:ブログ
・・
ステップ2:メルマガ
・・
ステップ3:フロントエンド(セミナー、グルコンなど)
・・
ステップ4:会員制ビジネス(月額1万円など)
・・
ステップ5:バックエンド(30万~120万ぐらい)

上記のような流れは確かに理想的です。
しかし私としては、起業1年目で
この流れは危険だと思っています。

なぜなら
会員制ビジネスを挟むことで、
お客様がある程度満足してしまい、
バックエンドの成約率が下がるからです。

会員制ビジネスでなくても
・2〜3万円の講座
・5万円前後の商材・動画教材
・塾・講座
こうしたものでも同じことが言えます。

なので、フロントエンドの次は
バックエンドをすぐ売る方が
成約率も高くなるし、利益も
多く手にすることができます。

もう1つ決定的な理由があります。
それは、
・会員制ビジネス
・動画教材
・塾・講座 など

労力をかけない商品展開をすることで、
1番大切な『クライアントの成果』が
しっかり出せるのか。という点です。

すでにバックエンドをたくさん売って
十分な実績がある人は
・会員制ビジネス
・コミュニティー
・プロダクトローンチ など
どんどんやっても大丈夫です。

しかし、起業1年目、2年目で
それをやっている人は
正直、非効率的です。

『なぜ、実績がまだないのに
そんなことやっているのだろう』
そんなふうに感じてしまいます。

実績がない状態では、
レバレッジがかからないので、
起業2年目、3年目の売上が大きく伸びません。

だからこそ逆に
起業1年目からは
実績を作る必要があります。

私自身の副業時代や起業1年目は
限界を感じるまでバックエンドを売りました。

当時の商品ラインナップなど
「フロントセミナー⇒バックエンド」
の2点ぐらいです。

LTVは伸びなかったですが、
1年目からたくさんのお客様と
4ヶ月~8ヵ月に渡って深く関わることができました。

その期間と経験があったおかげで、
起業1年目から「圧倒的な実績」を
手に入れる
ことができたのです。

私自身、実績ゼロ、強みゼロのスタートでした。
でもたくさんの実績ができたことで、
圧倒的な「差別化ポジション」を手に入れることができました。

たった1年間だけ、バックエンドを売ることに
集中したおかげで手に入れることができた
圧倒的な差別化ポジションです。

そしてその実績をもとにして
起業2年目、3年目からは
・プロモーション
・塾ビジネス
こうしたものをスタートさせました。

起業1年目にバックエンドを売ることに
集中して実績を作り続けたからこそ
今の仙道達也があると言っても過言ではありません。

この記事を読んでくれているあなたには、
『起業1年目はバックエンドを売ることが大事』
この秘訣の重要性を、ぜひ理解して欲しいです。

事実、私だけでなく、
私が年に1度開催している仙道塾の塾生さんにも
同じことを伝えて、実践してもらっています。

そして起業2年目になると
「年商3000万~5000万以上」を
軽々と突破する人が増えてきます。

もしあなたも起業1年目を成功させて
2年目・3年目と順調に売上を
伸ばしていきたいのであれば、

『起業1年目は限界まで
 
バックエンドを販売する』

この秘訣を忘れないようにして、
ひたすら実践してみてください。

最初は大変に思えるかもしれませんが、
この流れは、私が知っている限り
起業1年目に成功するための「最高の近道」です。

 

秘訣のポイントまとめ

『1年目から先に実績をつけて、
 
その後に商品展開をしたほうがよい』

例えば、起業1年目の段階から
・会員制ビジネスを展開
・オンライン講座の販売
など、手広くやってしまうことはNG。

商品・サービスは多様であればいいわけでは
ありません。あくまでも、自分のビジネスのスタイル、
マーケティン全体の流れから考えて、
作成していく必要がある。

複数の商品を売って悪いことはないが、
起業1年目としては効率が悪く、
失敗に終わる可能性が高くなる。

以上のような理由からも、

『起業1年目はバックエンド商品の
 販売に全力を注ぐこと』

これが非常に重要。

目安は「年商1000万~2000万」までは
バックエンドを売ることに
集中したほうがよい。

その後、実績が増えてタイミングで
様々なビジネスを展開して安定させる。

これがビジネスを成功・成長させるために
もっとも早い流れになります。

 

まとめ

今回はコーチング起業1年目で
成功するための最高の近道として、
たった1つ秘訣をお伝えしました。

その秘訣とは、
『起業1年目は
 バックエンドの販売に集中すること』です。

起業1年目からバックエンドをたくさん売れば、
たとえビジネス初心者だったとしても
いやでも実績が増えていきます。

そして実績が増えることで
お客様の声が増えていき、
それがライバルを圧倒できる要因になってくれます。

バックエンドを限界まで売る
・・
お客様を全力でサポートする
・・
お客様が成果を出していく
・・
成果を出したお客様の声が増える
・・
圧倒的な差別化ポジションができる

もしあなたが、これから起業する
コーチやコンサルタントとして
起業したい・成功したい。

そう望むのであれば、
まずは
『バックエンド商品を売ること』
ここに力を注いでください。

バックエンドを売り、実績を積み重ねることで
起業2年目・3年目以降も利益を伸ばしながら、
ビジネスを安定させていくことができます。

ただし、もしも「バックエンドを売る自信がない」
そんなふうに感じる場合は、
こちらの記事をチェックしてください。

セールス初心者は必見!「断れないオファー」の作り方

セールス初心者が
セールスを成功させるために必要な
『オファー』について詳しく解説しています。

この記事の内容と合わせて活用し、
ぜひ起業1年目からの成功に繋げてください。

baner_9movie
baner_9movie

よく読まれている関連記事

None Found
baner_9movie
baner_9movie

動画9点セット&メルマガの感想

baner_9movie
baner_9movie

SNSでもご購読できます。