起業家の集客に欠かせないFacebook広告のやり方

ども、仙道です!

コーチやコンサルなどの個人起業家は、集客することができないと悩んでいる方が非常に多くいます。ブログを活用した集客はとても効果的ですが、ブログを構築する傍らでも実践することができて、大きな集客効果あげることができる媒体があります。それがFacebook広告です。

ここでは、Facebook広告ではどのようなことができるのか、そしてそれはどうやればいいのかといった具体的な部分をお伝えしていき、Facebook広告が出稿できるようになるまでを解説していきます。Facebook広告から見込み客を集客して売上を手にするために、ここでお伝えする内容をぜひご活用ください。

 

FB広告を作成する5つの手順

手順1:Facebookページを作る
手順2:Facebook広告の『キャンペーン』を作る
手順3:広告アカウントを設定する
手順4:広告セットを設定する
手順5:広告を作成する

Facebook広告をスタートするには上記の手順を踏む必要があります。広告をスタートするまでの設定の際にFacebookのニュースフィード画面に表示される『Facebook広告』を出稿する方法を解説していきます。また、Facebook広告をスタートする際、画像の設定やアップロードをする作業があります。設定を行う際はすべての作業をパソコンで操作することを推奨します。

Facebook広告の表示される場所

Facebook広告の表示される場所

 

【手順1】Facebookページを作る

Facebookの個人アカウントでは広告が出せません。しかし、Facebookページでは広告をだすことができます。なので、Facebook広告をだすためには、Facebookページを作成する必要があります。Facebookページは、Facebookの個人アカウントを持っていれば、誰でも作成することができます。

Facebookページは、個人のアカウントページではなく、ファンを増やすためのページです。個人アカウントのように友達申請はできませんが、自分のページに「いいね!」してくれた人は自分の Facebookページのファンとして1カウントされます。個人アカウントは5000人までしか友達を作れませんが、フェイスブックページは無制限にファンを増やすことが可能です。

■Facebookページの作り方5ステップ

【ステップ1】

個人アカウントのトップ画面の左下にある「作成」の中から、「ページ」を選択する。もしくは、ページ右上の『▼』をクッリクして、「ページを作成」を選択する。

Facebookページの作成

Facebookページを作成するためのボタン

【ステップ2】

表示される6項目の中から、作成するページのタイプを選択します。コーチ・コンサルタントなどの個人起業家であれば『会社または団体』もしくは『アーティスト、バンドまたは著名人』でページを作成していきます。

※絶対にこれじゃないとダメというルールは存在しないので、自分のビジネスの形態・目的に合わせたページタイプを選択してください。

Facebookページの作成画面

Facebookページのテーマを決める

【ステップ3】

「会社または団体」をクリックしたら、「カテゴリを選択」をクリックして、自分のビジネスに合うカテゴリを選択してください。

「カテゴリーを選択」をクリック

「カテゴリーを選択」をクリック

Facebookページのカテゴリー設定

Facebookページのカテゴリーを決める

 

【ステップ4】

カテゴリを選択後は、会社名を入力します。ここまでの作業でFacebookページの型が完成します。

Facebookページの会社名を入力

Facebookページのページ名を入力(実際に表示されるな名前になります)

 

【ステップ5】

Facebookページの型が完成したので、『Facebookページの写真』と『カバー写真』を設定していきます。設定方法は、個人アカウントの設定方法を同じです。

  • 『Facebookページの写真』:写真を変更
  • 『カバー写真』:カバー写真の設定
Facebookページ画像設定前

Facebookページの画像設定前

 

それぞれ自分のビジネスのイメージに合わせた写真を設定してください。

Facebook写真の設定

Facebook写真の設定画面

 

写真を設定する方法
写真をアルバムから選択 Facebook上にアップロードしてある画像から選択します
写真を撮る その場で撮影した写真を設定します
写真をアップロード パソコン内にある写真をFacebookにアップロードして設定します
削除 設定されている写真を削除します

 

Facebookページカバー写真の設定

Facebookページカバー写真を設定する各項目

 

写真を設定する方法
[写真]から選択 Facebook上にアップロードしてある画像から選択します
[動画]から選択 Facebook上にアップロードしてある動画から選択します
写真・動画をアップロード  パソコン内にある写真・動画をFacebookにアップロードして設定します
スライドショーを作成 写真でスライドショーを作成して設定します

 

※[動画]から選択

まだFacebook上に動画をアップロードしていない場合は、以下のような画面が表示されます。

Facebookページのカバー写真の動画設定

Facebookページのカバー写真に利用できる動画の条件

 

この場合は、Facebook上に動画をアップする必要があります。動画は自分のパソコン内に入っている動画から選択することができます。

Facebookページの動画アップロード

Facebookページの動画アップロード画面

 

※スライドショーを作成

Facebook上にアップロードしてある画像を利用してスライドショーを作成できます。「スライドショーを作成」を選択すると以下のような画面になります。

Facebookページスライドショー作成画面

Facebookページスライドショー作成画面

 

スライドに活用する画像は、『プラス(+)』のボタンをクリックすることで追加できます。

 

スライドショーの画像追加

スライドショーの画像追加

 

スライド写真を追加する方法
[写真]から選択 Facebook上にアップロードしてある画像から選択します
Upload Photo パソコン内にある写真をFacebookにアップロードして設定します

 

スライドショーに選択する画像は、最大5枚まで選択できます。

 

Facebookページスライドショーの最大選択画像数

Facebookページスライドショーは最大5枚設定できる

 

設定した画像の変更・削除はスライド写真右上の『ペンのマーク』をクリックします。

 

スライドショー画像の編集・削除

スライドショー画像の編集と削除

 

設定した画像はドラッグして表示される位置を調整することができます。

スライドの表示位置の調整

ドラッグしてスライドの表示位置の調整できる

 

画像の設定が終了したら右下の『Save』ボタンを押して、設定を保存してください。

スライドショーの保存

『Save』をクリックしてスライドショーの保存

 

■Facebookページ画像に設定した写真の削除・変更方法

Facebookページの写真は何度でも変更することができます。変更したい場合は、カーソルを写真に合わせて「カメラマーク」をクリックして、表示される「削除」を選びます。すると、本当に削除していいのか確認が表示されるので、確認ボタンをクリックします。これで削除が完了します。

Facebookページの写真を削する除方法

Facebookページの写真を削する除方法

 

Facebookページの写真を削除の確定

Facebookページの写真を削除の確定

 

削除後は再び『写真を追加』をクリックして、好きな写真を設定することができます。この操作を繰り返せば、何度でも写真を変更することができます。

以上でFacebookページの完成です。投稿の方法は個人アカウントと同じようにできます。

 

■Facebookページ情報の編集

作成したページの情報は、左サイドバーに表示されている「ページ情報」をクリックすることで編集・設定することができます。

Facebookページ情報の設定

Facebookページ情報の設定

Facebookページの編集画面

Facebookページの編集画面

 

■Facebookページの設定と削除

Facebookページの画面右上にある『設定』をクリックすることで、Facebookページに関する細かい内容を編集・設定・削除することができます。

<例|設定内容の一部>

  • Facebookページの公開設定
  • ビジター投稿の設定
  • タグ付けの権限の設定
  • Instagramと連動設定
  • Facebookページの削除

 

Facebookページの設定と削除

Facebookページの設定をするボタン

Facebookページの詳細設定画面

Facebookページの詳細設定や削除ができる画面

 

【手順2】Facebook広告の『キャンペーン』を作る

Facebookページを作成したら、実際に広告の作成に入ります。Facebook広告を作成するにあたり、最初にFacebook広告の全体像を理解しておくと、Facebook広告作成の流れが理解しやすくなるので、簡単に全体像を解説しておきます。

 

■Facebook広告の全体像

Facebook広告は広告を管理しやすいように階層分けの構造になっています。

Facebook広告全体像

Facebook広告作成の全体像

 

■キャンペーン

キャンペーンは広告をだす目的を設定します。広告をだす目的ごとにキャンペーンを設定しておくことで、後々も広告が管理しやすくなります。

<起業家が利用するべき6つの広告キャンペーン>

  • トラフィック:自分が指定したサイト(URL)に誘導が目的
  • エンゲージメント①:Facebookページの投稿に広告をだすことが目的
  • エンゲージメント②:Facebookページの「いいね!」を増やす目的
  • エンゲージメント③:Facebookイベントに広告をだすことが目的
  • リード獲得:メールアドレスの獲得が目的
  • コンバージョン:トラフィック広告で1度成約した見込み客に最適化した広告をだすことが目的

■広告セット

広告セットは、はじめに設定した「キャンペーン」に対して、ターゲット・広告予算・配信スケジュールなどを設定していきます。

■広告

実際にFacebook上で広告として表示される部分を作成していきます。1つの広告セットに対して、広告は最高で6パターンまで作成することができます。6パターン作成できるので、1つ1つ違いを作ることで、どの広告が一番優れているのかを試すことが可能です。

・パターン1:テキストのみを変える
・パターン2:画像を変える
・パターン3:テキストのフォントを変える
・パターン4:テキストの色を変える
・パターン5:画像のみの広告にする

 

Facebookページを作成したら、画面右上の下向き三角(▼)をクリックして、その中から「広告を掲載」を選択します。すると『広告マネージャー』というページが開きます。

広告を掲載

「広告を掲載」をクリック

広告マネージャ

「広告マネージャ」の画面

 

画面左上部にある「キャンペーン」をクリックして、広告キャンペーンを作成します。ここでご紹介する事例では、トラフィック(自分が指定したサイト(URL)に誘導が目的)広告の作成方法を解説していきます。

 

トラフィック

「トラフィック」で広告を作成

 

自分が管理しやすいように広告キャンペーン名を設定してください。キャンペーン名を設定したら、『広告アカウントを設定』をクリックしてください。

 

広告キャンペーン名

広告キャンペーン名を設定して「広告アカウントを設定」をクリック

 

【手順3】広告アカウントを設定する

『広告アカウントを設定』をクリックすると、広告アカウント設定画面が表示されます。広告アカウントは、はじめて広告を作る際に1度設定してしまえば、2回目以降は作る必要がありません。

  • アカウントの国:日本
  • 通貨:日本円
  • 時間帯:Asia/Tokyo
  • 「詳細オプションを表示」をクリックすると、広告アカウント名を設定できます。

設定ができたら『次へ』をクリックします。

 

広告アカウント

「広告アカウント」の設定

 

【手順4】広告セットを設定する

広告セットでは次の項目を設定していきます。

  • 広告セット名
  • トラフィック
  • クーポン
  • オーディエンス(ターゲット)
  • 配置
  • 予算・掲載期間

■広告セット名

広告セット名は自由に設定できるので、のちのち広告を管理しやすいセット名をつけておくことがオススメです。

■トラフィック

ターゲットが広告をクリックしたら飛ばしたい場所を選びます。ここでは、指定のURLにターゲットを飛ばしたいので、『ウェブサイト』を選択します。

■クーポン

はじめての場合、ここは使うことがないので『オフ』にしておきます。(通常、最初から「オフ」になっています。)

広告セット

「広告セット」を設定

 

■ オーディエンス(ターゲット)

広告を見て欲しいターゲットの詳細を設定していきます。

【地域】

例えば、日本に住んでいる全ての人を対象に広告を出したい場合は、地域名に「日本」と入力し、「この地域に住んでいるすべての人」を選択してください。

オーディエンス設定1


住んでいる地域の設定

 

オーディエンス設定2

「この地域に住んでいる人」に設定

【年齢】

自分のビジネスのターゲットにあった年齢層を設定してください。
例えば、30代がターゲットであれば、『30-39』という設定になります。

【性別】

自分のビジネスのターゲットにあった性別を設定します。

【言語】

日本人向けのビジネスであれば日本語になると思います。その場合には『日本語』で設定します。

オーディエンス設定3

オーディエンスの「年齢・性別・言語」を設定

 

【詳細ターゲット設定】

ここを設定する際は、画面右上に表示されている『オーディエンスサイズ』という表示をみます。

オーディエンスサイズ

オーディエンスサイズ

 

上記画像にも表示されていますが、「ターゲット層が少々広すぎます。」と表示されているので、「まだまだターゲティング設定した方がいいですよ」ということを教えてくれています。

「詳細ターゲット設定」の入力欄にある「参照」をクリックすると、細かく設定できる項目が表示されます。この中から自分のターゲットに合う項目を設定していき、ターゲッティングを絞っていきます。

さらにターゲットを絞りたい場合は、「除外条件」をクリックしてください。例えば、ターゲットの中から「公務員だけは除外したい」という場合に有効活用できます。

 

オーディエンスの詳細

オーディエンスの詳細設定

 

【オーディエンスを保存】

ここまで設定できたら『オーディエンスを保存』をクリックして情報を保存してください。

 

■配置

広告の配置される場所を設定します。広告は『タイムライン』に表示される場合と、『右サイドバー』に表示される場合があります。またインスタグラムなどに表示されることもあります。

広告の自動配置

「自動配置」を選択

 

配置位置に関してはFacebook側にお任せして問題ないので、『自動配置(推奨)』を選択してください。

 

■予算と掲載期間

「1日予算」は100円からでも広告を出せるので、はじめて広告を出す場合は、テストも兼ねて100円で設定することをおすすめします。

掲載期間は、『開始日と終了日を設定』にチェックを入れて、掲載したい期間を選択してください。1日だけ出すこともできるので、自分の予算に合わせた金額を設定してください。下記の画像では、『3日間の出稿で合計300円の予算』となっています。

 

 Facebook広告の予算と掲載期間

「予算と掲載期間」の設定

 

【手順5】広告を作成する

作成できる広告の種類は5種類あります。

  • カルーセル
  • 画像
  • 動画
  • スライドショー
  • コレクション

 

1件の画像

作成できる広告の種類

 

作成できる広告の種類
カルーセル 複数の画像や動画をスライド形式で表示させる広告
画像 最もスタンダードなものです。画像とテキストの広告
動画 動画とテキストで広告を表示させる広告
スライドショー 複数の画像を1枚ずつスライド表示させる広告
コレクション

商品のストーリーや特徴の宣伝をできる広告

※コレクションは上級者向けの広告になるので、基本的に利用することはありません。

 

■画像

ここでは最もスタンダードな「画像」を利用した広告の出稿方法を解説していきます。まずは「1件の画像」をクリックします。

 

1件の画像

「1件の画像」を選択

 

その後、画面の下に進むと、「ライブラリを閲覧」「無料ストック画像」があります。「ライブラリ」には自分がアップロードした画像が含まれます。まだアップロードしていない場合は、「画像をアップロード」のボタンから使用したい画像をアップロードすることができます。

 

広告の画像選択

「無料ストック画像」がおすすめ

 

「無料ストック画像」はFacebook側が無料で提供してくれる画像を利用できます。『SHUTTERSTOCK』という有料画像サイトの画像を無料で提供してくれているので、こちらの無料ストック画像を利用することをオススメします。

無料ストック画像

「コンサルタント」と検索した時の無料ストック画像一覧

 

画像をアプロードする際は、『画像の推奨要件』という欄に記載されれている項目に気をつけてください。

より多く広告を配信するには、テキストが少ないまたは重なったテキストがない画像を使用してください。詳しくはこちら。

この表記には特に注意が必要です。「詳しくはこちら」をクリックすると、詳細な説明が表示されます。

 

画像の推奨要件

画像の推奨要件の詳細な解説

 

いろいろと記載されていますが、要約すると、

『テキストの多い画像では、広告が表示されにくくなります。もしくは、表示されません。』

ということになります。ですので、なるべくテキストの少ない画像、もしくは、画像だけの広告が望ましいことになります。以下に良いFacebook広告の例と悪いFacebook広告の例をご紹介します。

 

■良いFacebook広告の例

Facebook広告イメージ画像

【良い例】画像内にテキストがなくシンプルなもの

 

■悪いFacebook広告の例

Facebook広告イメージ画像として悪い例

【悪い例】画像の中にテキストが多すぎる。テキストの内容も魅力的でない

 

■広告プレビュー

画像を選択すると、自動的に「広告プレビュー」が表示されます。プレビュー
画像の右上にある『>』をクリックすることで、様々な媒体でどのように広告が表示されるのか確認することができます。

 

広告プレビュー

「広告プレビュー」の設定

 

■リンク

ウェブサイトのURLには、広告から誘導したいウェブサイトのURLを記載してください。

■テキスト

広告画像の上に表示されるテキスト内容を変更することができます。

■見出し

広告画像のすぐ下にある太文字の部分を変更することができます。

■アクション

広告画像下のボタン内の文字を変更できます。

 

もう少し細かい設定をする場合は、『詳細オプションを表示』をクリックしてください。詳細オプションを表示では次の2つを設定することができます。

  • ディスプレイリンク:広告に表示したいリンクURLを編集できる
  • ニュースフィードリンク説明文:「見出し」のすぐ下にあるリンク先ページの説明文を編集できる
  • 「URLパラメーター」は特に設定する必要はありません。
広告プレビュー2

「広告プレビュー」詳細オプションの設定

 

ここまで設定できれば、ページ右下にある『実行する』のボタンを押してください。

 

出稿するための支払い設定方法

はじめて広告を出稿する場合は広告作成の実行ボタンを押すと、支払い情報の設定画面が自動的に開きます。「クレジットカード」「PayPal」「銀行振込」が支払い方法として選択できます。

Facebook広告支払い設定

Facebook広告支払い設定画面

 

支払いが完了すると広告マネージャの管理画面が開き、「広告審査の承認待ち」となります。このとき広告内容に不備があると審査が通りませんが、特に問題がなければしばらくしてFacebookの方から「広告が承認されました」という旨の通知がメールで届きます。

 

広告の承認待ち

支払い設定完了後、広告の承認待ちになる

 

広告が承認されると、自動的に設定した期間でFacebook広告が出稿されます。承認通知はFacebookに登録している連絡用メールアドレス宛に送信されてきます。通常、1日以内には通知が届きます。

 

FB広告を出した後の修正方法

ページ左上の広告マネージャをクリックして表示される画面の中から「広告マネージャ」をクリックします。最初に「広告キャンペーン」のページが表示されます。キャンペーンの名前にカーソルを合わせると「編集」という表記が出てくるので、そこをクリックすることで広告キャンペーンを編集することができます。

 Facebook広告キャンペーンの編集

キャンペーンの編集

「広告セット」と「広告」も同様の方法で編集することができます。画面に表示されている「広告セット」または「広告」をクリックした後に、「広告セット名」または「広告の名前」にカーソルを合わせることで編集ボタンが表示されるので、「編集」をクリックすることで各項目を編集することができます。

 Facebook広告編集画面

Facebook広告の編集画面

 

広告出稿停止と削除の方法

広告の停止方法

広告の停止は、「広告」の編集設定の画面から行います。

 Facebook広告出稿停止と削除の方法

「広告」の編集画面

「広告の名前」のすぐ左下にある「白丸(○)」を設定することで広告の出稿と停止を編集できます。

  • 出稿中:白丸(○)が右側にあり青く色がついている
  • 停止中:白丸(○)が左側にあり色がついていない

■広告の削除方法

1広告を削除したい場合は、広告の出稿と停止を設定する白丸(○)の横にある、チェックボックスにチェックを入れます
2その状態で『他のメニュー』というボタンをクリックします
3「削除」が表示されるのでクリックします
4確認画面が表示されるのでもう一度「削除」をクリックします
5削除が完了します

 Facebook広告の削除方法

Facebook広告の削除方法

 

支払い方法の管理・設定方法

 Facebook広告の支払い方法管理

「支払い管理」をクリック

ページ左上の広告マネージャをクリックして表示される画面の中から「支払い管理」をクリックします。

 

■ 「支払い管理」でできる主なこと

  • クレジットカードの設定・編集・追加
  • PayPalの設定(PayPalアカウントが必要になります)
  • 請求単価額の変更
  • 予算の上限
  • 請求の履歴
  • 支払い明細書のダウンロード

 

FB広告の概要とメリット

Facebook広告とは、有料でFacebook内に広告を出稿できるシステムです。広告はFacebookユーザーに対して出稿することができます。広告は、一般的な「画像形式の広告」と「動画形式の広告」の2つのタイプが出向することができます。

 

Facebook広告のメリット

  • 見込み客のリストを獲得できる
  • セミナー集客に活用できる
  • ターゲットを絞り込むことができる

 

Facebook広告で宣伝が禁止されているもの

  • タバコ製品
  • 個人を中傷するコンテンツ
  • 政治・宗教的なコンテンツ
  • 処方薬や栄養補助食品
  • 武器
  • 成人向けの製品やサービス

 

Facebook広告の支払いシステム

Facebook広告は、実際に広告が表示された回数によって支払いが発生します。このシステムのことを「入札方式」といいます。

■2種類の支払いシステム

  • クリック課金:入札金額 × 広告がクリックされた回数=支払い料金
  • インプレッション課金:入札金額 × 広告が表示された回数=支払い料金

 

Facebook広告のターゲッティング精度の高さ

ターゲティングとは、広告をだす相手(見込み客)を特定することです。どんな広告でも、広告に掲載している内容に反応してくれる人に広告を見てもらなければ成果につながることができません。これはFacebook広告においても、全く同じことがいえます。

ターゲティングがしっかりできているかどうかで、広告の反応率や広告費用が大きく変わってきます。

■ユーザーの登録情報を利用したターゲティング

  1. 住んでる場所
  2. 年齢
  3. 性別
  4. 言語
  5. 学歴
  6. 家族構成
  7. 記念日
  8. 誕生日
  9. 記念日の友達
  10. 引越し
  11. 子供がいる
  12. 交際
  13. 勤務先
  14. 業界
  15. 役職
  16. 趣味
  17. 関心
  18. スポーツチーム
  19. PCの種類
  20. モバイルの種類
  21. 旅行
  22. 生活時間帯

■アクティビティを利用したターゲティング

  • スマホを使っている
  • パソコンを使っている
  • タブレット端末を使っている
  • 各ブラウザ
    • Internet Explorer
    • Google Chrome
    • Firefox
    • Safari

こういった細かい部分まで設定することが可能なので、自分のビジネスのターゲットに合わせてターゲッティングしていくようにしてください。

『ターゲットの心理』を考えると成功率が上がる

Facebook広告で成果を出すためには、広告をクリックしてくれるターゲットの心理状態を理解しておくことが重要になります。基本的にFacebookを見ているユーザー(ターゲット)は、「何か欲しい・何か問題を解決したい」という目的を持たない状態でFacebookを見ています。

  • なんか面白い投稿ないか
  • 自分の投稿にい『いいね!』ついたかな
  • 誰かコメント返してくれたかな

など、「何か欲しい・何か問題を解決したい」といった悩み・願望が潜在的にはあるかもしれませんが、それを自覚して、その解決策を探す手段としてFacebookは利用されていないということです。ここで、インターネットを利用する人の購買心理5つのプロセスとして「AISASの法則」をご紹介します。

1.Attention【注意】:商品・サービスの存在を、WEB広告・SNSの情報から知る
2.Interest 【関心】:その商品・サービスに興味を持つ
3.Search【検索】:もっと詳しく知るために、ネットで情報を集める
4.Action【行動】:実際に購入して利用する
5.Share【共有】:使った感想を口コミやSNSでシェアする

Facebook広告は、上記のプロセスの中で、『1. Attention 注意』の状態のユーザーに向けて出される広告になります。一方、GoogleやYahooで出稿できる広告は『3. Search 検索』の状態の人たちに向けて出される広告です。

※Facebook広告とGoogleやYahooで出稿できる広告の違いについては、こちらの記事で詳しく解説しています。→ 集客で売上を作る2つのメディア戦略

つまり、Facebook広告では『どんな画像を使うのか』ということが非常に重要なポイントになってくるということです。なんとなくFacebookを見ているターゲットの目線を思わず惹きつけてしまうような画像・なんとなく興味を惹かれてしまう画像を選択することが、Facebook広告で成功するために重要なポイントになります。

Facebook広告は利用する画像を変更しながら、一番反応が良い画像を見つけるようにしてください。ただし、どんなに反応が良い画像でも1ヶ月ほどで反応は落ちてくるので、1週間や2週間など、広告を出稿する期限を決めながらFacebook広告を実践していくことが重要です。

※Facebook広告の画像については、この記事の『1.5 【手順5】広告を作成する』でお伝えしている『無料ストック画像』を利用してください。

※Facebook広告の出稿期限については、『1.4 【手順4】広告セットを設定する』の中で詳しくお伝えしています。

 

まとめ

見込み客を獲得するためのFacebook広告のやり方をお伝えしました。ここでお伝えした方法はFacebook広告を出稿するための基本的なやり方になるので、まずはしっかりここでお伝えした内容を身につけて、Facebook広告を出稿できるようになってください。

Facebook広告を出稿できるようになってくれば、Facebook広告の効果測定やターゲッティングの精度を高めるなどの対策をしていき、少ない予算で見込み客を獲得できるようになっていきます。

何事も基本が重要になるので、まずはこの記事を参考にしながら実際にFacebook広告を出稿してください。

baner_9movie
baner_9movie

よく読まれている関連記事

起業家の集客に欠かせないFacebook広告のやり方

ども、仙道です! コーチやコンサルなどの個人起業家は、集客することができないと悩んでいる方が非常に多くいます。ブログを活…

集客ブログはなぜワードプレスがいい?~アメブロとの違い~

ども、仙道です! 「ブログ集客に取り組むなら、ワードプレスのブログがいい」という言葉をあなたも一度は聞いたことがあるかも…

売上につながる4タイプの集客方法

ども、仙道です! お客様を集客するためには様々な方法があります。しかし方法が多すぎて悩んでしまうことがあると思います。 …

お客様の心を動かすセールストークのコツ9選

どうも、仙道です! セールスは個人起業家がビジネスで売上を獲得するために欠かすことができない重要な要素です。しかし、セー…

集客で売上を作る2つのメディア戦略

ども、仙道です! コーチ・コンサルなどの起業家は、起業から1年以内で約60%が廃業する』という統計データの話をあなたはご…

baner_9movie
baner_9movie

動画9点セット&メルマガの感想

baner_9movie
baner_9movie

SNSでもご購読できます。