メルマガ登録率を上げる方法|3つの要素と改善ポイント

メルマガ登録率を高める3大要素を改善する方法

どうも、仙道です!

メルマガリストを集めているけれど、
「登録率が悪い」「リストが集まらない」
このように悩む起業家の声をよく聞きます。

メルマガリストの数は
売上に大きく関わってくるので
メルマガの登録率は常に気になるポイントです。

メルマガ登録率の高い・低いは
3つの要素で決まってきます。

ここでは3つの要素のポイントと
改善方法について詳しく解説します。

内容を1つ1つ確認して、
メルマガ登録率アップにつなげてください。

はじめに|メルマガ登録までの流れをおさらい

はじめに、見込み客(※)が
コーチ・コンサルなどの起業家のメルマガに
メルマガ登録してくれるまでの流れ(全体像)を確認しておきます。
(※お客様になる可能性が高い人)

見込み客がメルマガ登録するまでの
流れ(全体像)は次の通りです。

■メルマガ登録までの全体像

見込み客が
自分のブログ・Facebookを
見つけてくれる


ブログ・Facebookの内容を
読んでくれる。そして、
興味・関心を持ってくれる


メルマガに登録してくれる

 

メルマガ登録率を決める3大要素

メルマガの登録率を決める要素には
3つの要素があります。

要素1:差別化
要素2:ライティングスキル
要素3:メルマガ登録に繋げるオファー内容

この3つの要素が合わさって
メルマガの登録率が決まります。

 

■3大要素は1つ1つ繋がって効果を発揮する

3つの要素は1つ1つが
独立しているわけではありません。
1つ1つの要素が関連性を持っています。

例えば、要素1の差別化コンセプトは
ブログ・Facebookを見てくれた
見込み客の興味・関心を惹きつけるために重要です。

そして、見込み客が見てくれた
ブログやFacebookには、
見込み客のためになる内容を書く必要があります。

見込み客のためになる内容とは、
・スキル
・ノウハウ
・マインドセット など
見込み客が知りたい・欲しいと感じている内容です。

もしも、
要素2「ライティングスキル」が
欠けていると見込み客の
興味・関心を惹きつけることができません。

最後に、
ブログやFacebookを見てくれた
見込み客にメルマガ登録してもらうため、
要素3のメルマガ登録時のオファーが重要になります。

見込み客が思わず
メルマガ登録してしまうほど
魅力的なオファーを考えてください。

オファーを改善するポイントは
目次2-3」で詳しく解説します。

3つの要素の関連性を
まとめると次のようになります。

3大要素の関連性

差別化コンセプトで
見込み客を惹きつける

・・・
ライティングスキルで
見込み客の興味・関心を惹きつける。
メルマガに興味を持ってもらう

・・・
メルマガ登録に繋げる
オファーを強化して、
メルマガ登録に繋げる

 

メルマガ登録率が落ちてる時の対処法

メルマガ登録率を改善するためには
3つの要素を改善する必要があります。

3つの要素の改善点を
1つ1つ解説していきます。

 

差別化コンセプトの改善

メルマガの登録率が伸びないときには、
ブログやFacebookがそもそも見られていない。
このようなケースが多くあります。

ブログやFacebookが
見られていないときは
差別化コンセプトを改善してください。

差別化コンセプトとは

自分の商品・サービスや自分自身を
どのようにライバルと差別化して
ビジネス活動をしていくのか。

これをわかりやすく・シンプルに表現したもの

<参考例>

  • Web苦手「コーチ、コンサル、セラピスト」専門
「ブログ」×「メルマガ」集客講座
  • 強くセールスができないコーチのための「やわらかセールス」
  • 90日間でモテボディになる!魅惑の腹筋教室

 

差別化コンセプトは
・ブログのキャッチコピー
・Facebookのプロフィール
このような箇所で利用します。

差別化コンセプトが
ターゲットにとって良いものであれば
「これは私のためのブログだ」
「こんなメルマガを探してた」
このような反応をしてくれます。

 

■差別化コンセプトの改善ポイント

差別化コンセプトを改善する時の
ポイントは次の3つです。

  1. 誰に
  2. 何を
  3. USP

 

■誰に向けたメッセージなのか

「誰に」とは、
ターゲットのことを意味します。

ターゲットを設定することで、
ライバルとの違いや自分の強みを
メッセージとして発信しやすくなります。

ライバルとの違いや自分の強みが
明確な差別化コンセプトができれば、
見込み客を惹きつけることができます。

 

■ターゲットを明確にする5つの質問

ターゲット設定を見直すためには、
次の5つの質問を活用してください。

質問に答えることで
自分のビジネスにあった
ターゲットを明確にすることができます。

ターゲットを明確にする5つの質問

【質問1】

あなたの理想のお客様の性別・職業・年齢層は?

 

【質問2】

もしあなたに頭を下げてお願いしてくるお客様がいたら、その人はどんな人か?

 

【質問3】

ターゲット層は「どんな夢、願望、欲望」を持っているか?

 

【質問4】

ターゲットはどんな「悩み、苦しみ、痛み」を持っているか?

<調べるときの参考サイト>

  • Yahoo! お悩み掲示板
  • 教えて!goo
  • 
Amazonの購入者レビュー

 

【質問5】

もし「お金をいくらでも払う!」と言ってくるお客様がいるとしたら、具体的にどんな変化に対してでしょうか?(ビフォー・アフターはどうなっているか)

 

■何を提供している人なのか

差別化コンセプトを見たときに
この人は「何を」提供している人なのか。
それが瞬間的にわかる必要があります。

もしも「何を」がわかりにくい、
もしくは、わからない場合は
「自分の強み」を見直してください。

「自分の強み」とは

  • 自分の中のすぐれた能力
  • 周りの人よりも上手くできる事柄
  • 人よりも情熱を持てるポイント

自分の強みを見直すことで、
自分がどんな価値を見込み客に
提供できるのか再確認できます。

自分の強みを見つけるためには
下記の7つの質問を活用してください。

自分の強みを見つける7つの質問

【質問1】

あなたが意識して「努力」しているわけではないが、
周りの人やお客様によく 「褒められる部分」はどこか?

 

【質問2】

自分の実績、経歴、学歴、経験の中で、
人に「軽く自慢」できる物は何か?

 

【質問3】

自分の実績、経歴、学歴、経験の中で、
「最後に残しておきたい物」は何か?

 

【質問4】

もし、見込み客に 「
あなたじゃないとダメなんです!」
と言われるとしたら「その要素」はどの部分か?

 

【質問5】

同業者がマネしたくても、
マネできない自分の商品・サービスの特徴は何か?

 

【質問6】

自分の商品・サービスを提供していて、
「最も喜ばれた部分」はどこか?

 

【質問7】

自分の商品・サービスを提供する上で「徹底的にこだわる部分」はどこか?

<回答するときのポイント>

  • 思いつく内容はすべて書き出す
  • 内容を細分化、数値化、具体化して客観的に詳しくわかるようにする

<例文>

  • 営業時代が入社2年目でトップ営業マンになった
  • 今まで123人のコーチング経験がある
  • コンサルしたお客様の84%が売上アップを実現している

 

■USPを見直す

差別化コンセプトの中に
USPが含まれていないと、
見込み客を惹きつけることができません。

USP(Unique Selling Proposition)、
これはユニークセリングプロポジションの略称です。

USPの意味としては、
ライバルになり独自の売りとなります。

「独自の売り」とは、
・お客様が自分から商品を買うべき理由
・ライバルとの違いとなる部分
であると解釈してください。

■USPを差別化コンセプトに落とし込む流れ

USPを完成させる

ブログやフェイスブックに掲載する
差別化コンセプトの中に
USPを落とし込む

 

■USPを完成させる穴埋めシート

以下の文章の穴埋めを考えることで
簡単にUSPを作ることができます。
USP作成に活用してください。

私は○○へ向けて△△という売り、
強みがあるコーチングを提供してます。

だから、その方へ□□という
利益をもたらします。

これは私にしかできません、
なぜなら ××だからです。

※参考書籍:「USPマーケティング売り力」 加藤洋一氏

 

■USPを作成する際のポイント

USPを作る際の、
優先順位についても
補足としてお伝えします。
それは次の通りです。

  1. ライバルにマネされない売りがある
  2. ライバルがマネしたくない売りがある
  3. ライバルがまだ主張していない新しさがある

この3つの視点で考えることで、
USPの作り方を間違えることなく
考えることができるようになります。

3つの視点を意識しながら
USPを作成してください。

 

■差別化コンセプトを1から作り直す

もしも差別化コンセプトを
「1から作り直したい」
このように感じる場合は、
下記リンク先の記事をご確認ください。

売れている起業家が実践している
差別コンセプトの作り方を
詳しく解説しています。

ライバルとの差別化につながる“自分の強み”見つけ方

 

ライティングスキルの改善

ライティングスキルとは、
ブログ・Facebookに投稿する
文章を書く能力のことです。

ブログやFacebookに投稿する
記事内容に価値がない良くないと、
メルマガリストが獲得できません。

記事の内容が「良くない」とは、
・内容がわかりにくい
・文章が読みにくい
・読む価値を感じない など
このような状態を指します。

  • 見込み客が読みやすい記事
  • 読んでいて価値を感じる記事

このような記事を掲載することで、
見込み客の興味・関心を惹きつけ、
メルマガ登録率を高めることができます。

 

■ライティングスキルを高めるポイント

ライティングスキルに
悩みを抱えているときは、
主に2つの問題点があります。

  1. そもそも継続的に記事を書けない
  2. 読まれる文章・伝わる文章が書けない

ここでは、2つの問題点を
改善することを目的に
重要なポイントを解説していきます。

 

■継続力を身に着ける

ライティングスキルを
習得するための基本は
ライティングを継続することです。

多くの起業家が
継続して書けないことに
悩み・苦しんでいます。

ライティングは
気合いや根性で続けようとしても
長続きしません。

ライティング継続させるコツは
いかに「気軽に」続けられるか。
この考え方がとても重要です。

「気軽に」ライティングできない
起業家は次のような間違った認識をしています。

ライティングは、
・ 上手く書かないといけない
・ 実績がないと書いてはいけない
・ 真面目に書かないといけない
・ 毎回異なるネタを考えなくてはいけない

このような認識がある限り
ライティングの継続が難しくなります。

 

■ライティングが継続できない原因

ライティングに対して
間違った認識を持ってしまう原因は
「完璧主義」にあります。

  • 常に読者から見て「100点」の記事を書かなくてはいけない
  • 〇〇と書いたときの読者の反応が気になる
  • 完璧主義のため、自分の記事へのダメ出しが増える

このような認識が
完璧主義を招いています。

もしもライティングが
継続できないと悩んでいる場合は
次にご紹介する対処法を活用してください。

 

■ライティングが継続できない時の対処法

完璧主義の考え方を改善するためには
以下の4つの考え方を常に意識し、
自分の中に落とし込んでください。

<ライティング継続に必要な4つの考え方>

  1. 自分の記事が 「30点」と思っても読者から見たら「80点」 の可能性があると考える。
  2. 記事は「実際に出してみないと反応がわからないもの」であることを理解する
  3. 今は「30点」の記事でも、明日「30,5点」になればよいと考える
  4. そもそも最初から記事を見てもらえる機会は少ないことを知る

 

■読まれる文書を書く

ライティングは継続的にしているけれど
メルマガの登録につながっていない。

このような悩みがある場合は、
以下2つの原因が考えられます。

  • 記事が読まれていない
  • 記事の内容が伝わっていない

メルマガ登録率を上げるために
3つの原因を解消する方法を
解説していきます。

 

■忘れてはいけないライティング3つ壁

ブログやFacebookで
文章を書くときは
次の3つの壁を忘れてはいけません。

3つの壁を意識しながら
文章を書く癖をつけてください。

壁1:読まない
壁2:信じない
壁3:行動しない

 

壁1:読まない

ブログもFacebookも
見込み客にとって興味のある
「タイトル」「内容」でないと、
読まれることはありません。

 

壁2:信じない

記事の内容を全部読んでも
内容を信用するとは限らないです。
むしろ疑いを持つことがあります。

 

壁3:行動しない

すべて読んで、信用したとしても
メルマガに登録するとは限りません。

 

■3つの壁を越えるコツ

3つの壁を
越えるためのコツを
ご紹介します。

コツを意識して
ライティングすることで、
見込み客に読まれる文章を書くことができます。

<見込み客に読まれる文章を書く3つのコツ>

コツ1

ブログやFacebookであっても
情報の出し惜しみをしないこと。

有料レベルの記事を書くことを
常に意識すること。

 

コツ2

ライバルが発信している情報よりも
一歩先を行く情報を書くことを意識してください。

「一歩先を行く」とは、ライバルよりも
「具体的な方法」や「役立つ情報」を発信することです。

 

コツ3

業界やライバルが発信している
情報とは逆の主張をすることが効果的です。

ありがちな主張から
「対極」の立場をとることで
文章を読んでもらうことができます。

 

■伝わりやすい文章テンプレート

記事の内容が伝えわりやすくなる
文章のテンプレートを
1つご紹介します。

記事の内容が
伝わる文章を書くための
1つの方法として活用してください。

<伝わる文章のテンプレート>

問題解決型テンプレート

1 「問題点(着眼点)」
・・・
2 「主張、結論」
・・・
3 「理由」(+体験談、具体例)
・・・
4 「主張、結論」

 

メルマガ登録に繋げるオファーの改善

もしもブログやFacebookを
読んでもらえているのに、
メルマガ登録率が低い場合は、
メルマガ登録のオファーを見直す必要があります。

メルマガ登録のオファーとは、
・メルマガの内容
・メルマガ登録時の特典
・メルマガが文章なのか動画なのか など
登録してもらうために提示する
条件のすべてのことを指します。

けれども、ここで解説する
「オファー」については、
次の2つを意味しています。

  • メルマガの内容
  • メルマガ登録時の特典

メルマガ登録率が低い場合は、
この2つのオファー内容を
見直していきます。

 

■ステップメールを使うと登録率が伸びる

仙道塾では、
見込み客にメルマガ登録してもらうために、
ステップメールを作成することを推奨しています。

ステップメールとは、
事前に設定しておいたメールを
日にち・時間を指定して配信することをいいます。

ステップメールという機能を
利用してメルマガ登録を促すことで
メルマガ登録率を高めることができます。

 

■ステップメールを使うメルマガ登録率の上げ方

「メルマガ登録してください」
このようにストレートなお願いをしても
メルマガ登録率が伸びることはありません。

しかし、ステップメールを活用して、
「9ステップの無料動画セミナー公開中!」
このようなを見せ方をすることで、
メルマガ登録率を高めることができます。

9つのステップメールを
事前に作成しておき、
名前(ネーミング)をする。

この手法を使うことで
メルマガの内容に
興味を持ってもらうことができます。

<ステップメール活用方法のまとめ>

ステップメールを作成する

・・・
ステップメールに名前をつける
(例:9ステップの無料動画セミナー)

※ネーミングは、
見込み客にとって
魅力的に見えることを意識する

ネーミングに迷ったときは、
売れている人のステップメールを
参考にしてネーミングを考えてください。

ただし、完全丸パクリだけは
絶対にNGです。

 

■メルマガ登録時の特典の作り方

メルマガ登録時の特典が
魅力的な特典になっていると
メルマガの登録率が高くなります。

しかし、どんな特典がいいのか
わからないと悩む人が多くいます。

そこでメルマガ登録時の
特典を作る秘訣をご紹介します。

 

■メルマガ特典の作り方

特典の内容を考えるときは、
メルマガの内容を基準にします。

メルマガの内容を
「メインメニュー」とすれば、
特典の内容は、
「サイドメニュー」と考えてください。

ファストフードで例えると、
メルマガの内容が「ハンバーガー」で、
特典の内容は「ポテト」です。

つまり、
メルマガの内容を
補足・強化する内容を考えること。
これが特典を作るための秘訣です。

<特典を考えるための視点>

  • メルマガ(ステップメール)で足りない部分は何か
  • ステップメールとセットで欲しい情報・ノウハウは何か

 

■メルマガ登録率を高めるワンポイントテクニック

ステップメールと特典が構築できたら、
「限定性」「緊急性」を示すことで
メルマガ登録率を高めることができます。

「限定性」「緊急性」を示すことで
・今しか手に入らないかもしれない
・今、登録しないと損をする
このような感情を抱かせることができます。

例えば次のような形で
「限定性」「緊急性」を示すことができます。

<限定性・緊急性の参考例>

ブログ・Facebookの3日間限定キャンペーン!
今だけ参加者には「特典の〇〇付き!」

 

■メルマガ登録率アップに欠かせないもの

メルマガ登録率をアップさせるためには、
「ランディングページ(LP)」が必要です。

ランディングページとは、
メルマガ登録をしてもらう為の
1つの手紙だと思ってください。

実際に作ったことが無い場合は
イメージがつきにくいと思うので、
僕が使っているランディングページをご紹介します。

例
:仙道達也のランディングページ

参考トップ画面

 

上記URLのような
メルマガ登録誘導ページのことを
ランディングページと言います。

ランディングページを作り
ブログやFacebookの中で紹介することで、
メルマガに興味を持ってもらいやすくなり、
メルマガ読者が安定的に集められるようになります。

ランディングページの作成方法は
別の記事で詳しく解説しています。
記事の内容を参考にしてランディングページを作成してください。

集客ブログのランディングページ成約率を上げる3つの要素

 

■LPを活用したメルマガ登録までの全体像

見込み客が
自分のブログ・Facebookを
見つけてくれる

・・・
ブログ・Facebookの内容を
読んでくれる。そして、
興味・関心を持ってくれる

・・・
ランディングページ(LP)に
見込み客を誘導する

・・・
メルマガに登録

 

■メルマガ登録率にの基準

ランディングページを作ることで
メルマガ登録率を測定しやすくなります。

ランディングページから
どれだけの数のリストが獲得できるのか。
この数字を1ヶ月単位で測定することがお勧めです。

メルマガ登録率は
下記の式で計算することができます。

<メルマガ登録率>

(メルマガ登録者数 ÷ ランディングページのPV)× 100

※1ヶ月単位の測定がおすすめ

メルマガ登録率は、
最低6%以上を目指すことを
1つの基準としてください。

 

メルマガ登録率の改善点チェックシート

メルマガ登録率を改善点を
確認するためのチェックシートを
お伝えします。

チェックシートの内容を
1つ1つ実践すれば
メルマガ登録率が伸びるようになっています。

メルマガ登録率が低いときは、
チェックシートの内容を確認してください。

<改善点チェックシート>

  • □ 差別化コンセプトは見込み客にとって魅力的になっている
  • □ 差別化コンセプトに自分の強いが入っている
  • □ 差別化コンセプトはライバルとの違いが明確担っている
  • □ ブログ・Facebookの内容は初心者でもわかりやすい文章で書いている
  • □ ブログ・Facebookとも「記事タイトル」は魅力的になっている
  • □ ブログ・Facebookは毎日1回以上は更新している
  • □ ステップメールのネーミングは魅力的になっている
  • □ メルマガ登録時の特典は魅力的になっている
  • □ ランディングページを作成してメルマガ登録へ誘導している

 

まとめ

メルマガリストは
個人起業家にとって
大切な資産といえます。

メルマガリストとの間に
信頼関係を築いていくことが
売上獲得につながるからです。

ブログ、Facebook、
ランディングページを連動させることで
高いメルマガ登録率を保つことができます。

差別化コンセプト
ライティングスキル
メルマガ登録のオファー

この3つの要素が
メルマガ登録率を高めるために
欠かせない要素です。

ただし、メルマガ登録率を
高めるだけでは意味がありません。

登録してくれた
メルマガリストと信頼関係を築き
売上獲得にしっかり繋げてください。

メルマガリストと
信頼関係を築く方法。

信頼関係構築から
売上に繋げる方法。

これらについて
詳しく知りたい場合は、
無料ウェブセミナーに参加してみてください。

仙道塾でお伝えしてる内容を
今だけ無料で公開しています。

baner_9movie
baner_9movie

よく読まれている関連記事

メルマガ登録率を上げる方法|3つの要素と改善ポイント

どうも、仙道です! メルマガリストを集めているけれど、 「登録率が悪い」「リストが集まらない」 このように悩む起業家の声…

売れてる起業家がやっているブログキャッチコピーの作り方

どうも、仙道です! ブログ集客を成功させるためには、 「ブログのキャッチコピー」の存在が とても重要になります。 しかし…

集客の悩み解消!売れてる起業家のセルフブランディング方法

どうも仙道です! コーチ・コンサルなど起業家の多くは 集客の悩みを抱えていることが多いです。 では、なぜ集客できないのか…

個人起業家のためのペルソナ設定5つの手順

どうも、仙道です! マーケティング用語に「ペルソナ」という言葉があります。「ペルソナ」とは、自分の商品・サービスを購入し…

ブログのプロフィールの書き方|自然とファンができる書き方

どうも、仙道です! 集客できるブログを 構築するための1つの要素として、 プロフィールは非常に重要な要素になります。 し…

baner_9movie
baner_9movie

動画9点セット&メルマガの感想

baner_9movie
baner_9movie

SNSでもご購読できます。