ターゲットを絞るとブログネタが無くなる悩みへの対象法

どうも仙道です。

今日は、差別化するためにターゲットを絞ると専門性の高い記事を与えすぎて結局1個のネタでしか書けなくなる、挙げ句の果てにネタが尽きるという悩みについてお答えしていきたいと思います。

コーチやコンサルとして起業をしてブログを始める人はとても多い中、継続をしていく上で問題も発生してきます。まず一番大きな問題として出てくるのが、今回解説をするブログねたが無くなるというものです。

ブログを継続し続けることで、見込客のリストを獲得し売上に繋げることができます。その反面で、継続をし続けることの難しさがあります。ここでは、ブログのネタが無くなる原因とその解決法について解説をしていきます。

 

ブログネタが尽きる原因は目に見えるものばかり見ているから

僕がクライアントさんに差別化やUSPは結構アドバイスをすると、「絞り込みは凄く良いと思うのですが、どうしても専門的な記事ばかりになってしまい、私はそのネタを持っていないです。」という理由で記事が止まってしまう方がいます。そういうときに、どうやったら専門性の高い記事を与え続けつつネタが尽きないかお答えして行きます。

ズバリ結論から言いますと、非常に単純でして、お客さんの表面的な悩みにだけ答えようとしているからネタが尽きるのです。では、表面的ではなくて裏の欲求や裏の悩みをネタにしていけばいいわけです。

 

表面的な訴求から内面的な訴求にシフトすることが一番の解決策

ブログのネタが尽きてしまう一番の原因、それはお客様の「表面的な悩み」だけにフォーカスをしてしまうことから生じます。ブログを読んでくれている人は、見込客になる可能性が高い人のケースが多いのですが、読んで終わってしまっては見込客にはなりません。


<補足>

ブログを読んでくれている人 = 読者
メルマガに登録をしてくれた人 =  見込客
あなたの商品を購入してくれた人 = 顧客

見込客としてリストを獲得することで、売上の最大値を上げることができるのですが、読者の状態のままでは売上は大きく上げることはできません。しかしブログのネタが尽きてしまえば、ブログを書き続けることが難しくなってしまうことに繋がります。

その解決策としてすぐに使える方法が、「見込客の裏に潜んでいる深い悩みや欲求」をネタにすることです。表面的な悩みと内面的な悩みではどのような違いがあるのかを補足しておくと、メガネ屋を参考に解説をしておきます。

<メガネ屋の例>

表面的な悩み = 視力を補いたい、モノが見える状態にしたい → 一般的なメガネ

内面的な欲求 = せっかくならおしゃれに見せたい → カラーバリエーション豊かなメガネ
メガネをかけなくても視力を上げたい → コンタクトレンズ

上記のメガネ屋のように、表面的な悩みだけを見てしまえば昔からある黒縁メガネでもメガネは売れていたかと思います。ですが表面的な悩みだけを見るのではなく、見込客が「実は内面のどこかで思っていたこと」などに視点を向けることで新しい切り口を作ることができたという参考例です。

メガネ屋のようなケースは、コーチやコンサルタントなどの個人起業家にも使えるものです。では、コーチやコンサルなどの場合、どのように活用していくのかを私の事例と合わせて解説をしていきます。

 

お客様の裏の悩みを見つけることでネタは増え続ける

 

例えば、僕の場合、ブログとメルマガのコンサルタントと名乗っておりまして、お客さんの悩みで表面的なのはブログとメルマガですが、ただその悩みを色々とヒアリングして行くと色々と見えてきました。

ブログとメルマガでライティングが出来ない。ではなくて、ちょっとUSPが作れないとか差別化が出来ないというのもありますし、セールスクロージングがどうしても出来ないというのもありますし、セルフイメージがどうしても低いので集客する気になれないというお悩みもあります。

つまり、お客さんの表上の悩みは絞ると1個に見えますが、実はその裏に色んな欲求や悩みが隠れていまして、関連して悩んでいるわけですよねお客さんは。

では、この裏の悩みを一杯聞いてあげて、そこに関連する記事を一杯書いてあげると、何が起きるかというと、「ああ、この人は私のことを分かってくれている!」とか「そうそう、それが悩んでいたの!」という状態になります。

 

コーチやコンサルが内面的な悩みを見つけるヒント

ここでは、実際に私がどのように表面的な悩みにフォーカスすることから、内面的な悩みに訴求することができたのかを事例としてお伝えしました。

ブログでネタが尽きてしまう原因にネタが尽きてしまうケースが多いとお伝えしました。この悩みはブログに限らず、メルマガなどでも同様のことが言えます。ブログやメルマガを書き続けるということは、実は簡単なようで難しいものなのです。

今お伝えしたような文章も、実は内面的な悩みを見せた文章となっています。ブログやメルマガのネタが無くなるという悩みではなく、書き続けることが大変ということにシフトさせた事例でした。もう少しわかりやすく記載するならば下記のようになります。

・ブログを書き続けるにはネタを見つけることと合わせて習慣化させることが大変なのです。

・ブログで常に新しいネタを見つけるよりも、書くことが大変と思っている。=マインドセット

・ブログを新ネタで書くよりも、そのネタをどう伝えるかが大切になってきます。

あくまでも一例として記載しました。表面的にはブログのネタが無いと悩んでいても、実は習慣化させることができない。書き続けることが大変。どう書くのかをいつも悩んでしまう。などの内面に潜んでいる悩みや問題にフォーカスをズラしています。

記事の最後にどのように内面的な悩みを見つけるかのヒントをご紹介します。すぐに答えを知りたい場合は、まず先に記事のまとめ部分を参考にしてください。

 

裏の悩みを書くと読み手の心を掴むことができる

結論をまとめますと、表面的な悩みだけに答えようとして行くと、どうしても狭い範囲になってしまいますので、そこに関連した裏の悩みをお客さんからたくさん聞き出したりヒアリングしたりして行くと、非常に豊富なネタになりますし、相手の心を掴むような記事を書くことができるようになります。

今日は非常にシンプルにお答えさせていただきました。やはり、前にも答えたと思うのですが、クライアントさんに会うというのが非常に大事で、まだクライアントさんがいない方もですね、モニターさんを取って行ったりして、安い値段で良いのでとにかく悩みや願望を一杯聞き出すことです。そうすれば、ブログやメルマガのネタに困ることは一切なくなります。

今日は以上です。いかがでしたでしょうか?何か気づき、発見があったと思う方は、いいね!ボタンをどんどん押していただけるようお願いします。あと、コメントやチャンネル登録もこの動画の下でどんどん募集しておりますので、宜しくお願いします。

仙道でした。またよろしくお願いします。

 

まとめ|見込客の裏の悩みを見つける具体的な5つの方法

 

今回は、ブログのネタが無くなった時の対処法として解説しました。多くの起業家は、自分自身の専門分野の話(専門知識)や自己開示(自分の話)を多く書く傾向にあります。専門家としての言葉や自己開示も大切な要素ではありますが、見込客のことを知ることは何十倍も大切になってきます。

見込客の表面的な悩みから内面的な悩みのネタを見つける方法を5つご紹介します。5つの方法を全て使わなくても、どれか1つを活用するだけでも裏の悩みを見つけることができます。ブログやメルマガのネタとして毎回同じことばかりを書いている。新しいネタを探しているけど見つけられない。マンネリ化してきている。既に問題となっているのであれば、今すぐにできる方法なので実践をして、見込客の中に隠れた裏の悩みや欲求を取り入れてください。

①見込客の内面的な悩み、欲求を見つける5つの方法既存のお客様へのヒアリングをする

既に顧客がいる場合、直接ヒアリングをすることが一番の近道となります。メールやmessengerなど、普段連絡の手段として使っている方法で聞く、電話や対面で聞くなどの方法が取れます。

② メルマガやブログ読者へのアンケートを取る

メルマガやブログの記事の中で、直接アンケートを取る方法があります。アンケートはGoogleドライブなどのアプリを使えば無料で簡単に作ることができます。アンケートで答えてもらえた内容は、あなたの資産となるので定期的に行っていくことをオススメします。

③ ライバルのランディングページ、ブログ、セールスレターを見る

ライバルが発信している内容は、あなた自身と違う視点で情報を発信している可能性があるのでとても参考になります。同じ事柄でも言葉が違っている、伝え方が違っているなど、参考になる箇所を見つけ取り入れていくことをオススメします。ただし、書かれている文章をそのまま使用することはせずに、自分の言葉に置き換えるなどの工夫は必要になります。

④ GoogleでYahoo!知恵袋やはてなブログなどを検索してみる

Google検索で見込客になり得そうな人の質問や意見を参考にすることもできます。例えばコインロッカーを例にしてみると、コインロッカーは物を入れておく場所ですが、「駅近で生鮮食品などを預けられる場所はありますか?」このような質問が出ています。実際に冷蔵タイプのコインロッカーもあります。ここで大切なことは、コインロッカーという場所に違う使い方を求めている人がいることです。自分自身の専門分野のことだけではなく、悩みなどの言葉で検索することで新しい一面んを知ることができます。

⑤ キーワードサジェストツールを使う

一般的にはサジェストツールと呼ばれるものになります。サジェストツールでは、指定するキーワードに付属する関連キーワードを大量に解析してくれます。実際に「集客」という言葉でサジェストツールを使うとどうなるのかを下記に画像で記載します。関連するキーワードから裏の悩みや欲求を知ることもできる上に、無料で使えるツールなので活用してみてください。

 

 

今回使用したサジェストツールは下記リンクを参照ください。

https://www.gskw.net

見込客の裏の悩みや欲求を見つける為の5つの方法をご紹介しました。すぐに使える方法を中心にご紹介しているので、ブログやメルマガのネタで悩みを抱えているのであれば、すぐに実践して見込客の心に響くブログ、メルマガを作ってみてください自然とリストも増え、売上も上がっていく体験をすることができるようになります。

baner_9movie
baner_9movie

よく読まれている関連記事

ターゲットを絞るとブログネタが無くなる悩みへの対象法

どうも仙道です。 今日は、差別化するためにターゲットを絞ると専門性の高い記事を与えすぎて結局1個のネタでしか書けなくなる…

集客ブログはなぜワードプレスがいい?~アメブロとの違い~

ども、仙道です! 「ブログ集客に取り組むなら、ワードプレスのブログがいい」という言葉をあなたも一度は聞いたことがあるかも…

コーチ・コンサルがブログ集客を成功させる3つのコツ

どうも、仙道です! ブログ集客で成功するコツはアメブロ 、ワードプレス、それぞれのブログの特性の違いを認識して、上手く活…

コーチ、コンサルのUSP作り方 「注意すべき2点」とは!?

どうも仙道です。今日は、コーチ・コンサルの方がUSPを作るときに注意しなくてはいけないポイント2つを説明していきたいと思…

メルマガ開封率を上げる為に欠かせない3つの法則

ども、仙道です! この記事ではメルマガの開封率についてお伝えしていきます。メルマガを運営していくためには、メルマガ開封率…

baner_9movie
baner_9movie

動画9点セット&メルマガの感想

baner_9movie
baner_9movie

SNSでもご購読できます。