セールスクロージングの公式+「α」とは!?

どうも仙道です。今回はセールスクロージングの公式と、さらにそれを実現可能にするには一体何をすれば良いのかを詳しくお伝えしていきたいと思います。

コーチやコンサルを提供する起業家の方が抱える大きな悩みの1つに、セールスが苦手、クロージングができない。ということがあります。何故クロージングに繋がらないのか、セールスの苦手を解消する為のヒントを解説していきます。

 

 

セールスクロージングで絶対に覚えておくべき公式

 

いきなり公式が書いてあるのですが、これは、クライアントが思っている金額と実際にあなたが売る金額の価格を比べたときの不等号「価格<クライアント」、これがどんな意味かと申しますと、クライアント側がすごいに高いなあと思いながら商品の価格を見ると、そうでもないと5。

50万円くらいと思っていたら25万円だったとか30万円だったとならないといけないので、「価格<クライアント」この不等号は絶対ですね。これが成り立たないと、絶対にセールスは売れません。セールスは。

 

個人起業家がセールスクロージングで陥ってしまう売れなくする共通点

 

コーチやコンサルタントなどの個人起業家の方が、今も一昔前もやってしまうセールスクロージンを行う際にやってしまう共通点について、まずはお伝えしました。マーケティングやセールスクロージングの本を読んでも書かれているし、ブログやメルマガなどで聞いてきてはいるけど実践できていないというケースが今回お伝えしている「価格<クライアント」の公式になっていないものです。

こうした問題を引き起こしてしまうケースの場合、コーチングやコンサルティングやカウンセリングなど、提供するサービスは良いのですが、セールスが苦手という方に多く見られる傾向にあります。

そうした場合、あなたのサービスを購入してくれればお客様に寄り添ったコーチングやコンサルティングを提供しているのですが、セールスをする時にお客様に寄り添えていないという状態を作り出してしまいます。この場合、あなたが提供するサービス、そしてその価格に対してお客様は価値を感じてもらいずらくなってしまいます。つまり。

「価格>クライアント」

このような公式がお客様の中で成り立ってしまい、クロージングをしても成約に繋がらない状態を作ってしまうことになります。ここからは、そうした価格とクライアントの関係性を逆転させるための方法を1つご紹介していきます。

 

セールスクロージングは価値と価値の交換で成り立つ

 

こう言うのも、前のメルマガでお伝えしましたんですが、セールスは価値と価値の交換、価値と価値の交換を行うものなので、やっぱり価格の方が安くて価値があるものをクライアント側はもらいたいわけですよ。交換するのであればクライアント側は得をしたいわけですので、単純に考えても、もうこの公式は絶対です。

この公式は何かどこかでみた事があると思う方もいらっしゃるかもしれません。

実際、どうすればこの「価格<クライアント」の不等号が成り立つのか、ここから先を他の人はなかなか教えてくれないと言う事なので、僕は特別に一つだけ教えたいと思います。

色々な方法がありますよね、自分の価格をクライアントさんが思っているよりも安いですよ、と思わせる方法と言うのは。

自分のコーチングの技術を磨いたり、セルフイメージをあげたり、色々あるとは思うのですが、今回、僕が1つ特別に明かしてしまうのは、僕のクライアントさんがほとんど思い込んでいる勘違いがあります。

 

成果に繋がるセールスクロージングは価値観の伝え方を正すこと

 

ここでお伝えしたことは、セールスに限らずビジネスとして考えた時にもとても大切なことになります。お客様はあなたのコーチングやコンサルティングを何回受けられるのか、どのくらい受けられるのかに興味はありません。この価値観を間違えてサービスを提供してしまうと、「価格>クライアント」という売れない、または安売りをしなければいけない状況を作り出してしまいます。

多くのコーチ、コンサルなどの個人起業家の方はセールスをしても売れない原因をスキルが足りないから。知識が足りないから、セルフイメージが低いからと考えてしまいます。ですが、今回の場合の一番の課題はセフルイメージでも知識でもスキル不足でもありません。

セールスクロージングをする際に絶対に欠かしてはいけないこと、それは「あなたのサービスの価値を間違って伝えない」ことです。僕は仙道塾という環境を通じてそのことを含めて7ヶ月間かけてお伝えしていますが、価値の伝え方を正しくするだけでも売上は大きく変化します。つまり、そのくらいに価値の伝え方は重要ということになります。

 

あなたのサービスは5年10年先にも価値があるもの

 

例えば、コーチングを3ヶ月やりますと、だいたい3ヶ月の方が多いですが、4ヶ月でもいいですよね。この価格の価値として、3ヶ月、4ヶ月分やりますのでこの価格です、とか、6ヶ月やるともう少し値段上がります。年間契約するとすごく高くなりますとか、言うと思いますが、本当にこの期間だけなんですか?あなたのコーチングやコンサルの効果は、と僕は思うのですよ。

ですので、パラダイムシフトつまり考え方をくるっと変えていただきたいのですが、コーチングやコンサルは場合によってはセラピーとか占いとか色々あるのですが、物販もそうですが、お客様の人生を変える大きな商品、であるとしたら、3ヶ月4ヶ月ではないですよね効果は。これは考え方を変えて欲しいのですが。

だから、これは考え方を変えていただきたいのですが、1年効果があるものがある、と言うものもあるとしたら、同じ値段だったら1年の方がめちゃくちゃ安いですよね?めちゃくちゃ安いです。

一回やれば、1年、3年、5年、10年と効果があります、という効果の継続性これをしっかりと主張してください。これをクライアントさんがわかっていれば、クライアントさんは安いねとなるわけですよ。でも、3ヶ月、4ヶ月です、と言って売ってしまうんですよね、ほとんどの売れない方が。ですので、この効果が続くということをしっかり意識してセールスしてみてください。そうすれば、「価格<クライアント」の不等号がしっかりと成り立ちますので。

 

お客様の人生を変える商品を買ってもらう為のステップ

 

あなたが提供するものをもう一度考えなおしてみてほしいのですが、あなたが提供しているのは本当にコーチングやコンサルティングでしょうか。こうした質問をすると多くの人は「はい」と答えます。ですが、本当に提供しているものはコーチングやコンサルティングを受けた先にある未来を提供していることになります。

コーチングやコンサルティングを受けた先にある未来、簡単に言えば変化をする。変化をした先の自分や生活に価値を感じてあなたのサービスを購入するということです。

コーチングを6ヶ月やっても、コンサルを6ヶ月やっても、未来を感じられなければお客様は価値を感じてくれません。今回お伝えしているのは、そうした未来の見せ方の1つになりますが、一度受けることで1年、3年、5年、10年先もあなた(お客様)の生活や人生が変わっていきます。これをあなた自身がお客様に伝えることが大切なことになります。

お客様が未来を手に入れる為に、コーチングやコンサルティングを提供する。この順番をまちがてしまうと、今回の売れない起業家がやってしまう共通点にはまってしまうということになります。

一つだけ補足を加えるならば、スキルや知識を学ぶ場合は、より早く、より確実に、より大きい変化をお客様に提供する為に必要な要素であり、大抵の場合セールスクロージングには直接関係しません。まずは今のあなたのサービスの伝え方を見直すことが何よりもまずやるべきことになります。

セールスクロージングの悩みを解決するパラダイムシフト

 

とは言ってもあとはですね。なかなかそうは思えないよ、という方もいらっしゃると思うのですが、1年、3年、5年の継続性を想定して商品をしっかりと作ってから価格を決めるんですよ。

例えば僕のブログ、メルマガ、マーケティングもコンサルの場合、ブログとメルマガが過去10年間消えてなかったというように、これから先消えるというのはまず0%に近いと思うのですよ。

これは色々と論理的な話もしていくのですけど、そういう意味で5年、10年先まで使えます、という意味で僕はよく主張します。というのも、嘘ではないからです。それは、僕の中でも真実ですし、しっかりとクライアントさんに伝えることもできますので、それはしっかりと伝えていきます。

そうなると、1年先、2年先、3年先、5年先、10年先と相手の人生を変えるために、もうこの安い価格でしっかり売らなきゃといけない、むしろ売らないと失礼だろうという感覚が出てくるのですね。物々交換で絶対に得をするわけだから、これはしっかりと交換しないといけない、という感じになるとすごくセールスは楽になります。

本当に30万円、50万円の価格ではないと思うのですね、皆さんが扱っているコーチングやコンサル、場合によっては物販もそうですし、そういう考えを起こすとパラダイムシフトは起きます。

今日は以上になります。

 

パラダイムシフトを起こすには手順が重要

 

お客様に提供する価格の決め方についてお伝えしました。「価格<クライアント」この公式を成り立たせる為には、価格の決め方にも順番があることを知る必要があるということです。上記でお伝えした内容だけを見ると、結局マインドですね。このように言われる方もいます。

結局マインド。かもしれませんが、マインド自体を変えるにも、まずは価格の決め方や「価格<クライアント」この公式を知っておく必要はあります。そして、価格を決めるには順番があり、お客様がお金を払って手に入れる価値(=未来)を提供しているということを覚えておく必要があります。

結果、1年先、5年先、10年先をみても今売ってあげなければ目の前にいるお客様は損をしてします。今と何も変わらない悩みや不安や問題を抱えた生活を送ることになってしまう。それならば、今30万円であっても、50万円であっても売ってあげなければいけないということになります。

上記の最後にパラダイムシフトとお伝えをしましたが、パラダイムシフトを起こす為にも、順番があります。今回の動画でお伝えした価格の決め方もその方法の1つです。パラダイムシフトを起こせば起こすほど、あなたのビジネスにおいての売上は大きく上がっていきます。

まずは今回お伝えした価格の決め方を「価格<クライアント」の公式に沿って見直してみてください。何事も小さな一歩からです。最初のパラダイムシフトをぜひこの機械に体験して、お客様に正しい価値を伝えてあげてください。そして自分自身の売上を上げてください。

 

セールスクロージングの悩みを解消したいなら公式を忘れないこと

 

今日のポイントは少し長くなって申し訳ないのですが、まず「価格<クライアント」の不等号をしっかりと頭に意識してください。そして色々な方法があるとは思いますが、価格の方が明らかに安いと思ってもらうには、一つとしてこういう効果の継続性がある、長い期間効果が継続するという主張をしっかりとやってみてください。

今日は以上です。今日は眼鏡までかけてしっかりやってみましたけれど、どうでしたでしょうか?今日の内容がすごく役に立ったとか気づきがあったとかまた見たいと思った方は、いいねとかコメントとかチャンネル登録が下にありますので、よろしくお願いします。

以上です。仙道でした。

 

セールスクロージングの公式+αまとめ

 

今回の内容はいかがでしたでしょうか。何度もお伝えしているように「価格<クライアント」この公式は、どんな商品を提供する時にも変わることはありません。コーチングやコンサルティングやカウンセリング。それだけではなく、占いやセラピーや施術や物販であっても変わらない原理原則です。

お客様はあなたのコーチングを書いたいのではなく、コーチングを通じて得られる未来に対して、投資をしていることを常に頭の片隅においておきましょう。それだけでビジネスは大きく確実に変化をしていきます。

セールスクロージングという題名で今回はお伝えをしましたが、今回お伝えした内容を含め、全てはマーケティングを行う上では欠かせない大切なことです。世界的な権威でもあるピーター・ドラッカーは「マーケティングはセールスを不要にする」と定義しているのですが、マーケティングが正しくできていれば、セールスクロージングは簡単にしていくことができます。

もしマーケティングについて、勉強はしてきたけど実践できていないかもしれない。マーケティングについて何も知らないかもしれない。そのように思われたのであれば、無料で公開しているWEBセミナーに登録をしてみてください。仙道塾でお伝えしている内容やセールスクロージングの悩みや問題を解決する方法をお伝えしています。

まずは今回お伝えした「価格<クライアント」の公式を見直して、マーケティングを正しく行い、セールスクロージングの悩みや課題を是非解決してくださいね。

baner_9movie
baner_9movie

よく読まれている関連記事

売れるステップメールの書き方|高単価契約につなげる秘訣

ども、仙道です! ランディングページからメルマガリストを獲得したら、ステップメールを送ることで成果(=売上)につなげやす…

インパクトが強烈に残るブログ、メルマガ文章の「1つのコツ」とは!?

どうも仙道です。 今日は、インパクトが強いブログやメルマガの文章とは一体どうやって書けばよいのかを説明させていただきたい…

セッションの値段を上げる”2つの極意” 

どうも、仙道です! 今日はセッションの値段をいかにあげていけばいいかですね。2つのポイントを詳しく説明していきます。コー…

起業の目標設定|よくあるミス|その2

どうも仙道です。 今日は、目標設定のミス第二弾として、起業したい方がよくやってしまうミスについてお話します。コーチやコン…

セールスクロージングの公式+「α」とは!?

どうも仙道です。今回はセールスクロージングの公式と、さらにそれを実現可能にするには一体何をすれば良いのかを詳しくお伝えし…

baner_9movie
baner_9movie

動画9点セット&メルマガの感想

baner_9movie
baner_9movie

SNSでもご購読できます。