検索エンジンの本質を知り、ブログSEOを成功させるコツ!

ども、仙道です!

今回は、「ブログSEO(検索エンジン上位表示)」についてお伝えいたします。

 

「ブログを書いているのに検索エンジンで表示されません」
「いつになったらグーグルの1ページ目に出るのでしょうか?」

これらのお悩みについて解説していきます。

 

検索エンジンの上位に表示されると、多くの方の目に留まる可能性が高く、最終的に、集客にもつながっていきます。

しっかりとして知識を持っておいてください。

 

SEOのコツ|SEO対策の勉強は必要なのか?

SEO(検索エンジン上位表示)の勉強本など膨大に出ていますが、テクニックが多いので混乱すると思います。

 

しかし、私の場合

  • 「コーチング 集客」
  • 「コンサル 集客」
  • 「コーチング 差別化」

などのコアキーワードで上位表示されています。

 

では、仙道はどうやってブログのSEO対策をしたのか?

 

答えは、コレです。

 

「SEOの勉強をしないこと」

「え~~仙道さん、ふざけないでください」と言われそうですが、本当です。

私はSEOの本は”1冊ぐらいしか”読んだ記憶がありません。

 

いや、今になってこそ色々勉強していますが、起業して1年目は勉強していませんでした。

というのも、決定的な理由があったからです。

 

それは『SEOのルールは常に進化して終わりがない世界』だからです。

 

テクニックを一生懸命勉強しても「それは去年のルールだから通用しません、順位を下げます」など、平気でありえる世界です。

1年、2年かけて勉強しても、すべて水の泡になる可能性があるのです。

 

時間はビジネス上で言えば「資産」です。

だから「勉強の時間」もムダにできません。

 

私は、結構ビビりなので、確実、安全な方法を取ります。

 

それはさておき、あなたは「結局、ブログのSEO対策はどうすればよいの?」と疑問に思うはずです。

 

その場合はコチラを意識してください!

  • ブログ記事数
  • コンテンツ量

 

結論から言えば、”この2つ”は、時代が変わっても裏切らないです。

 

理由については、以降の項目でお伝えしていきます。

 

SEOのコツ|検索エンジンの本質を知ろう!

まず、「本質」を知っておいた方がわかりやすいと思います。

 

SEO(検査エンジン上位表示)は、グーグルさんの基準によって勝手に決められます。

我々はグーグルさんやヤフーさんには逆らえません。

 

グーグルさんがSEOで基準にしている項目は、ものすごい数の項目があります。

  • アクセス数
  • ドメインの強さ
  • 被リンクの数、質
  • コンテンツの質
  • キーワード率
  • サイト滞在時間

などなど、もう、勉強していたら気になって、記事が書けなくなるほどです。

 

ただ、この「本質」を押さえておけば、迷いません!

 

「グーグルさんの本音」は、結局何なのか?

 

それは『検索エンジンを使うユーザーさんに有益なサイトを教えてあげたい』ということです。

 

グーグルさんもヤフーさんも広告会社です。

TV局と同じで、主に企業から広告の依頼を受けて、ネットで広告を出しています。

 

そんな中、無料で検索エンジンを提供する理由は、「ユーザーにいっぱい広告を見てクリックしてほしいから」です。
(楽しい番組を提供して、CMを見てもらいたいTV局と同じです)

だから、ユーザーさんから見て「この検索エンジンは使えね~な~」となると、マズイわけです。

 

それゆえ「ユーザーが探しているサイト」を上位表示させたいのです。

 

では、少し考えていただきたいのですが、

  • 「記事数10記事」のブログ
  • 「記事数100記事」のブログ

では、どちらがユーザーから見て有益なサイトでしょうか?

例外はありますが、やっぱり記事数(ページ数)が少ないと有益とは思ってもらえません。

次に

※文字数「500文字」の記事
※文字数「1000文字」の記事

では、どちらが「有益な記事内容」なのでしょうか?

 

これも例外はありますが、やっぱり文字数が多い方が有益だとみなされます。

 

このように、グーグルさんの都合上、「有益なサイトやブログ」が、どう考えて上位表示されやすいです。

 

もしかして、あなたは「私は、文字数が少なくてもユーザーに有益な記事を書いているつもりです!」と、思うかもしれません。

しかし、それを判断するのはグーグルさんなので、やっぱり「文字数」や「記事数」など、”測定できる部分”で見てきます。

 

一昔前、(3年~5年ぐらい前)は、ズルいテクニックを使って上位表示させる方法があったのですが、最近は「ユーザーが満足しないサイトは順位を下げてしまえ」というのがグーグルさんの本音です。

 

だから、判断基準を変更するアップデートを頻繁に実施しています。

そういう意味で「時間のムダにならないSEO対策」をしなくてはいけないのです。

 

つまり「記事数」「コンテンツ量」は3年、5年後も裏切らないと言い切ってもよいでしょう。

 

記事数、コンテンツ量などをこなした人が「最新のSEO対策」を勉強するのはOKです。

基本ができているので、効果は倍増するでしょう。

SEOのコツ|アメブロは上位表示されにくい?

ブログには、アメブロのような無料ブログと、有料で手間もかかるワードプレスブログなどが存在しています。

2つともブログではあるのですが、SEOという観点では、アメブロはかなり不利な状況となっているのです。

 

このことをお伝えするために、先に「web集客で取り組むべき順番」について、仙道が実際に取り組んできた順番を公開します。

仙道が取り組んできた順番

では、さっさと結論から!

 

以下の順で私はweb集客を取り組んできました。

  1. アメブロ
  2. メルマガ、SNS
  3. ワードプレス
  4. PPC広告、フェイスブック広告
  5. 紹介依頼(アフィリエイト)JV

 

この順番は主に「B2C」(一般顧客向け)の順番です。

法人向けのビジネスだと、少し順番が異なります。

 

私のクライアントさんや、私自身、はこの順番でweb集客を実施しております。

 

(1)(2)の時点で「売上100万~400万」を超えるケースも数十件以上あります。

 

そして、(3)のワードプレスから”安定度が増す”状態になります。

 

その後、「広告」やら「紹介」を増やしていきます。
(実績やコンセプトがある程度作られてないと、効果が出ないから)

 

実は、アメブロが有利なのは最初の3ヶ月~6か月です。

アメブロはSEOでは上がりづらいからです。

実験してわかりました。
(毎日、ガツガツ2年3年以上更新しているようなブログは上がりますが・・)

 

アメブロが上位に表示されにくい理由

アメブロが上位に表示されにくい理由としては、「アメブロのドメイン」が数千個以上存在しているからです。
(http://ameblo.jp~)

 

グーグルさんは、同じドメインの場合、同じジャンルのブログは2個~3個ぐらいしか上位表示しないのです。
(ユーザーから見て不利益のため)

 

このような理由からSEOでいえば、圧倒的に独自ドメインのワードプレスが強いです。

 

しかし、私は、未経験の方にはアメブロから始めるように、おすすめします。

なぜでしょうか?

 

理由は、「ワードプレスは、記事数を増やさないとアクセスが増えない為、モチベーションが下がるから」です。

 

ブログを始めた初期の頃は「記事更新のモチベーション」が最も大切です。

その点、アメブロはアクセスが集めやすいブログです。

単純に、アクセスが集まるので楽しいのです。

 

その反対に、ワードプレスは記事を複数書かないと、なかなかアクセスが集まりません。

ただ、財産になるのはワードプレスです。

100記事、200記事と貯まってくると、アクセスが安定してきます。

 

私の場合、400記事以上存在するので、ブログ更新をサボっても、毎日メルマガリストが3件~4件と自動で取得されています。

ここまでくるとホント楽です。

 

まとめると

最初のスタートダッシュは「アメブロ」
その後、SEO集客で安定するのは「ワードプレス」

上記のような流れになります。

まとめ

「検索エンジンの本質を知り、ブログSEOを成功させるコツ!」についてお伝えしました。

 

検索エンジンの本質を知ることで、重要なポイントが理解できたのではないかと思います。

 

検索エンジンは、多くのユーザーに見てもらいたいわけですから、検索結果にはこだわるのです。

検索結果にこだわると、「記事数が少ない」「コンテンツ量が少ない」といったブログが、上位に表示されないことは、明確です。

 

さらにアメブロドメイン配下には、数多くのブログがありますが、アメブロばかりヒットするような検索エンジンでは、ユーザーが見たいとは思えないことも、明確だと思います。

 

結果として、アメブロでのSEOは厳しいと言えます。

そのため、状況に合わせたブログ運営が必要なのです。

 

起業仕立ての方は、数か月はアメブロで運営すると良いでしょう。

 

しかし、それ以上になればワードプレスブログに移行した方が良いと言えます。

ビジネスを長期安定させれるためにも、今回の内容を知った上で、運用していってください。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );