コーチングやコンサルタントで稼げるようになった話|マインドが大切

どうも仙道です。

ここでは、「仙道がコーチングで月30万~50万、自分はいける!」と、確信を持った時の話を
していきたいと思います。

起業初心者の方にはとても参考になる内容だと思います。

動画と合わせて詳しく解説をしていくのでぜひ参考にしてください。

ポイントは起業家として成功できるマインドを作れているかどうかです。

マインドセットとも言いますが、起業家としての成功マインドを手に入れておきましょう。

 

月に100万円を稼ぐことがイメージできるか?

 

コーチングで月30万いけるマインド作りを動画でも解説しています。

 

私が主催しちえる仙道塾でもそうなんですが、「売り上げゼロ」から始める方にとって「月100万売り上げましょう!」「年間1000万目指しましょう!」というとやっぱり、怖がる方も多いです。

そういう方も仙道塾にはいらっしゃいます。

 

そこで「どういうところが悩みですか?」と聞くと「月100万円いける自信もイメージも持てない」という答えをよくもらいます。

「じゃあ、月30万とか50万ならどうですか?」と聞くと「まあ、それぐらいならなんとかできそうです」という方が凄く多いことに気づきました。

 

なぜなら、月30万~50万というのは「今自分がもらっている給料」もしくは「それよりちょっと高い金額」なんですよね。

確かに私もかつてはそうだったと思い出しました。

 

私の場合、今は、年間5億、6億はいけるようになっているんですが、コーチングやコンサルを始めた当初はやっぱり月に20~30万もなかったですね。

その当時、家賃5万円の部屋でベッドの上の天井に貼り付けていたものがあります。

〇月〇日までに25万円達成する!

そう書かれた紙だったことを覚えています。

 

当時働いていたコールセンターでの派遣給料が月23万か24万くらいだったんですね。

なので、初心者の場合『自分の今の給料と同じか少し上くらいから自力で稼ぐ!』というところからイメージしていただければと思います。

 

ただ、イメージしてもすぐに消えてしまう、モチベーションがなかなか維持できないという悩みもよく聞くんですね。

 

仙道がゼロから始めてどうやったのか?

ということをお話していきますね

まず、僕自身が明らかに「月30万~50万俺、いけるぜ!」と、ハッキリ思えた瞬間というものがありました。

 

人間は「イメージの生き物」なので「イメージできない方向」には行けません。

まずは【イメージが大事】【マインドが大事】ということです。

じゃあ一体、何をすればそういうイメージを思い描くことができるようになったか。

 

私は当時、アフィリエイトやせどり、ネットワークビジネスなど色々な副業に手を出していたんです。

でも、どれも2週間ちょっとで諦めたんです。

とにかく起業したかったので起業セミナーにもお金を使って足を運びました。

 

あるコーチから学んだ大切なこと

ある時「月100万いってます!」というコーチと出会ったんです。

その方と色々お話をしている時に「私の体験セッション受けてみませんか?」と言われたんです。

この時は「あ、なるほど!セールスされるんだ…」と、思いつつ行きましたね。

後日、そのコーチの方がよく使うカフェで待ち合わせをしました。

そこで、初めて「体験セッション」というものを受けたんです。

 

そして、私が何を感じたかというと…

その方は、おそらくパソコンを操作しながらパソコンに保存してある文章をそのまま僕に問いかけてきてるんですね。

 

ある体験セッションで受けた内容

「仙道さんいつまでに、どういう目標を達成したいんですか?」

「具体的な数字は?」

「なんでそれをやりたいんですか?」

と、目もほとんど合わせずに質問してくるんです。

 

当時の僕はコールセンターで勤務していたので「ひでぇな、これコミュニケーションになってないな」と思ってちょっとイラっとしたんです。実際、不愉快でしたね。

 

マニュアルをただ読み上げられていてこちらの話を聞くというよりは、尋問れているような感覚でした。

あげくのはてに「これで買わないというのはおかしいですよ」みたいなことを言ってきました。

 

例えば僕がコーヒーを飲んだら「それは健康に良いのですか?悪いのですか?」と、誘導尋問みたいなことも言ってきたんですね。

これは完全にコーチングではなくて単なる「誘導」だな、と。

 

結論から言いますとイラっときたし不愉快だったんですけどそこで僕が思ったのは・・・・

「このレベルで月100万いくなら俺だったら月30万50万なら絶対いく!」でした。

あまり、比較するのもよくはないのかなとも、思います。

 

月30万50万円がイメージができる状態

もう少し抽象度を上げて本質論をお話すると、どうしたら月30万50万がイメージできるかというと次の通りです。

自分よりもすでに先にいっている人とたくさん会って聞いてみてください。

 

その時に、質問するとよいのが「ダメダメだった頃どうやって最初に月30万50万いきましたか?」もしくは「今でも、まだダメだなあと思うことってありますか?」など、さりげなく聞いてみてください。

この質問はかなり強力だと思います。

 

なぜかというと「今稼げている人」でも実際は「あんまり大したことないんだ」と知った時に
異常に自信がつきます。

あまり悪い方向に解釈してほしくないんですけど比較するというよりもこんな感じです。

 

自分がこれから向かう世界のレベルは、そんなに「特別な」レベルじゃないんだ!

そう分かった時に人間は異常に「確信度」が上がります。

 

「どうしたらセルフイメージ上がりますか?」

「どうしたら自分のエフィカシー(自己効力感)を上げられますか?」

 

というようなことを初心者の方や売り上げがゼロの方からよく聞かれるんです。

確かに稼げている人もいるけれど「そんなに大したことない領域なんだ」という事実を分かった時なんですよね。

 

こういったことを僕自身は感じる機会がありアメブロから10万くらいの契約を取れるようになっていったんですね。

リアルで並行して友だちには数万円で売っていました。

 

今思うと「確信度」を得たのは早かったですね!

まとめると、私が始めて体験セッションを受けた時に「あ、全然大したことないんだな」と知った瞬間に自分の中の「確信度」がガーンと上がりました。

 

相手の方には失礼かもしれないけど、まずは「体感」することだと思います。

環境を変えていかないと何も始まらないし、「イメージできないんです」というのはすでに「できている人たち」と、たくさん会ってないからです。

ですのでまずは「環境を変える」ことだと思います。

 

遠方の方はZoomなどでセミナーやセッションを受けてみるのもいいですね。

 

価格設定の魔法

では集客やセールスをどうやってやったのかという話をしていきます。

結論から言うと「マインドセット」ができて「確信度」もあるすでに稼いでる人たちにも会って「あ、自分にもできるぞ!」とイメージできた。

ではそのあとには何をしたかというと、アメブロを始めたり知り合いに声をかけたり色々やってみました。

 

そこで「必勝パターン」を見つけました!

まず、このやり方はしてほしくないんですけど月10万、20万、30万の単価のものをいきなり売ることですね。

「やってはいけない!」というわけではないんですけど初心者の方で「単価10万20万30万なんてイメージできません。怖いです!」というような場合に僕がお伝えしているのは次のようなことです。

 

「単価5000円でも1万円でもいいのでとにかく、『クライアント』という存在を作ってください」

そうすると「本当にそれでいいんですか?」と聞かれますが、その答えは「いいです!!」と、ハッキリ言い切っています。

 

なぜかというと、1万円で獲得した契約は次は大体「2万円、3万円」になっていくからです。

そして、3万円で獲得した契約は「5万円、10万円」になっていきます。

 

最初に1万円で何回かコーチングすると大抵の人は凄く喜んでくれます。

『1万円でこんなに悩みを聞いてもらえてその後の未来も見えてくるなんて!』となります。

「それなら今度は3万円にしてもいいかな」とほとんどのコーチ、コンサルは思います。

 

なので、【単価は最初は安くてもよい】というのをまず、理解してもらいたい。

僕も最初は「友だち」とか、「セミナーで知り合った人」とかに販売したり、アメブロで1万円くらいでモニター募集したりでした。

そしてそこで次に大事なのが「交渉」できるかどうかです。

 

起業したら交渉できる力を身につける

単価を安くすることも大事だし、単価というものは必ず上がっていくという前提があるので安心してほしいんです。

そして次に「交渉する」ということが必要なのかなと思います。

その「交渉」触れておきます。

 

例えば「10万円で売りたい」とします。

その時に相手が「いや~、10万円はちょっと出せないですね」と、言ってくるかもしれません。

 

ここで、当時の私が何を言ったかというと『じゃあ、いくらならやりたいですか?』と聞いてました。

そうすると「う~ん、5万円くらいならやりたい」というように言ってもらえるんですね。

やりたいと思っている人には金額をちょっと下げれば売れるんです。

 

それじゃあ、「正規の料金を払う人と平等じゃなくなるのでは?」ということで金額を下げた場合は例えば、セッションの回数を減らす、などで対応します。

これは【ダウンセル】というテクニックです。

 

最初の頃は値段はカオスでもいいと思っているんです。

1万円から始めてその後、2万3万と上がっていっても違和感ないんです。

「モニターさん一人目はこの金額ですけど二人目からは上がりました」などと言えばいいことです。

 

なので、最初は値段は「交渉」で決めていくというのでも全く問題ないと考えています。

極力、平等になるように回数などで調整します。

これを知っているか知らないかで契約率が大きく変わります。

 

なぜなら、一人ひとりを大切にするなら「交渉」した方が双方にとって良いという結論になるんです。

単価10万円を一人目に無理だと言われ、二人目にも無理だと言われた。

そのような場合、値段にとらわれずに個々に交渉していく。

 

とにかく値段にこだわらずクライアントを5人、10人に増やしていく。

というのを第一目的をすれば交渉してどんどん契約を増やしていけるのです。

 

そうしているうちに、あなたがゼロスタートでも月に10万、20万、30万はもう、あっという間にいけます。

ます最初は単価は低くてもいい。

そしてどんどん交渉していって単価を上げていくというのをやっていけばいいと思います。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );