仙道達也が生まれた日

ども、仙道です!

昨日は
「うちの秘書さんの誕生日」
「新しい社員スタッフさんの歓迎会」
でした。

六本木のおいしい
しゃぶしゃぶ&寿司を
ガッツリプレゼントです!笑

さて、今日は…
ちょっと恥ずかしい話を
やっていきたいと思います。

 

仙道達也が生まれた日

★動画で詳しく
理解したい人はコチラ★

クリックして確認する!

⇒ https://youtu.be/z0pF8QMaigQ

==============

強みを見つける
モチベーションが
爆発的に上がる話

ということで
過去のお話から
させていただきたいと
思います!

僕が高校生の時の
話です。

当時、僕は
恥ずかしながら
全然モテなかったんですね。

それが凄い
コンプレックスでした。

勉強もできないし
スポーツもそれほど
得意ではない…

キャラ的にも
目立つような存在ではなく。

メチャクチャできる人も
メチャクチャできない人も
極端さで目立ちますが
僕のような

「中の下」

くらいだと一番
残念なポジションですよね?

そんな日々の中でも
初めて彼女ができたんです!

もう嬉しくてですね。

でも…

1ヶ月でフラれちゃいました。

その凹み具合といったら
ハンパなかったです。

もう、学校に行くのも
しんどいくらいで。

「不登校」の直前まで
いきましたし
劣等感の塊となっていました。

周囲にも知られていたので
余計にみじめな気持ちになり
よく、家で泣いていました。

泣いても泣いても
何も変わらないどころか
勉強もできなくなるし
友だちも離れていく…

進学校だったので
みんなが大学に進もうとする中
僕だけがもう
大学にも行く気がしなくて。

今考えても
その当時が
僕の人生の中で
一番苦しかった時ですね。

17、18歳だったんですけど
ある時

『このままでは、人生全てが
 ダメになる…!』

ということに気づいて

『どうしたら
 ここから人生を変えることが
 できるんだろう?』

と、凄く悩みました。

当時、欠席しがちな僕に対して
ちょっとイケイケな
クラスメイトから

『あれ、お前
昨日いなかったっけ?』

『お前がいなくても
クラスは何も変わらないぞ』

と、軽く言われて
自分の存在の薄さも
思い知らされ

(いてもいなくてもいい
 存在なんだなあ)

と、かなり
ダメージを受けました。

ますます凹んで凹んで…

最終的に何を
見出したかというと。

僕は小さい頃から
ピアノを習っていたし
バンドも組んでいました。

当時、劣等感の塊の中でも
幼い頃から親しんできた
「音楽」なら唯一
自信が持てたんです。

そして、これはもう
「音楽」にかけるしかない!

~~~~~~~~~~~~~~~

『音楽で大成功して
オレを軽く見た奴、
バカした奴を全員見返してやる!』

~~~~~~~~~~~~~~~

と思ったんですね。

今の僕が生まれたのは
【その時なのかな・・・】
て思ってます。

高校3年生の半ば頃に
そう思ったので

『自分から
 劣等感を取り去りたい』

『別人に生まれ変わってやる!』

そして、生まれ変わるなら

『東京に出るしかない!』

と、思いました。

僕は大分県の出身なんですが
みんな、大体
九州の大学に進学するんです。

僕だけが大学に行かず

『東京に行って
音楽をやりたい!』

と言ったので
担任の先生も驚いていたんです。

ありがたいことに
両親も担任も
理解してくれたんですね。

これには
本当に今でも感謝しています。

当時の僕は
「音楽」という自分の強みに
かけたんです。

~~~~~~~~~~~~

『これで絶対人生を
変えてやる!』

『音楽で成功できなかったら
死んだほうがマシだ!』

~~~~~~~~~~~~

と思っていました。

結論をいうと
「音楽」ではそれほど
稼いだり有名になることは
できなかったんです。

ただ、
僕にとって「音楽」は
強みであり情熱だったので
それまで抱えていたコンプレックスは…

一気に消え去りました!

あんなに劣等感が強くて
存在感も薄かった僕でも
そこそこ「音楽」で
お金をもらえるように
なったんですよね。

そこで

『音楽ではなくても
いいかも』

と思うようになったんです。

おそらく「抽象度」が
上がったからですね!

【僕は雇われずに自由に生きたい】

ということで
「音楽」を選んだけれど

『他の起業ビジネスでもいいんだ』

と思ったことが
今につながるんですね。

そこから始めて
「サポート職」
というものに出会って…

僕の中では「サポート職」
というのがその時は
強みとなっていたので
そこに集中しました。

それまでは
アフィリエイトやせどり
ネットビジネス系のものを
試してきましたが
どれも成果が出せず・・・

「サポート職」である
コーチングに変えた途端

『これならいくらでもやれる!』

『誰にも負ける気がしない!』

と思えたので頑張れました。

そして、

実績ゼロ、強みゼロ、職歴ゼロから
起業して約4年間で年間5億~6億を超える
今に至っているんです。

ちょっと恥ずかしいですね
ここまで話すと。

で、
これを読んでくださっている
あなたに
何をお伝えしたいかというと…

たとえ高校生の頃は
イケていなかった僕ですら

★★★★★★★★★★★★★★

「強み」にフォーカスすること
でここまで来た

★★★★★★★★★★★★★★

ということなんです!

最後に僕から贈りたい言葉は

・・・・

「強み」というのは
売り上げを上げるとか
集客のために
あるものではなく…

⇒『人生を変えるためにあるもの』

なんです!

なので、
売り上げを上げたいのに
なかなか「強み」が
見つからない。

と、モチベーションが
なかなか上がらないのであれば

~~~~~~~~~~~~~~~

人生を変えるために
「強み」を見つけたい!

~~~~~~~~~~~~~~~

と、考えてください。

自分の人生を変えるために
「強み」を見つけると必ず
人生は変わっていきますので!

そのぐらい
「強み」や「情熱」というものは
パワフルなんです。

あの時、僕が
強みや情熱となった
「音楽」にフォーカスしなかったら…

と考えると
恐ろしいですね。

何となく大学に行って
何となく就職して
劣等感を抱えたままで
過ごしていたかもしれません。

あなたには
「強み」や「情熱」の
大切さと重要さを
お伝えしたかったので

恥ずかしいですが
僕の過去のお話も
させていただきました。

今回は長い記事を
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。