勝手に決めつけるな!!

それ、思い込みではないですか?

ども、仙道です!

今回は「グアム」から
撮影したものをお届けします。

パソコンやスマホから離れ
海や山などの自然に
身をゆだねることもまた
大切なのだと実感しております!

仕事のパフォーマンスを
上げるためには
リラックス効果も必要ですね~

 

お金がなくても高単価払うのか!?

★動画で詳しく
理解したい人はコチラ★

動画 ⇒ https://youtu.be/mwlmKWM4gRM

=============

さて、今日の本題ですが
コーチ、コンサル、ヒーラー
セラピスト、カウンセラーさんに
よく聞かれることです。

『この人たちは、高単価になると
おそらく払わないので
頑張っても売れないと思う』

というものですね(^^;

では

「〇〇な人は
高単価だとお金を払わない」

というのは
本当なんでしょうか?

さて、
勝手に決めつけてよいのか??

僕も昔は…!

(ふつうの主婦の方は
高額商品は買わないだろうな)

とか

(若い層は、お金に
余裕がないから
そこには使わないだろうな)

とか

(すでに他の塾に
行っている人はこちらにはもう
払うことはないだろうな)

といった「思い込み」も
あったんです(^^;

それで、僕の経験で
気づいたことがあります。

・・・・

仙道は
かつては「売れないバンドマン」
として音楽をやっていました。

かれこれ8年くらい
フリーターでしたね。

で、「売れないミュージシャン」
というのは【本当にお金がない】です!

音楽ってヤバいくらい
お金がかかるんですよね。

当時はどう頑張っても
15万くらいしか月収がない。

家賃5万円くらいのところに
住んでいました。

なんとか暮らしては
いけるんです。

しかし、
楽器を買う、とか
スタジオを借りる、とか
ライブの準備、とか
CD作る、とか

お金が凄い
かかるわけです( 一一)

なのでバンドマンは
お金に余裕がない
人たちが多く。

僕も、美味しいものは
あまり食べられませんでした。

コンビニのおにぎり
1~2個で済ませるとか(笑)

そんなちょっと切ない
「バンドマン時代」に
気づいたことがあるんです。

???

僕のバンドのメンバーが

『良い音を提供するためには
”良い楽器”を買わなければ
いけない』

と言っていました。

確かに、安いものでは
良い音は出ないんですね。

僕はドラムだったんですが
じゃあ、いくらまでお金を使えるか?

という話になり…。

ベーシストが
アメリカ製の
ヴィンテージもので

「65万くらい」

のものを4年間のローンで
購入していました。

ギタリストも「50万くらい」の
良いものを買っていました。

僕だけがドラムにはそんなに
お金をかけていなかった(^^;

ドラムって
「スティック」と
「スネア(メインドラム)」
があればよくて。

5万円くらいで済むんですね。

ベースもギターも
安いものでは5万円くらいでも
あります。

しかし、この話から
何が分かるかというと。

バンドメンバーは
僕と同じように
せいぜい15万円程度の
月収だったんです。

それでも
「50万、60万のもの」を
買うんですよね。

これはなぜかというと…

『ミュージシャンとして
本気で成功したい!』

だから

『これが必要だ!』

となるわけですよね。

これは、
コーチングやコンサル
カウンセリングを
受けたい人も一緒で。

「本気で変わりたい人」

であれば50万、60万は
払います。

もちろん、ちゃんと
こちらがサポートをするという
前提ですよ。(^^)

ミュージシャンが
自身の成功のために
高い楽器に投資するのも

「本気で変わりたい人」

だからです。

なので、相手を

『この人、この属性は
お金を出さないだろう』

と、勝手に決めつけないほうがよい。

『お金がない』

『お金に困っている』

『あまり稼いでいない』

そういう人たちだから
高単価の商品にはお金を使わない…

と、決めつけると何も見えなくなる
というお話でした。

ではまた~

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );