ターゲットの選定、絞り込み時に確実に抑えておくべき3つのポイント!

どうも、仙道です!

ビジネスを成功させていく上で、欠かせないことの1つとして「ターゲット選定、絞り込み」があります。

 

商品、サービスを売っていく場合に、「多くの人に売れるように」と、ターゲットを広い範囲に設定してしまうと、結局誰のための商品であるか分からないため売れなくなります。

 

ビジネスを成功させるためには、誰のための商品、サービスであるかを、明確にしておく必要があるのです。

 

今回は、そんな「ターゲットの選定、絞り方」についての3つのポイントについて解説いたします。

結構多くの人がやりがちなミスする部分ですので、確実に確認しておいてください。

 

ミスしてない?ターゲット選定の基準

 

「ターゲットを絞り込む」という作業は、起業初期の頃に行うことが多いかと思います。

 

起業初期なので、起業初心者の方がターゲットの絞り込みを行うことになります。

起業初心者であるため、ビジネスのことをよく分かっていない方や、マーケティングの知識が少ない人が行うことになるのです。

 

すると、よくわからないまま「ターゲットは絞った方が良い」という情報だけで、明確な基準もなく、なんとなく「ターゲットの絞り込み」をしてしまうのです。

これでは、ターゲットの絞り込みに失敗するのも当然です。

 

ターゲットの選定、絞り込みの際には、明確な基準がありますので、知っておいてください。

 

ターゲットの選定、絞り込みの基準は、これです。

「お金を出す人か出さない人か」

 

つまり「お金を出さない人」と「お金を出す人」の違いを見極めて、ターゲット選定を行うのです。

 

「お金を出さない人」をターゲットにして、0から「資格」の勉強するために、「教材」や「セミナー」に高額投資をしても意味がありません。

これでは、「ペルソナ」を立てて、一生懸命ブログやメルマガでメッセージを配信したところで、結局、ビジネスとしては成り立たないのです。

 

このようなことを続けた場合、「無料の体験セッション」で「ありがとう、ございます。無料でこんなに悩みを聞いてもらったのは始めてです!では、さようなら!」という事態になります。

 

この状況を望みますか?

 

私が見てきた、コンサルタントやコーチの方には、結構多いので注意してください。

「人を助けたい」「悩みを聞きたい」という「想い」だけでは、残念ながら商売にならないのです。

 

ターゲット選定に重要な3つのポイント

 

では「何を、見極めて」から「ターゲット選定」をすればよいのでしょうか。

ターゲット選定、絞り込みの部分でミスしてしまうと、成功するはずのものも、失敗に終わることがありますので、本当に注意してください。

 

ターゲット選定、絞り込みには、色々な「ポイント」がありますが、非常に簡単に理解できる方法があります。

 

結論から言いますと、以下の3つのポイントを抑えることです。

 

  1. その「ターゲット」が過去にあなたと「属性が同じサービス」に「お金を払ったデータ」は存在するか?
  2. また、「いくら払った」のか?
  3. 「同じターゲット」を狙っている競合(ライバル)は存在するのか?そのライバルは「儲かって」いるのか?

以上の3点になります。

各項目について、簡単に確認しておきましょう。

 

お金を払ったデータは存在するのか?

簡単に言ってしまえば、お金を払ったことがある人かどうかということです。

過去にお金を払っている方の方が、払いやすいということなのです。

 

例えば、起業塾に100万円払った経験があるひとであれば、「起業塾はこれくらいの金額がかかるのが普通」という状態になっています。

このような層に50万円のサービスを提示したとしても、それほど驚かれることはなく、むしろ安いと思ってもらえることでしょう。

 

しかし、そういった経験がない層、例えば「悩みの解消系」などで「行政などの無料相談ダイヤル」などを活用しているような層をターゲットいしてしまうと、こうは行きません。

例え10万円であれ、超高額であると思われ、契約に至らない可能性が飛躍的にあがるのです。

 

そのため、お金を払った経験がある人が多い層を、「ターゲット層」にする必要があるのです。

 

どれくらい払った経験があるのか?

先程の項目にも似た部分はありますが、お金を払う層であっても、どれくらいの金額を払った経験があるのかは重要です。

 

数千円しか払ったことが無い層に、数十万円の価格提示はハードルが高く、購入に至らない可能性が高くなります。

過去に数十万円、100万円たんいの支払いをした経験がある層の方が、圧倒的にハードルが低くなり、購入の可能性が上がるのです。

 

そういった意味でも、どれくらいの金額を払った経験があるのかは重要となります。

ライバルはいるのか?儲かっているのか?

ライバルがいない場合、そのターゲット層自体でのビジネスが難しい可能性が高くなります。

儲かる、売れるところには、必ずライバルが存在するはずなのです。

 

過去にビジネスを始めたけど上手く行かなかった、そもそも需要が無いなど、非常に危険なビジネスになる可能性が高いので、ライバルの存在は確認しておいてください。

 

また、ライバルがどれくらい儲かっているのかも重要です。

ビジネスはしているものの、それほど儲かっていないのであれば、あなたが参入したところで儲かる可能性は低いのです。

 

しっかり見極めて、ターゲットを絞り込んでいってください。

まとめ

「ターゲットの選定、絞り込み時に確実に抑えておくべき3つのポイント!」についてお伝えしました。

 

  1. その「ターゲット」が過去にあなたと「属性が同じサービス」に「お金を払ったデータ」は存在するか?
  2. また、「いくら払った」のか?
  3. 「同じターゲット」を狙っている競合(ライバル)は存在するのか?そのライバルは「儲かって」いるのか?

 

ターゲットを絞り込む際に、上記の3つのポイントを外してしまうと、ビジネスが成功しない可能性が飛躍的に上がります。

 

確実にポイントを抑えて、成功をつかみとってください。

 

パソコン用の画像

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );