ターゲット絞り遍歴!ライバル調査で注意すべきポイント

どうも、仙道です!

 

ビジネスを成功させるために「ターゲットを絞った方が良い」ということを、よく聞くかと思います。

ターゲットを絞るためには、まずライバルを調査する必要があります。

 

しかし、そのライバル調査の過程で多くの難題に出くわすはずです。

 

今回は、私が実際に行った「ターゲット絞り」について公開していきます。

ターゲットを絞る際の参考にしていただければと思います。

多すぎるライバルが教えてくれたターゲット絞り

当時、私が、ライバル調査をしようと決意して疑問に思ったのは、「そもそもブログ上にコーチングやコンサル系の人は何人くらいいるのだろう?」ということでした。

そこで、グーグルの検索エンジンで「コーチング ブログ」「コンサル ブログ」などのキーワードで調べてみたのです。

 

すると、数えきれないぐらい、存在しているワケです。

 

もう、この時はイヤになり、笑いました。

「ライバルが多すぎて、調査する気が無くなる」
「ライバルがほぼ全員自分より実績が上」

 

複数の「強烈なライバル」を見ると、誰もが凹みます。

私も例外ではありませんでした。

 

自分より実績あるし、資格持っているし、コーチング経験人数も多い。

当時は、パッと見ると、みんな売れているように見えました。

 

そして、その結果、仙道は「誰から調べてよいか」混乱しました。

「コーチ、コンサル、セラピストカウンセラー、ヒーラー」と表記されている方は、ブログ上に「1000人」は存在するのではないかと思えたからです。

実際に私がブログを始めた時、1000人以上はブログをやっていただろうと思います。

 

「凄腕の方」から「ふつうの方」まで、実にバラエティー豊かでした。

「ち、ちくしょう~~アメブロが無料だと言え、ここまで存在しているのか!」

 

当時、なぜもっと早くブログを始めなかったのかと、悔しい気持ちになりました。

早い方が有利だと感じたのです。

 

じゃあ、ここで「1000人全員」ライバル調査をしていたら、どうなるのか?

もちろん、時間がなくなるし、凄腕を見ると自信を無くすわけです。

 

当時の初心者の私からしたら「悪循環」にしかならない。

 

では、どうすればよいのか?

 

ここで、私は1つ自分がぶち当たっている「問題点」を発見しました。

 

それは

「誰がターゲットなのか絞れてないので、ライバルを特定できていない」

ということです。

 

つまり、「調査エリア」が広すぎるのです。

 

当時の私の肩書きは「ノウハウ実行コーチ」でした。

コンセプトとして「ノウハウを勉強しても行動できない人を支援します」というものだったので、ターゲット層は日本中に何十万人と存在します。

 

この状態だと、ライバルを調べる場合も

  • ライフコーチ
  • 目標達成コーチ
  • 起業コーチ、コンサル
  • ダイエットコーチ
  • 恋愛コーチ、コンサル

などなど、多数におよびます。

 

エリアが広すぎです。

 

そこで、「ターゲット層をある程度絞れれば、ライバルも特定できて、差別化につながる」と考えたのです。

 

当時は「差別化」の基礎すら知らなかったので、私にとっては大きな発見でした!

そして、仙道のはじめての「ターゲット絞り」が始まります。

ターゲット絞り|ターゲット層の細分化

「ライバル調査」をする為には、まずターゲットを絞らないと、数が多すぎて調査できないということが分かりました。

 

絞り込めば、ライバルも特定できるため、ライバル調査も楽になります。

良いことだらけです。

 

しかし、絞り込むということで、少し怖さもあったのは事実です。

 

ターゲットを絞り込む前に、まず、ターゲットを細分化することからはじめました。

 

ブログを開始した当時の「ノウハウ実行コーチング」は、本気で売れると思っていましたが、今思えばターゲットが曖昧でした。

「自分が作ったコンセプトはイケてる!」と思っていたので、今思えば恥ずかしいです。

 

そこで、ターゲットを絞ることを決意したのですが、次に出てき疑問点は、「どこまで絞ればよいのか?」ということでした。

絞り過ぎる = 顧客がいなくなる
絞りが曖昧 = 顧客が多すぎる

私が一番怖かったのは「絞り過ぎて、顧客がゼロになったらどうしよう」という部分でした。

 

「どうしよう、どうしよう絞り過ぎたら怖いわ~」

私はビビりなので、少しずつ絞っていきました。

「石橋を叩きながら」という感じです。

 

そりゃ~怖いですよ!

 

今のコンセプトが売れてないからといって、絞ったら本当に売れるようになるのか?

当時は、誰も教えてくれなかったからです。

 

当時の私からみたら「ライフコーチ」「目標達成コーチ」が売れているように見えたので、余計怖かったのです。

 

「誰にも相手にされなくなったらどうしよう」

この時期は、「変わりたいけど変われない」というジレンマに襲われていました。

 

また、私の中で「あきらめモード」が発動し始めていたのです。

「ブログを書いても意味がないなら辞めてしまおうかな~」という心のつぶやきです。

この時、2回目の「あきらめモードの波」が発生したのです。
(後、数回は現れます)

 

フェイスブックとかツイッターの方が、成果が出そうな気がしてきたのです。

ちょうどフェイスブックが流行っていた時期でしたし・・・。

 

しかし、この時点で、生まれてはじめてブログを30記事ぐらいは書いていたので、「ビビりながらも行動するしかねえ!」という結論に至りました。

でも、ビビりだからでよかったのです。

 

「ビビり」だからこそ気を付けていたことがあるのです!

 

それは、「ターゲット絞りは市場が存在するエリアに絞らないと意味がない」ということでした。

 

つまり「お金を払わない顧客」にターゲットを絞っても、パンチが空振りするのです。

悲しいかな、「ボランティア」で終わってしまいます。

 

私は、ここだけは注意しました。

 

仙道のターゲット絞り遍歴公開!

以下がブログを始めてからの仙道の「ターゲット絞り遍歴」です。

半年かかっています。

《ターゲット絞りの遍歴》

※ノウハウ実行できない人
⇒ 起業ノウハウ?  ◎
⇒ ダイエットノウハウ?
⇒ 恋愛ノウハウ?

※起業ノウハウを実行できない人
⇒ ビジネスモデル構築?
⇒ 集客? ◎
⇒ マインドセット?

※集客ができない人
⇒ リアル?
⇒ ネット? ◎

※ネット集客ができない人
⇒ ブログ? ◎
⇒ SNS?
⇒ PPC広告?
⇒ メルマガ?

※ ブログ集客ができない人
⇒ アフィリエイト
⇒ 物販、通販
⇒ コーチ、コンサル ◎
⇒ その他

 

コーチ、コンサルでブログ集客できない人をターゲットに!

ここまで来たら、かなりいい感じだ、と思いました。

 

その証拠に、アメブロのアクセスやコメントは倍増していました。

半年かけて、じっくりと反応を見てみたところ「このエリアは市場もある!みんなブログ集客で困っているんだな」と確信が持てたのです。

 

このように、「市場がある方向で細分化」していけば、的確な絞り込みができるのです。

 

おおざっぱに書きましたが、私は、現在のポジションを取るまで、「8回」ほどターゲット絞りを変えています。
(クライアントさんは、もっとすぐ決まるのですが)

 

この時は「自分の実績」など気にせず、とにかく絞っていきました。

そうしないと心が落ち着かなかったのです。

 

当時、派遣社員のコールセンターをやめたくて、やめてたくて「何でもいいから稼ぎたい!」という想いが強かったです。

確か、ターゲットの絞りがある程度できると「月20万~30万」ぐらいは入るようになってきていたかと思います。

 

キャッシュフローギリギリで無謀ですが、この時点で会社をやめました。

借金も残っていたので「もう、やるしかねえ!!」と迷いが無くなりました。

 

まとめ

「ターゲット絞り遍歴!ライバル調査で注意すべきポイント」について、実際に私がたどった道のりをお伝えしました。

 

私も最初から上手く行ったわけではないのです。

 

売れてもいない段階で、ターゲットを絞っていくことは「怖い」と感じるかと思います。

しかし、売れていない時点で、見込客には届いていないか、興味を惹かれるような対象にはなっていません。

 

ライバル調査をしようとして、結果としてターゲットを絞り込むことになりましたが、この絞り込みは、ビジネスの分岐点になりました。

あなたもターゲット層を見直してみてください。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );