独占市場を実現するUSPの形「未来USP」とは!?

どうも、仙道です!

今回は、多くの起業家が悩むUSPについての詳細解説を行います。

似たようなUSPが横行する中で、強いUSPを作るための方法について解説していきます。

未来のUSPってなに?

基本的にUSPは、過去の実績を元に、強みを見つけて作成していくことが多いかと思います。

しかし、それだけでは少し足りないのではないかと感じているのです。

 

必要なのは「未来」です。

つまり「未来のUSP」を作るのです。

 

これが出来れば、「誰も追いつけないUSP」が完成します。

 

しかし、あなたは思うはずです。
「じゃあ、まだ実績がない未来のUSPってどうやって作るのよ?」と。

 

作り方としては

「モデリング」しながら「ズラして」短期間で「NO1ポジション」が取れるように作成する!

ということになるのですが、おそらくこのままでは意味が分からないので、詳しく解説していきます。

 

未来のUSP作成のゴール

まず、未来のUSP作成のゴールは「短期間で小さなNO1」を取るということです。

「大きな市場」でNO1を取ろうなんて、考えてないでください。

 

  • 世界最高峰のコーチ
  • 年商1億以上の起業コンサル
  • 会員数300人以上のスピリチュアルカウンセラー

 

大きな市場でNO1を取ろうとするのは、上記のような「大御所」に真正面から立ち向かうということです。

命がいくらあっても足りません。

 

だから、まずは「小さな市場でNO1を取れるUSP」を目指してください。

それこそ「未来のUSP」の完成形です。

仙道のケースで言えば「コーチ、コンサル、セラピストのブログ集客市場でNO1を取る」というのが、未来のUSPでした。

 

「web集客」とか「集客、マーケティング」などと比べれば、小さな市場です。

 

なぜ、この小さな市場を狙ったのか?

 

それは、ライバル調査をしたところ「ブログからクライアント獲得ができている!」という「お客様の声」を保有している人が、ゼロに近かったからです。

「お、これはチャンス!」
「あ、ここまだNO1がいないスキマポジションじゃん」

と気づき、短期間でNO1を取れるなと思いました。
(リアルからは楽だけど、webからクライアント獲得するのは難しい。ましやて、それを教えるとなると、難易度が高いポジションだったから誰もNO1がいなかった)

 

このように存在する「小さな市場のスキマ」はどこだ?と、自分に質問することが重要です。

スキマを埋めれば短期間で「小さな市場NO1」を取ることができます。

 

私は短期間で「クライアントが獲得できるブログ集客の実績を作る」と決めて、「未来のUSP」を構築していったのです。

 

未来のUSP構築術!ズラしのテクニック!

未来USPでは、「モデリング」しながら「ズラして」短期間で「NO1ポジション」が取れるように作成することが重要です。

 

ただ、私が理論を公開すると、カンチガイする人が増えます。

そのため、ちょっとくわしい解説をしておきます。

 

基本は「あなたの業界で売れている人」をモデルにしてOKです!

 

ただし

  • 「キャッチコピー」をマネしたり
  • 「記事内容」をマネしたり
  • 「商品」をマネしたり

しているだけだと、その人とバッティングして売上が伸び続けないのです。

 

確かに「コピー商品」は一時的に売れますが、やがてユーザーが賢くなり、市場から消えていきます。

ホンモノだけが生き残るのです。

 

例えば、web上でよくみる「やりたい事に特化した女性起業塾、コンサル」というモデルがあるとします。

この成功モデルをモデリングすることは、間違ってないと思います。

 

しかし、こんな感じでモデリングを終えると「ズラし」ているとは言えません。

 

「心からワクワクする事が見つかる女性起業塾、コンサル」

 

顧客視点で見るとモデルと同じ内容ですよね?

「言葉」を変えているだけなんです。

 

「ズラし」を明確にしないと「この人は売れている○○さんと明らかに違って▲▲な部分がよいから契約する~!」というレスポンスが起きないんです!

 

つまり、ただのマネになってしまい「USP」が認知されない結果になるのです。

 

では「ズラしのコツ」とは、いったいどんなものなのでしょうか?

 

実は、非常~に簡単です。

以下の3点中の中から、1点だけをズラしてみてください!

 

  1. 誰に?(ターゲット)
  2. 何を?(ベネフィット)
  3. USPは?(最大の売り文句)

1点だけ!明確にです!

これが大事なのです。

 

ズラして1000万以上達成した具体例

 

では、あなたがイメージできるように「ズラして年収1000万以上」達成したパターンの具体例をお見せいたします。

 

今回お伝えする例は、起業1年目で「webのみで年収1000万以上」オーバーしている事例です!

仙道の場合「webだけで年収1000万の事例」は複数ありますが、今回は「わかりやすい事例」を公開します。

 

このクライアントさんは「仙道と近いポジション」を取ることに決めました。

同じように、コーチ、コンサル、セラピストの方に向けてのビジネスです。

 

コーチ、コンサル、向けのビジネスって、凄く増えていますが、「売れている人」はひと握りです。

マネだけだと、バッティングして比べられるからです。

 

でも、彼女の場合、1年目なのに「差別化」が完成しています。

”とある分野”でNO1を作ったのです。

 

ターゲットは仙道と同じだけど「ベネフィット」も「USP」もハッキリ異なります!

だから「体験セッション」を募集しなくても、1ヶ月で5人以上クライアントが高額で獲得できるのです!

⇒ http://manager-spirit.com/online-gift/

 

アメブロ上やHPでよく見る

  • web専門とか
  • ブログとか
  • メルマガとか
  • プロダクトローンチとか
  • 女性起業とか
  • やりたいこと発見とか

そんなことは一切言ってない。

 

それだと「どこにでも存在するUSP」になるからです。

あと、そんな分野だと「NO1ポジション」がすでに奪われています。

「NO2以降」は記憶に残りづらいので、長く続けるのは苦労する。

 

ならば、飽和している市場で「起業1年目で1000万」って、どうズラしたのだろうか?

 

実は意外や意外!?

それは「セールス」です。

 

え!?セールス!?それもありがちでは?と思いましたか?

 

ただし、ただの営業マン向けのオラオラセールスではありません。

自然に売れる、「やわらかい系のセールス」です。

 

だけど、それだと

  • 売り込まないセールス
  • 引き寄せるセールス
  • 自然体のクロージング

などなど、昔から存在するセールスコンサルとかぶる。

 

ライバルが存在する時点でズラしを強化します。

 

だから、私は「未来のUSP」をクライアントさんと相談して、こうアドバイスしました。

 

「やわらかいけど100万達成できる!」という心理ギャップを入れましょう!

やわらかい系のセールスや集客は、誰も「100万」とは言い切っていません。

だから、実行すれば「やわらかい系のセールス」でNO1を取れます!

 

ここまで作り込めばライバルはマネできないだろうというエリアまで、USPを作り込むべきです。

そして、彼女の場合、その裏付けになる「実績」を作る覚悟もありました。

クライアントさんが、バンバン売上100万を突破しているのです!

 

ここまでズラした結果、小さなNO1を獲得し、大きな成果を上げ続けています。

 

まとめ

「未来USP」について解説しました。

小さな市場で1番になることにより、目立つ存在になることが出来ます。

 

世の中には多くの起業家が存在しています。

しかし、その中で目立つことが出来なければ、埋もれてしまい、起業家生命が終わってしまうのです。

 

今回お伝えした「未来USP」の作成方法を活用すれば、あなたは小さな市場で1番になることができ、目立つため、成功に近付くことができるのです。

 

未来USP作成のポイントとしては、「誰に?」「何を?」「USPは?」の中から、1つだけ大きくズラすことです。

小さな以上で1番になれるように、未来USPを活用していってください。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );