コーチ、コンサルでの独立起業は可能か?成功した人が持つ3つの共通点!

ども、仙道です!

「コーチングビジネスを始めるには何から手をつければよい?」「本当にコーチングで会社を辞める事ができるのでしょうか?」という質問を受けましたので、お答えします。

 

結論から言えば「余裕でできます」となります。
私は、誰でも可能だと思っております。

 

もちろん、コーチングスクールや資格を取れば、誰でも会社を辞める事ができるわけではないです。

むしろ、資格に関しては、独立起業とは一切関係ないと思ってください!

 

コーチやコンサルの実力は大事です。
しかし、資格やコーチングスクールで、実力は、多少は手に入ります。

今回は”ソコとは違う条件”についてお伝えします。

コーチングで会社を辞めた人は本当に実力があるのか?

私は、コーチング起業をする前に、実際起業しているコーチの方にたくさん会いにいきました。

そこで重要な事に気が付いたのです。

 

10人以上のコーチ、コンサルタントの人のセッションを受けてきたので、正直な感想を書きます。

(以下仙道の心の声)
「え、コーチングってこの程度なのか」
「あれ、よく本に書いている理論ばっかりだな」
「このタイミングでその質問は信頼関係を壊すのでは?」

 

失礼ですが、これが私の本音です。
※私は、コールセンターで1万人以上サポートしているので、コミュニケーションには少し厳しいかもしれません。

 

「本当にプロのコーチで起業しているのかな?」と思ってしまいました。

何か秘密があるな、コレは。
そう思うしかない状況でした。

 

起業できるポイントは、本当にコーチング、コンサルの実力によるのか?

 

疑問に思った私は、色々な人に質問しまくりました。
もはや尋問レベルです。

「どうやってコーチングで会社辞めたのですか?」
「どうやって、起業したのですか?」
「起業初期の頃、意識した事はなんですか?」

 

すると、すべての人に共通点が見つかったのです。
すべての人です!

 

あなたはもうおわかりでしょうか?

 

起業しているコーチ、コンサルの共通点。

 

それは、「マーケティング能力!集客能力の高さ!」です。

もっと具体的に説明します。

 

  1. webなり、セミナーなり 確立された集客術を持っている
  2. クライアントのニーズを見極めている
  3. 自分のコーチ、コンサルとしてのUSP(ブランディング)がハッキリしている

以上の3つの共通点が存在したのです。

 

確認していただけると分かるかと思いますが、コーチングやコンサルの実力とは関係ない部分ですよね。

ですが、マーケティングの視点に立って分析すると、普通の事だったりします。

 

以下、3つのことについて詳しく説明します。

 

成功ポイント1|確立された集客術を持っている

まず、確立された集客方法は必須です。

コーチ、コンサルが使える集客方法というのは色々存在します。

 

しかし、色々手を出して中途半端になってはいけません。

なぜなら、毎月一定のクライアントさんをゲットする事を考えると、自動的に集客できる「仕組み作り」が大事になるからです。

 

具体的に説明すると、以下のようになります。

 

  • ブログから毎月5名以上の申込みが来る
  • 毎月、メルマガの読者が100名以上増える
  • セミナーを定期的に開き、一定の数の人が集まる。

 

上記のような安定した「集客の仕組み」が1つ以上必要になります。
「集客の自動化」です。

 

私のマーケティングの師匠が、よく使う表現として「インターネット上に自動販売機を設置していく」という物があります。

例えば、インターネット上では以下の手法が多いです。

 

  • 検索エンジンからあなたのブログに毎日アクセスが来る(SEO対策)
  • ステップメール(あらかじめ設定してあるメルマガ)で、自動的に商品説明ができる
  • あなたのセミナーのプロモーションを複数の人にやってもらう(アフィリエイトしてもらう)

 

詳細までは説明しませんが、有効な手法ばかりです。

いずれ細かく説明させていただきますが、ここでは「集客の自動化を確立させるのが必要」と覚えておいてください。

成功ポイント2|ニーズを見極めている

コーチングビジネスで成功している、コンサルで集客ができている人の2番目の共通点は「クライアントのニーズを見極めている」ということです。

 

「自分のクライアントさんが何を欲しがっているか」ということを、見極めているのです。

「的を外さない」という表現が適切と言えるでしょう。

 

現在、私が知っているだけで、色々なコーチ、コンサル、カウンセラーさんが活動しています。

  • 起業系
  • 集客系
  • トラウマ克服系
  • 恋愛系
  • ダイエット系
  • 子育て系
  • 職場のコミュニケーション系
  • カラーセラピー
  • 転職系

もっと色々なタイプが存在しますが、これはどんな意味でしょうか?

 

これだけ色々なタイプのコーチ、コンサルが存在するという事は「ニーズが細分化している」
という事が言えるはずです。

「今もどんどん細分化しているのです」

 

単純に「起業のコンサルをすればお金をもらえる」という時代では、なくなってきています。

 

起業コンサルでも

  • アフィリ系
  • 転売系
  • コンサル起業系
  • マッチングビジネス系

など、細分化されてきているのです。

 

ここで大事なのが「どの分野の人をクライアントさんにするのか」を、しっかり見極める事です。

 

私がいつも言っている見極め方は「自分の得意分野であり、需要が存在する分野を選ぶ」ということです。

自分の強い部分で、需要がある分野でコンサル、コーチングをすれば競合に勝ちやすくなります。

 

ニーズの見極め方や、分野の絞り方は、私のコンサルではかなり細かくやっています。

なぜなら、間違ってしまうと、まったく集客できないという結果が出てしまうからです。
それぐらい、ニーズを見極めるのは重要ということなのです。

成功ポイント3|USPがハッキリしている

最後はコーチ、コンサルの自己ブランディングについてです。

 

「クライアントさんのニーズを見極めた!」
その次にやる事は「どんなサービス価値を与えていくか?」ということを考える事です。

 

さらに「他の競合にはできないコンサル、コーチングで価値を高める」という事が重要になってきます。

この「他の競合にはできない」というのが あなたのブランドになってきます。

「このコーチングは、あなたしかできません」「あなたじゃないと、ダメです!」とクライアントさんに言われば、大成功です。

 

「他のコーチ、コンサルにできないけど、あなたにはできる事は何?」これを常に考えていきましょう。

 

まとめ

「コーチ、コンサルでの独立起業を成功させた人が持つ3つの共通点」についてお伝えしました。

 

今回の3要素は、成功のためのポイントであり、マーケティングや集客の基礎になりますので、何度も復習してみてください。

最後に、今回のまとめをして終わります。

 

コーチ、コンサル集客で成功するには、以下の3つが重要なポイントです。

  1. 「自動集客できる仕組み作りが必要」
  2. 「クライアントのニーズを細かく見極める」
  3. 「自己のブランディングを確立させて、価値のあるサービスを提供する」
$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );