人生を豊かにする天職とは?見つけ方から天職のメリット・デメリットまで

仙道
どうも仙道です。

「自分の本当にやりたいこととはなんなのか?」

「今やっていることが自分の天職なのだろうか?」

このように考える人はとても多いものです。大学生、社会人、老後を迎えた人であっても同じように考えます。天職を見つけるために、天職を繰り返したり、様々な本を読んでみたり、占いで自分の天職を探してみたり。そんな行動ばかりしていませんか?

ここでは、あなたにとっての天職の見つけ方について解説します。

一度きりの人生の中、あなたにとって天職と呼べる職業とはなんなのか。今の仕事を続けるべきなのか、これからスタートする職場、ビジネスは自分に合うのか。

あなた自身のキャリアを考えるヒントにしてください。

 

天職とは?

天職とは?

天職とは、辞書で調べると「天から授かった職業。また、その人の天性に最も合った職業。「医を天職と心得て励む」」のことです。(参照元:コトバンク

 

天から授けられた性質や生まれた時からそうであるように与えられた職業のこと。やりがいだけに限らず、前向きに取り組むことができる、お金よりも想いを優先して続けたいと感じられる職業。それが天職です。

天から授かったとあるように、あなた自身の素質や性格など、生まれ持っての要素が大きく影響するものです。

あなたと似た考え方、似た境遇の人がいたとしても、同じ職業が天職になるとは限らないもの。あなただけにぴったりあった職業が存在し、それこそが天に与えられた職業なのですl。

私は、天職を「魂からやりたいと思える自分に合った職業」という意味を持って、天職について解説をしていきます。

 

天職と適職の違い

天職と似た言葉に「適職」とうい言葉が存在します。

辞書によると、「その人の能力・才能などに合った職業。「適職を選ぶ」」(参照元:コトバンク)とあります。

 

適職は「その人自身」が軸となり考えられるものです。仕事に対するモチベーション、やりがい、楽しいさなどの要素に関係なく、その人自身に適性がある職業、それが適職という言葉で使われます。

 

天職と適職の比較

天職:天から授かった生まれ持つ職業

適職:その人自身が持つ適正によって選ばれる職業

 

適職についている人の特徴としては、その分野で才能があり、他の人と比較しても成果を出すことができる。しかし本人の意思とは関係なく、やりたい仕事であるとは限らないのが適職です。

 

魂の底からやりたいと思えない、やりがいを感じられない場合もあります。ただ成果を出せてしまうが故に、環境によってその職業から離れにくい状況に陥りやすい傾向があります。

仕事にやりがいを求めず、生活のためだけに仕事があれば良いならば適職に就けることは恵まれていいると言えるでしょう。

 

しかし、やりがいを求める。常に違和感を覚えながら仕事をしているならば、人生の中で長く続けることは難しくなり、体調を崩す、その職を辞めるちおう結果に繋がっていくでしょう。

そうならないためにも、天職を見つけておくことをオススメします。

 

天職は1つではない

天職と聞くと、1つの職業をイメージするかもしれません。しかし天職は1つだけとは限らないことがあります。

理由としては、天職と思えたことが天職にもなり得るということです。

ある職業に就いた時、「これが天職だ!」と感じたとしても、別の職業を体験した時に「こっちが天職だったのかもしれない…」そう感じることもあります。

 

これは人の成長や環境にとって、趣味嗜好が変わっていくことに影響されます。子供の頃になりたかった職業と大人になって就いた職業は違うものです。

大人になってから天職を繰り返したり、様々な人から情報を得ていくうちに、自分自身が変化していくのと同じです。本当の天職が何かは本当のところわからないものです。

 

その中で、あなた自身が「魂からやりいがいを感じることができる」「時間を忘れて没頭することができる」としたら、それが天職になるということを覚えておきましょう。

 

自分の天職と出会う5つの方法

自分の天職と出会う5つの方法

天職を見つけるには、経験したことがないことにチャレンジしていくことが大切です。

私自身、今の仕事が天職と感じていますが、それまでに様々なことに挑戦をしてきました。

しかし今感じることは、チャレンジする前に自分のやりたいと思えることを探すことはできるということ。

 

ここでは、そんな天職と出会うための5つの方法を紹介します。

  1. 天職の判断基準を決める
  2. 自分自身を振り返る
  3. 達成したい目標を立てる
  4. 挑戦したことのない分野を模索する
  5. 周りの目を気にせず魂に委ねる

 

①天職の判断基準を決める

天職を見つけるには、チャレンジすることが大切とお伝えしましたが、闇雲にチャレンジばかり繰り替えしていいても天職と逢えるとは限りません。

新しいことに挑戦してみて、わずか数日や数週間で「やっぱり合わない気がするから辞めよう」と続けていても何もわからないということです。

何事も最初は思い通りにいかないもの。特に初めて挑戦する分野であればあるほど、作業に追われるものです。

その職業のやりがい、楽しさ、本質を見極めるには、時間が必要になります。そこで次のように判断基準を設けておきましょう。

 

  • 1年間やってみる
  • 目標をクリアするまでやってみる
  • やってみてストレスの負荷が大きさを感じる
    など

 

天職を見つけるといっても、人には向き不向きがあります。最初は苦労して向いていないと感じても、継続していくことで見えてくるものがあります。

やってみたけど「やっぱり違う気がする」そう感じることはあって当たり前です。反面で「最初は辛かったけど続けるうちに時間を忘れて楽しんでる自分がいる」こともあります。

新しいことにもチャレンジしていく前に、あなたの中で判断基準を作ってから一歩を踏み出してみましょう。

 

②自分自身を振り返る

天職を見極める上で、自分自身のことを知っておくことはとても大切です。

まずは自身で棚卸しを行ってみて、そして周りの人、家族・友人・同僚などに、あなた自身のことを聞いてみましょう。

  • 好きなこと
  • 得意なこと
  • 楽しかったこと
  • 褒められたこと
  • 嬉しかったこと
  • 周りから頼られていたこと
  • 没頭してきたこと
  • 達成してきたこと
    など

自分だけでは見えなかった新しい発見ができます。自分のことをわかっていないということは多い者ですからね。

 

自身の棚卸しをする時には、3つの時期で考えていきましょう。

  • 幼少時代
  • 学生時代
  • 社会人時代

 

このとき、何歳の頃に何があったか、その時の気持ちも加えておけると、より自分自身を俯瞰して見ることができます。

特別なことだけではなく、些細なことでもまずは書き出してみることが大切なポイントです。

 

③達成したい目標を立てる

天職の見つけ方|達成したい目標を立てる

天職を探すときには、どんな目標があるのか、どんなことをやってみたいか。こうした視点から考えることも効果的です。

  • 出世したい
  • 収入を上げたい
  • 有名人になりたい
  • スキルを習得したい
  • 人のために貢献したい

 

など。目標を決めた瞬間に仕事に対する向き合い方が変わります。やる気に満ち溢れた状態になれば、もしかすると今の仕事が天職だったと気づくこともあるかもしれません。

 

もし会社にいては達成できない目標があったなら、起業という選択肢が出てくるかもしれません。

自分の棚卸しをした中で、あなたが達成したい目標を考え、天職に繋がる道を選択してみましょう。

 

④挑戦したことのない分野を模索する

天職を探したいなら、最初から「自分には無理だと決めつけて行動を制限する」ことは避けたいところです。

これまでに挑戦したことのない職業や仕事は、経験がない、知識が少ないケースはよくあることです。誰しも最初から万全な状態でスタートできるわけではありませんからね。

 

そうすると、職業の選択肢が制限されてしまうように感じるかもしれません。しかし可能性という視野を持つことで、これまでの選択肢以外にももっと選択の幅を広く持つことができるようになります。

 

このように視野を広く持つことができると、天職と逢えるチャンスは一気に広がります。ただし全く興味のない分野、とりあえずやってみようくらいの気持ちで選択するのは避けておきましょう。

  • やってみたいと思える
  • 興味がある
  • 何か惹かれるものがある

 

最低でもこうした気持ちの持てる分野で、新しいことに挑戦をしていきましょう。もちろん、この時に判断基準を設けておくことも忘れないようにしてください。

 

⑤周りの目を気にせず魂に委ねる

天職に遭遇できない理由の1つになりますが、周りの目を気にしすぎるというものがあります。

 

これは幼少期の影響を受けるケース、社会に出てから付き合った人達によって大きく影響されます。

  • キャリアを積まなければいけない
  • お金を稼ぐことが正解
  • 優秀な人たちと一緒にいなくては
  • やったことを正当に評価されたい

 

これらは自分の中にあるものとは別に、周りの環境によって作られている可能性が高いものです。

仕事を給料や待遇で決めている、誰かに言われたまま職を選んでいるなど、自分の気持ちとは別の想いで仕事を選んでいるならば、周りの目を気にせず魂の赴くがままに選択することは天職に近づく道になります。

 

天職を見つけることのメリットとデメリット

天職を見つけることのメリットとデメリット

天職を見つけることは、結果として人生そのものを豊かにしてくれると感じています。

 

  • 仕事に対するストレス
  • やりたくないことをやすストレス
  • 誰かに言われるがままのストレス
  • 自分の気持ちをごまかすストレス

 

生きていれば様々なストレスと向き合うことになります。そうしたストレスを抱えた人生は人生の豊かさを下げていきます。

やりがいを感じ、自分に嘘偽りなく生きること。

 

社会に出て仕事をすることは人生の半数以上の時間を使います。天職を見つけることはその長い人生の中で抱える可能性のある多くのストレスを軽減してくれます。

天職に出会えず、適職や与えられた仕事ばかりをしていれば、ストレスを蓄積し続ける日々が待っている可能性が高まります。

 

天職を見つけることは、好きを仕事にする以上に大切なことと言えます。メリットとデメリットを合わせて紹介しましたが、あなたの人生を豊かにするためにも天職を見つけていきましょう。

 

天職に起業という選択肢を持つ

天職に起業という選択肢を持つ

この記事は、起業家などの生き方を選択する人に向けた情報の1つとして記載しています。

副業禁止、起業=稼ぎたい人のすること、こうした考え方は年々薄れています。これは今までは会社組織に所属しなければ経験することができなかった仕事の幅を広げてくれるチャンスとも言えます。

 

副業、起業は今までに経験したことのないことを、誰にでも平等に実体験することができるものです。起業してみた結果、やはり自分は雇われている方が良いという流れも一つの選択です。

起業したけど会社組織に戻ることに、プライドなどが邪魔をするかもしれませんが、決して悪いことではありません。

 

今の時代において、起業して自分の可能性を広げる、自分の選択肢を広げることは、とても価値ある行動の1つです。結果、その先に天職と思える道が見つかることも少なくありません。

 

私がこれまでに出会った起業家さんの声をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

天職に出会えたお客様の声を紹介します

【まとめ】仙道塾お客様の声|よくある6つの悩みと成功事例

 

天職と出会い人生を変えた事例

海外でも400万達成!そして結婚も!?

 

天職に起業という選択肢を持ってみませんか?

もしあなたが、人生を変えていきたい。魂が喜ぶ生き方をしたい。働き方を変えたい。そう思っているなら、ぜひ私のメルマガんいも登録していただき、一緒に新しい可能性を見つけてもらえれば幸いです。

メルマガ登録はこちらから

パソコン用の画像

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );