起業して最速で成功したいなら情熱を持てるものを選んで起業すること

起業して成功したいと思った時、どうせなら好きなもので起業したいですよね。

しかし、好きなものと情熱が持てるものって実は違ってきます。

好きなものでも、継続できる好きと、なんとなく好きの2つがあります。

 

起業をする場合には、継続できる好きというもので選択を必要があります。

そうした継続できるものは、情熱のあるものとも言えます。

ここでは、そうした情熱を持って継続できることで起業し最速で成功することの重要性をお伝えします。

 

起業して成功したいなら情熱の持てるものを見つけることから

情熱のもてるもので起業をするべき理由からお伝えすると、下記の通りです。

  • 情熱の持てるものなら継続ができる
  • 起業をすると、毎日が自由な時間、毎日が自由なことができる。

そんな生活が待っています。

 

しかし、ここでいう自由はその時に与えられている制限の中にある自由です。

  • お金が稼げている自由
  • 何もしなくても生きていける自由

そんなものではありません。

 

・満員電車には乗らなくて済む

・嫌な上司のご機嫌を取らずに済む

・好きな時間に起きることができる

・昼まで寝てても怒られない

そんなレベルの自由です。

 

しかし、起業という選択をしたなら、活動をしなくては収入は入ってきません。

つまり、自由の代償として自己責任の労働を手に入れるということになります。

 

自己責任のビジネスだから情熱が必要

自己責任の労働って言葉を見ると、何やら難しそうな印象があります。

自分で稼ぐということは、集客やセールス、商品作りやフォローなどを全て自分自身で行う必要があります。

そうした行動を取ることで初めて収入を手に入れることができるようになります。

 

収入を一時的に手に入れるだけなら、その時頑張れば済むでしょう。

しかし、継続して稼ぐとなると、毎日、毎週、毎月と作業に追われる日々が待っています。

さて、そんな日々の生活を送っていれば、モチベーションにも影響してくることが予想できるでしょう。

 

嫌なこと、めんどくさいこと、辛いこと。

そんなものはたくさんでてきます。

今までにやったことのないものもあり、勉強しながら頑張ることも必要になってくるでしょう。

だからこそ、好きなことで起業をしておかなければ継続をすることなんてできなくなってしまいます。

そして、好きなことの中でも、情熱を持ってそこに集中できるjものを選ぶ必要があるということを覚えておきましょう。

 

起業して成功するための情熱が持てるものとは

情熱のあるものは、時間を忘れて無我夢中になることができるもの。

誰に何を言われてもそこだけは譲れないと思えるもの。

そのことを考えていると周りが見えなくなってしまうもの。

そうしたものが該当してきます。

 

私のケースを紹介すると、クライアントのサポートをしている時は時間も忘れて没頭することができます。

フォローが好きなので、そのためにメルマガを書く、ブログを書く、新しいノウハウを学びコンテンツを作ることさらに頑張れます。

情熱のあるものを選ぶということは、それだけ時間を割くことができるようになります。

 

起業して、特に最初のうちは、時間をどだけ費やしたかが重要にもなってきます。

新しいことを勉強するときも、嫌いなものを勉強するよりも、好きなものの方が勉強にも前向きに取り組むことができます。

情熱の持てるものを選ぶということは、様々な面でメリットをもたらしてくれる、起業する上では最強の味方になります。

 

情熱のあるもので起業すると成功しやすい理由とは

情熱があるものであれば、一度の失敗やミスを乗り越えて前に進むことができやすくなります。

その反面、嫌いなものや苦手なものは、ちょっとしたミスや失敗でも継続することに抵抗を覚えてしまいます。

 

人間はラクをしたいと思ってしまう生き物です。

起業したてでラクを覚えてしまうと、その後は転落の道しか残されなくなってしまいます。

落ちることは、重力の力も加わってラクをすることができます。

 

しかし登ることは重力に逆らっていくことになるので、その分の力が必要になります。

その時、情熱があれば登ることも頑張れます。

 

情熱があれば、どんな自分になりたいのか、どんな起業家になりたいのか、どんな生活を手に入れたいのかから逆算をすることもできるようになります。

そうしたことが、起業して成功する為には欠かせません。

 

先ほどもお伝えしたように、起業をしたら継続して活動しなければ転落してしまいます。

どんな困難にも立ち向かえる情熱を持てるビジネスを選ぶことが成功する為には欠かせない要素となってきます。

 

情熱のないビジネスを選ぶことの末路|解決策はこれ

自分の情熱がないビジネスや、やりたくないビジネスをずっと続けていくと、時間を失っちゃうことが大きなデメリットになります。

私もこれまでに転売やYouTubeの投稿、SNSなど頑張ってみた時期はありましたが、継続することはできませんでした。

そんな中で、自分を振り返り良かったと思える点は、やめるタイミングが早かったことです。

好きでもないこと、ましてや情熱の持てない活動をしていても、ストレスと先の見えない不安しか存在しませんでした。

 

ですが、自分自身が情熱の持てるものに起業内容をシフトしてみると頑張らなくても結果が出るようになりました。

今では、メルマガを書いたり、YouTubeの動画を撮ることも1日の楽しみですし、やらないと落ち着かない生活レベルまでになっています。

これは、ある意味で依存をしているということになるのですが、ビジネスとして成り立っているものへの依存なので良しと感じています。

 

この結果は、辞めるタイミングが早かったから得られたものです。

情熱のない活動をし続けていたり、やりたくないことを無理やりやって稼ごうとしても、結局好きなことを仕事にしている人には勝てるわけがありません。

どのようなビジネスにおいても、必ず新しい参入者がやってきます。

その参入者が情熱を持った市場で活動をしていれば、情熱なく活動をしている自分なんてあとは撤退のタイミングを見つけるしかありません。

 

起業家として最も重要なこと

コーチやコンサルタントなどの対人と直接関わるビジネスはもちろん、アフィリエイターやブロガーなどのように直接人と関わらないビジネスの場合においても、最も重要なことがあります。

それは、「実践すること」です。

 

言い方を変えれば「行動すること」とも言えます。

「そんなことはわかっている」もしかしたらそう思われるかもしれませんが、ただ行動するだけではないということを肝に命じておきましょう。

 

最も重要なことは「実践」とお伝えしましたが、大事なのは「継続して実践すること」です。

継続して実践すれば結果はついてきます。

その際に、あなた自身がやりたいことで起業をしているのであればある程に継続がしやすいので大切なことになります。

 

情熱のないものは非生産的になってしまう

やりたくない仕事、情熱がない仕事を無理やりお金のために続けると言うのはものすごく非生産的なことになってきます。

生産性がすごく悪いことしてるので、ライバルが来たらすぐに追い抜かれます。

私も起業当初は、寝る時間や本当に必要なこと以外の時間は、ほぼ全てビジネス活動に費やしてました。

それは何故そこまで頑張れたかと言うと、頑張ろうと思ったつもりはなく、コピーライティングやコンサルティングなどの情報発信や活動が楽しかったからです。

正直なことを言えば、最初はだるかったけど、やってみたらすごい楽しくなってきて、自分のこだわりや、自分の伝えたいものをどんどん出していったらハマっていったというのが事実です。

嫌いなものをやっていれば、ある意味で強制的に労働させられている感じになってしまうので、ブログを書くにしても、メルマガを書くにしても、「なんでこんなやらなきゃいけなんだろう」とネガティブな活動になってしまいます。

そうしたネガティブな行動は、成果物はできるかもしれないけれども、次もまたあると考えると気が重くなってしまい、パソコンの前に座るまでにも時間を無駄にしてしまいます。

 

やりたいことで起業をしたらやるべき2つの成功法則

起業をして成功する為に、正解を求める人も多くいますが、正解なんてものは存在しません。

その代わり、成功させる為の正しい方法は存在しています。それは次の方法です。

・巨人の肩に乗る

・巨人のルールを守る

 

巨人の肩に乗る

巨人というのは、過去もしくは今現在も成功をし続けている人のことです。

あなたが起業をして0から成功を求める場合、成功する可能性はかなり低いものとなってしまいます。

ですが、既に成功している人のノウハウやデータや手法を用いることで成功する可能性を一気に高めることができるようになります。

 

巨人のルールを守る

そしてもう一つの成功法則、「巨人のルールを守る」というものがあります。

巨人の肩に乗っても、なんとなくわかったからとオリジナリティを加えて活動をする人は後を絶ちません。

まずは巨人の考え方や行動をしっかりとモデリングして、、その通りの行動と考え方を実践してみることが大切になります。

ここでお伝えしたいことは、「守破離」を守るということです。

 

守破離とは

日本の茶道や武道などの芸道・芸術における師弟関係のあり方の一つであり、それらの修業における過程を示したもの。

日本において芸事の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想で、そのプロセスを「守」「破」「離」の3段階で表している。

守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前)~ 自律的に作業を遂行できる(1人前)

破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)

離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)

引用元:Wikipediaより

 

 

巨人の肩に乗ったなら、その巨人が実践していたルールややり方をまずは徹底的に守ることが成功を手にする一番の近道です。

巨人=成功者は、成功する為に様々なことを先に実践し経験しています。そうした先人のノウハウや知恵や経験を活用させてもらうことが成功を手に入れる為に重要となります。

 

情熱があるかはやってみて判断をしてみる

どのようなことでもですが、何も知らない時から情熱の持てるものなんて存在しません。

なのて、まずはなんでもやってみることが重要です。

 

まずは3ヶ月頑張ってみる。

 

それでも情熱が持てないようなら、やめればいいだけの話です。

ただし、3ヶ月間は本気で取り組んでみること。

本気で向き合ってみたけど、情熱が持てないならそれは撤退すればOKです。

 

無理にあと1ヶ月、あと3ヶ月などの、マラソンの練習みたいなことはやる必要はありません。

情熱のある分野を見つけた方が、圧倒的に早く隔日制を持って起業し成功できるということを覚えておきましょう。

 

やりたいことで成功する為に大切な「時代の流れ」

もう一つ情熱のあることで起業する成功のポイントは時代の流れを知ることです。

ここで紹介する時代の流れは、特に集客面で大きく関係してきます。

わかりやすく時代の流れとして参考例を用いてみると次のようになります。

インターネットが普及していない時代

インターネットが普及してパソコンが当たり前の時代

スマホが当たり前になりパソコン離れをした時代

SNSが当たり前になりコミュニケーションの形が変わった時代

 

これはあくまでも一例ですが、時代の流れを知るにはわかりやすいかと思います。

巨人=成功者の方法やルールを用いていたとしても、成功した人と全く同じ方法で成功できるかどうかは別ものということをここではお伝えします。

 

時代は常に変化している

2019年現在では、コミュニケーションの方法も変わりインターネットを通じたコミュニケーションが当たり前になっています。

それと同じように、見込客が手に入れる情報の入手方法も変わっていることを覚えておきましょう。

集客に直結してくる内容ですが、今ではアメブロやFacebookやInstagramなどのようにSNSを主流とした情報源が存在しています。

 

そうしたSNSとは別で、Googleやyahoo!を用いて情報を手に入れる人も存在しています。

このように人によって情報を手に入れる場面は時代と共に変化をしています。

同じように、どこで情報を手に入れるかによって人自体も変化をしていきます。

つまり、どこでどんな情報を得ている人を対象にビジネスを行うかと、成功者のノウハウなどを使う方法を足し算で使う必要があるということです。

 

まとめ

成功者のノウハウや知識などは、とても貴重なものですし参考にしてマネする(取り入れること)が成功への近道です。

ただし、時流に合わせた情報発信をしなければ見込客と出会うことはできません。

ビジネスとして、起業家として成果を手に入れる為には、あなたの見込客となる人がどこにいるのかを把握して活動していきましょう。

 

  • 今はFacebookがうまくいくらしい
  • 今はInstagramがうまくいくらしい
  • 今はSEOがうまくいくらしい

 

ただそうした情報に流されるのではなく、あなた自身がどんなターゲットに対してサービスを提供していくのか。

あなた自身のビジネスの顧客増を描いておく、その上で成功者の手法やルールを取り入れていく。

それがやりたいことで成功する上でとても大切な成功パターンとなります。

 

やりたいこと、好きなことで起業する。これは悪いことではありません。

やりたいことや好きなことであれな、一番最初に解説した実践すること。継続すること。こうしたことがやりやすくなります。

起業しようと思った時の最初の気持ちを振り返りながら、あなたらしく成功を手に入れていく為に、今回の内容を実践してみてください。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );