コーチ、コンサル起業のための「ジャンル選定方法」

どうも、仙道です!

ばくぜんと「起業したいなあ」「起業したら会社に縛られないな」というように、起業することを夢見ている方も多いかと思います。

雇用が安定しない中で、起業を考えることは、ごく普通のことになりつつあります。

しかし、「起業をしたい」という思いだけで突っ走ってしまうと、結局失敗し、会社を辞めたことを後悔することになりかねません。

そこで今回は、特に多い「コーチ、コンサル起業」を考えた時に重要となる最初のステップである「起業をするジャンルの決め方、選び方」についてお伝えします。

起業するといっても、様々な選択肢がありますので、あなたに合った起業ジャンルを見つけてみてください。

 

起業ジャンルを決めるためには、目的を明確にする!

「コーチ、コンサル起業」と言っても、様々なジャンルが存在します。

私のような「起業コンサル」だけでなく、「恋愛コンサル」「メンタルコーチ」など、数多くのジャンルが存在しているのです。

しかし、コーチ、コンサルに限らず、起業する場合には、「目的を明確にしておく」ということが大事です。

目的を決めないまま起業活動に入ってしまうと、ゴールが決まっていないことで間違った方向に進んでしまったり、効率の悪い起業活動になったりしてしまうのです。

そのため、まず「目的」を明確にしておくことが重要となります。

これまで数多くの生徒さんを見てきましたが、「起業の目的」を分けると、おおよそ以下のように分けることができます。

  1. 大きく稼ぐことが目的
  2. 小さく稼げれば良い
  3. それ以外の目的

 

大きい小さいに関しては個人差があるかもしれませんが、ここでは、あなた自身にとって大きな金額であるのか、そうではないのかという感じで判断してみてください。

以下、1つ1つ解説していきます。

 

起業ジャンル選定|大きく稼ぐことが目的

大きく稼ぐことが目的である場合、少なくとも今稼いでいる金額よりも大きな金額を想定しているはずです。

分かりやすくするために、今回は「毎月100万円稼ぐ」ということを目標にするとしましょう。

普通に勤めていて、毎月コンスタントに100万円を稼ぎ出すことは、なかなか難しいかと思います。

結果、「起業する」という選択肢が出てくるかと思います。

ただ、ここで気を付けたいのは、目標を毎月100万円にしたのであれば、「毎月100万円稼げる起業ジャンルを選定しなければならない」ということです。

後の項目で出てきますのでここでは詳しく解説しませんが、1つ重要なポイントとして、「あなたが起業しようとするジャンルで、毎月100万円稼げている人がいるかどうか」ということを確認してみてください。

大きく稼ぐことが目標である場合、すでに同じジャンルで稼げている人がいなければ、まず間違いなく稼ぐことができません。

ブルーオーシャンと呼ばれるような未開の地を見つけ、独占的な市場を作り上げることは、ほぼ不可能と言って良いでしょう。

まず、大きく稼ぐことが目的であるならば、まず、そのジャンルで稼げている人が居るかどうかを確認してみてください。

 

起業ジャンル選定|小さく稼げれば良い

小さく稼ぐことが目的の場合、お小遣いや生活費の足しになれば良いというレベルの人から、生きていくのに困らない程度稼げれば良いという人まで、少し幅広い範囲になるかと思います。

起業ジャンルということでお伝えしているので、起業についてお伝えしますが、1つだけ先に確認しておくと良いでしょう。

それは、「本当に起業で稼ぐ必要があるのか?」ということです。

今回、最初の項目で「目的」についてお伝えしている理由は、ここにあります。

後の項目でお伝えしますが、起業にリスクはつきものです。

目的を達成するための手段が、本当に「起業」であるのかを、今一度確認してみてください。

バイト、パート、内職、アフィリエイトなど、様々な手段があります。あなた自身がどれくらい稼ぎたいかによって、手段はいくらでもあるはずです。

起業ジャンルの選定と言えど、そのジャンルの中に「起業しない」という選択肢も含めても良いかと思います。

しかし、私自身は起業することの良さ、楽しさを知っているので、起業したいと少しでも感じている方は、このまま読み進めてみてください。

 

起業ジャンル選定|それ以外の目的

「稼ぐ」という目的以外で「起業」を選択する人もいるかと思います。

一番多いのは「自分がやりたいこと、好きなことだから」

実はこの「やりたい」という気持ちは非常に重要です。

なぜならば、やりたいことに対しては、いくらでもエネルギーを注ぐことができますし、稼げていないときでも、楽しんで活動することができるからです。

やりたいことがある場合には、ジャンル選定を考えるよりも、「如何にしてビジネスにしていくか」ということを考えると良いでしょう。

以降でお伝えする注意点を踏まえながら、起業について考えていってみてください。

 

起業ジャンルを決めるために、リスクを知ることが重要

「起業をする」ということは、少なからずリスクがあるおことを知っておいてください。

リスクを無視した起業は、非常に危険で、人生を激変させてしまう可能性すらあります。

ここでは、特に注意しておきたいリスクについて解説します。

 

起業ジャンル選定|初期投資がかかるかどうか?

今回は、コーチ、コンサル起業をメインにしているので、あまり初期費用は掛からないかと思いますが、それ以外の方のためにもお伝えしておきます。

初期投資がかかる起業は、大きなリスクがあることを理解しておいてください。

特に、稼げることを想定して、ローンを組むような起業の仕方は本当に危険です。

稼げなくても最悪なんとかなるという状況を想定しておきましょう。

その点、コーチ、コンサル起業の場合の多くが、初期投資はかかりません。

起業ジャンルの選定として、コーチ、コンサルなどの初期費用がかからない起業は、おすすめできると言って良いでしょう。

 

起業ジャンル選定|失敗した場合どうするのか?

「起業に失敗してしまう」というリスクを知った上で起業をしていきましょう。

そのため、「失敗した場合にはどうするか」というところまで、深く考えておく必要があります。

失敗した場合にどうするかを考えることで、起業ジャンルが変わってくる人もいるかと思います。

自宅サロンを出したいと考えていた人が、失敗した場合のことを考えて、店舗の改装費用のローンが残らないように出張タイプに変えてみたり、全く別のコーチ、コンサル起業に変えたりするわけです。

あなたの人生設計が狂わないように、失敗した場合のことについても考えてみてください。

 

起業ジャンル選定|全く初めての業界は危険

起業ジャンルを選定する場合に、全く初めての業界は危険と言えるでしょう。

全く畑違いのジャンルで起業してしまうと、人脈などもなく、1から構築していかなければなりません。

そのため、ジャンル選定を行う際には、すでに自分が経験しているジャンルや、人脈があるジャンルを優先的に選択していくと良いでしょう。

もちろん、私のように、全く畑違いのジャンルで起業をする人もいますし、成功している人もいます。

しかし、実際によくよく見てみると、これまでの人生での経験を活かした起業になっているはずです。

よくあるサラリーマンが退職金でパン屋さんを開業するというような、リスクの高い起業は選択しないようにしてください。

 

起業ジャンル選択の基準とポイント

起業ジャンル選択の基準とポイントについて解説します。

これまででお伝えしたことに重複する部分も多少ありますが、それだけ重要なポイントであると捉えて頂けたら幸いです。

起業ジャンル選択の基準とポイントは、以下の4つになります。

  1. 目的に合っていること
  2. リスクを限界まで下げること
  3. お金を払う人がいること
  4. 情熱を持てること

 

1は、項目1でお伝えした通りですので、割愛します。

2も、項目2でお伝えしましたが、少し補足しておきたいと思います。

リスクがあることは、項目2の内容で把握できたと思いますが、ここで言っているのは「リスクを限界まで下げる」ということです。

つまり、リスクを知った上で、どこまでリスクを軽減できるかということが重要なのです。

コーチ、コンサルでの起業は、初期費用もかからず、リスクとしては少ない起業の方法ではあります。

しかし、だからといって、いきなり起業をするのは、リスクを限界まで下げているとは言えません。

リスクを下げるためには、「副業から始めて、お客様をある程度抱えて、数か月先までの収入が見えている状態になって初めて起業する」くらいまでやらないと、限界までリスクを下げているとは言えません。

あなたの考えている起業ビジョンを再度見直して、リスクを軽減できる部分がないかを確認してみてください。

3の「お金を払う人がいるかどうか」というポイントは、とても重要です。

どんなに良いサービス、商品を作ったとしても、需要が無ければビジネスにはならないからです。

あなたが起業しようとしているジャンルで、すでに稼げている人がいるかどうかを確認してください。

4の「情熱を持てる」ということは、重要です。

人によっては「お金を稼ぐ」ということに対して、情熱を持って取り組める人もいますが、できるだけ情熱を持てることを仕事にした方が良いでしょう。

理由はいくつかありますが、「お金を稼ぐ」ということに執着してしまうと、サービス提供が疎かになるのです。

つまり、コーチ、コンサルであれば、コーチングセッションなどに情熱を注げなくなるのです。

お金をすでにもらっているため、次のお金を生み出すことに情熱を注ぐようになり、生徒さんが結果を出せないコーチ、コンサルになってしまうのです。

そのため、情熱を持てることでの起業をおすすめします。

 

仙道塾で成功しているコーチ、コンサル実例紹介

最後に仙道塾の塾生で、大きな成果を上げているコーチ、コンサルの事例をお届けします。

成功している生徒さんが数多くいる中、コーチ、コンサルとして起業したいと考えている方の参考になりそうな方々をピックアップさせていただきました。

 

癒し系NLPプロデューサー ふりーちあかおり様

NLP資格を取得できる癒し系ビジネスの起業コンサルを運営されています。

成果は、お客様の声を頂いた時点での数字であるため、今は、もっと年商は上がっています。

素直に行動できたことが成功の秘訣とおっしゃっているように、成功者の行動を素直に実行できる人こそ、成功をつかむという好例であると思います。

ふりーちあかおり様のお客様の声はこちら

癒し系ビジネスで年商3000万以上の成功を手にした秘訣

 

「やわらかセールス」サポーター 松尾様

セールスという一見ガツガツしたイメージを、がらりと変えた「やわらかセールス」を提供している起業コンサルの方です。

松尾様も、現在はより高い売上を出し続けていらっしゃいます。

業界No.1ポジションの構築に成功したことが、成功の秘訣であるとおっしゃっています。

コーチ、コンサルとして起業する方の参考になるかと思います。

松尾様のお客様の声はこちら

起業9ヶ月目で売上1028万!起業1年目は年商5000万円を達成!

 

 

カウンセラー 米澤ゆきえ様

米澤ゆきえ様の場合、ニッチな市場での活動をされているのですが、大きな売り上げを上げることができました。

米澤ゆきえ様の事例は、本来であれば大きな売上を上げにくいジャンルであっても、やり方次第で大きな結果を生み出すことができるという証明にもなったと思います。

もし「私のビジネスでは稼げないな」と思っているのであれば、米澤様の事例を参考にしてみてください。

米澤ゆきえ様のお客様の声はこちら

仙道塾お客様の声|WEB集客はできない思ってなかったのに893万円達成

今回は3名だけピックアップさせていただきましたが、お客様の声はまだまだ数多くあります。

あなたに近い状況の方もいらっしゃるかと思いますので、ぜひ以下のページで「お客様の声」を確認してみてください。

 

お客様の声まとめ

画像クリックで、参考記事一覧を見ることができます
画像クリックで、参考記事一覧を見ることができます

 

まとめ

コーチ、コンサル起業したいあなたが知るべき「起業ジャンル」と選択の仕方について解説しました。

大きく分けると以下のようになります。

・目的を明確にする
・リスクについて知っておく
・選択の基準、ポイントを抑えてジャンルをきめる

また、併せて抑えておきたい点として、「成功者の言葉を素直に受け止め行動する」ということも大事であることは、お客様の声から読み取れたのではないかと思います。

起業ジャンルを慎重に選ぶのは、あなたが目的を達成するためです。

目的を達成しやすくするためにも、今回の記事を踏まえた起業ジャンル選びをしていってください。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );