脱サラ前に確認すべき起業前の5つのチェックポイント

どうも、仙道です!

会社に所属せず勤めることを辞め、脱サラ起業をしようと考える方も多いかと思います。

しかし、いきなり脱サラをしてしまうと失敗する可能性が高くなります。ここでは脱サラを考えた時に、確認しておくべきチェックポイントと、具体的な脱サラ起業の流れ、やり方について解説いたします。

「脱サラ」について念のためお伝えしておきます。脱サラとは本来「サラリーマンなどの務めを辞めて、自分で事業(起業)をすること」で、「脱サラ」だけで起業の意味を含みます。

ただ今回の記事に関しましては「脱サラ起業」という言葉で説明を行うこととします。

チェック1|脱サラ起業の覚悟はできているか

脱サラ起業をするにあたって、覚悟はできているでしょうか。起業は必ずしも成功するとは限りません。起業するにはリスクがあります。

まずは起業のリスク、デメリットについて確認しておきましょう。

脱サラ起業のデメリット

脱サラ起業のデメリットは、以下のようになります。

《脱サラ起業のデメリット》

・安定した給料がなくなる
・社会的信用がなくなる
・責任を持たなければならない

 

サラリーマンとして会社勤めをしていれば、給料は安定してもらえるはずです。しかし、起業をした途端に、その安定収入はなくなります。反対に、稼いだら稼いだ分だけ収入になるのは大きなメリットです。

また、会社に所属しなくなることで、社会的信用がなくなります。住宅ローンどころか、賃貸で部屋を借りることすら難しくなるのです。

他にも、ビジネスで起こったことに関しての責任は、全てあなたが取らなければなりません。今までは会社が何とかしてくれていたことも、あなたが代表として責任を取る必要があるのです。

デメリットを受け入れる覚悟はあるか

脱サラ起業には、メリットもありますが、大事なことは「デメリットを受け入れる覚悟があるか」です。

自由な時間、稼いだ分だけ自分の収入になるという、メリットだけに目を向けすぎると、脱サラ起業が上手く行かなかった時に、後悔してしまいます。

そうならないためにも、あらかじめデメリットを知り、覚悟をしてください。

「自分はどんなことがあろうとも、脱サラ起業して成功するぞ!」という熱い思いが起業成功には重要なのです。

デメリットを乗り越えるだけの熱い思いを持って、脱サラ起業をしてください。

チェック2|脱サラ起業時の年齢による違い

年齢によって、脱サラ起業の状況は変わります。ここでは各年代での脱サラ起業について考えてみたいと思います。

各年代についてお伝えしますので、あなたの該当する年代から、先の年代まで見てみてください。

例えば、30代の方は、20代は過ぎているので飛ばして構いませんが、40代、50代は目を通しておくと良いでしょう。もし今、脱サラ起業をしない場合には、どうなるのかを知っておくことは大切なのです。

あなたにとって、いつ脱サラ起業すべき時であるのか、判断する材料にしてみてください。

20代での脱サラ起業

20代のサラリーマンの方は、おおよそ以下のような状況の方が多いかと思います。

《20代サラリーマンの状況》

・社会人経験:少
・家族:いない人が多い
・失敗後のリカバリー:可能

20代での脱サラ起業は、仮に失敗しても、リカバリーが可能であるという点では、良いと思います。失敗しても再就職の道が残されるからです。

ただし、社会人としての経験が少ないため、ビジネスが成功するための知識や考え方、振る舞いなどが身に付いているかどうかという点で、不安が残ります。

以降お伝えする脱サラ起業のチェックポイントや、脱サラ起業までの流れを確認して、脱サラ起業するかどうかの判断をしてください。

30代での脱サラ起業

30代のサラリーマンの方は、おおよそ以下のような状況の方が多いかと思います。

《30代サラリーマンの状況》

・社会人経験:中
・家族:まだ子供が小さい
・失敗後のリカバリー:ギリギリ可能

 

30代での脱サラ起業は、仮に失敗した場合には、30代前半か後半かで再就職の状況が変わってくるでしょう。

小さなお子さんがいる場合には、特に慎重に考えてください。お子さんが大きくなるにつれて、お金はどんどんかかるようになってきます。

その点を考慮して、以降お伝えする脱サラ起業のチェックポイントや、脱サラ起業までの流れを確認して、脱サラ起業するかどうかの判断をしてください。

 

40代での脱サラ起業

40代のサラリーマンの方は、おおよそ以下のような状況の方が多いかと思います。

《40代サラリーマンの状況》

・社会人経験:大
・家族:子供がまだ学生
・失敗後のリカバリー:厳しい

40代での脱サラ起業で失敗すると、リカバリーはかなり厳しい状況に追い込まれます。そのため脱サラ起業での成功が、必須条件になってきます。

しかし、必ずしも脱サラ起業が成功するわけではありません。社会人経験も豊富で、知識も人脈もできてきているころでしょうから、適切な流れ取ることで成功の確率は上がってきます。

以降お伝えする脱サラ起業のチェックポイントや、脱サラ起業までの流れを確認して、脱サラ起業するかどうかの判断をしてください。

50代での脱サラ起業

50代のサラリーマンの方は、おおよそ以下のような状況の方が多いかと思います。

《50代サラリーマンの状況》

・社会人経験:特大
・家族:子供も成人
・失敗後のリカバリー:不可

 

50代での脱サラ起業は、会社での状況を見て行うと良いでしょう。例えば、早期退職制度があるのであれば、活用して起業するのも良いかと思います。

そうではなく、定年までは会社で働きつつ準備をして、定年後に起業をするという選択肢もあるはずです。

経験も豊富で、お子さんの手もかからなくなるころです。第二の人生として起業という選択は、ありなのではないかと思います。

チェック3|家族の同意は必ず取ろう!

脱サラ起業はリスクを伴います。特に項目1でお伝えしたように、「安定収入がなくなる」ということは、家族を巻き込むことになるため、確実に同意を取ってから始めてください。

同意を取るためには、それなりの根拠が必要です。「脱サラ起業したい!」という思いだけで納得させられるほど、簡単ではありません。

脱サラ起業は、家族の一生にかかわることです。あなた自身がよくても、家族が良くなければ、やることは難しいのです。

そのため、項目6でお伝えする流れで進め、「脱サラ起業しても大丈夫」と家族にも思ってもらう必要があります。

家族に納得してもらって、家族にも応援してもらえるような脱サラ起業にしてください。

チェック4|資金面の確認をしよう!

脱サラ起業をする場合には、資金面にも注意してください。主に2つの面で資金を確認していきましょう。

当面の生活費の蓄えはあるか

生きていれば、何をしていなくてもかかるお金があります。生活費です。家賃、食費、光熱費などはかかってしまうものなのです。

毎月かかる費用を算出し、最低でも半年、できれば1年以上は、売上がなくても生活できるだけの蓄えを持っておきましょう。予想外の出費もあるでしょうから、なるべく多めに蓄えておいてください。

起業資金は十分にあるか

生活費とは別に、起業資金は必要です。何をやるかにもよりますが、最低限必要なものや維持費などは算出し、できるだけ多くの蓄えをもっておきましょう。あなたの事業に使えるお金は、多ければ多いほど良いでしょう。

項目6で、脱サラ起業の流れを解説しますので、その流れの中でおおよそ見えてくるかと思います。

チェック5|リスクの少ない起業内容を決めよう!

脱サラ起業で行う事業内容を決める必要があります。いくつかのポイントがありますのでお伝えします。

《脱サラ起業での事業の決め方ポイント》

1:お金がなるべくかからないものを選ぶ
2:会社勤めをしながら出来るものを選ぶ

上記の2つは、他の項目にも絡む内容です。1つずつ解説していきましょう。

お金がなるべくかからないものを選ぶ

お金がかからない事業内容を選ぶことで、4-2でお伝えした「起業資金」を最小限に抑えることができます。

これによりリスクが軽減されることになるのです。脱サラ起業前に用意しておくべきお金が、生活費を基準として考えれば良くなるため、おおよそ算出することが出来るようになります。

初期費用がかかる起業は、スタートの時点から負債を抱えてのスタートとなります。そのリスクは出来るだけ避けた方が良いということです。

会社勤めをしながら出来るものを選ぶ

会社勤めをしながら(つまり副業として始める)起業することができると、多くのメリットがあります。

項目6で詳しくお伝えしますが、副業として起業活動をすることができれば、これまで解説した多くの部分を解消することができるのです。

 

  1. 安定した給料がなくなる・・・会社に勤めているのでなくならない
  2. 社会的信用がなくなる・・・会社に勤めているのでなくならない
  3. デメリットを受け入れる覚悟・・・まだ脱サラしないので覚悟は不要
  4. 脱サラ起業時の年齢・・・成功が見えるまでは脱サラしないので関係ない
  5. 家族の同意・・・成功が見えた状態で話をするので、同意が取りやすい
  6. 資金面・・・会社から安定した給与をもらいながらできるので安心

 

会社勤めをしながら、起業を始めることで、ここまで説明してきたことの大半がクリアになります。

そのため、オススメする方法としては、会社に勤めながら副業として起業し、ある程度収入を確保できる確信が持てたら、脱サラ起業するという方法です。

会社勤めしながらすることができる起業内容の例としては、「コーチ、コンサル、セラピスト」などが挙げられます。

次の項目で、オススメの脱サラ起業流れについて解説していきます。

脱サラの具体的な流れとやり方

最初に大まかな脱サラ起業までの流れについてお伝えします。

《理想となる脱サラ起業までの流れ》

1:会社に勤めたまま、副業としてビジネスを開始する

2:起業しても問題ないと判断できたら、脱サラ起業をする

ざっくりとした流れは、上記の流れで脱サラ起業することです。つまり、即脱サラ起業はしないということになります。

副業としてビジネスを開始するために

いきなり脱サラ起業をするのではなく、副業としてビジネスを開始します。副業としてビジネスを行うことで、起業リスクを極限まで減らすことが可能となるからです。

では、どのように進めていけば良いでしょうか。細かいことについては、以下の記事にかなり細かく書いてあるので確認してみてください。

未経験から億越え起業家として成功できた10の秘訣

ここでは、上記記事で書かれていること以外の、脱サラ起業で大事になる部分をお伝えします。

1つ目が、「会社の副業規定」についてです。

 

「会社が副業してはいけない」と明言している場合、最悪クビになる可能性があります。

その場合には、会社の人には絶対にバレないように行うか、在職のままできる範囲の調査や準備などをしていきましょう。

つまり、副業から始める場合でも、多少のリスクはあるということです。ただ、いきなり脱サラ起業をするよりは、遥かにリスクは少ないと思います。

2つめが「実際に行動すること」です。

ビジネスは、実際に動かないと見えないこと、気が付けないことが多々あります。

「とにかく動いてみる」これが非常に大事なことです。特に見込客の意見を聴くチャンスがあれば、積極的に聴くようにしてください。ビジネスを成功させるヒントを得ることが出来るはずです。

起業しても問題ないと判断できたら、脱サラ起業をする

副業をしてみて、「これなら脱サラ起業しても問題ない!」と思えたら、脱サラ起業をします。しかし、この判断基準をミスすると、結局、失敗してしまいます。

脱サラ起業をして良いか判断する材料としては、以下の2点に注意してみてください。

《副業⇒脱サラ起業判断の基準》

・ビジネスにかける時間を増やせば、売上が増える状況か?
・一時的な売上ではなく、長期的な売上が見込めるか?

 

副業が順調に行き始めて、「そろそろ脱サラ起業してもいいかな?」と思った時に、上記2点を確認してみてください。

「副業に割く時間が足りない」「もっと時間があれば売上がもっと上がるのに」という状況になっていて、長期的にも売上が上がりそうな状況であれば、脱サラ起業をして良い時期であるということです。

 

まとめ

「脱サラ前に確認すべき起業前の5つのチェックポイント」いかがでしたか?

脱サラ起業をいきなりするには、やはりリスクが高すぎます。できる限り在職中に準備をし、今回お伝えしたチェックポイントについても、合わせて確認してみてください。

最後にチェックポイントをまとめておきます。

 

《脱サラ起業チェックポイント》

・チェック1|脱サラの覚悟はできているか
・チェック2|脱サラ起業時の年齢による違い
・チェック3|家族の同意は必ず取ろう!
・チェック4|資金面の確認をしよう!
・チェック5|リスクの少ない起業内容を決めよう!

 

今回お伝えした内容で、脱サラ起業を進めていけば、リスクも少なく脱サラ起業で成功できるはずです。脱サラ起業を成功させるためにも、今回の記事を参考にしていただければと思います。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );