【99%知らない】バカげた売上激増の起業の目標術

https://youtu.be/AMQES8TaLg8

Name
どうも仙道です。

今回は99%の人ができてなく、たった1%の人だけがやっている、爆発的に売上が伸びる起業術ということで、無料公開していきたいと思います。

もしあなたがコーチ・コンサル・セラピストとしての起業を考えているとしたら、すでに成功された先輩起業家たちの声をご覧になってみませんか?

仙道塾では、これまでに302名以上の個人起業家が100〜1000万円以上の売上獲得を達成されてきました。

仙道塾では、このような成果を出す生徒が毎年多く輩出されています。ではなぜ300名以上のコーチやコンサルタントなどの個人起業家が売上を伸ばし続けているのかの秘密を一つ紹介します。

今回の内容は、ほとんどの人はこういう流れで起業のプランを組んだり、目的を組んだり、戦略を組んだりしているんじゃないかなというところをひっくり返すような形でですね。

「えっ、そっちの方がいいんですか!?」ってなるようなお話になるかと思いますが、これを知ってるか知らないかで、かなりですね、結果が出るスピードとか結果が出る規模が全然違うかと思います。

僕自身売上ゼロから始めて副業から始めて、約5、6年間で燃焼6億を超えてきたようなところで、無意識に多少使っていたような話もですね、脳科学的に入るかなと思いますので、ぜひ最後まで見ていただければと思います。

99%の人が知らない売上激増!起業の目標術とは

Name

ではまず経験談を踏まえて、僕がやってしまった、よくない目標設定だったり、戦略について、そちらから話していこうかなと思います。

ほとんどおそらく99%~95%とか以上の人がこの流れになると思うんですが、ずばり言うとできる範囲で目標を作ったり目的を作ったり、まずしてしまうと。

これなぜかというと、自分の過去に手に入れたリソースだった、リソースというのは武器とか自分の資源とか強みとかですね。

そのリソースを使ってできる範囲で目標設定しましょう。

例えば、月10万円副業で稼いだことある人は月20万円をとにかく目指そうみたいな、そんな感じになるわけですね。

これは何がいけないかというと、僕のメルマガ読者さんもわかってると思うんですけど、脳のクリエイティビティが全然働かないわけですよね。

昨日までの自分のままでこれから先も考えているので。

じゃあ目的と戦略、起業においてのお話なんですけど、まずここをはっきりさせておいた方が分かりやすいかなと思いますので、ホワイトボードに書いて行こうかなと思います。

順番がやっぱり違うんですよね。

これも経営学で言ってもやっぱりこの順番でやりましょうというのが主流になっています。

  1. 目的
  2. 戦略
  3. 戦術

この3つは全部違うわけです。目的があって戦略があって戦術があって、まあこの後スケジューリングがあったりフィードバックがあったり、細かく言うとこういう流れでビジネスは組み立てていくもんです。

この目的というのが一番大事なんですが、ほとんどの人が今日はこういう視点で話しますけど、こっち(3戦術→2戦略→目的)から作って行っちゃうわけです。

テクニックですね、これ(3戦術)。これ(2戦略)は大きなプランの流れなんですけど、戦略の方が抽象度が高くて大きな影響力が大きいです。戦術はテクニックです。

ブログをどう書くとかFacebookをどう投稿するかとか、インスタ、LI NE@、YouTubeをどうやってやるかとか、そういうのは戦術ですね。

ほとんどの方、皆さんはですね、納得いくと思うので、こっち(3戦術→2戦略→目的)から勉強していくわけです。

目的は何となくしか設定しなかったり出来る範囲でしか設定しなかったり、出来る範囲で今Facebookで集客習ってるからFacebookで出来る範囲で何となくこういう商品を売って行こうかな、自分の出来る範囲これ全部できる範囲になっちゃう。

そうなると、目的もできる範囲になっちゃいます。今日、時間使って結構話していますが、かなり大事なので、じゃあ逆をすればいいというのが答えなんですが、一体どういうことかと言いますと、できる範囲で設定すると、過去から未来にいくときに、こんなところに目的を設定する癖が出来ちゃいます。これは現状維持でベクトルが今のままって事。

ではなくて、僕がいつも言っているのは、ベクトルを全然違う方向にエネルギー向けないと、次元の上昇というのは起きませんよということです。

まあ、未来側から考えましょうと。時間の流れをこっち(目的)に使う。じゃあ、このエネルギー出すにはどうしたらいいかって言ったら、やっぱりこっち「1目的→2戦略→3戦術」から考える事なんですね。

こっち(最初)が目的で、2番目に戦略です、ここ(未来へのベクトル)です。

 

目標設定で売上が激増する理由とは

多くの起業家はメルマガやブログなどを読む中で、テクニック論ばかりに目がいってしまいがちです。

  • ブログの書き方
  • SNSの投稿術
  • インスタ映えする写真の取り方
  • ランディングページの作り方
    など

これらは全て戦術というものに分類することができます。

戦略はビジネス全体を通して、「誰に」「何を」「どのように」などの要素から考えていきます。他にも「いくらで」「どこで」などの要素も戦略に含まれてきます。

それに対して戦術というのは「どのように」という中の一つだったり、「いくらで」という中の一つに対してとるアプローチということになります。

例えば、「高単価商品の作り方」という場合は「いくらで」「どうやって」の中に含まれる要素をテクニック的に解決する方法の一つです。

もちろん、高単価商品を作る時にはターゲットやどうやって売るのかなどの要素も必要になってきますが、それでもあくまでも商品に対して考えてしまうことで戦略としての視点ではなく、戦術(テクニック)で考えてしまうことになってしまうわけです。

ビジネスを長く成功している人は、戦術と戦略を使い分け、大きな視点でものごとを考えています。

極端な言い方をすれば戦術(テクニック)はなんでも良いという考え方を持っているケースも多々あります。

ここではまず、戦術にこだわるのではなく、戦略として大きな視点でビジネス全体を見ることが重要になる。そしてそこから目標設定をする必要があるんだなということを抑えておきましょう。

目標設定は設定する順番が重要

Name

この流れが何がいいかというと、最初に出来ない目標・・・目的を考えるわけです。出来ないんだけど、よく現状の外と言います。現状の外何だけど、やりたくてしょうがない事。やりたくてしょうがないけど、出来ないことでもいいんです。

その後戦略を考えると。順番に必ずやっていただいた方が爆発的に伸びる。このエネルギーが生まれます。こっち(低い方)のエネルギーじゃなくてねと言ってます。

これなぜかというとやりたくてしょうがない事で、現状の外であれば、後から戦略が生まれるわけですよね。

どうしてもやりたくて、ここでよく勘違いされるのが、コーチングの理論で、どこのどこの機関が教えているのかちょっとわかんないですけど、50%ぐらい。成功率50%ぐらいが一番ワクワクするんじゃないかな。だからこれぐらい目標を作りましょうみたいな。

50%理論っていうのかな。50%成功率と。これはあの・・・コーチング詳しい方が話したんですけど、あまり嘘ではないんですよ。

では50%成功しますっていう目的や目標を立てたら、やっぱりここ(戦術)で設定しようとするんですね。月で10万円の人が来月に月20万円になればいい。20万円が3~40万円になればいいなみたいな。

これでもいいんですけど、少しずつしか伸びないし、人によっては目標達成できないで、こっちに下がったりねする人もいるんで、現状維持っていうのは僕はもう損害だと思っています。

ベクトルが横だとパワー出ない、ベクトルは上。次元を変えるには、もうエネルギーが必要なわけですね上向きの。じゃあ50%成功理論で最初からこっち(3戦術→2戦略→目的)から考える、とそうなっちゃうわけですね。

今ある戦術で戦略を作ってみたいな。今僕はこういう強みがあってFacebook集客、インスタ集客何となく勉強してて、だからできる流れはこれ(3戦術→2戦略→目的)で、だいたいこれぐらいの売上が出るかなあみたいな。

ライフスタイルはこんなんかなあみたいな。それはもう絶対NG、バツ!絶対僕はコンサルティングの時にこれは許さない、こっち(戦術)から考える人は。

なので、こっちの順番「1目的→2戦略→3戦術」から考えるっていう意味で、これ(目的)から何ですね。もちろん未来の目標が作らなれないといけないんですけど。

なので僕がコンサルティングやるときは目的、2番目に戦略、で、50%の成功理論これ嘘じゃないっていうのは、なぜかというと、正しく今日、理解していただきたいんですけど、目的はもう無茶苦茶レベル高いものでいいです。

「お前そんなんできるのかよ!」って言われるぐらいがいいです。まあその、人に言わなくていいです。人に言うとね、ドリームキラーと言って馬鹿にしてくる人がいるんで、これ(目的)を下げちゃうんですね。

下げなくていいです。やりたい事であればぶっ飛んだ事でいいです。だから、月10万の人が来月、再来月ぐらいまでに月100万になるとかで僕はいいと思うんですよね。

いきなり月100万なんて無理だよって周りが言うぐらいがちょうど良くて、じゃあ、どうすればいいかと言うと、戦略は後から考えればいいんですよ。

そんなやり方もわかんない目標立てるなーとか、これやりたいんです、「どうやってやるのかわかってるの?」って聞かれた時に「いやわかんないです」と言ったら「馬鹿だなあ」みたいな、いわゆる習慣が日本人にはあるんですけど、戦略と戦術は後から考えればいいです。

脳がクリエイティブになるので、後から思いつきます、戦略が。で、戦術というのは、ここの細い階段の事です。テクニックですね。テクニックをとりに行くのも最後でいいわけです。この順番でやってください。

この50%理論っていうのは一体どこの話なのかと言ったら、成功率50%前後の戦略ができればワクワクしてくるはずです。最初は成功率0%とかでもいいです。

10%でも20%でも、これが後々50%になるようにしていけば、ここ(目標)は下げなくてもいいんです。これが正しいコーチングとか脳機能科学のフルな使い方じゃないかなと僕はいつも感じています。

うちのクライアントはこういうふうにやってもらうので、年商、例えば2~300万の人が10ヶ月で1,000万とか1,500万とかになるのは、別に驚かなくて、売上3倍5倍になるとかは普通かなあと。

普通にやっていたら年商300万円の人が1年間かけて5~600万円になるのは普通なんですけど、普通じゃないレベルに行くにはやっぱりこういう考え方が必要。で、50%以上の成功率になるような戦略を脳がクリエイティブに考えてくれますので、ここ(目的)が設定できていれば、上手い人はあとから戦術テクニックを取りに行けばいいわけですね。

「でも、仙道さん、私いくらやりたいことを考えて、無茶な目標設定してますけど、いくらやっても思いつかないんで、戦略がって人は、まだまだ情報量を取りに行っていない。本当にやりたいと思ったら、情報量を取りに行くわけなんですね。

まあ僕はよく、スコトーマが外れるって言うんですけど。今まで見えなかった情報を探しに、引き寄せの法則も一緒ですね。

今まで興味なかったマーケティングにすごい勉強代を使ったり、今まで興味なかった方にお会いしたり、そこから戦略、データー量が増えて、戦略が出て戦術も出てくるというのが、基本的な引き寄せの法則とかの流れかなと思います。

ですので、成功率50%理論、今日は絡めて話したかったんですけど、戦略において50%前後になるようにしていけばOKって事です。

勘違いしないで欲しいのは、過去の基準でみて50%ぐらい達成できる目標を立てようとすると、こっち(戦術)からの順番になっちゃうよと。

無理のない目標の方がセルフイメージが落ちないからいいでしょというのは、ちょっとね、古い考え方かなと思います。なので、成功率0%でもいいんで、やりたかったらいいんです、それで。

むしろこっちの方が爆発的にエネルギーを生むわけですね、このギャップが生まれるんで。

このギャップを埋めるものは後から戦略を考えればいいと。なので、最初は混乱させるぐらいがいいです、自分の頭を。これは何も脳科学だけの話ではなく、経営学の巨匠も同じことを言っていて、現代マーケティング哲学の父であるフィリップ・コトラー、まあ聞いた事あると思うんですけど、フィリップ・コトラーさんが言ってるのは、イノベーションを起こすときというのは、途方もないぐらい高い数字を社員に要求した方がいいと。

これはコスト10%削減しなさいっていうより、コスト50%削減しなさいって言った方が、社員さんたちは「えー!?」ってなる、混乱を生むぐらいがいいと。

で、コスト10%削減だと今までのやり方をちょっと強化しよう程度の・・・イノベーションと言わないですね。イノベーションは起きない。コスト50%削減しなさいと言われたら今までのやり方は通用しないんで、これもうぶっ壊さないと、という事で、現場で破壊が起きるわけです。

経営学の世界でも実は途方もないぐらいの数字を設定した方がいいと言われております。今日、1個補足として、50%じゃちょっと不安だけど60%70%という感じの戦略を立てると良いです。

50%じゃあ面白くないと思う人は成功率3~40%でもいいと思います。これは、人によって慎重派な人は数字高めの戦略を作った方がいいです。で、チャレンジャーでクリエイター気質の人はちょっと低めの戦略の方がワクワクします。

そうなると行動するんですよね。ワクワク感が出る戦略を作ればいいわけです。これも、データ量を取りに行ったり、人脈を使ったりして勝手にそれをやりたくなるはずです。

ここ(目標と戦略)の設定ができていれば。まあ、うちの塾(仙道塾)では全部細かくやっていく事で結果出すようにしてるんですよね。

はい。今日は以上です。

ちょっと長めになりましたけど、結構ね、絡めて話すと、今までのコーチングとか脳科学とか引き寄せの法則とか、色々整理されるんじゃなかなと思いましたので、今日、少し長めにお話させていただきました。

いかがだったでしょうか?何か気づきや発見があれば、ぜひ、いいねのボタンよろしくお願いします。チャンネル登録もどんどん募集しておりますので、よろしくお願いします。

何か気づきやコメントだったりもどんどんよろしくお願いします。

以上です。仙道でした。では失礼します。

 

個人起業家がイノベーションを起こすための方法

コーチやコンサルタントなどの個人起業家の場合、本記事で紹介したような○%のコスト削減などのような施策を取ることは難しいでしょう。

しかし売上という視点において考えてみる。普段の活動(行動)に置き換えて考えてみることで想定しているよりも大きな目標設定をすることができるようになります。

この時には、自分の中での思い込みや周りの環境(ドリームキラーの存在)などによって本来持っておくべき目標設定を邪魔されることもあります。その時には自分自身で一歩を踏み出すことが重要になってきます。

「それで失敗したらどうしよう・・・」このように考えてしまうこともあるかもしれませんが、実はそれも自分自身で目標設定の邪魔、もっと言えば自分自身の可能性の妨げをしている状態と言えます。

最初はハードルが高いと感じるかもしれませんが、本記事で紹介した目標設定は起業して成功する、長く成功していく上ではとても大切なものになります。

仙道塾では、一番最初に目標設定をしてもらうことからスタートしていますが、この時の目標設定が何よりも重要になる。そして自分で立てた目標を達成するために行動する。

この一連の流れをあなたのビジネスの中にも築くlことができれば今後のビジネスにおいても劇的な変化を起こすことができるようになります。

ぜひ目標設定を見直して、普段の行動に落としこんでいってくださいね。

 

仙道
悩み別のおすすめコンテンツを紹介します!

これから起業しようと思っている

コンサル起業して0から年商1000万円を達成する迄のロードマップ

起業したけど売上が作れない

起業後すぐにできる!最初のお客様を獲得する方法【テンプレ付き】

高単価商品の作り方がわからない

高額商品の作り方|30万円でも自然と売れる商品の構築

動画講座のご案内

すでに4万人以上が購読しているメールマガジンでは、WEB仕組化の方法を動画で詳しく解説していきます。
動画で仕組化を学べるメール講座の詳細はここをクリック

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );