起業とは?個人事業主とは?コーチ・コンサルになるためのビジネス基礎知識

仙道達也

どうも、仙道です。

コーチ・コンサルタント・セラピストとして起業を考えた時、ほとんどの人が個人事業主という立場でビジネスをスタートするかと思います。

しかし、個人事業主っていったい何?と疑問に感じている人も少なくありません。ここでは個人事業主とは何か。そして最低限、ビジネスをスタートする上で知っておくべき知識をお伝えしたい思います。

 

そもそも起業とは?

そもそも起業とは?

そもそも起業するといのは、新しく事業を起こすことです。そして、起業する方法として「個人事業主」と「法人(株式会社・合同会社)」という選択肢があります。

「個人事業主」と「法人(株式会社・合同会社)」どっちがいいというわけではありませんが、通常、個人で起業する場合は、個人事業主からスタートするのが一般的です。

補足
ちなみに「起業家」というのは、自らで新しく事業を起こす人のことです。自分で事業を自分で起こしている人のことを意味しているので、サラリーマンでも事業をしていれば、起業家ということです。

つまり、個人事業主も法人も「起業家」であるということです。

 

個人事業主とは何か?

個人事業主とは何か?

個人事業主とは、個人で事業を行っている人のことです。株式会社などの法人を設立せずに事業をしています。

誤解しないで欲しいのは、1人でビジネスしているから個人事業主というわけではありません。個人でビジネスをしていても会社設立していれば、法人になります。

また個人起業家とフリーランスという言葉が、紛らわしいこともあるので、フリーランスについては、こちらの記事をぜひご覧ください。

関連記事

仙道達也どうも、仙道です!フリーランスになりたいと考える人が増えてきたように思います。でもそもそもフリーランスとは何か?それを私の視点からお伝えするとともに、コーチ・コンサルタントをフリーランスで目指[…]

【必読】フリーランスになりたい!と思ったら読む記事

 

個人事業主のなり方

個人事業主になる場合は、税務署に開業の申請をすれば手続きは完了です。登録費用などは一切必要ありません。

開業届を出したその日からスタートできるので、近くの税務署に書類を提出す流だけで大丈夫です。

開業届が受理されると「個人事業主」という税務上の区分になります。つまり、個人事業主として、確定申告が必要になります。

確定申告には、青色申告や白色申告には所得税の控除額や提出書類などに違いがありますが、青色申告が一般的です(最終的には自分に適したものを選択してください)。

青色申告はなれない帳簿付けなどの作業がありますが、60万円を超える節税のメリットが得られることが大きなメリットになります。

法人の場合

法人は、設立費用として登録免許税、定款認証代、印紙代が必要です。金額は、株式会社で約24万円。合同会社で約10万円となります。これに加えて、資本金も必要になるので、専門家のサポートを受けながら設立するのがオススメです。

 

個人事業主と法人との違い

法人とは、法律上の人格が認められ、権利能力を与えられた組織を指す言葉です。

  • 株式会社・合同会社などの営利法人
  • 公益法人やNPOなどの非営利法人

これらがいわゆる法人と呼ばれるものです。コーチ・コンサル・セラピストの場合、いきなり法人でビジネスをスタートするケースは少ないと思いますので、まずは何となくでも知識を得るようにしておいてください。

個人事業主として売上が増えてきたら、法人化を考えれば大丈夫です。

 

個人事業主とお金

個人事業主とお金

個人事業主には当然、給与といいものがありませんので、全て自分で稼ぐ必要があります。ちなみにこれは、法人になった場合も同じです。

知っておくといいのは、所得(稼いだ金額)に対してかかる税率の違いです。個人事業主と法人では、事業によって得られた所得にかかる税率が異なります。

  • 個人事業主が支払う税金
    • 所得税
    • 住民税
    • 消費税
    • 個人事業税
    • 固定資産税
  • 法人が支払う税金
    • 法人税
    • 法人住民税
    • 法人事業税
    • 地方法人特別税
    • 消費税
    • 固定資産税

このうち、大きな違いがあるのは「所得税」と「法人税」です。

所得税は、「総売上ー経費=所得」に対してかかる税金です。これには「累進課税」というしくみが適用されているため、所得が増えれば増えるほど税額も5%から45%に高くなります。

つまり稼げば稼ぐほど、税金が増えるということです。

法人にとっての所得税は「法人税」です。これは15%から23.2%の比例税率(固定税率)という税率なので、所得金額によっては、個人事業主よりも税負担が軽くなります。

こうした理由から、個人事業主のときに稼げる金額を見ながら、法人化を検討する人が圧倒的に多いでのです。

 

個人事業主の盲点「意外と知られていないこと」

個人事業主の盲点「意外と知られていないこと」

個人事業主としてのメリットは、フリーランスとして働くことのメリットに似ているものがあります。例えば次のようなものです。

  • 好きな時間に好きな場所で働ける
  • 自分のやりたい仕事で稼ぐことができる
  • 上司などの人間関係が少なくなる
  • 収入アップを期待できる
  • 休みたいときに休むことができる

確かにこうしたメリットはあるのですが、私の経験から1つ大きな落とし穴をお伝えしておきます。それは「信用問題」です。

実は個人事業主というのは、社会的な信用がほとんどありません。つまり、「いつ稼げなくなるか分からないから怪しい」と社会的に思われているのです。

そのため次のような弊害があります。

  • クレジットカードがつくれない
  • ローンが組めない
  • 賃貸部屋が借りられない

これは稀なことではなく個人事業主なら誰もが一度は経験していることです。なので、もしあなたがこれから起業し、個人事業主になるのであれば、例えば、クレジットカードを先に作っておいたり、先に賃貸しておいたりなど、会社勤のうちにできることがあれば、対処しておくことがオススメです。

個人事業主になると、こうしたデメリットがあることは事前に理解しておいてください。

 

まとめ:個人事業主と法人どっちがお得か?

個人事業主について、最低限知っておくと便利な知識をお伝えしました。最後に、もしあなたがコーチ・コンサル・セラピストとして稼げるようになり法人化を検討してみるのもオススメです。

一般的に、法人化を検討する目安は事業所得500万円前後とされていますが、あなたの収益状況に合わせて、専門家にご相談ください。

しかし、個人事業主か法人かということは、お客様からすれば、大きな問題ではありません(例外として、あなたのお客様が法人の場合は、あなたも法人であることが望ましいです)。

こうした小難しいことを気にかけて、行動が止まってしまっては本末転倒です。それよりも、まずは、あなたのお客様のために、最高サービスを用意して、それを全力で提供してあげてください。

動画再生画面イメージ