成功する目標設定のやり方!ミッキーエクササイズが未来を変える!

どうも、仙道です!

突然ですが「目標は高い方がよいですか?低い方がよいですか?」

 

起業家の方のほとんどが、「起業家として成功する」という目標を掲げているかと思います。

しかし、どんな目標設定をすれば、最大の結果を出すことができるのでしょうか?
また、どんな風に目標設定を行っていけば良いのでしょうか?

 

今回は「最大限の結果を出す、成功する目標設定のやり方」について解説していきます。

あなたが決めている目標の基準は?

 

よく「目標を高く設定しすぎると、達成できなかった時凹む」という声を聞きます。

だから「目標は適度に達成できる範囲がいいよ!」なんて言います。

 

本当でしょうか?

 

しかし、私から見たら、それでは成長が遅いと言えます。

なぜなら、その目標設定方法は「過去を基準に考えている」からです。

過去を基準にするデメリット

「過去を基準にして目標設定する」

 

あなたは、この概念はふつうだと思いますか?
私は非常にデメリットが多い設定方法だと思っています。

 

なぜなら、過去を基準にすると、過去を引きずるからです。

言い方を変えると、過去に達成できた範囲でしか目標設定をしなくなるからです。

 

脳科学者の苫米地英人氏がセミナーで言っていました。

「過去が1つでも関係あると思っている人間は現状維持を保つ」

どういう事かというと

例えば、あなたが営業マンだとして、営業成績が以下の状況であったとします。

  • 4月:8件
  • 5月:6件
  • 6月:9件
  • 7月:7件
  • 8月:10件

このような推移をしているとき、9月の目標は何件にしますか?

 

おそらく、私の予想ですが、ほとんどの方が 13件~15件あたりの数字を出すと思います。

過去を基準にするというのは、上記のような事です。

 

過去のデータを冷静に分析して、それに見合った目標を立てる。
(無意識でやってしまう)

このような目標設定を繰り返していると、あなたの将来どうなりますか?
大きく成長しますか?

あまり変化がないですよね?

 

ここでよい質問がありますので、ご紹介します。

「未来で大成功しているとしたら、自分はどんな目標設定をしたのだろう?」

この質問のどこがよいかというと「過去ではなく未来側から目標設定を検討している」という点です。

未来を基準に目標設定をしよう!

 

「未来から目標設定をしましょう!」と声高々に言いたいです。

なぜかと言うと「過去は関係ない」というカッコいい概念を、あなたにインストールしたいからです。

 

あなたの中に、「過去は今後の人生に関係ある」という信念が存在すると、未来に大きな希望を持てないですよね?

  • 過去に失敗した
  • 過去に上手くいかなかった
  • 過去にバカにされた
  • 昔から下手だった
  • 昔から才能がなかった

こんな過去を記憶していると、次のように考えませんか?

「自分は起業するまで時間がかかる」

私は3年ぐらいこんな考えでした。

 

「自分は過去に成功してないから、時間がかかりそうだな」
「もっと会社員として勉強しなきゃ」
「起業まで時間がかかるから本を読んで勉強しておこう」

今考えると怖いことです。

 

なぜなら「起業するには時間がかかる」という概念は、過去においては正しいかもしれないですが、未来において当てはまるとは限らないからです。

 

しかし、私は「過去が~だから未来も~だ」と、過去を基準に成長速度を計ってしまったのです。

そこで、前項目の質問「もし、未来において大成功しているなら、どんな目標を設定したのだろう?」を使うのです。

 

しかし、ここでは、もっと具体的にします。

「もし、半年後に起業を成功させているなら、どんな目標を設定したのだろう?そしてどんな行動をとったのだろう?」

→「起業した未来から見て3カ月前は何をしていた?」
→「4か月前は何をしていた?」
→「5カ月前は何をしていた?」
→「半年前(つまり今)は?」

 

こんな感じで「半年後の未来で、起業している自分」をイメージして、そこから過去を振り返ってください。

 

今起業している、振り返ると

「そういや、半年前に市場調査をバリバリやったな!」
「5カ月前は事業計画書を作ったな~」
「4カ月前は副業で20万は達成してたな~」
「3カ月前は、会社を辞める準備を始めたな~」

 

どうでしょうか?

「未来に成功しているのが当たり前」の状態をイメージ、そこから逆算して目標設定すると、こんな感じになるのです。

これが「未来から目標設定する」という意味です。

 

今までの自分が設定した事がないような、デカい目標になると思いませんか?

 

会社にダラダラ勤めていた私を変えたのはこの質問でした。

 

大事なのでもう一度言います。

「過去を基準に目標設定しない」でください!
「成功した未来を基準に目標設定」してください!

今までのあなたの「過去の基準」をぶっ壊す事ができます。

 

「半年後に起業しているとしたら、今あなたは何をしていますか?」

この質問に真剣に答える事によってあなたの今が変わります。

さて、あなたはここで不安要素が出てきますか?

「未来を基準にして目標設定するのはわかったよ!だけどその目標達成できる確信がでない」と思ったでしょうか?

これはよい兆候です。
不安になって正解です。

 

確信が持てないという事は「今までにないぐらい大きな目標設定をした」という事なので正解です。

次の項目で解説いたします。

未来に対しての確信を持つには?

 

「過去の自信」より「未来の自信」が大事ということをお伝えしました。

 

では、具体的に未来の自信を作る方法を伝授いたします。

ここで原点に戻りますので、次の質問に答えてみてください。

 

「自信」とはなんだと思いますか?

 

あなたの答えは何ですか?

そうです。
書いて字のごとく「自分を信じる事」です。

「自分を信じる事」をよく考えてみてください。
「自分を信じる事」の中に過去や未来という言葉は含まれないですよね?

という事は、「自信に過去も未来も関係ない」という事です。

自信に過去も未来もない

「自信に過去も未来もないって一体どういうこと?」と思った方のために説明します。

「自信は妄想やイメージのみで作られている」ということです。

これだけだと、よくある自己啓発本と一緒になるので詳しく説明します。

あなたも未来や過去をイメージしますよね?

「ちょっと待った仙道!過去をイメージするという表現は変だぞ!」と言われそうなのでその部分も説明します。

「過去をイメージする!」私の中では正しい表現です!

なぜかというと、人間は過去に体験した光景を思い出すとき、ビデオカメラのように鮮明に再生する事はできないからです。

あなたも寝ている時に夢を見ますよね?

そこに出てくる、光景や人物などは、過去に見たものがゴチャ混ぜになっていませんか?

もし、あなたの脳がビデオカメラのように、鮮明に光景を記憶している場合、過去に見た物とまったく同じ光景が出てくるはずです。

にもかかわらず、バラバラで混ぜられた物が出てくるということは、記憶はピースの状態でバラバラに保存されているという事なのです。

 

では、「過去を思い出す」とは、どんな行為なのでしょう?

ズバリ言いますと「パズルを組み合わせて過去に体験したであろう映像を作っている」に過ぎないのです。

脳の海馬という部分に記憶のピースが保存されていると思ってください。
そこから、ピースを集めて形作るという行為をやっています。

 

まとめると「過去を思い出す」=「記憶のピースを組み合わせている」に過ぎないということなのです。

さらに「未来をイメージする」
これも、記憶のピースの組み合わせになります。

軽く説明します。

あなたは「南アフリカの海の中に存在するサンゴの色は??」と言われ鮮明にイメージできますか?

すぐにはできないと思います。

 

では「ハワイの海のサンゴの色は?」
これは結構イメージしやすいのではないですか?

なぜなら、「南アフリカの海は見た事ないが、ハワイの海などはよくTVや雑誌に載っているから、もしくはハワイに行ったことがあるから」です。

つまり、あなたが「記憶のピース」を持っているからイメージできるということなのです。

自信の素材はピース

ちょっと難しい話になってしまいましたが、何を言いたいかというと「過去を思い出す時も」「未来をイメージする時も」すべてピースを組み合わせているに過ぎないということです。

「過去を思い出す」という表現はピースを組み合わせて、イメージして過去に見たものに近い映像を作っているという表現が近いです。

この事実がわかると自信を作るのは簡単になります。

「未来の事だろうが、過去の事だろうが」頭の中のピースを組み合わせて作っているに過ぎないからです。

  • 過去の失敗
  • 過去の成功
  • 未来の失敗
  • 未来の成功

全てがピースの組み合わせなのです。

ですから、あなたの過去の自信も未来の自信も「ピースの組み合わせ」で作る事ができます。

「そうです!ピースを組み合わせて都合のよい未来の記憶を作ってしまえばよいのです!」

これが未来の自信を作る方法です。

私はこの方法を考えだしてから自信を失う事がほぼ無くなりました。

自分の中でブレイクスルーです。

ピースを組み合わせて、起業している未来を作ればよいのですから、未来の記憶ができあがります。

 

記憶を組み替えて、自信を作る方法!

 

「未来の記憶を組み替える」ことが出来れば、自信につながります。

 

具体的にどうしたら、良いでしょうか?

 

よく自己啓発本には「過去のイヤなイメージが出てきたら前向きな事を考えましょう!」というようなことが書いてあります。

しかし、「前向きに考えられないからイヤな気分になるんじゃねえか!」とツッコミを入れたくなります。

前向きに考える必要なんてありません。

 

そう、「ピース」の組み合わせを変えれば万事OKなのです。

具体的な方法としては、私が勝手に作ったエクササイズ「ミッキーエクササイズ」を活用すると良いでしょう。

 

では「ミッキーエクササイズ」の手順を説明します。

  1. 過去に嫌いな人にバカにされた場面をイメージする
  2. 嫌な人の顔をイメージ、嫌な人のセリフ、声をイメージ
  3. 嫌な人の頭にミッキーの耳をつける(ディズニーランドで売っているやつ)
  4. 顔をミッキーに変えていく・・・
  5. 声もミッキーに変わっていく・・・(ミッキーの声はとぼけた声です笑)
  6. ミッキーの映像を2倍から3倍鮮明にする・・・
  7. ミッキーの声も2倍から3倍に大きく、高くする・・・

 

どうでしょうか?
ミッキーの顔と声が鮮明にイメージできますか?

 

ここで 1、2 の時に感じる感情と6、7で感じる感情を書き出してみてください。

まったく違う感情になりませんか?

 

1、2で感じる感情は「怒り」「悲しみ」「苦痛」などですが 6、7は「楽しみ」「喜び」になりますよね?

 

これが前向きに考えるプロセスです。

頭の中で、映像や音を加工してしまえば過去の記憶が変わります。
そして、過去も変わります。

 

過去は頭の中のイメージに過ぎないので、未来のイメージについても同じことができます。

  • 起業したらどんなスーツを着ている?
  • 色は?
  • 肌触りは?
  • サイズは?
  • 鏡に映った姿は?
  • 自分の銀行口座に100万入っている?
  • 通帳で確認できる?
  • お金を下ろした時の重みを感じる?
  • 起業しているあなたの表情はどんな表情?
  • どんな声でしゃべる?
  • どんな姿勢?

これらはコーチングセッションの際によく使う質問です。

記憶のピースを組み合わせて、未来の自信を作っていくのです。

 

「ミッキーエクササイズ」に慣れれば、記憶のピースを組み合わせるのが上手くなります。
これが上手くなれば、未来においての自信を作る事も簡単になります。

ぜひ試してみてください。

まとめ

「成功する目標設定のやり方!」について、具体的なやり方(ミッキーエクササイズ)を含めてお伝えしました。

 

過去の経験、記憶を元に、目標設定をしていては、大きな飛躍までに時間がかかってしまいます。
下手すると、成功するどころか、失敗が近付いてしまいます。

 

今回お伝えした流れで目標設定を行えば、あなたの未来は、きっと望む未来に近いものとなるはずです。

上手くミッキーを利用してみてください。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );