起業できない人の「3つの覚悟」行動しない人はこの3つの覚悟ができてない

どうも、仙道です。

「起業するためのマインド」というものがありますが、起業したいと思っていても起業ができない人には実は覚悟ができていないということがあります。

結局、起業や集客ができている人はココが違うんだなという3つの覚悟を紹介していきます。

あなたが起業したいと思っている、起業したけど成果が出ない。

そんな時にぜひ自分と向き合うためにも見直していきましょう。

 

起業する3つの覚悟1|会社組織に属さない覚悟

これは基本ですが、一度会社を辞めて起業します。

しかし会社を辞める時は、次のような不安が襲ってきます。

会社員を辞め起業家を選んだ際の特徴

  • 給料が安定しない
  • 休みの日が安定しない
  • やることを指示されることがない
  • 保険や福利厚生などの待遇がない
  • 社会的信用を失う
  • 仲間がいなくなる

 

給料が安定しないことで言えば、来月の給料の心配。

社会的信用を失うということで言えば、「残りの人生を、どうやって生きていこうか??」という不安ですね。

起業できない人は、この不安が強い傾向にあります。

 

逆に、覚悟ができている人は「ヤバい時はバイトでもすれば大丈夫」「正社員でなくても、今からの時代は関係なし」などの発言が多いものです。

これは私も、まったく同意です。

 

「最悪、バイトすればよいか、日本にいる限り飢餓で死ぬことはないし」という気持ちでした。

だから会社を辞める時も、ほとんど心配がなかったのです。

なぜなら、バイトでも派遣でも、色々な仕事があり贅沢を言わなければ、いつでも復活できるからです。

「最悪、土方でも何でもやってやる」と思えば、この不安は簡単にクリアできます。

 

会社組織に属す場合、あなたの人生において限りある時間を代償にして、それに対しての報酬を会社から手に入れています。

年功序列や実力主義という言葉もあり、近年では見直されている傾向が高まっていますが、それでも同じ実力があれば、会社内の先輩が先に昇進するケースもまだまだあります。

その反面で、終身雇用の崩壊という言葉を聞くようになり、大企業であっても、中小企業であったとしても、これまでのように定年までずっと同じ会社で働き続けることが難しいという現状もまた否めなくなってきています。

起業という選択は、様々な安定を手放す反面で、年功序列や終身雇用というこれまでに培われてきた社会のルールから離脱する方法の一つでもあるといういことを覚えておきましょう。

 

起業する3つの覚悟2|一時的な借金をする覚悟

結論から言うと、借金の経験がある人の方がスンナリ起業できます。

なぜかと言うと「借金に対しての恐怖が弱いから」です。

その反面で、経験者はこの要素に強いのです。

 

1円も借金をしたことがない人は「借金が膨らんだら、どうしよう・・」「返済できなくなったら、どうなるのかな?」と考えてしまいます。

 

人間は未知の物には恐怖を感じます。

 

私も最初は借金は嫌いでしたが、結局150万以上借金をした経験あります。

今思えば、経験しておいてよかったな~ と思います。

なぜなら、起業したら今すぐ、広告を打たないと市場を取られる。

緊急にお金が必要だというケースが多いからです。

 

ここで柔軟性の弱い人は負け決定です。

起業家なら、誰でも知っているホリエモン氏曰く「300万も借金できないなら、起業しない方がよい」と言っています。

 

借金できない人間は、信用がない人間である可能性が高い

キャッシュフローで考えば、給料も借金も同じ、だから キャッシュフローを回す力がない可能性が高い

 

つまり「柔軟性がない」人間が商売をうまくできる わけがないと言っているのです。

「では、貯金したらどうなんですか?」と、一定の方が言うのですが「実行が遅い」ライバルは借金してでも先に行っているという事実を知らないから、そんなことを言ってしまうのです。

この時間のシビアさは、結果を出している人に会えばすぐにわかると思います。

 

200万~300万の車を買うのと 起業の夢を実現させるのとどっちが大事ですか?

車はローン組んで平気で買うのに、起業の夢を買うには抵抗がある。

そんなことが実際にはよくあります。

必ずしも借金を勧めている訳ではありません。

しかし借金をするということは決して悪いことではありません。

 

特に、銀行からお金を借りれるということは、会社としてのステータスとしても見られます。

借金をしろというわけではありませんが、起業する時には借金をすることも時には重要なことだと覚えておくと、より起業家としての成功を掴みやすくなります。

ただし、本当に借金をする場合は売上が作れる戦略を立ててからにしましょう。

 

起業する3つの覚悟3|批判、侮辱を受ける覚悟

最後に、「批判や侮辱を受ける覚悟はありますか?」という部分です。

  • 名刺を破かれる
  • 無視される
  • ネットの掲示板やツイッターで悪口を書かれる

こうしたことは当たり前だと思っておいた方がよいです。

 

今どき「名刺を破られる、捨てられる」というのは、聞かないですが、それぐらいは覚悟しておいた方がよいでしょう。

しかし、この恐怖を断ち切るには「批判、評価する側」「行動する側」を分けると、あなたはどっちがよいかと考えれば解決できます。

 

批判されることが悪ではない

政治家やコメンテーター、評論家、他にもスポーツ選手やアイドルや俳優など、どのような人を見ていても、認められる人、批判される人とわかれます。

ですが、何か結果を残す人はそうした批判を気にせず自分自身で決めた行動をやり通せる人です。

自分の意見や想いを発信できる人に人は魅了され、時に批判が生じます。

これは、哲学という分野から見てもあって当然ということです。

 

生きる上で、ビジネスをする上でたった一つの正解なんて存在しません。

見る人が変われば違う意見が出るのも当然の流れです。

だからこそ、自分を貫けることが起業して成功する為に必要になってくるということです。

 

世の中で認められるのはどっちでしょうか?

  • 政治家 VS コメンテーター
  • 売れているアイドル VS 地下アイドル
  • プロ野球選手 VS 週刊誌の記者

このように考えれば、簡単に進むべき道が理解できると 思います。

起業してスンナリやっている人は以上の3つの覚悟が無意識にできてますね。

起業できない人との違いはそんな部分ぐらいです。

 

まとめ

私はこれまでに、起業したい人、起業した人、起業したいけど、1年以上行動できない人など色々な人を見てきました。

そして、自分でも上記の状態を体験してきました。

しかし、今までの経験を元に整理をしてみても、多くの起業家を見てきても、起業して、スンナリやっている人は次の「3つの覚悟」が無意識のうちにできています。

今は、起業する覚悟が持てていなくても、自分で少しだけ覚悟を持つ気持ちを持つことで今を変えることができるようになります。

ぜひ、起業家としての夢を実現させるためにも覚悟を持つことを意識していきましょう。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );