コーチング差別化・専門性はいつ効果を発揮するの?

コーチング差別化・専門性はいつ効果を発揮するの?

~いつも注意すべきだが、イマイチ差別化の重要性がわからない~

142

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ども、コーチング、コンサル起業のブログ集客ばかり研究している、仙道です!!今回は、差別化や専門性の高いサービスがなぜ必要なのか、改めて強く意識したいと思いましたのでシャアしていきます!

突然ですが専門性が高い?
差別化できている?
これは何のために必用なんでしょうか?

・・・・・・・・・・・色々考えてみてくださいね(^’^)「そりゃ、売り上げを上げるためでしょう~」と言われたらそれまでですが(-.-)今回はもう少し掘っていきます。

 

この段階に入ってから勝負

僕なりに、最近、気がついたのがコレです・・・比較・検討される時に、絶対必要なのが「専門性、差別化」である当たり前って言えば、当たり前やんけ~と言われますが(ーー;)最近出席したセミナーで再認識したのです!!
あなたは、マーケティング理論でよく使われるA I D M A
(アイドマ)を知ってますか?顧客が商品を購入するまでの心理経路を指してます。

  1. Attention(注意)
  2. Interest(関心)
  3. Desire(欲求)
  4. Memory(記憶)
  5. Action(行動)

の頭文字を略して
A I D M Aとよく使われてます。

 

webで言えば

(1) HPを見る
(注意してみる)

(2)タイトルや内容に興味を持つ
(関心、興味)

(3)商品を欲しいな~と思う
(欲求)

(4)欲望が脳裏に残る
(記憶)

(5)購入する
(行動)

という事になります。

 

さて、知っていた方も多いと思うのですが・・・僕が考えたのはこの5つのプロセスで最も難しいエリアはどこだろう??(^_^.)という事です。

 

(1) (2)はインパクトを与えて、見てもらえばクリアですので(3) (4) までは誘導するのはそんなに難しくないと思います。(3)の「それ欲しいな~」思われる商品は世のなかに沢山ありますよね?

 

だから(4)の「いつか買いたいな~」という反応はよく顧客にあります。あなたのサービスもこのエリアまで意識して作っているハズです(^_^.)では(5)の購入までいかないのはなぜでしょうか?

 

(4)と(5)の間に挟まる物・・・

実は (4)(記憶)と(5)(行動)の間に ”ある物”が存在します。

あなたのサービスをお客様が見て「いいサービスだな~欲しいな~(>_<)」と記憶に残りました!では、記憶に残ると、すぐ購入するかというと、そうではないですよ。そうです (5)の行動に入る前に比較・検討

というエリアが現れます(^’^)

 

(4)記憶 → 比較・検討 →(5)行動というのが、細かく顧客の購入経路です!!

 

「なんで、こんな大事なエリアをAIDMAの中に入れないんだ(ーー;)」と疑問に思います(笑)

 

想像してみてください

 

あなたの顧客があなたの商品(コーチング、商材、セミナー)などを、「欲しいな~」と思いました。すると

 

「他のコーチングと何が違うのか?」

「値段は高いのか、低いのか?」

「内容は、他と違うのか?ただの

目標達成コーチングと違うのか?」

「保障はあるのか?他のコーチングは保証はあるのか?」

「人柄は信頼できるか?」

「ブランドは持っているのか?」

まだまだ、あるでしょう(>_<)色々な部分を「比較・検討」されます。ここで、差別化・専門性が弱いと・・・・

 

「やっぱり仙道のコーチングは他に比べて「○○」が弱いからやーめた」

「他の方が高額だけど、ブランドがあるからな~」・・・
「ガーン(ーー;)」という事になります(笑)実際、このような顧客心理はあなたが見えない所で、毎日発生しています・・・

 

「ユニクロのシャツと、ブランド物のシャツどっちにしようか?」

「シャツに高いお金をかけなくてもよくない?ジャケットが高ければ大丈夫だよ~」

「でも、シャツにこだわりがあるとカッコイイな~」

・・・(^_^.)最近の仙道の頭の中の争いでした(笑)吉祥寺で見た、高額なシャツが記憶から離れません。まさに(4)の状態です。あなたも、町やwebを見ていて、こんな状態がよくありますよね?我々は毎日のように、比較・検討されているわけです。

 

今回の話から、言える事は「比較・検討」というエリアをクリアすれば、あなたの商品は売れるという事です(>_<)(>_<)(>_<)「わー 凄い!!!!!!!」(>_<)頑張ろう~と思えます!

 

そこで大事になってくるのが差別化 であり専門性 であります。

 

あなたの専門性は、同業者と比べてどうでしょうか?常に比較されている事を予想してますか??


僕も改めて、差別化・専門性の大切さを、再認識しました!!!毎日考えていく必要がありますね(^_^.)今後とも、調査、差別化、専門性向上に向けて、頑張っていきましょう~~