共感する文章の作り方!読者の願望・悩みを理解しよう!

どうも、仙道です!

 

今回は文章での「共感」について解説します。
共感ライティングです。

 

文章で重要なポイントとして、信頼関係を作る「自己開示」は重要です。

しかし、自己開示だけをしていても、共感する文章にはならないのです。

「読者への共感」をしよう!

人間が仲良くなっていくにはまず、自己開示が必要です。

しかし、「一方的な自己開示」だけでは、ウザいキャラになってしまいます。

 

「この人は自分のことばかりだ」
「この人は私の悩みを理解してくれそうにない・・」

そう思われたら、いくらオープンな印象でも信頼関係が生まれづらいのです。

 

そこで必要になるのが「読者への共感」です。

 

「あなたは○○の部分で苦しんでいますよね?それはひどく辛いことですよね?」
「あなたは○○なビジョンや夢をお持ちですよね!それは、すごく素晴らしいことだと思います!」

 

と、いう感じで共感を示す必要があります。

 

あなたが、読者へ共感を示すことで信頼関係が増し、セールスした時の反応が、ガラッと変わります。

 

では、読者への共感をブログ、メルマガで文章によって表現するには、何が必要でしょうか?

 

読者への共感の第一歩

「読者への共感の第一歩」は、地味で申し訳ないですが、コレです。

 

「読者の願望・悩みを常に深く理解すること」

特別なノウハウなんて必要ありません。

 

リアルの人間関係だろうが、メルマガだろうが、ブログだろうが、同じです。

 

信頼関係を作るには

「相手のことをどれだけ深く理解しているか?」

という単純な部分にウエイトがかかっているのです。

 

売れてないブログ、メルマガは、この部分をすっ飛ばしていきなりセールスに入ろうとします。

それでは、読者はどんどん不信になっていき、セールスしても反応がでないのです。

 

読者のことを深く理解して共感を示すには!?

 

多くの人は、読者や、見込みクライアントを深く理解してない状態でブログ、メルマガを書いています。

 

それが、セールスしても反応が出ないトップクラスの原因です。

実は、恥ずかしいですが私も同じでした。

起業初期です。

 

その頃の私は「ペルソナ(仮想読者人物像)を明確にすればメルマガで売れる!」という理論を、正面から信じていました。

 

あなたも聞いたことがあるでしょうか?

その時のペルソナ像をシンプルに話すと「起業したいコーチ、男性・30代・サラリーマン・負けず嫌い」でした。

 

今思えば、私は「自分に似ている人物像」を自然と作っていたのです。

自分の価値観メインでペルソナを設定してしまったわけです。

 

そんなことは客観視できず、ペルソナが明確になったので、「これで、狙った通りのクライアントから反応が出てセールス効果が倍増するぞ!」と、本気でワクワクしていました。

 

しかし、反応が出たのは「女性」だったのです。

 

私の場合、今では、男性のクライアントさんも多いですが、起業当初は女性ばかりでした。

男性向けにメルマガを書いたつもりなのに、なぜか集まったのは女性ばかり。

当然、狙った通りの反応ではないので、売上は目標より低い状態でした。

 

その時の私は、自分と似た男性に向けてメルマガを書いていました。

すると、文章内容は「絶対に、結果を出せ!」「数字が一番大切!やりたいことに執着すると結果がでない!」などなど、ややスパルタ気味に発信をしていたのです。

 

反応が出るのは女性ばかりなのに、男性向けに文章を書いている。

今思えば、このままいくと非常に危険でした。

 

文章の方向性が変わったのは、あることを開始してからです。

それは、グループコンサルでした。

 

「読者理解」を目的に、グループコンサルを開いたのです。

 

そこで、「反応が出るのは女性が多いんだな~」と、はじめて気が付きました。

そして、女性読者から悩み・願望を細かくヒアリングできました。

 

その後、徐々に月収100万、200万と、私のメルマガは売上UPしていったのです。

 

この話には「読者を深く理解して共感を示すヒント」が隠れてます。

 

それは

 

「リアルで読者と合うことで読者理解は圧倒的に深くなる」

ということです。

 

こんな話をすると、以下のような意見を持つ方もいるかと思います。

 

「webで悩みを集める方法はないのですか??」
「メルマガでアンケートを取るとよいUSPが作れますか?」

 

もちろん、webやアンケートを活用することも有効ですが、やっぱり本質は、「読者像の真実は会ってみないとわからない!会うことに勝るものナシ!」ということです。

 

「読者に会って話を聞くこと」は「読者に共感を示す」ための確実な近道なのです。

 

私が男性向けに、ずっとメルマガを書いていたとしたら、今ほどの売上UPはなかったでしょう。

 

あなたも、webで調査することより「会って話を聞く」ということを、今すぐ実施してみてください。

「外れない共感ポイント」が見えてきますし、圧倒的に早く「真実」にたどり着けます。

 

さらに「一度会ったことがある読者」に向けて、メルマガを書くとスムーズに共感を示せます。

イメージが明確だからです。

読者と会うことは「読者の共感ポイント」が見えてきた瞬間であったし、信頼関係を作るが上手くなったきっかけでもありました!

是非、あなたも意識してみてください。

 

まとめ

「共感する文章の作り方」について解説しました。

共感する文章を作るためには、「読者の願望・悩みを常に深く理解すること」が重要なのです。

 

より「読者の願望・悩みを常に深く理解する」ためには、リアルで読者に会うと良いでしょう。

リアルで会うことで、読者理解は圧倒的に深くなります。

 

読者への理解が深まれば、共感する文章は自然と作れるようになります。

メルマガやブログを書き続けているのに、あまり反応がないという方は、ひとまず読者数名に会ってみると良いでしょう。

 

きっと多くのことが分かり、共感される文章を書けるきっかけになります。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );