エステサロンの独立開業マニュアルを公開!起業へのステップ・年収や開業費用も解説

仙道達也
どうも!仙道です!
エステサロンは高い人気を誇る職業であり、独立を検討する方も少なくありません!ただ、正しい手順や費用を知らないばかりに、失敗するケースも多いんです…。
そこで今回は、エステサロンの独立開業手順を5つのステップに分けて解説します。エステサロンの年収水準や開業コストのついても紹介するので、ぜひ参考にしてください。
また、以下リンクでは実際に数百名が成果を出している「web集客仕組化」をお伝えしています。最初の動画は無料で閲覧できるので、さっそくチェックしてみましょう。

エステサロンの独立前に|概要を解説

エステサロンは美容や健康を目的とし、様々な美容施術を提供する専門施設を指します。広義では業者自体を意味することもあるでしょう。

具体的な施術内容は以下の通りです。

  • スキンケア:フェイシャルトリートメント、化粧品の使用などにより、肌の美しさや健康をサポートします。
  • ボディケア:マッサージやボディトリートメントにより、筋肉のリラックスや血行促進を図り、リフレッシュや疲労回復を目指します。
  • ヘアケア:ヘアトリートメント、頭皮マッサージなどにより、髪の健康や美しさを保つケアを提供します。
  • 脱毛:永久脱毛や一時的な脱毛を行い、ムダ毛の処理をサポートします。
  • ネイルケア:ネイルアートやネイルケアを提供し、手や足の美しさを演出します。

上記はあくまで一例であり、まつ毛エクステやカラーセラピーなど、詳細なジャンルは多岐にわたります。まずは自分の得意分野を見極め、市場で通用するスキルを身につけましょう。

エステサロンの独立開業に必要な費用項目

エステサロンの独立開業に必要な費用は以下のとおりです。スタッフの有無や活動拠点の規模にもよりますが、基本的には以下を想定しておけば問題ないでしょう。

  • 物件関連費用:賃料または土地購入費用・敷金・保証金・改装・内装工事費用など
  • 設備関連費用:エステ用機器(マッサージベッド、フェイシャルマシン、脱毛器など)・美容関連用具(ハサミ、ブラシ、メイク道具など)
    レセプションデスクなど
  • 営業許可・免許関連費用:営業許可申請費用・美容師免許や専門職免許の取得費用など
  • 人件費:スタッフの給与(受付、エステティシャン、メイクアップアーティストなど)・社会保険など
  • 広告・宣伝費用:チラシ・ポスター・名刺などの印刷費用・ウェブサイト制作・運用費用など
  • 在庫・消耗品関連費用:エステ用化粧品やアイテムの購入費用・タオル・シート・使い捨てアイテムなどの消耗品費用など
  • 雑費・諸経費:電気・水道料金・オフィス用品・清掃用品の購入費用など
仙道達也
上記はあくまで一例です!自宅開業などでスモールスタートを徹底すれば、最低限のコストで開業できますよ!
たとえば、自宅開業するなら物件関連費用は大幅に抑えられます。スタッフなども雇わず一人起業に徹すれば、20~30万円でも十分事業を始められるので、工夫しながら予算に収めましょう。

エステサロンの独立開業後にかかる費用

エステサロンの独立開業においては、「開業時」だけでなく、その後の費用も想定しておかなければなりません。特に、税金関連や保険などは大きな出費になりがちなので、しっかり押さえておきましょう。

  • 税金関連費用:法人税、消費税、所得税などの税金
  • 保険料:備品保険、事業停止保険などの保険料など
  • 販売手数料:クレジットカード決済手数料などの販売に関する手数料

そして、もしスタッフを雇っている場合は、教育・研修費用も発生します。あらかじめ予算を確保しておくことで、無理なく対応していけるため、収支計画などと並行して試算してみてください。

仙道達也
個人事業主なら法人税はかかりませんが、売上次第で消費税はかかります。

エステサロンの独立開業5つのステップ

ここからは、エステサロンの独立開業に必要な手順を5つのステップに分けて解説します。

  • ビジネスアイデアの計画
  • サロン店舗の準備
  • 法的手続きと人材準備
  • 広告・宣伝活動
  • 事業スタート

スムーズにエステサロンを開業するためにも、ぜひ参考にしてください。

ビジネスアイデアの計画

まずはビジネスアイデアを明確にし、ターゲット顧客や提供するサービスを決定します。このタイミングで市場調査も行い、競合状況やサービスの需要も分析しておきましょう。

費用と予算を設定し、必要であれば融資なども利用することで、より効率的に事業を展開することが可能です。

仙道達也
もしうまくターゲットを決められないなら、以下の記事もご参考ください!
関連記事

仙道達也どうも、仙道です!今日は、ターゲットを絞らないといけないと分かっていながら、実践できないままでいる方に向けて、ターゲットを絞るとどれだけ良いメリットがあるのかを詳しく解説していきます。そして、[…]

やる気が出る!ターゲットを絞ると、ココまでメリットが!!

サロン店舗の準備

ビジネスアイデアやターゲットなどが固まったら、サロン店舗を準備します。ただし、初心者はあまり資金を消費しないよう、自宅開業でスモールスタートするのがおすすめです。

もし自宅に十分なスペースがない場合は借りるほかありませんが、以下のポイントに注意しましょう。

  • 接客・施術で別のスペースが確保できる間取りか
  • 改装費がかさまないような作り・内装か
  • 毎月無理なく支払っていける家賃か
仙道達也
出来る限り物件費は抑えた方が良いですね!家賃は決して自分のモノにはならないので、少しでも安い物件を探してください。

法的手続きと人材準備

物件の目途が立った後は、開業に必要な許可や免許を取得します。ただ、基本的にエステサロンは特定の資格を必要としないので、そこまで大変な手順は発生しないでしょう。

ただし、人材準備に関しては注意しなければなりません。そもそも売上が立たなければ人件費が払えないので、少しでも収支に不安があるなら、無理して採用する必要はありません。

広告・宣伝活動

エステサロンの成功には、効果的な広告と宣伝も不可欠です。

ターゲットのニーズに合わせたメッセージを伝えられるよう、Webサイトやソーシャルメディアを活用し、美容の専門知識を提供するコンテンツを共有しましょう。

  • ウェブサイトとブログ:オフィシャルウェブサイトを作成し、サービスの詳細や特典を掲載します。専門知識を提供するブログ記事も効果的です。
  • ソーシャルメディア:Facebook、Instagram、Twitterなどのソーシャルメディアプラットフォームを活用して、写真や動画を投稿し、キャンペーンを実施します。
  • インフルエンサーマーケティング:美容に関連するインフルエンサーと提携し、彼らがサロンの体験を共有することで、広告効果を高めます。
  • 地域広告:地元の新聞、雑誌、ポスター、チラシなどを使って、近隣住民に宣伝します。
  • Google広告:Google広告を利用して、関連キーワードで検索される際にサロンを目立たせます。

上記の他に、オンライン予約フォームや無料セミナーなども人気であり、初回割引などの特典を設け、顧客の関心を引きつけることでさらに効果が高まります。

また、持続的且つ高い集客効果を求めるなら、口コミマーケティングもおすすめ。クライアントからの評判を広めることで、オーガニックな信頼が勝ち取れるので、炎上などに注意しつつ収集してみてください。

事業スタート

ターゲットへ十分にPRしたうえで、エステサロンをグランドオープンします。もしここまでで予約が入っていれば大成功ですが、そうでない場合は引き続き広告活動を進めましょう。

申し込みが入らない以上、手法が間違っているケースもあるので、Webマーケターなどに依頼するのもおすすめです。

エステサロンの独立開業を成功させるポイント

ここからは、エステサロンで独立開業する時の注意点を解説します。

  • 予約制にする
  • 最新のノウハウを収集する
  • セールス・集約スキルも強化する

いずれも重要なポイントなので、ぜひ参考にしてください。

セールス・集約スキルも強化する

エステサロンに限らず、事業を成功させるには「仕事」を取らなければなりません。しかし、ただ美容スキルだけ磨いても、ターゲットを振り向かせることはできないでしょう。

そこで重要となるのが、「セールス・集客スキル」です。専用スタッフを雇わない限り、営業活動は自分で行わなければなりません。さらに、効果的な集客もクライアントの獲得には必要不可欠なので、もし可能ならスクールに通うか、マーケターに依頼してみてください。

予約制にする

エステサロンを開業するなら、基本的に予約制を採用しましょう。

予約制は事前に予定が定まっているため、メリハリがつけやすく、オフの時はリフレッシュや学習の時間に充てられます。クライアントにとっても、待ち時間が減少し満足度が向上するので、口コミマーケティングでも好影響が見込めます。

仙道達也
さらに補足すると、人件費の面でもメリットが。そもそも予約がない時は出勤してもらう必要がないので、リソースの最適化にも役立つんですよ。

最新のノウハウを収集する

エステサロン運営を成功させたいなら、常に最新のノウハウを収集しなければなりません。

常に激しい競争が繰り広げられる美容業界では、トレンドや技術も常に進化し、顧客は最新かつ高品質なサービスを求めています。最新情報をサービスに取り入れ続けることで顧客の興味を引き、さらに満足度を高められるでしょう。

さらに、トレンドに敏感なイメージを築き、信頼性を高めることで、競合他社との差別化を図ることもできます。

エステサロンの独立開業を成功させるには「web集客仕組化」がおすすめ

本記事では、エステサロンの独立開業に必要なステップや費用を解説してきました。エステサロンの開業には様々なコストがかかりますが、しっかり工夫することで大幅に削減できます。

ただし、最新情報を常に収集しなければクライアント離れを招くので、予約の入っていない日は常に学びに時間を費やしましょう。

仙道達也
そして、効果的な集客方法を身につけたいなら、以下リンクの仙道塾がおすすめです。数百名が成功を掴んだノウハウが学べるので、まずは無料コンテンツからチェックしてみてください。

動画再生画面イメージ