ステップメールの登録率が倍増した2つの理由

ども仙道です!

ブログからメルマガに登録をしてもらう際に、ステップメールを使うというケースが多くなってきていると思います。しかし、ステップメールを頑張って書いたにも関わらず、思ったような登録がない、最終的な成約まで繋がらない。セミナーやお茶会の募集をしても人が集まらない。こうしたケース多くあるようです。

そこで、今日は「ステップメールの登録率が倍増した理由」についてお伝えしていきます。

僕自身もメルマガの読者を増やすためにステップメールを頑張って作りましたが、最初から全てがうまくいっていたわけではありませんでした。何度も何度も修正と改善を重ねてきて、やっと成果の出る流れができました。

では、あなたのステップメールを呼んでくれる読者を増やすためには何をしたらいいのか?今日は僕が実践して登録率が倍増した2つの理由を解説していきます。動画で解説していることをより具体的に解説しているのでぜひ、最後まで読んでみてください。

コーチ・コンサルがやりがちな間違った思い込み

今日はステップメールの企画次第でメルマガの登録率が決まってしまうという話をしていきたいと思います。メルマガやステップメールはなかなか登録されません。ブログから登録されませんというお悩みを非常によく頂きます。

僕も全く同じでですね、最初ステップメールを作ってみたんですけど企画がいまいちで「起業するための7ステップ」みたいな、どこにでもあるような「幸せになるコーチングメルマガ」とか「稼げるネットビジネスのメルマガ」とかアメブロ上でよく見ると思うんですけど、普通の企画なんですね。

なかなか登録してくれないということで、やはりステップメール「誰に・何を・USP」これが基本になります。マーケティングと一緒ですね。ブログのコンセプトを作る時と一緒なんですけど。ここを徹底します。

これは聞いたことがあると思いますので、この中の話ではなくてこれをどこまで極めればステップメールに登録されるかということですね。

メルマガ読者が増えないもう一つの理由

コーチやコンサルとして起業している人は、メルマガの読者を増やすことがまず最初にやることになるのですが、メルマガやステップメールの企画次第で登録率が変わるということをまずはお伝えしました。実は多くの起業家が、やってしまいがちなことなのですが自分自身(=売り手側)が作りたいものだけを作っていても、登録率が上がることはありません。

マーケティングの考え方と同じですが、ターゲットを明確にし、どんな企画を作り、他との違いが明確になっているもの。そうしたものを企画として作ることがとても重要です。売り手となる自分目線だけでなんとなく買いてみる。売れそうだからととりあえず買いてみる。こうしたことは、とても楽なやり方なのでついついやってしまいがちです。そして、それが正しいと思い込みがちになってしまいます。

しかし、自分目線だけの間違った思い込みを避けて、メルマガに登録してもらえるステップメールの企画を作るにはどうしたらいいのか?その答えが2つありました。僕が実際にやってきたことを交えながらの解説を、後半にお伝えしていきます。

ステップメールに登録してもらう為の公式

ステップメールに登録してもらうための答えを言います。

それは、誰に何をUSPの企画を作るには、「リスク」なんのリスクかというとメルマガを登録するリスクです。このリスクが誰に何をUSPなどの企画の方が上回ればお客様は登録します。

なぜかというと、このリスクは、メルマガ登録したら売り込みがいっぱいくるんじゃないかとか、個人情報を漏れるんはないかとか。解除が簡単にできないんじゃないかとか。お客さんはいろんなリスクがあると思うんですよ。

僕のメルマガに登録していただいたお客様もかなりリスクを考えてやっと登録したという人もいます。今お伝えしたですね、迷惑メールが来るんじゃないかとか、そうした代表的なリスクもあるんですけど、もっと細かく考えてみればいろんなリスクがあるんですね。このリスクよりも上回る企画を作れば登録率は必ず上がります。

動画の画像

ステップメールの登録率を倍増させるためには、上の画像のような公式になるのでシンプルにお伝えしました。

あなたはメルマガ登録時に発生する
見込客のリスクについて考えたことはありますか?

多くの場合は、登録することのメリットやベネフィットのことばかりを考えてしまいます。ただ、本当に登録率を上げるには、メリットとは逆のデメリット(=リスク)を排除してあげる必要もあります。このリスクを排除することで登録率は簡単に上げることができます。

メルマガに登録する際のリスク

  • 売り込みがいっぱいくるかもしれない
  • 個人情報はちゃんと守られるのか?
  • 解除できなかったらどうしよう・・・
  • おもしろくなかっら嫌だな・・・
  • どのくらいの頻度で来るのかな?
  • これで本当に成果出るのかな?
  • 他のメルマガとかも来るかも・・・
  • 何か買わないとダメかも・・・
  • 登録しても何もこなかったらどうしよう

もっと細かく考えることもできますが、主にこうしたリスクがメルマガに登録する見込客につきまとっています。では、こうしたメルマガ登録のリスクをどのように排除すればよいのか、その答えをお伝えしていきます。

見込客が抱えるリスクを排除する4つの解決策

ここでお伝えする見込客が抱えるリスクを排除することを、「リスクリバーサル」という言い方をします。では、実際にどのようにリスクリバーサルをしていくのかをお伝えします。その方法はとてもシンプルです。

解決策1:リスクがないことを表記する
解決策2:お客様の声を載せる
解決策3:実績を載せる
解決策4:送られてくる内容を明記する

では、1つづつ詳しく解説していきます。

解決策1:リスクがないことを表記する

参考画像

実際に僕がどのように表記しているのか画像をご用意しました。メールアドレスを記入してもらう箇所が必ずあると思います。その下に次のような文章を記載しています。

  • ※「@24-coaching.com」というドメインからメールが届きます。あらかじめフォルダ分け設定を行って頂きますよう、お願い致します。
  • ※本メールセミナー及びメールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
  • ※ワンクリックでいつでも解除可能です。
  • ※メールアドレスは個人情報の観点より、プライバシーを遵守しております。

こうした一文を加えるだけでも、お客様に与える安心感が変わってきます。こうすることで、届かなかったら、個人情報について、解除できるなどのリスクを排除できます。

解決策2:お客様の声を載せる

これも画像を用意してみました。僕の場合、今はFacebookと連携をさせることでお客様の声を出していますが、必ずFacebookと連携をさせる必要はありません。ポイントは何を使うのかではなく、登録したらどうなれるのかを見込客に知ってもらうことが重要になります。

お客様の声を記載することで、内容に対するリスクや、どうなれるのかわからない。これら不安へのリスクを排除することができます。

お客様の声の参考画像

 

解決策3:実績を載せる

実績を載せるのは、あくまでも配信している人間が誰なのか。どんな活動をしているのか。この人から情報をもらうべきなのか。こうした不安材料を排除していくことができます。実際には自己紹介と絡めて記載するのがオススメです。

 

解決策4:送られてくる内容を明記する

送られてくる内容とは、ステップメールの内容を教えてあげるということです。例えば、7つのステップメールを作っているのであれば、「どんな人が、何を得られるのか、どうなれるのか」を伝えて上げる方法と、7つのステップメールの詳細を記載してあげる方法があります。

1つ目の方法は、ブログやランディングページの一番上のコピーで記載するのがオススメです。

2つ目の方法は、ランディングページや登録を促すページや記事の中で、1日目に何が届くのか、2日目に何が届くのか、そうした詳細と簡易的な解説をお伝えするのがオススメです。

どちらが良いのではなく、両方できるとより効果は増していきます。もちろん、どちらか片方でも問題はありません。できることからスタートしてみてください。

「できること」「できないこと」どうすればいいのか?|そんな時の解決策

今日お伝えした解決策には、誰でもできる内容と、今はできない内容などわかれるケースがよく存在します。そうすると、自分にはできないからと諦めてしまい、何もできなくなってしまう。なんてこともあり得ます。できることと、できないことがある場合は、全てをやろうとするのではなく、まずはできることは何か?できることに視点を向けてそれをやってみる。その癖をつけていきましょう。

どんなことでもそうですが、全てをやろうとする必要はありません。まずはできることからスタートする。そうすることで、メルマガへの登録率はしっかりと上がっていきます。メルマガの登録率で悩んでいるなら、ぜひ試してみてくださいね!

今日お伝えしたリスクリバーサルは、メルマガの登録率だけではなく、セールスレターを書く際、セミナーの集客をする際にも使える大切なものなので覚えておくと使えますよ!

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );