コーチング起業で1億を達成するビジネスモデル3つの条件を公開

仙道

どうも、仙道です!

コーチ、コンサル型の起業で「年商1000万~3000万」ぐらいを達成できるケースは、そこまで珍しくないです。私の生徒さんを含めて100名以上は知っています。

初心者の方は意外だと思いますが、起業して1年目、2年目で、通常のマーケティング、セールスをしっかりやれば達成できる数字です。今回は、私が3年間で1億をこえるコーチになれた3つの条件について公開いたします。

コーチング起業で1億を達成するビジネスモデル|仙道のクライアントが結果を出せる理由

コーチング起業で1億を達成するビジネスモデル|仙道のクライアントが結果を出せる理由

起業塾などの成果として「月100万稼ぎました」というようなお客様の声を公開している方もいますが、一時的なものなのであるならば、私は価値がないと思っています。

コンサル、コーチ起業で「年商1億、2億」になってくると、巷で教えられているノウハウでは通用しません。「達成するまでの階段」を知っている人がかなり限られます。エリート出身でない私が、2年、3年で1億、2億までこれたのは、すごく不思議だと思います。

 

そして、「エリート出身でなくてよかった」と思うことがあります。なぜなら、「ゼロから1億までの階段を自分の目ですべて見ることができた」からです。だからこそ、色々な状態の人をコンサルできるようになったのです。

「年商ゼロ~500万前後」スタートのクライアントさんでも、1年後で「年商1000万~3000万以上」、2年後で「年商5000万~1億以上」という調子で、2年経過すれば「1億以上」が確定してしまった人が複数います。

【まとめ】仙道塾お客様の声|よくある6つの悩みと成功事例

 

ぶっ飛んだクライアントさんは、リストゼロ、コンサル経験ゼロからスタートして、1年目なのに「年商8000万~1億」ぐらいが見えている人もいます。なぜ、仙道のクライアントは、ここまで伸びてしまうのか?

その1つの理由は、私が短期間で「ゼロから1億まで上り詰めた道のり」を、直接そのまま教えることができるからです。ただ、そのまま私のケースを教えてしまうと当てはまらない場合もあるでしょう。だからこそ、今回よい機会なので「1億コンサルになるまでの不変の法則」を考えてみました。

コーチング起業で1億を作るビジネスモデル「不変の3つの法則」

1億コーチ不変の法則

1億コーチになるためには、シンプルに考えて「3つの法則」がありました。あなたが将来、「1億コーチ」になりたければ、絶対にこの3つは必要です。

 

この法則は

  • 年商500万~3000万ぐらいで売上が低迷しているコンサルタントさん
  • 現在はコーチ、セラピストだけどコンサルタントになって単価を上げたい人
  • ゼロスタートからコンサルタントとして1億目指したい人
  • 現在はコピーライターやデザイナー、プロモーターだけど下請け作業ばかりで売上が伸びないのでコンサルタントになりたい人

上記のような方に、非常におすすめです。

成長型ポジショニングとは?

かんたんに言えば、

どの領域が専門で、誰に?何を?提供しているのか?

ということです。

 

世界的経営学者のピータードラッガーいわく、「ライバルと比べられても自分が優位に立てるマーケティングの陣地取り」です。私がよく言っている「差別化コンセプト」は、ポジショニングがダメだと絶対に機能しません。ここまでの話は、あなたもどこかで聞いたことがあるかもしれません。

 

ただ、注意したいのは「1000万ポジショニング」と「1億ポジショニング」は、まったく違うということです。「年商1000万~3000万」までは、よく言われる「ニッチに絞れ」でOKです。得意分野で市場を絞ることで、自分が優位に立てるからです。

 

ただし、1億を目指すとなると「ニッチに絞れ」では通用しません。市場が狭いので、売上に限界がきます。ということで、現在のポジションから「成長型ポジショニング」に切り替える必要があるのです。

あなたのポジショニングを進化させる必要があるということになります。

戦略×戦術スキルとは?

2つ目は、戦略×戦術スキルです。

なぜなら、1億を達成したいなら「クライアントの成果」「実績」があったほうが確実だからです。一発屋で終わらせたいなら「実績」は必要ないかもしれません。ただし、長く安定してコンサルビジネスをしたいなら「実績」は必須です。

仙道が、この3年間徹底的に磨いてきたスキルでもあります。100名以上が「100万~3000万以上」と売上UPに成功した理由は、コンサルスキルのおかげでもあります。ただし、世の中のコンサルタントの悩みで多いのは「クライアントが成果を出してくれない」というものです。

それには、大きな原因があります。

web上には「戦術コンサル」は多いですが、「戦略コンサル」はあまりいません。

戦術と戦略のちがいをすごくシンプルに言えば

戦術 ⇒ 部分の改善
戦略 ⇒ 全体の改善

です。

具体的にコンサルで例えると

「戦術コンサルの領域」
⇒アメブロ
⇒フェイスブック
⇒SEO
⇒ユーチューブ
⇒セールス
⇒高額商品作成
「戦略コンサルの領域」
⇒経営全体
⇒ポジショニング
⇒コンセプトメイキング
⇒ビジネスモデルの最適化
⇒LTV最大化

クライアントの成果を圧倒的に出すことができるのは、「戦略コンサル」のほうです。

 

なぜなら、「戦略コンサル」は、抽象度を上げた状態で全体から問題点を見つけるからです。だから、本質的解決が確実で早いのです。それに対して、「戦術」しか教えられないコンサルは、一部のクライアントしか成果がでません。

  • アメブロを教えても1部しか成果がでなかった・・・
  • フェイスブックを教えても1部しか成果がでなかった・・・
  • セールスを教えても1部しか成果がでなかった・・・

 

このようになるのは「戦術」しか教えてないからです。

本当の原因は、例えば、「ポジショニング」「LTVの最大化」にあったりするのに、部分しか教えてないのです。私が早い段階でクライアントの成果がでるようになった理由は、「戦術⇒戦略」を扱うようになったからです。最初はブログコンサルとしてスタートしましたが、そこから「ポジショニング」「コンセプト作成」「webマーケティング全体像」など扱うようになったからです。

以上の理由から、あなたが1億稼ぐコンサルとして実績をつけたいなら「戦略×戦術コンサルスキル」が必須なのです。

長期安定ビジネスモデルの構築とは?

ビジネスモデルを構築出来なければ、長期的に安定したビジネスにすることはできません。

年収1000万くらいであれば、少人数を相手にするようなビジネスモデルを構築しているだけで、達成することができます。分かりやすいように具体例を出すと、単価100万円の商品であれば、1年で10名と契約を交わせば達成することになります。つまり1か月で1名以下です。

しかし、1億となると、この10倍となるため、根本的な部分を変えていかなければならないのです。100万円を100名に売るとすれば、塾のような形式にすることも必要でしょう。100名ではなく、オンライン商材、オンラインサロンなども良いと思います。

 

いずれにしても、ビジネスモデルを見直す必要があるのです。

まとめ

1億コーチ不変の法則
1000万円くらいであれば、ここまでしなくてもいけるのですが、1億を狙うとなると、今回お伝えした3つの条件をクリアしなくてはなりません。1億をねらうのであれば、今回の内容を抑えて、ビジネスを展開していってください。

コーチング起業で年商1000万円を達成するまでのまとめ|成功の道筋

パソコン用の画像

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );