コーチングブログで売れる肩書きの法則!!知らないと損する!!

コーチングブログで売れる肩書きの法則!!知らないと損する!!

~なぜ、コーチコンサル起業家は肩書きが弱いのか!?~

business_phone_work_238415_l 

ども、こんばんは!コーチング、コンサル起業のブログ集客ばかり研究している仙道達也です! 今日は自己ブランディングコーナーの続きです。
 
前回の本当は誰にも教えたくない、売れるブログタイトルの設定方法!から説明しておりますがブログの売れるブランドは以下の3つです。

■ ブログタイトル
■ あなたの肩書き
■ あなたの実績

今日は2つめの要素、「肩書きに」ついて説明していきますよ!

 

肩書きは、目に触れる事が多い!

ブログタイトルを決めたら、次はあなたの肩書きをチェックしてみましょう!アメブロの場合、肩書きはプロフィール欄に記載されます。ペタを踏んだ時も表示されます。

よって、ブログタイトルと同じぐらい目につきやすい部分なのです!売れる肩書きという事で、基本的な考え方はブログタイトルの時と同じになってきます!

★         ★          ★
「ターゲット属性」 + 「ベネフィット」
★         ★          ★

なのですが、売れる肩書きのベネフィットとはなんでしょうか??少し考えてみてください!

・・・・・

「ベネフィット」=「読者さんから見たメリット」になりますので、こんな表現が適切です。

~~専門家
~~アドバイザー
~~のプロ!
~~専門コーチ

読者さんは、あなたの肩書きのどの部分を見るかと言いますと・・

「この人は”何の専門家”だろうか?」

という疑問が必ず浮かびますので、あなたの肩書きの専門性を見てきます!そして、自分にメリットを与えてくれる専門性なのかを、瞬時に判断します。

そこで上記の「~~専門」などの表現が入っていると非常にインパクトが強く、わかりやすいのです。ペタを踏んだ時も、訪問してくれる確率が上がります。

逆に悪い肩書き例として

・自分の名前のみ (仙道達也 など)
・友達から呼ばれるニックネーム (結構多いです)
・他のブログでもありそうな肩書き
ライフコーチ、マーケティングコンサル など

何の専門家なのか、非常に曖昧になってしまうのでお勧めできません。何度も同じ事を言ってしまいますが、有名な方は名前だけで専門性をアピールできますので、上記の悪い例でも問題ないのです(^_^.)

無名状態なら、有名な方の肩書きをそのままモデリングしてはいけません。本質が違います。

無名の段階では、無名の売れる肩書き戦略があります!

 
それが、「ターゲット属性」+「ベネフィット」つまり
「ターゲット属性に向けて専門性の高い肩書きを示す」
という事です!僕の場合【起業専門ブログ集客コーチ】という売れる肩書き戦略を取っております。この肩書きは理由があります。読者さんの以下の疑問に即座に答えるためです。

——————————–

誰に?(ターゲット) 

→起業目的の人に

・何を提供?(ベネフィット)

→アメブロ集客術を提供

・どんな専門性で?(専門性が高い事を示す、USP)

→プロコーチとして行動力、継続力の専門性

——————————–
この3つがすぐに示せるような肩書きが理想ですね!あなたの肩書きを今すぐチェックしてみましょう!少し変えるだけで、インパクトが強まるかもしれません!(^^)! 次回は「ブランディング要素、実績の見せ方」を紹介していきます!! お楽しみに!!

★今日のまとめ★
肩書きは専門性を明確に示すと、インパクトが増す!