起業への行動を進めるためにすべきこと!目標と期限を決める!

どうも、仙道です!

「起業したい」「起業するぞ」と思っても、なかなか行動に移せず、現状が変わらないという人は多いかと思います。

私も昔はそうでした。

 

2年近く前にある女性から言われたセリフがあります。

「なんで、仙道君は起業に向かって行動できないの??」

そこで、私はこんな言い訳をしていました。

→「今リサーチ中なんだよ!」
→「起業資金を貯めているんだよ!」
→「ビジネスパートナーが動いてくれないんだよ!」
→「ちゃんと本を読んで勉強しているよ!」

このような言い訳ばかりしていました。

 

自分では正当な意見のつもりでしたが、後で考えると「オレって起業から逃げているな~」と、ネガティブな気分になっていました。
(起業する事に対してのセルフイメージが落ちている)

実は、私は数年間このような気持ちを引きずってきました。

 

もしあなたが同じ状況である場合は、今日の記事はきっとお役に立てると思いますので、参考にしてみて下さい。

起業の第一歩に必要なものは?

「起業するために、第一歩は何が必要ですか?」
これは、私がコーチングセッションの時によく使う質問です。

 

もしクライアントさんが「わからない」と答えたら、私はチャンクダウンというNLPのテクニックをよく活用します。

チャンクダウンとは、目標を具体的に落とし込むテクニックです。
チャンクとは塊(かたまり)と言う意味で、その塊を小さくし明確化する事を言います。

 

そのため、クライアントさんが「わからない」と答えた場合には、まず「いつまでに起業したいですか?」と質問します。

クライアントさんが「6ヶ月後ですかね」と答えたら「では、3ヶ月後までに何を達成してますか?」とチャンクダウンして質問します。

 

さらに

「1カ月後までに何を達成してますか?」
「2週後までには何を達成してますか?」
「1週間後までには?」
「3日では?」
「今日は?」

と質問します。

 

すると、人それぞれ、答えは違うのですが・・

→「3カ月後までに、月商25万達成します」
→「1週間以内に、インターネットのお悩み掲示板で需要を調べます」
→「自分の見込み客が検索するキーワードを20コ出します」
→「今月中にビジネスモデルの候補を10コ以上出します。」

などなど、個人の「行動すべき具体的な目標」が出てくるようになるのです。(その他の質問をした結果)

 

自分の内側から出した答えですので「強い自己説得」が働き、「行動せざるえない」状況を作るのです。

 

あなたも「自分で納得いく目標」を決めたら、行動しますよね?
これが「他人から決められた目標」だったら、あなたのモチベーションは続くでしょうか?

 

他人から命令されるのはイヤですよね?
人は「自分で納得いく目標」でないとモチベーションは続かないのです。

 

この、「自分で納得いく目標」を細かく決めていくのがコーチングセッションなのです。

目標と期限の具体化

いつもの話になりますが「起業したい」といつも言っているのに、行動できない。

そういう方々の共通点は「目標と期限が具体的ではない」という点です。

 

「2~3年後には起業する・・・」

これでは「デカいケーキを丸ごと飲み込もうとしている」のと同じなのです。
どこから手をつければよいかわからないという状態なのです。

であるならば、「ケーキを細かくカットして」「フォークで1口サイズを取り」「1口が終わってから、もう一口」という感じで、食べていけば全部食べられますよね?

 

あなたは上記のように、

「3カ月後までには何を達成してますか?」
「2ヶ月後までには何を達成してますか?」
「1カ月後までに何を達成してますか?」
「2週後までには何を達成してますか?」
「1週間後までには?」
「3日では?」
「今日は?」

と質問されて「1週間後は~しています!」とすぐ答えられますか?

 

この質問にすぐ回答出来ない方は「今すぐ手を止めて」上記の質問に(マジで)答えてください。
15分以内で考え付く範囲で大丈夫です。

 

答えたあなたは、今よりも行動力が上がる事を保障します。

逆に答えることが出来ない方は、答えられるまで落とし込んだ方が良いです。

 

今、このタイミングを逃してしまうと、また元の「行動できない日常」に戻ってしまうからです。
ぜひこの機会を活かして、今すぐ取り掛かってみてください。

 

まとめ

「起業への行動を勧めるためにすべきこと!目標と期限を決める!」ということについてお伝えしました。

 

「起業したい」と思ったところで、何をしていいか分からなかったり、実際の行動を起こせなかったりすることは、起業初期の多くの人が抱える悩みだと思います。

しかし、そのままの日常を過ごしていると、いつまで経っても起業ができないままになってしまうのです。

 

重要なことは「期限を細かく決めて、今までにないぐらい目標を落とし込む」ということです。

今回お伝えしたように、どんどん期限を短くして、目標を立てていくのです。

 

遠い期限で、大きな目標のままでは、具体的に何をしていけば良いのか見えてきません。

しかし、期限を短く区切って、小さな目標にまで落とし込めば、今すぐやることが見えてくるのです。

 

少しでも行動に移すことができれば、起業の道を進んでいることになります。

まずは、期限を短く区切って、小さな目標にまで落とし込み、行動を起こしていってください。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );