「コーチング」VS「コンサルティング」結局どっちを勉強すればよい?

どうも、仙道です!

「コーチングとコンサルティングはどちらを先に勉強すべきですか?」
「どちらを先に受けるべきですか?」

よく聞かれる質問です。

 

人によってはどちらも考えていて、迷ってしまう方も多いようです。

 

では、「コーチング」「コンサルティング」一体どちらを勉強すればよいのでしょう?
それとも、両方とも勉強した方がよいのでしょうか?

両方勉強するとすれば、どちらを先に勉強すれば、結果が出やすいのでしょうか?

 

今回は、そういった疑問についてお答えしていこうと思います。

コーチングとコンサルティングは何が違うの?

 

そもそも、コーチングとコンサルティングは何が違うのでしょうか?

正直言いますと、最近は区別がなくなってきている気がします。

 

肩書きはコーチでもコンサルティングの要素が強いセッションをしたり(私もその一人です)肩書きはコンサルタントでもコーチングを使ったりと、厳密には仕切りがない世界だと感じています。

 

よく言われている特徴について、それぞれ書いてみます。

《コンサルティング》
→専門知識が高い
→アドバイスをしてくれる
→悩みに応じたアドバイスをしてくれる
→細かい部分まで教えてくれる
《コーチング(カウンセリング)》
→マインドの専門性が高い
→基本アドバイスはしない
→質問して、本音を引出したり、気づきを与える
→自発的に行動したり、答えを出したりするサポートをする

あくまでもよく言われている内容です。

 

コーチングも、コンサルティングも、カウンセリングも、セラピーも、ヒーリングも、抽象的な世界で見れば、「人の悩みに答える仕事」という点で共通しています。

だから、私の場合は、区別するのはあまり好きではありません。
コーチングもコンサルティングも両方とも同じ感覚なのです。

 

どちらを先に受けた方がいいの?

コーチングとコンサルティングについて、「どちらを先に受けた方がいいか?」と聞かれたら「コーチング」と答えます。

 

なぜなら、知識やノウハウは、今の時代いくらで手に入りますが、「行動力」「思考力」は、なかなかすぐには手に入らないからです。

 

先に知識やノウハウがあっても行動できない、使いこなせないという状態だと「宝の持ち腐れ」という事になります。

行動力のない人がコンサルを受け続けるとお金が大量になくなります。

 

行動できないから、何度もコンサルを受けにくるのです。
実にもったいないことです。

 

コーチングを受けた後で、知識やノウハウを手にすれば、学んだ事を行動に移せるようになります。

ほとんど方がコンサルティング→コーチングの順番で受けている感じがしますが、逆の方がお勧めです。

 

ノウハウを知りたい願望が強すぎて、先にコンサルを受ける人が多い気がするので、注意してください。

 

ノウハウの価値はどんどん薄れていく

現代のネット社会は「ノウハウ」で溢れています。

数年前は珍しいノウハウが、今ではネットで検索すれば無料で手に入る事が多いです。

 

なぜでしょう?

それは、ブログやSNSなどの無料媒体が発展して、無料で情報を発信、閲覧できるようになってきたからです。

 

「有料で手に入れた情報の形を変えて無料で発信する方が増えているということです。

形は変わっていますが「内容は同じノウハウ」が沢山出回っています。

 

少し例を挙げれば、納得するのではないかと思いますので、例を挙げてみます。

例)
引き寄せの法則
思考は現実化する
前向きなイメージが成功を生む

など、言いたい事は全部同じですよね?

 

「この人のノウハウには凄い価値があるのではないか?」そう思ってしまう方はまずネットで検索して調べてみてください。

無料で同じようなノウハウがたくさん出てきますから。

 

「検索力」と「リサーチ力」があれば大体の情報は調べることができます。

今後の情報社会では、ノウハウにお金を使わなくなる可能性も出てくるかもしれません。

 

ツールなど便利な物を売った方が長続きするかもしれないです。

だからこそ、先に行うべきは「行動力」「思考力」を手に入れることができる「コーチング」であると言えるでしょう。

 

お金を使わなくても手に入るノウハウは、ネットから情報を得ながらコーチングを学ぶ。

コーチングを学んで、ネットでは分からない場合には、コンサルティングも学ぶという流れが良いのではないかと思います。

 

まとめ

「コーチング」と「コンサルティング」はどっちを勉強すればよいかということについて、お伝えいたしました。

 

コーチング、コンサルティングの境がなくなってきているものの、どちらが先かと言われれば、圧倒的にコーチングを先に学んだ方が良いと言えます。

先に行動力をつけた方が、ノウハウやアドバイスを実行に移せるようになるからです。

 

ノウハウを学び続けても、実行に移せなければ、何の結果お得られないのです。

 

さらに、時代背景として、ノウハウの価値はどんどん薄れていっています。大体のノウハウ
は無料で手に入る社会になりつつあります。

起業家として生き残るためには、ノウハウに依存していては厳しい時代になるかもしれません。

 

コーチングのスキルを先に学んで、行動できるあなたになっていってください。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );