WEBマーケティングのスキルを独学で学ぶ勉強法3選

仙道達也

どうも仙道です。

Webマーケティングを学ぼうと思った時、まず浮かぶのはどこかで学んだ方が良いのか、独学で学ぶことができるのかかと思います。Webマーケティングを学ぶことは、起業する際にも、副業で稼ごうと考えた時にも役に立つスキルの一つです。

私はWebマーケティングを実践することで、年商7億円まで事業を伸ばすことができました。そのスキルや経験は仙道塾という起業家向けのWebマーケティング塾でも多くの方が成果を出しています。

ここではWEBマーケティングのスキルを独学で身につけるための方法を、知識編と実践編にわけて解説します。

 

Webマーケティングは独学で学べるのか?

WEBマーケティングは独学で学べるのか?

Webマーケティングに限に限らず、マーケティングについて学ぶことはできます。しかし、それは知識として情報を学ぶということであり、実践で使えるかどうかは別ものです。マーケティングは大きく「知識」「スキル」「経験」の3つに分類して考える必要があります。

知識:本や動画などでも学ぶことはできる
スキル:実際にやってみないと使えるようにならない
経験:実践を経て得たノウハウや結果から分析し得た情報なので学ぶことはできない

Webマーケティングでは、ダイレクトレスポンスマーケティング(通称:DRM)という手法が多く用いられます。

メルマガなどを使ったリストマーケティングもDRMが使われている代表的な手法となります。

 

DRMとは

DRMは、直接(ダイレクト)反応を(レスポンス)取得、確認できるマーケティング手法のこと。

DRMの参考例

  • メルマガを1000人の読者に向けて配信
  • 1通のメルマガで商品が10個売れた

この場合は次のように置き換えることができる。

  • リスト:1000件
  • 成約数:10件
  • 成約率:1%

上記の数字を見てわかるように、メルマガ1通に対して何件の反応があったのかを把握することができます。これがDRMの最大の特徴になります。

関連記事

ども、仙道です!「ダイレクトレスポンスマーケティング」という手法についてお伝えします。ダイレクトレスポンスマーケティング」は、コーチ・コンサル・セラピストを始めとする個人起業家にとって、売上を上げるために絶対必要となるマーケティング[…]

ダイレクトレスポンスマーケティングの概要と実践方法

 

WEBマーケティングにおけるDRMの独学は可能か?

DRMを独学で学ぶことは可能です。しかし具体的な何かを学ぶということではありません。他社が実践している手法や書籍や動画などで公開されていいる範囲での事例の取得などのようなものが大半です。そして、そこで学び得られるものは情報(知識)でしかないことは覚えておきましょう。

DRMを独学で学び得られるものは次の通りです。

  • 他社(他者)の事例
  • DRMのやり方や計測方法
  • DRMに関するマーケティングノウハウ

独学で学ぶことでしか得られないことですが、やはり実践を通じてでしか得られないことはたくさんあります。例えば・・・

  • メルマガのタイトルによる開封率
  • ブログタイトルによるアクセス数
  • 様々なメディアを通じて得られるアクセス流入
  • プロモーション時の反応や言葉の選び方
  • ランディングページの成果測定
  • 広告出稿時の反応率や文章の書き方・デザイン
    など

知識として知っていても、実践の中で得られる数字を見れるということはマーケティング活動において必要不可欠。

ダイレクトに数字を見ながら改善をしていく。それがDRMにおけるスキルと生きたノウハウになります。

ですが、実際に知識を持っておく、他社(他者)の事例を知っておくことは強い武器になります。そうした知識の独学法や実績も経験もない状態からどう実践で経験値を増やしていくのかを紹介していきます。

 

Webマーケティングの独学法|知識編

WEBマーケティングの独学法|知識編

Webマーケティングの独学法は3つに分類することができます。一つ一つ解説していくので参考にしてください。

 

書籍で学ぶ

紙媒体の本や電子書籍のように、一般的に販売されている本を読み知識の蓄積ができます。

概念や考え方などはもちろん、書籍によっては実例を紹介してくれている本もあります。どのような本を手に取るかによって変わりますが、1冊や2冊ではなく、最低でも10~20冊ほどは読んでみると、共通して言われていることも見えてきます。

一字一句暗記するように読むのではなく、まずは流し読みで大丈夫なので何冊か書籍を手に取り読んでみましょう。

本を読み慣れていない場合、最初は「まんがシリーズ」や「図解シリーズ」から入るとイメージがつきやすくなり、その後の本を読む際の抵抗を軽減することもできます。

 

動画で学ぶ

動画で学ぶ際のおすすめとしては2つあります。

・Udemy
・YouTube

 

Udemyで学ぶ

Udemy公式サイト
Udemy公式サイトより

Udemyは買い切り型のオンライン講座になっており、学びたいことや知りたいことを中心に講座を選択し購入することができます。価格帯も安価で初学者にとっても手が出しやすいのが特徴です。

ただし、最新の事例や実例を解説してくれているケースは多くありません。あくまでも知識を得るという目的で活用するようにしましょう。

Udemy公式サイトはこちらから

 

YouTubeで学ぶ

仙道達也YouTubeチャンネル
仙道達也YouTubeチャンネル

YouTubeでマーケティングなどのキーワードで検索すると、多くの動画が出てきます。

YouTubeの良い点としては、マーケティングを進行形で実践している人の話が聞けるところです。その反面で、デメリットもあります。それは情報過多に陥りやすく結局どうしたらいいのかわからなくなりやすいことです。

私のYouTubeでもマーケティングに関する内容は発信していますが、基礎的な内容よりも実践的な内容が多く、初学者にはイメージがつきにく可能性もあります。

まずは基礎的な部分(知識)を持つ、そして次の章で紹介する実践編と交えながら学ぶことでマーケティングをスキルとして学ぶことができるようになります。

 

ブログで学ぶ

ブログで学ぶ方法もありますが、YouTubeと同じようなメリットとデメリットが存在しています。

最近ではわかりやすく解説をしてくれてるブログが多くなっていますが、反面で知識として得るには情報過多に陥りやすい傾向があります。

1つの分野に関して5~10個ほどのブログを読み、共通することは何か、抑えておくべきポイントは何かを把握する目的で見るようにしましょう。

 

番外編|メルマガに登録する

番外編としてメルマガに登録して学ぶ方法について紹介します。

メルマガで何かを学ぶ場合には注意すべき点が存在します。それは何かしらのセールスを受けることが前提にあるということです。

メルマガを発行する側はお金を支払い、労力を使って運営をしています。その理由は売上につなげることができるからです。つまり、メルマガに登録をしていれば何かしらのセールスがくることを覚えておく必要があります。

ですが、そうしたセールスを仕掛ける側の考え方や手法を学ぶ点においては、メルマガに登録することは有効です。売られる側の受けての姿勢ではなく、学びの姿勢で登録することはWebマーケティング、DRMを学ぶ上でも良い事例収集になります。

私のメルマガは下記から無料で登録ができます。

 

WEBマーケティングの独学法|実践編

WEBマーケティングの独学法|実践編

Webマーケティングを使えるスキルとして独学で学びたいなら、まずはあなた自身が実践してみることが最短最速でスキル習得につながります。

Webマーケティングを実践しながら学ぶには、WordPressを使ってブログ運営をやってみることが一番おすすめです。

ブログを運営していると、どのくらいサイトがみられているのか、どこからみに来てくれているのか、みに来てくれた人がどんな行動をとっているのかなどをあなた自身が把握できるようになります。

また、ブログ記事を検索時に上位表示させるにはどうしたらいいのかと考え実践することで、マーケティング思考を実践レベルで習得できるようになります。

ブログを始めるにはサーバーやドメインの取得からWordPressのインストールと、初学者にとってはハードルが高く感じられがちです。しかしそうした手順を踏んでいくことで、使えるスキルを手に入れることができるので、まずは実践をしてみましょう。

ブログの始め方について、パートナーのブログで画像付きで手順を紹介してくれているので、紹介しておきます。参考にして取り組んでみましょう。

FUN blog

ブログ集客に取り組むなら、ワードプレスでブログを作りたい。 ホームページをワードプレスを使って作りたい。 そうした想いを…

 

ブログを立ち上げた先でやっておきたいこと

ブログをスタートしたら、もう一つやっておきたいことがあります。

それは実際に商品を売ってみることです。

この時に販売する商品はあなた自身の商品やサービスではなくても大丈夫です。アフィリエイトなどのサービスを使い、他の人の商品やサービスを紹介して実際に販売をしてみましょう。

ブログ内で直接販売する、メルマガ読者を集めてメルマガで紹介し販売する。どちらの方法でも大丈夫です。実際にセールスまで経験することで、マーケティングのスキルを「知っている」から「使える」レベルまで高めることができます。

 

Webマーケティングを独学する際の落とし穴

WEBマーケティングを独学する際の落とし穴

最後にWebマーケティングを独学で学ぶ際の注意点を紹介します。

本文中でも紹介してきましたが、マーケティングを学ぶ際には「知識」「スキル」「経験」の3つに分けて考える必要があります。

実践をせずに学べるのは「知識」までです。スキルや経験は実践を通じて得られるもの。そのことは忘れずにおきましょう。

関連記事

仙道どうも仙道です。コーチ・コンサルなどの個人起業家が活動をする上で必要不可欠な要素に「マーケティング」があります。集客をしてセールスをする上でお客様の元に商品やサービスを提供する為にマーケティング活動が欠かせません[…]

マーケティングの勉強方法を解説|最も効果的な学び方と使い方

 

まとめ

Webマーケティングは独学で学ぶことは可能です。しかし実践なくしてマーケティングをスキルとして習得することは難しいもの。

知識としてマーケティングを学ぶのであれば、動画や書籍だけでも十分ですが、その先の使えるスキルを手に入れたいのであればブログを立ち上げてみて、そしてブログに人を集めることからスタートしてみましょう。

Webマーケティングを実践的に学びたいなら、私のメルマガで紹介している動画講座もおすすめです。マーケティングの考え方から、具体的にどのように集客を行い、セールスにつなげているのかなどの勉強にもなるので登録してみてくださいね。

パソコン用の画像