ライティングは「類似ワード」で表現と質を磨け!

仙道達也

どうも、仙道です!

『類似ワード』というものをご存知でしょうか?

ブログ・SNS、そしてセールスレターなどを書く時に非常に役立つものになるので、その重要性と見つけ方についてお届けします。ワンランク上の文章を書けるようになるためにも、ぜひチェックしてみてください。

 

類似ワードとは?

類似キーワードとは

検索キーワードと完全には一致しないが、類似しているキーワードのことです。

例えば、『コンサルタント』というキーワードを設定した場合、「コンサル」「カウンセラー」「相談役」などのワードが類似キーワードと考えることができます。

ブログやSNSで文章を書いていく中で、類似キーワードの重要性を解説させていただきます。

類似キーワードの重要性

読者に伝わりやすい文章を書くために「類似キーワード」が重要な役割を持っています。

例えば、さきほどの「コンサルタント」という言葉ですが、もしも「コンサルタント」という言葉の意味・イメージがあまりピンとこない読者がいたとします。

その場合、この読者に対しては「コンサルタント」という言葉よりも「相談役」という言葉の方が意味が通じやすく、こちらが伝えたい内容も理解してくれることがあるのです。

つまり、たくさんある同じ意味の言葉のなかから『相手の頭の中にある言葉』を選択して使ってあげることで、より伝わりやすい文章を作成することができるようになります。

そのために、「類似キーワード」を抑えておくことは、かなり重要なポイントとなります。

 

SEOから見た類似キーワードの重要性

SEOの観点からみても、類似キーワードは重要な役割を持っています。

例えばあなたが「コンサルタント」というキーワードで、ブログ記事を書いているとします。この場合キーワードは「コンサルタント」になりますので、文章の中で、何度も「コンサルタント」という言葉を使うことになると思います。

しかし「コンサルタント」という言葉の代わりに、例えば「相談役」とか「カウンセラー」という言葉を使ってあげることで、Googleが『この記事はコンサルタントについて、わかりやすく書いている記事だな』という判断をしてくれることに繋がっていくのです。

つまり、メインキーワード「コンサルタント」の類似キーワードを文章の中にちりばめてあげることで、SEO的には高評価を受けやすく、結果として検索結果の上位表示につながっていくのです。

注意
不自然に類似キーワードを使いすぎることは逆効果なので、あくまでも違和感のない自然なスタイルで使用してください。
関連記事

仙道どうも仙道です。ワードプレスを使ったブログを活用する上で、SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション:検索エンジン最適化)について理解しておく必要があります。SEOと聞くだけで、苦手意識を持[…]

SEOで上位表示を狙う方法|グーグルの評価を得る3つのポイント

 

類似ワードを使うポイントと使用例

類似ワードを使うポイントと参考例

 

実際に類似ワードを使っていくポイントを簡単にお伝えします。

例えば、「コンサルタント起業で成功しませんか?」という言葉は、かなり見慣れた表現だと思います。こうしたストレートなメッセージはWEB上でたくさん見かけるので、あなたの見込み客もこうした表現は見慣れている可能性が高いです。

ライティングをするときに大切なポイントは、「またこのメッセージか」と見込み客に感じさせないことです。少し別の言い方をすると、見込み客があなたのメッセージを見たときに「えっマジ?」「えっなにこれ?どういうこと?」という具合に、注意を引きつけてあげることが最も重要なことになります。

では「どうやって注意を引くのか?」となったときに、有効なのが類似ワードを使用することです。例えば下記の参考例のような形で類似ワードを使い、見込み客が普段見慣れていないような表現・言葉でメッセージを作ることを心がけてください。

類似ワードの使用参考例
*赤のラインが「類似ワード」を元にして表現を変えている部分です。

・コンサルタント起業で成功しませんか?
・コンサルタントとして年収1000万円を実現しませんか?
・コンサルタントとして誰もがうらやむ成果を手に入れませんか
・コンサルタントとして自由な時間に働き、好きな場所で働きませんか
お客さんが途切れることがないコンサルタントになりませんか?


使用参考例のような表現・単語の言い換えを見つけるために、類似ワードを活用していきます。では類似ワードをどのように探せばいいのか?その方法を次にお伝えしていきます。

 

類似キーワードの探し方

類似キーワードの探し方をいくつかご紹介します。あなたの見込み客に伝わりやすそうな表現や言葉を探す方法としてご参考ください。

ラッコキーワード

https://related-keywords.com/

先述の「コンサルタント」の類似ワードは、『ラッコキーワード』という無料ツールを使用して調べています。

ラッコキーワード

URLにアクセスすると、検索窓が表示されますので、そこにキーワードを打ち込んでください。そして、検索結果が表示されたら、左のメニューバーの中にある「類語・同義語を見る」をクリックすると類似キーワードをチェックすることができます。

 

類語・関連後・連想語などを確認できる無料ツール

類似キーワードを文章に盛り込むだけでなく、その類語や関連語、キーワードから連想される言葉を用いることでも、文章の質を高めることに繋がっていきます。

weblio(類語検索)

https://thesaurus.weblio.jp/

類語や同義語、関連語、言い換えなどを知りたいときに便利なツールです。

weblio

 

連想語辞典

https://renso-ruigo.com/

キーワードから連想される言葉が知りたいとき、類義語よりも広い範囲でキーワードと関連する言葉を見つけることができます。

連想語辞典

 

共起語検索ツール

https://neoinspire.net/cooccur/

共起語とはあるキーワードと一緒に使われることの多い言葉のことです。厳密に言えば、類似キーワードとは少し違うものにあるのですが、文章の中に「共起語」を用いることで、伝わりやすい文章・SEO的にも評価されやすい文章を作りやすくなります。

共起語検索ツール

 

上位30サイトで使われている共起語を抽出してくれる「共起語検索ツール」です。検索結果が少し分かりにくいですが、検索窓のすぐ下に共起語一覧が表示されます。

 

共起語を使うポイント

共起語をうまく使うことで「SEOに強いコンテンツ」を作りやすくなります。

検索順位を決めているGoogleのクローラーは、コンテンツの意味や内容を把握しているのですが、単語」をもとにコンテンツの中身を把握しているとも言われています。

つまり、メインのキーワードに関連するキーワードが適度に使われているほど、SEOの評価が上がりやすいのです。つまり、共起語は「このコンテンツはユーザーにとって有益な情報が書いている内容なのか」を判断する目印になるということです。

 

まとめ

類似キーワードは文章の質を高めるために、非常に重要な要素となります。ライティングに慣れてくると、自分の文章が単調に感じてしまうことも増えてくると思います。そうしたときに、ここで紹介したツールを使って、類似キーワードや、共起語などを利用してみてください。

今までよりも見込み客に伝わりやすく、かつ、SEOとしても評価をされやすい文章が書けるようになっていきます。

関連記事

仙道達也どうも、仙道です!もしブログ集客で成果を出せず悩んでいるのであればSEOを意識した記事を書く必要があります。ここでお伝えするSEOとは、GoogleやYahoo!検索した際、自[…]

SEOに強い記事の書き方|ブログ集客初心者のための3Step

パソコン用の画像