コーチ、コンサルの高額請求が「スンナリ通る法則」とは?

どうも、仙道です!

起業家としてビジネスを行っていく中で、大きな壁となるのが「高額商品の販売」です。

 

また、そもそも商品単価を上げること自体に抵抗がある人も多いかと思います。

 

今回は「コーチ、コンサルが高額請求してもクライアントが受け入れてくれる法則」がありますので、それについて紹介していきたいと思います。

高額請求がスンナリ通る「法則」とは!?

 

私は、ほんの少し前まで「高額請求」は「悪」だと思っていました。

「セールスクロージング」だけ上手くやる人が、回りに多かったからです。

 

しかし、今は、「高額料金」の方が、クライアントさんが結果を出す傾向が強いと知りました。

  • 「安い値段」も
  • 「高い値段」も

実施してみた結論です。

 

「でも、それは仙道さんだからできるんでしょ!」
「私は値段を上げると、クライアントが来なくなります!」

 

こんな反論をされそうなので、今回は「高額請求でも売れる法則」を紹介します!

 

感情の○○に注目せよ!

コーチングやコンサルの「高額請求」を可能にする「法則」が存在します。

この法則は、かなり強力で、この法則を駆使して成功している人も多いのです。

 

その法則とは、「心理ギャップによる感情の落差が大きいか?」というものです。

 

これは「どんな事」を指しているかと言いますと、単純に説明すると「どん底」からの「大成功」です。

 

例えば、私の場合「コーチ、コンサル集客で月収100万、200万!」とは、言いません。

こんなタイトルは”どこにでも”存在するからです。

 

ではなく「”web苦手”コーチ、コンサルでも月収100万、200万!」と言います。

 

「web苦手」からの「月収100万」という「心理ギャップ」を意図的に作ったわけです。

気が付いたら、自然とやっていました。

 

最近読んだ、ダイレクトレスポンスマーケティングの第一人者「神田昌典」さんの本。

その中にも書いてありました。

 

「心理ギャップ」で人は購買すると。

神田さんは、文章をチェックする時「心理ギャップ」に注目するらしいのです。

 

それぐらい、大切な部分なのです。

 

実際に売れている事例から学ぶ

イマイチ、ピンとこない方がいると思いますので、「売れている事例」を出しましょう!

 

「ブサイク男」でもかわいい子と○○できる技術
「ヘタレでビビり」な私でも年収1億円
「普通の主婦」が、カリスマオーナへ転身できる○○講座
「学年ビリのギャル」が1年で「偏差値を40上げて」慶應大学に現役合格した話

上記は実際に売れているタイトルです。

 

売れているタイトルには、このような「心理ギャップ」が結構な割合で入っています。

やっぱり売れている物は「法則」にのっとっていることが分かります。

 

ここで、「あなたの経験」を思い出してほしいのです。

  • 「喉がかわいた時」のコーラ
  • 「お腹が減った時」のふつうのゴハン

いつもよりも、遥かに美味しいですよね。

 

つまり、「現在の不快」と「ゴールの快感」の差が大きければ、大きいほど、人は「高額請求」でも受け入れるというわけです。

 

心理ギャップが高額請求を可能にする!

人間は「目先の利益」を欲しがります。

 

しかし「利益」の先には、必ず「感情」があります。

その「感情」の”快感度合”が「心理ギャップ」なのです。

 

最初から快感の人が快感を得ても、ギャップが生まれません。

だからこそ「心理ギャップによる感情の落差が大きいか?」という部分に、敏感になる必要があるのです。

 

心理ギャップを上手く活用することが出来るようになれば、高額のものでも簡単に売れるようになります。

高額請求がすんなり受け入れられるのです。

 

難しく感じるかもしれませんが、あなたも「心理ギャップ」を作る事をお勧めします。

 

よく、アメブロで見るありがちなタイトルの

「やりたい事発見コーチングブログ」

より、

「やりたい事がわからず、毎日苦痛な女子が天職を見つけ、毎日ワクワクを引き起こすブログ」の方が、売れる可能性は圧倒的に高いはずです。

 

あなたのビジネスで、どんな「心理ギャップ」があれば、お客様が高額請求をすんなり受け入れるようになるのか?

こういったところを、リサーチして、あなたのビジネスにどんどん取り入れていってください。

 

まとめ

「コーチ、コンサルの高額請求がスンナリ通る法則」ということについて、解説いたしました。

 

重要となるのは「心理ギャップ」を上手く取り入れることです。

 

心理ギャップが大きければ大きいほど、感情が動かされます。

「どん底」からの「大成功」は、それだけの効果があるものです。

 

結果、高額請求であっても、すんなり受け入れてくれる可能性が飛躍的に上がるのです。

ビジネスを安定させるためには、安い商品ばかり売っていても難しいです。

早い段階で、高額商品を作成し、高額商品を売っていくことが重要です。

 

高額商品は、普通に売っていても、なかなか売れるものではありません。

 

しかし、今回お伝えした「心理ギャップ」を上手く活用することが出来れば、すんなり売れてしまう状況を作り出せます。

 

成功者の多くが行っていることですから、あなたもぜひ取り入れてみてください。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );