メルマガから体験セッションの申込みが来ない!どう打開していったのか!?

どうも、仙道です!

今回は「メルマガからの体験セッションへの申込が来ないときの打開策」について解説します。

 

ブログにバナーを貼り、SNSでキャンペーンなどをして、メルマガリストを取得しました。
満を持して、「体験セッション、セミナー、お茶会などの募集」をします。

 

しかし、「ほとんど反応がない!」ということが起こるのです。

一体どういうことなのでしょう?

 

メルマガ、ステップメールの内容が悪いのか?
募集の内容に問題があったのか?

様々な要因が考えられてしまうかもしれません。

 

今回は、私の経験を元に、その原因となる重要なポイントについて、お伝えしていきたいと思います。

リストが取れているのに、体験セッションの申込みがない!

リストが取れてきた!

ステップメールの最後に「体験セッションの案内」を入れれば、申込みが勝手に来るだろう。

私は、そう思っていました。

 

「リストさえ手に入ればビジネスは安定する」

 

ネット上で言われている、ダイレクトレスポンスの常識を守ったつもりでした。

それはウソではありません。

 

しかし、仙道の場合、1週間後、2週間経過しても

 

「あれ、おかしいな?1件も体験セッションの申込みが入ってこない」

「申込みフォームの設定が間違ったのかな?」

 

そんな、気楽に考えていた仙道でしたが、「3週間以上経過しても体験セッションの申込みが来ない」「これはマズイ」

 

すぐに思ったのは「ステップメールの中身」です。

「ここに問題があるのではないか」と考えました。

 

しかし、中身を変えようとしても「9ステップ」も作ってしまったので、どこを変えればよいか判断が難しいのです。

 

すごい、手間もかかりますし・・・。

「1通目がダメなのかな?」
「3通目に、自分の暗い過去を話したから嫌われてしまったのかな?」

ステップメールの中身のどの部分に原因があるか、予想がつかないのです。

 

「1通のメルマガ」だったら、すぐ原因や改善点が見つかるのですが、ステップメールが9通もあると大変です。

「これが原因かもしれないが、これが売上を上げている要因になるかもしれない・・・」

「決定的な原因部分」を探すのが、すごく難しかったのです。

しかし、もっと「単純な所」に原因があったのです。

多くの人がしがちな「同じミス」

私が見てきた限り、結構なコーチ、コンサル、セラピストの方が同じミスをしています。

 

それは「体験セッションの募集」に「期限を切ってない」ということです。

期限というのは「残り3日です」というヤツです。

 

売れている人のメルマガでは、必ず入っています。

売れてない人ほど嫌がって使わないのですが、かなり重要です。

 

私のクライアントさんは「期限」を切って募集を開始すると、ブログだけで5人以上申込みが来たケースもあります。

 

それだけ、「期限」は大切です!

 

ということで、ステップメールの最後に期限を決めて募集をしてみました。

 

以下のような感じです。

 

このメールが届いてから「5日以内」に限り体験セッションが無料になります。

 

その結果どうなったでしょうか?

 

反応は少し上がりました。

が、イマイチでした。

 

たまにステップメールから体験セッションに申込みがあったのですが、どうもクロージング率が悪いのです。

そんなに買う気がある見込み客さんではないのです。

 

ならば、「セールスクロージングを強化しよう!」と、思うかと思います。

 

でも、その前に、「もっと楽な方法」があったのです。

まだ試していない「あの手」があったのです。

メルマガよりも契約率がUPする方法

ステップメールを作り込んで、体験セッションの期限を切って「申込み率」を上げたわけですが、まだまだ契約が安定して獲得できる状態ではありませんでした。

 

「なぜ、期限を切っているのに体験セッションの申込みがイマイチなのか?」
「なぜ、本契約をするつもりがない人ばかり、体験セッションに来るのか?」

またまた考えても「答え」が出ない状況になりました。

 

「契約率」を上げる為に色々考えましたが、また長いトンネルに入りました。

 

私なりに色々と原因を予想しました。

 

ステップメール内の

  • 文章が下手
  • ノウハウに価値がない
  • 感情を動かせない
  • まだまだ実績がない

という理由なのか?

 

それとも、もっと「単純な部分」に原因があるのか?

 

この時期は、契約率を上げるため本を読み漁りましたが、やっぱり「答え」は書いてありません。

 

ただ、1つだけ「確実に原因」になっている事柄が、頭のスミにありました。

 

あまり考えたくなかったのですが、それは「まだまだ信用されてない」ということです。

 

当時の私は「ステップメールで信頼関係を作り、最後に期限を切れば体験セッションの申込みが来る」と強く思っていたので、ショックでした。

 

私としては「体験セッションの申込み仕組み化」を完成させたつもりでしたが、まだまだ、見込みクライアントとの「信頼関係構築」が足りなかったのです。

 

だから、もっと「信用度を上げる秘策」が必要だったのです。

 

しかし、まだそんな手はあるのか?

ありました!

一歩、「高い視点」で考えてみたら、存在したのです。

 

それは「信用度を上げるために見込みクライアントに直接会うこと!」でした。

 

すごく単純です。

でも、この時点で、仙道はまだセミナーをやったことがなかったのです。

 

webだけで契約を獲得しようとしていたので、「狭い視点」で戦略を考えていました。

だからこそ、セミナーを実施すれば、ほぼ確実に信用度は上がるだろうと思いました。

 

「よし!セミナーやろう!そこから体験セッションを獲得すれば、契約率は上がるはず!」

単純なので、また意気込みましたが、また「問題」が発生したのです。

当時、300リストぐらいでしたが、セミナーを開催しても人が集まるか不明でした。

 

そして、当時の私は「大人数」の前でプロのコンサルとして、振る舞うほど、自信がなかったのです。

「どうしよう、下手なセミナーをやって失敗したら、契約もしてくれないかも・・・」

当時、大勢の前でしゃべった事がなかったので、かなりビビっていました。

 

「コールセンター」の仕事のおかげで、マンツーマンで話すことには慣れていましたが、大勢の前で話してセミナーを成功させることなど、当時の仙道からしたらイメージできなかったのです。

 

「なんか、いい方法ないかな~」

「まてよ、また視点を高くしてセミナーの枠にとらわれず戦略を考えればよいのでは!?」

「本質は、”信用度”が上がればいいんだ!」

 

そう考えた仙道が取った行動は・・・。

 

体験セッション開催へ

「セミナーより楽に開催できて、体験セッションの契約が獲得できる方法はないのか?」

 

セミナーは大勢集めなくてはいけないし、緊張する。

だから、できればビビりの私としては避けたい。

 

私は、セミナーに対してネガティブなイメージを持ってしまいました。

「まったく参加者がいなくてバカにされたらどうしよう・・・」

そう、私がもっとも怖かったのは、参加人数が埋まらないという悪夢です。

 

「20人の席」に「5人」しか埋まらなかったら、その5人の参加者は「仙道さんって売れてないんだね」となるに決まっている。

「ガラガラのセミナー会場」で、むなしくセミナーをしている自分のイメージが湧き出ました。

とても怖かったのです。

 

「その後、参加者さんが二度と来てくれなくなるのでは?」という不安が、あふれ出します。

そのため「大人数のセミナー」は、できるだけ避けたかったのです。

 

では、どうすればよいのか?

 

色々考えていたら、途中でひらめいたのですが、今回の「本質的ゴール」は、「信頼関係が上昇して、本契約を買う気のある方の体験セッションが増えればよい」ということでした。

 

いくら、体験セッションが増えても「買う気のない人」を増やしては意味がない・・・。

ということは「買う気のある人を少人数”でも確実に呼べればよいのでは?」と、気が付きました。

 

まさに、「弱者の戦略」です。

 

そして、本質のゴールを見極め、必要性を追求していった結果、「少人数で、信頼度が上がるイベントを実施すればよい」という結論に至りました。

 

すなわち「セミナー」ではなく

  • ランチ会
  • お茶会
  • 交流会
  • グループコンサル

という名目で、イベントを開催すれば、「3人~5人」の人数で場が成り立つのではと考えたのです。

 

「では、さっそくイベントを企画しよう!!」

そしてビビりな仙道は、最もハードルが低い「無料交流会」という名目で募集を開始しました。

 

最初は「5人」からスタートで、料金は無料にしました。

ハードルは最大限に低くしたかったのです。

 

このようにして、少しずつ厳しい状況を打開していったのです。

 

まとめ

「メルマガから体験セッションの申込みが来ない!どう打開していったのか!? 」ということについて、実体験を元に解説しました。

 

最初は、全く反応が無かった募集から、

  1. 期限を付ける
  2. 信頼を獲得するために会う
  3. セミナーはハードルが高いので、無料で少人数集める

というように、1つずつ問題点をあぶり出し、解決していったのです。

 

起業家として活動していくと、多くの問題にぶつかるはずです。

しかし、何かしらに原因があります。

 

そこを1つ1つ見つけ、打開していってください。

 

メルマガで募集しても上手く行かない方は、今回お伝えした方法で、打開できる可能性がありますので、実施してみてください。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );