【ステップ3】ターゲット絞り込みを8回変え、成功した事例

どうも、仙道です!

前回の記事より「web集客で年商1000万を安定する13ステップ」について、ステップ1から順に解説しています。

 

《web集客で年商1000万を安定する13ステップ》

  1. セルフイメージ・ミッション・ビジョンの明確化
  2. ポジショニング戦略
  3. 差別化コンセプト作成
  4. 30万~120万円の高額商品を作成
  5. ブログ、メルマガライティング強化
  6. メルマガリスト取り手法
  7. ステップメールの精度UP
  8. セミナー、グループコンサル企画術、集客術
  9. セールス・クロージング
  10. webから直接クライアントを獲得する技術
  11. web広告戦略
  12. SEO戦略
  13. 「1対多」のビジネスモデル。商品のライン拡大

 

今回は「ステップ3」です。

 

実際に仙道自身が経験してきたことを元にリアルな部分を公開していきます。

コーチ、コンサル、セラピストなどで起業をしようとしている人や、起業したのに上手く行かないと感じている方の参考になるはずです。

ライバルに勝てない現実と集客できない現実

「ブログのポジショニング」「差別化コンセプト」の実体験です。

 

当時、ブログを書き始めたのはよかったのですが、「自分の好きなこと」だけ書いても、集客できないと気が付いた仙道でした。

しかも、「実績ゼロ、強みゼロ」で、すでに回りは有名なコーチ、コンサルばかり。

逆立ちしても、年商5000万、1億を超えている人には勝てない。

 

くやしいけど、「後発組スタート」の自分は、何も差別化できない状況でした。

 

今だから言えますが、当時は「売れる差別化ってオレみたいな不器用な奴にできるのかな?」と、不安になり、途中でブログをやめようと何度も思いました。

 

「もともと学歴や職歴がある人がコーチングやコンサルで成功するのでは?」
「自分みたいな学歴、職歴、強みナシの人間が差別化などできるのだろうか?」

と、半分あきらめモードに入っていたのです。

 

当時、私は、いろいろなビジネスで失敗して、ローンも300万近く貯まっており苦しい状況。

さらに務めていたコールセンターを一刻も早く辞めたい状況。

コールセンターのクレーム対応で鬱病が2回発生していたのです。

 

このままではヤバい。
早く辞めて自由になりたい・・・

 

ブログをやるかたわら、コーチングを友達に売って練習していました。

 

ただ、それだとどう頑張っても、「数万円」もらうのがやっとでした。

それ以上、友達からお金をいただくのは申し訳なく思ったのです。

結果、その後の関係が悪くなるので、私はあまりやりたくなかったのです。

 

毎月、アメブロで「体験セッション」の募集をかけるですが申し込みはゼロのまま。

たま~に来る申し込みは「買う気ゼロ」のひやかしでした。

 

体験セッションを募集するのもイヤになっていました。

 

当時の肩書は「目標達成コーチングの仙道」

これではライバルが「数万人」もいるweb上で売れるワケがありません。

 

では、仙道は絶望の状態からどう改善していったのでしょうか?

絶望から脱出するためにやったこと!

絶望から脱出するためにまずやったことは、「ターゲットの絞り込み」です。

 

ここをまずは徹底しました。

具体的に言いますと、私は「8回」肩書を変えました。

もう、当時は「売れるまでやってやる!」という覚悟でしたね。

 

以下、肩書が変わる様子です。

  1. 目標達成コーチ
  2. 起業・副業コーチ
  3. 集客コーチ
  4. web集客コーチ
  5. ブログ集客コーチ
  6. コーチ、コンサル専用ブログ集客コーチ
  7. web苦手コーチ、コンサル専用ブログ集客コーチ
  8. web苦手コーチ、コンサル専用ブログ集客コンサルタント

ここまで、「半年~8カ月」くらいの時間を使っています。

 

マーケティングの専門家で1億以上稼いでいる人でも、やっぱり、最初は同じぐらい苦労したと言ってました。

8になってようやく「ブログ集客」が爆発してきたのです!

 

メルマガリストもバンバン申し込みが来て、それまで「1日1件登録」だったのが、「1日10件以上」に増えました!

体験セッションもブログからドンドン来るように!

 

この時は、「自分の差別化コンセプト」が固まりメチャクチャうれしかったです。

それまでの「不器用なセルフイメージ」もガラリと「プロ」に変貌したからです。

 

なぜ、仙道は「肩書」を8回変えたことでうまくいったのでしょうか?

それは当時の仙道が必死になり、

  • 時代
  • 顧客ニーズ・ウォンツの移り
  • 自分の強み、情熱
  • ライバルの動き

など、最低でも「4点」を同時並列で考えて、テストを繰り返したからでしょう。

 

「実績ゼロ、強みゼロ」の私にはかなり不利で、1人でできる技ではなかったのですが、一生懸命やりました。

この経験のおかげで、「マーケティングの教科書」に書いてない”差別化のポイント”が、複数見えるようになったのです。

 

だから、現在は、ゼロスタートの人から相談されても、2回、3回コンサルすれば「その人の売れる方向性」が見えてくるのです。

あなたはひょっとすると「具体的に差別化のポイントはどこなんですか?」と気になったかもしれません。

 

それは、すべて仙道塾のセミナーで公開しているのですが、今回は少しだけヒントを出します!

 

コチラの動画で詳しく解説しております。

 

「8回変えてわかった!見込みクライアントはココまで絞れば正解!」

まとめ

起業をするにあたって、「ターゲットの絞り込み」は、とても重要です。

私が実際に肩書きを8回も変えているように、ターゲットの絞り込みは、かなり難しいと言えるでしょう。

 

しかし、ターゲットの絞り込みが成功した結果、今のような状況を手に入れています。

 

あなたも、今回の仙道の例を参考に、ターゲットの絞り込みを行ってみてください。

ここが上手くいくだけで、ビジネスが飛躍的に伸びる可能性がありますので、ぜひやってみてください。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );