自分の強みがない人でも売れっ子コーチになるには?

仙道達也
どうも、仙道です!

 

ビジネスを行っていく上での、最重要課題の1つとして「USPの作成」があります。

今まで上手く行っていなかった人が、USPを変えたことによって、ビジネスが好転するということは、ごく当たり前のように起こることなのです。

 

今回は、そんなUSP作成についての注意点、ポイントについて解説していきます。

 

USP作成|強みが見つからない原因

USP作成|強みが見つからない原因

 

 

USPを作成する際に、「あなた自身の強み」を探ることになりますが、この時、邪魔になってしまうことがあるのです。

 

以下の2つです。

  • ライバル
  • 市場

 

強みを見出すために、自分の過去を掘り下げていく際に、

「ライバルと比べたら大したことない」
「市場を見ても、欲しいと思う人はいないだろう」

と、勝手に考えて、自分の強みを掘り出す手を止めてしまうのです。

 

自身の強みを掘り下げる際には、ライバルや市場はひとまず無視して、どんどん書き出すようにしましょう。

そうしなければ、本来強みとしてUSPに入れることが出来ることであっても、埋もれさせてしまうことになるのです。

 

パクられないUSP作成のポイント

パクられないUSP作成のポイント

 

自身の強みを数多く書きだした後に出てくる問題が、「どの強みをピックアップしてUSPにすればよいのか?」ということです。

あなたの過去から「100個」も「200個」も出した強みをの、どれを使えばよいか迷うかと思います。

 

そんな時は、この基準を意識してみてください。

 

それは

「自己主張」でなく「客観的事実」になる物をUSPとして採用する

 

どんな意味でしょうか?

 

例えば

  • 「私は人を助ける想いが強いです」
  • 「私は、コーチング技術でいえば誰にも負けません」
  • 「私は、○○の資格を持っているので○○能力が異常に高いのです!」

これらは、自己主張です。

 

自己主張とは「自分の頭の世界だけで成り立っている事実」という定義ができます。

 

この状態だと、クライアント側はちょっと反応しないのです。

「USPの裏付け」が弱い形です。

 

感覚的にUSPを作るとやってしまいがちなので、気を付けてください。

それに対して「客観的事実」は、以下のようになります。

  • 「1万人以上の男女心理学を見てきました」
  • 「15000人以上のweb素人サポート経験があります」
  • 「顧客の90%以上がリピートしております」
  • 「接客対応2000人以上経験があります」

つまり、第三者が見ても納得がいくような「強み」なのです。

 

「自己主張」ではなく、「客観的事実」をUSPに採用すると、簡単にはマネされなくなります。

 

もちろん、あなたの「想い」「価値観」「信念」などもUSPに入れてよいです。

しかし、1つぐらいは「客観的事実」があると強いUSPが完成しますので、ぜひ入れるようにしてください。

 

関連記事

仙道達也 どうも、仙道です! 起業塾などでも重要視されるUSPですが、一度作り込めば半永久的に使えるというものではありません。 むしろ、バージョンアップをしながら、ビジネスも発展させていく必要があります。 […]

文章が苦手でも克服する方法|まとめ

 

 

「え~でもそれって、実績がないとできなくないですか?」

と、あきらめる人が出てしまうでしょうか?

 

それらの対処方法は、次の項目でお伝えします。

 

「自分の強み」が見つからないときの対処方法

対処法

 

少し、私自身の例を出してみます。

仙道の場合、起業する時はどうやって「強み」を見つけたのかということです。

 

当時、

  • ネットワークビジネス
  • アフィリエイト
  • せどり、転売

など、すべて失敗した私は絶望の淵でした。

 

それまでに積み上げてきた経歴・職歴などがなかったからです。

高卒後に、クラスメイトはみんな大学に行ったのですが、私はミュージシャンを目指し専門学校へ。

 

その後、フリーターや派遣スタッフをしながら、音楽を続けます。

だけど、音楽の仕事がない。
気が付けば、26歳。

みんな、正社員でまともに働いている。

 

それで自分の経歴を振り返ってみると

 

  • 高校卒業
  • 売れないミュージシャン歴8年
  • その間フリーター
    ⇒ コンビニ1年
    ⇒ スーパーレジ2年
    ⇒ プール監視員2年
    ⇒ データー入力1年
    ⇒ コールセンター派遣3年

私は、大学も行ってなく「正社員経験」がゼロなのです。

 

他の売れているコーチ、コンサルに比べ「エリートな経歴」もゼロでした。

「学歴」「資格」「職歴」どれも、平均以下です。

 

おまけに「コーチング資格」すら取得してない。
(当時、借金200万近くありましたので、無理でした)

「もう、後がない・・・オレはこの先ずっと派遣かフリーターなのか・・・」

そんな、追い詰められた仙道が、ひらめいた方法がありました。

 

もし、あなたが「強み」が出ない場合でも、諦めないでください。

以下の2つのポイントを踏まえて、あなたの経歴を見直してみて欲しいのです。

 

ポイント1:徹底的に数値化する
ポイント2:ターゲットから見て、どの能力が一番魅力的なのか

数値化することで、見え方が大きく変わります。

 

仙道を例にするならば、派遣でのコールセンター勤務歴が3年あったのですが、これを別の表現にすると、「15000人対応」というように変えることが出来ます。

 

次にポイント2の「ターゲット」については、「誰向けにやるか、相手が何を求めているかで表現の仕方が変わる」という点に注意してください。

ターゲットが変われば、魅力的に感じるものが変わるからです。

 

仙道の場合で言えば、「コールセンター勤務歴3年」という表現よりも、「Web苦手な人15000人に分かりやすく教えた経験」の方が、圧倒的に魅力的なのです。

 

このようにして、数値化と魅力的な表現を使っていくことで、「強みが見つからない」と思っている人でも、かなり凄い強みが出てきますので、トライしてみてください。

 

関連記事

仙道達也 どうも、仙道です! ビジネスで売上を獲得していくためには、様々なマーケティング戦略が存在します。数ある戦略の中でも、個人起業家が売上を獲得するために重要なのがライバルとの差別化です。 ライバルとの[…]

起業家の成功に欠かせない差別化コンセプトの作り方

 

まとめ

「強みからUSPを作る時のポイント!強みが無い人もUSPは作れる!」ということにお伝えしました。

 

基本的なこととしては、「自己主張でなく客観的事実」を優先することです。

 

USPで客観的事実であれば、簡単にはマネされなくなります。
まさしくUSPとなるのです。

 

また、「強みがない」という悩みがある方は、「徹底的に数値化する」「ターゲットから見て、どの能力が一番魅力的なのか」というポイントを抑えて作成していってください。

 

USPの出来次第で、ビジネスは大きく変わります。

しっかりとターゲット層に響くようなUSPを作成してみてください。

 

以下の動画でも、詳しく解説していますので、見てみてください。

パソコン用の画像

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );