起業しても翌年にはいなくなる「よくある失敗」4つの原因を回避する対策

仙道達也

どうも仙道です。

コーチやコンサルタントとして起業しても、翌年にはいなくなってしまう人をよくみます。残念なことに、私のマーケティング塾(仙道塾)に参加した人にもそうした人は存在しています。

では、なぜせっかく起業したにも関わらずやめてしまうのか、よくある失敗を詳しく解説していきます。逆に言えば、よくある失敗のポイントを乗り越えることができれば長く稼げる起業家に近づくことになります。

これまで年間100名以上の個人起業家を見てきたから分かる、その視点から徹底解説。

起業して気づけばいなくなる人に”よくある失敗”4つの理由

起業して気づけばいなくなる人に"よくある失敗"4つの理由

起業するなら、当然稼げるようになりたいと思うはずです。

様々なセミナーに参加したり、教材を購入して勉強したり、起業塾に参加したり、コンサルタントにお願いをしたりと、何かしらの行動をする人が多いでしょう。

その結果、一時は成果が出る、一時は売上が伸びることはあっても、長くは続かない人が圧倒的多数。

なぜそんな結果に陥ってしまうのか、その理由は次の4つが最も多いものとしてあります。

  1. 動機が不十分
  2. 集客ができなくなった
  3. 継続できなかった
  4. 資金不足に陥った

それぞれを詳しく解説していきます。

 

動機が不十分

コーチやコンサルタントの道を選んだということは、次のようなケースが該当するはずです。

  • どうしてもやりたいことがある
  • どうしても達成したいことがある
  • 学んできたスキルを活かしたい
  • 自分の力で稼げるようになりたい
  • これまでの経験や知識を活かした仕事をしたい

 

結論を言うと、こうした想いを持って起業し、その気持ちを持ち続けてしまう人は長くビジネスを続けるこができません。

その理由は、動機が全て自分に向いてしまっていることにあります。

ビジネスはお客様がいて、そのお客様の悩みや問題を解決することで初めてサービスとして成り立ちます。

 

この時、あなたが提供したいことを軸にして考えてしまうと、お客様の姿が見えなくなってしまいます。

マーケティングの能力が高かったり、セールスが得意であれば、なんとか売り続けることはできるかもしれませんが、正直ジリ貧です。

自分を軸にして考えるのではなく、お客様を軸にして考えることがビジネスを長く続けていく最も重要なポイントです。

そしてそのお客様(ターゲット)は、あなたの動機から設定する必要があります。

 

動機とは、ゴールやミッション・ビジョンと呼ばれるものです。

起業しても失敗する人には、この動機が曖昧だったり、決まっていないケースが圧倒的に多く存在しています。

 

集客が出来なくなった、または出来なかった

2つ目のよくある失敗は、「集客が出来なくなった」または「集客できなかった」です。

「できなくなった」ということは、以前はできていたことが前提になっています。

「できなかった」は、言葉通りの意味で、最初から最後まで集客ができなかったケースです。

 

ビジネスをする上で、集客はとても重要なことで、集客ができなくなった時点でジリ貧、またはアウトとなります。

ここで気をつけて欲しい点は、集客を2つの段階で考える必要がることです。

  • メルマガ読者を集める集客
  • 顧客を集める集客

 

メルマガ読者を集める集客は、ブログやSNSなどから、あなたのメルマガ(またはLINE)に登録をしてもらう段階です。

見込客の獲得とも言います。

 

顧客を集める集客は、メルマガ読者(=見込客)から顧客になってもらうためのものです。

フロントエンド、またはバックエンドの購入をしてもらうことが該当します。

 

起業して失敗する人は、2つの集客ができない、もしくはどちらかの集客ができずいなくなっていきます。

本当によくある失敗の原因なので、常に状況を把握しながら活動をする必要があります。

 

継続できなかった

よくある失敗の3つ目は「継続できなかった」ことにあります。

起業すれば、ブログやSNSはもちろん、メルマガやLINEを継続し続ける必要があります。

そして、継続をしていくためには、膨大なエネルギーを使うことになります。

 

ここで、「動機」の話を絡めますが、動機が不十分であればあるほど、使用するエネルギーは膨大になっていきます。

同時にモチベーションの維持も難しくなり、継続させること自体が苦痛に。

継続することを習慣化することができれば起業家として成功する近道に変換させることができますが、そのためには「動機」と「エネルギー」があってこそだと覚えておく必要があります。

 

資金不足に陥った

4つ目のよくある失敗の理由は、資金不足。

コーチやコンサルタントの場合、資金不足と聞いてもパッとイメージがしにくいかもしれませんが、言い換えれば「生活資金不足」となります。

 

起業した場合、副業とは違い収入源が他に無い状態です。

  • 起業時に貯金をしていたが、継続していくうちに貯金が目減りしていき最終的に無くなる
  • 持っていた貯金を使い、高額なセミナーや起業塾に参加したが成果が出ずに貯金が無くなる
  • セミナーやコンサルをお願いしたりと、お金を使ってばかりで成果が出ず、貯金が無くなる

こうしたケースは本当によくあることです。

 

特に、ノウハウコレクターやセミナージプシーに陥ってしまうケースが一番最悪なケースと言えます。

お金を稼がなくてはいけないにも関わらず、お金を使い側になってしまう。

行動もできず、お金も無くなり、起業した目的からどんどん遠ざかっていってしまいます。

 

コーチやコンサルとして起業する場合、初期費用は本来かからないもの。

それでも、生活費で消耗したり、学びに投資をしてばかりでは、お金はいくらあっても足りません。

そうしていくうちに、活動をするよりもお金を稼がなくてはいけなくなり、バイトや社員に戻ってしまう人は少なくありません。

 

起業後の”よくある失敗”を回避する具体的対策

起業後の"よくある失敗"を回避する具体的対策

前の章で紹介した4つのよくある失敗の理由、これらをどのように回避すべきかを解説します。

一つ一つを解決しようと思ったら大変なことですが、実は最も重要な1つを改善するだけで他の失敗する理由を改善させる糸口にすることもできます。

あなたが起業して、翌年にはいなくならないためにも是非参考にしていただき回避していきましょう。

 

ゴール設定・ミッション・ビジョンを明確にする

まずは「動機が不十分」という理由を解消していきます。

実は、ここを改善するだけで残り3つの失敗する理由も解消させることができるようになります。

 

ゴール設定とは、起業する理由を明確にすることです。

たとえば、私の場合一番最初のゴール設定は「前の職場を辞めたい」でした。

起業する理由が明確になっていれば、そこに力を注ぐ、エネルギーを注力する必要性が生まれます。

そして行動ができる自分へと変わっていきます。

 

ビジョンとは、あなたが起業して実現したいことは何か、どんな世界を作り上げたいのかを明確にすること。

私の例を出すと、「サポート文化を広める」となります。

サポート文化を広めることで、直接のクライアントだけではなく、その先にいるお客様も幸せになれると考えています。

そうした皆が良い状態であることを実現するためのサポート文化です。

 

ミッションとは、ビジョンを実現するために何をすべきかを明確にしたものです。

私のビジョンは「サポート文化を広めること」でしたが、それを実現するためにサポート文化に共感をしてくれる個人起業家を集め、まずはその人たちが稼げる状態になってもらうこと。

稼げるようになるということは、その人の元にはたくさんの人(お客様)がいる状態を作ることにつながります。

そこで、サポート文化をさらに広めてもらえれば、私のビジョン実現にまた一歩近づくことができるといういことです。

 

ゴール設定・ミッション・ビジョン、この3つがビシッときまっている時、あなたのビジネスは誰に向けたもので、何を提供すべきかが具体的になります。

私であれば、サポート文化を広めるために、まずは個人起業家の中でも、コーチやコンサルタントとして活動している人に絞ることができました。

そして、その人たちが悩んでいることで、私が提供できること、それがWeb集客だったというだけのことです。

このように需要と供給がマッチさせるためには、あなたのビジョンに基づき誰に向けた活動にすべきかを考えておくことがとても大切になります。

関連記事

どうも、仙道です!「起業したい」と頭の中では考えていても、「なかなか起業できない」という方は多いかと思います。しかし、私はかなり早く起業できました。 なぜ仙道達也はいち早く起業することができたのでし[…]

仙道達也が起業できた理由とは?ゴール設定と正しい進み方が鍵

 

動機が明確になれば集客は間違いなくできる!

集客ができない原因で最も多いのは、ターゲットが明確になっていないことです。

ターゲットが明確になっていないビジネスは、どんなに素晴らしいサービスを持っていても、差別化することができず、売れるコンセプトを作ることができません。

「動機の中のビジョン」から考え、そのビジョンを達成するには、誰に向けて情報を発信すればいいのか、どんな悩みを抱えていて、どんなサービスが求められているのかを見つけていきます。

下記の記事で私のクライアントの事例をもとに解説をしているので、ぜひ合わせて読んでみてください。

ビジョンとターゲットの関連性について具体的に解説をしています。

関連記事

仙道達也どうも仙道です今回はピーター・ドラッカーが教えてくれた、ブレずにビジネスでグングン伸びる秘技についてお話していきます。ピーター・ドラッカーの本はたくさん出ていますが、抽象度が高くて本質[…]

 

起業をすれば、集客は常に欠かせない行動であり、そうした集客活動をマーケティング活動とも言います。

リスト獲得をするには、ブログを書く、SNSで投稿をするなどの必要がありますが、ただ闇雲に更新だけをしていても集客にはつながりません。

ターゲットに向けて、差別化したコンセプトに沿った内容で、価値ある情報(求められる情報)を発信することが成功の鍵となります、

ターゲットの絞り込みが苦手な方は下記の記事を見ながら、あなたのターゲットは誰なのかをこの機会に見直しておきましょう。

関連記事

仙道どうも、仙道です!マーケティングの勉強をしていると「ターゲット設定が大事」といわれています。しかし、「ターゲットの設定が大事」と頭ではわかっていても、できない・やり方がわからないという人が多いものです。[…]

ターゲット選定を正しく行い業界No.1ポジションを獲得する方法

 

ターゲットが決まっていれば、差別化コンセプトは一気に作りやすくなります。

差別化ができない、コンセプトが決まらない人は、ターゲットが明確になっていないことと同時に、売りたいものがあり、その気持ちが強く出すぎてしまっている傾向があります。

売りたいものを軸に考えるのではなく、ターゲットの抱える悩みに合わせて売りたいものを作り直し「売れる商品」として打ち出していきましょう。

差別化コンセプトの作り方を知りたい方は下記の記事で具体的に解説をしています。(仙道塾でも教えている方法です)

関連記事

仙道達也どうも、仙道です!ビジネスで売上を獲得していくためには、様々なマーケティング戦略が存在します。数ある戦略の中でも、個人起業家が売上を獲得するために重要なのがライバルとの差別化です。ライバルとの[…]

起業家の成功に欠かせない差別化コンセプトの作り方

 

コンセプトは決まっているけど、商品が売れずに悩んでいる、売れる商品の作り方を具体的に知りたいのであれば、下記の記事が必ず役に立ちます。

関連記事

どうも、仙道です!「売上をもっと伸ばしたい」このように悩む起業家は多くいます。売上を伸ばしたいと悩む起業家に
共通する問題点の1つは、商品の価格が低いことです。コーチング1回5,000円コンサル1回1万円[…]

高額商品の作り方|30万円でも自然と売れる商品の構築

 

 

継続できない自分とはさよなら!成果につながる習慣力を鍛える方法

継続できない人の最も強い特徴には明確な原因があります。

それは、ブログの例でみると「書くことを目的」にしてしまうことです。

SNSも同じで、「投稿すること」を目的にしてしまうと継続することが苦しくなり失敗します。

 

解決策は、ここでも「動機」が関連してきます。

達成したいビジョンから逆算して、どんな情報を発信すればいいのか。

ターゲットはどんな悩みを抱えていて、どんな情報を求めているのかと考えてください。

あなたが書きたいことをばかり書いていても、それは自己満足の世界で終わってしまいます。

 

常にあなたのターゲットが誰なのかと考え、その人を救う気持ち持ち続けていきましょう。

その上で、カレンダーを使ったタスク管理をすることで、習慣力を鍛えていきます。

たとえば、ブログを書くことを継続する場合、先にカレンダーにブログを書く時間を確保しておきます。

そして、ブログを一気に書くことを考えず、次のように細分化してタスク管理をしていきましょう。

 

参考例

  • タイトルを作る
  • 構成を作る
  • 導入文を書く
  • 本文を書く
  • まとめを書く

一つの作業を細かく分けて考え、決まった時間に一つ一つ作り上げていくようにすれば、自然とそれをやるのが当たり前のあなたに変化をしていきます。

 

この変化を手に入れることが習慣力の正体です。

子供の頃は歯を磨くことを嫌がっていたとしても、大人になれば歯を磨かなければ落ち着かないもの。

これと同じ原理で、やらなきゃ落ち着かなくなってしまえば、「やらなきゃいけないこと」ではなく、「今日もやること」として考えることができ、自ずと行動できるようになります。

 

売上を作り続けてくれる仕組みを作り収入を安定させる

起業したら集客は大事と言いましたが、常にあなたが動き続けなければいけない状態では疲労が蓄積されていくだけで、続けることが大変になってしまいます。

仕組み化という言葉を聞くと、お金がかかりそうと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

無料で使えるツールで自動集客装置を作ることができます。

ここで言う仕組みとは、リスト(メルマガ読者)を24時間集め続けてくれて、あなたの目の前に見込客を集め続けてくれる状態のことです。

 

参考例

ブログ

ランディングページ

メルマガ登録

ステップメール

フロントエンド

バックエンド

顧客化

 

「動機」を明確にして、「ターゲット」が決まったら、この仕組みを作ることで、毎月の収入(売上)を安定して手に入れることができるようになります。

仕組みを作っても結果が出ない場合は、ターゲットがずれているか、ビジョンとミッションに紐づく軸がずれている可能性がある可能性が高い状態にあります。

仕組みの作り方を詳しく知りたい場合は下記を参考にして自動集客装置を作っていきましょう。

関連記事

仙道達也どうも、仙道です!コーチ・コンサル起業して売上を獲得し続けるためには『集客』が必要になります。しかし、いきなり商品を買ってくれるお客様を集客することは難しいです。そこで[…]

見込み客獲得!WEB集客の仕組み構築「王道の3Step」

もしコーチやコンサルとして0から本気で稼げるようになりたいと考えているなら下記の記事で具体的ステップとそれぞれに必要な情報をまとめてあるので、おすすすめです。

 

まとめ

起業後のよくある失敗について紹介しましたが、いかがでしたか?

すでに起業しているなら当てはまるものがあったかと思います。

  • 動機が不十分
  • 集客ができない
  • 継続ができない
  • 資金不足に陥る

この4つの失敗要因は本当に多くの起業家が抱えるものです。

一つ一つの解決策を実践していき、失敗ルートから早い段階で離脱できるようにしてください。

ブログでは公開できないより具体的でわかりやすいと評判の高いメール&動画講座も無料で公開しています。

400名以上の起業家が100万~1000万円以上を達成している方法を限定公開しているので、本気で稼げるようになりたい、本気で実現したいことがあるなら登録してくださいね。

動画再生画面イメージ