商品が売れないコーチ・コンサル必見!原因ベスト3と改善の秘策を公開

どうも、仙道です!

「契約がとれない」「リピートしてもらえない」など、自分の商品・サービスが売れない悩みを抱えているコーチ、コンサル、セラピストは多いです。

どんどんサービス単価を下げ、なんとか少額の売り上げを上げている状況では、ビジネスとして継続させることができなくなります。

そこで、普段は仙道塾生のだけ教えている「商品が売れない状態から抜け出す方法」を公開します。即売上と実績を作りたい方のための具体的な方法です。

あなたの商品が売れない状態から抜け出せすためにも、今すぐ内容をチェックしてください。

商品がうれない原因ベスト3を確認する

どんな問題であっても、まずは原因を特定しなければ始まりません。

商品やサービスが売れないという状況にあるならば、まずは原因の特定が必要なのです。

商品やサービスが売れない原因はいくつかありますので、あなたの商品、サービスが売れていない原因を見つけていきましょう。

起業家が提供する商品、サービスが売れない場合、以下の原因のいずれかであることが多いかと思います。

  • 認知されていない
  • 買う理由がない商品になっている
  • セールスに問題がある

簡単にではありますが、1つずつ内容を確認していきましょう。

 

1.商品が売れない理由は、そもそも知られていないから

どんなに良い商品、サービスであっても、見込客に認知されていなければ売れることはありません。

知られていないのですから、当然といえば当然です。

どうすれば認知されるかという方法については、次の項目でお伝えしますので、ここでは「認知される」ということについて、もう少し掘り下げてみようと思います。

認知されていない状態に関しては、大きく分けると2種類の状態が存在します。

  1. 商品、サービスの「存在」が認知されていない
  2. 商品、サービスの「内容」が認知されていない

1の場合は、存在が知られていないのですから、売れるはずはありません。

2の場合は、存在は知っているのに、内容が知られていないから売れていない状況です。

認知されている状況に応じて対処方法が異なりますので、あなたの状況を特定するようにしてください。

特定するためには、認知をするための活動内容、SNS、ブログ等の閲覧数などを判断の基準としていくと良いでしょう。

 

2.商品が売れないのは、買う理由がないから

商品、サービスを購入するという行為は、お金を払うことになるため、ハードルとしては高いものとなります。

みなさんも、安い買い物であれば気にしないかもしれませんが、高いものを買う時には、購入を悩むはずです。

高い商品、サービスを買う時に重要となるのは、「買う理由」です。

見込客が、高額を支払ってでも手に入れたい商品でなければ、お金を払うことはないのです。

対処方法については、次の項目でお伝えしますので、まずは、あなたの商品に「買う理由」が存在しているかどうかを確認してみてください。

あなたが思いつく買う理由を書き出しまくるのも良いですが、既にお客様やクライアントの方がいるのであれば、「なぜ購入したのか?」ということを聞いてみると良いでしょう。

 

3.商品が売れないのではなく、セールスが下手だから

「セールスの技術が低い」ために、商品、サービスが売れないという可能性があります。

どんなに商品の内容が良くても、セールスをミスすることで商品の価値を下げてしまったり、買うことをためらわせてしまったりすることがあります。

セールスは、購入の背中を押す最後の一押しとなりますので、最低限のスキルは持っている必要があるのです。

セールスの問題を確認するためには、ある程度のセールススキルを持っている人に、セールスを実際に見てもらうと良いでしょう。

 

 

商品が売れない原因を特定&改善しよう

先程の項目で「売れない原因」についてお伝えしましたので、まずはその原因を特定してください。特定ができたら、ここでお伝えする「改善方法」を実践していきましょう。

あなたが抱えている原因に合わせて、改善項目を確認していってください。

 

認知されていない商品の改善方法

項目1でお伝えしたように、認知されていない状況は2パターンあります。

  1. 商品、サービスの「存在」が認知されていない
  2. 商品、サービスの「内容」が認知されていない

存在が認知されていない場合には、認知させるための行動を強化する必要があります。

SNSでの発信であったり、広告やチラシでの宣伝という方法もあるかと思います。

ここで重要となるのは、「ターゲット層となる見込客の目に触れる方法を選択すること」です。

分かりやすく極端な例を出しますが、ターゲット層が20代であるにも関わらず、新聞に広告を出しているようでは、全く意味がないということは分かるのではないかと思います。

例のように、ターゲット層を無視した発信では、認知される行動をしていても結果には結び付きません。

あなたが行っている認知されるための活動を、今一度見直してみましょう。

また、ターゲット層がどんなものに興味があって、日々どんなものを見ているのかを知ることも重要です。

人がいないところで認知活動をしていても、時間の無駄になってしまいますので注意しましょう。

続いて、「内容」が認知されていない場合の改善方法です。

内容の認知に関しては、多くの場合「言葉、文章の表現の問題」であることが多いです。

あなたのサービスを正しく認知されるためには、言葉や文章での表現が重要となってくるからです。

言葉や文章での表現を改善するためには、あなた自身の文章ライティングのスキルや、キャッチコピー作成のスキルを上げていく必要があります。

もちろん、お金をかけて依頼するという方法もありますが、起業家としてビジネスを継続していく場合には、「文章ライティング」のスキルをおろそかには出来ないのです。

ターゲット層である見込客に、あなたの商品、サービスを正しくお届けするためにも、文章ライティングスキルはアップしておくと良いでしょう。

 

買う理由がない商品の改善方法

買う理由が見当たらない場合には、見込客は購入を見合わせてしまいます。購入という行動にうつしてもらうためには、「買う理由」は必須なのです。

では、「買う理由」が無い場合、どのようにして改善していけば良いのでしょうか。

少し「買う理由」について考えてみましょう。

あなたが物を買う時、どんなことを考えて買い物をしていますか?

いくつか例を挙げてみましょう。

・必要、無いと困るだから買う
・お得だから買う
・ここでしか手に入らないから買う

他にも「ついつい買ってしまう」「可愛いから買う」などいろいろな理由があるかと思います。

いずれにしても、何かを購入するときには、なんらかの理由を持ってお金を払っているのです。

では、あなたの商品やサービスはどうでしょう?

ターゲット層である見込客は、買う理由を見つけることができているでしょうか?

出来ていないのであれば、商品、サービスに「買う理由」を付けてあげれば良いのです。

「必要であるような商品にする」「よりお得感を出す」「類似品がない商品にする」というように商品、サービスを改良していくのです。

「必要であるようにする」のは、商品によって違いますので、商品、サービスについて深く考えてみてください。

どうすれば「必要」と思ってもらえるのか、「欠かすことができない」と感じてもらえるのかについて、掘り下げていくと良いでしょう。

「お得感」については、サービス内容を充実させまくれば、お得感を出すことは出来るでしょう。販売価格の数倍の商品、サービス構成にすれば良いだけです。

類似品については、似たようなサービスはあるでしょうから、簡単にはいかないと思うかもしれません。

しかし、あなたの経験をサービスに組み込むことで、他にはないサービスを提供できるようになります。あなたの経験をサービスに組み込むことを考えてみると良いでしょう。

あなたのこれまでの経験を洗い出して、サービスに組み込めるものがないか検討していってみてください。

 

セールスに問題がある場合の改善方法

商品、サービスがどんなに良くても、セールスの技術が低いと購入していただくことはできません。

同じ商品を扱っているセールスマンの中にも、売れる人と売れない人がいるように、セールスのスキルが低い人がセールスをすると、本来売れるものでも売れなくなってしまうのです。

セールスのスキルを高めるためには、実際にセールスを実施するロールプレイングを行うと良いでしょう。

セールスは、頭の中でシミュレーションを行っていても、なかなかうまくはなりません。

擬似的であっても、セールスの現場に立つ必要があるのです。

ロールプレイングの相手は、できればセールスの技術が高い人である方が良いでしょう。技術の高い人であれば、あなたのセールスで良くない部分を指摘してもらうことができます。

セールス改善ために、ロールプレイングをこなしていきましょう。

 

商品が売れない状態からでも、即売上をあげる秘策!

「単価を下げないと商品が売れない」とお困りのコーチ、コンサル、セラピストなどの起業家の方の中には、「とにかく早く売り上げを作らないとビジネスを継続できない」という方もいるかと思います。

そんな方々のために、即売上を上げる秘策をお伝えします。

この手法であれば、即売上を上げるところから、売れない状態を抜け出す流れにもつなげられるはずです。

おおまかな流れとしては、以下のようになります。

  1. 友人、知人にモニターとして販売する
  2. 状況をSNSで発信していく
  3. 実績ができる
  4. 改善のポイントがより具体化する

 

友人、知人にモニターとして販売する

即売上を作るためには、友人、知人に販売すると良いでしょう。

なぜならば、売れる状態に持っていくまでに必要となる「信用、信頼」を、既に得られている相手だからです。

WEB経由などの販売となると、どうしても「信用、信頼」を得るまでに時間や実績が必要となります。

そのため、即売上を上げるには不向きなのです。

商品、サービスではなく、あなた自身が「信用、信頼」を得ている相手にモニター価格で購入してもらうのです。

 

SNSで状況を発信していこう

友人、知人にモニター販売を行ったら、逐一状況をSNSで発信していきます。

コーチ、コンサル、セラピストなどの起業家が販売する商品、サービスであれば、セッション風景や、お客様の経過などを発信していくと良いでしょう。

発信をしていくことで、商品やサービスの内容が分かるだけでなく、信用、信頼も勝ち取ることができるようになります。

積極的に発信して、あなたのサービスを知ってもらいましょう。まずは認知度を高めていくことが何よりも大切です。

 

モニター販売で手に入れた実績をアピールしよう

友人、知人に販売したとしても、販売実績ができます。

また、友人、知人がサービスを受けることで変化が出れば、それも実績として使うことができるのです。

実績があれば、見込客は安心できます。

さらに、「購入する理由」にもなります。「この人のサービスで結果を出した人がいるから、自分も結果を出せる可能性がある」という購入理由です。

 

改善を加え、より良い商品にアップデートしよう

友人、知人に販売することで、一般のお客様には聞きにくい、率直な意見を聞くことができます。

サービスを受ける側の率直な意見を聞くことができれば、サービスはどんどん改良して良いものになっていきます。

つまり、どんどん売れやすい商品・サービスに進化していくことになるのです。

売上を上げるためだけでなく、サービスを改善、改良し、競争力の高い商品にしていくためにも、改善ポイントを具体化していくと良いでしょう。

 

売れない商品の改善手順まとめ

コーチ、コンサル、セラピストなどの起業家の方向けに、「単価を下げないと商品が売れない」状態から抜け出すたった2つの手順と秘策についてお伝えしました。

商品やサービスを売るために、単価を下げていると、いつまで経っても忙しいだけの状況が続いてしまいます。

単価を下げず売れるためには、今回お伝えした2つの手順を踏んでいきましょう。

  • 手順1:商品が売れない原因を特定する
  • 手順2:特定された原因の改善に取り組む

当たり前の手順でありますが、基本的なことをきっちりやるからこそ、ビジネスで成果を出すことができます。基本を見落として、いろんなノウハウに手を出してしまうのは、とても危険な状態です。

迷走してしまうと、どんどん売れない状況が続いてしまいますので、今ある現状を分析し、改善の対策をしていってください。

仙道
悩み別のおすすめコンテンツを紹介します!

これから起業しようと思っている

コンサル起業して0から年商1000万円を達成する迄のロードマップ

起業したけど売上が作れない

起業後すぐにできる!最初のお客様を獲得する方法【テンプレ付き】

web集客で悩んでいる

起業1年目の教科書|集客できるWEBサイトを作る3ステップ

動画講座のご案内

すでに4万人以上が購読しているメールマガジンでは、WEB仕組化の方法を動画で詳しく解説していきます。
動画で仕組化を学べるメール講座の詳細はここをクリック

パソコン用の画像

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );