集客したいなら、ターゲットは絞るな!!

 集客したいなら、ターゲットは絞るな!!

~集客したい人はターゲットを絞るけど、ちょっと待った!!その前に・・・~

0007183737W-849x565

 

 

 

 

ども、コーチング、コンサル起業のブログ集客

ばかり研究している仙道です!!

 

フェイスブックの個人アカウントに
投稿するネタがない仙道です(ーー;)

 

またランチの写真を取ってしまいました。
しかし、もうランチネタはイヤです(笑)

 

別に、個人アカウントをビジネス利用する
つもりはあまりないのでいいか~~と思ってます。

 

日常生活で面白い事を探した方が、ハッピー
ライフのためですが、ビジネスの事ばかり
考えてしまいます(^_^.)

なんてガメツイ(笑)

 

なんか、「マーケティング=趣味」 になってます。

「仙道さんは普段何をして遊んでますか?」

と聞かれたら。

 

「マーケティングで遊んでます」と答えます(^_-)

「後はやや コーチング」 みたいな感じです・・・

 

「イヤ、コーチングは大好きですよ!でも
マーケティングはもっと好きかもです・・
おかげで、買い物が楽しくなくなりました」
(儲けの仕組みを読んでしまうから)

という日常です(笑)

 

さて、そんなことは置いといて

今日は、みんなの悩みの種
「ターゲット絞り」について、掘っていきます!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ターゲットを絞り込むな!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「もっとターゲットを絞りこんだ方がよいのでしょうか?」

 

という質問をよくされます。最近本当に多いです。

 

コーチング、コンサルティングで起業する
人にとってはトップクラスに多い悩みかもしれません。

 

確かに・・・

「ネットビジネスで○○」
「夢をかなえる目標達成コーチング」

などのタイトルより、絞った方がよいと
いつもアドバイスしてます。

 

webではエキスパートの方と比較されるからです。
モデリングだけでは通用しないのです。

 

「え、じゃあなぜターゲットを絞るな!」
って言うのですか??<(`^´)>

 

とあなたは不思議に思うと思います!!

 

実は、クライアントさんが不安になる点は決まってます。

 

■今のコンセプトで本当に顧客が来るのか?
■絞り込みが弱いから顧客が来ないのかも・・・
■これ以上絞ったら、潜在顧客が減るかも・・

など、絞り込みを考えると、「ジレンマ」が発生します(>_<)

 

「絞り込んだ方がよい??」
「でも絞ると怖い・・・」

 

オレンジを絞る時に
「汁が飛んできたらイヤだな~(ーー;)」
という感じです・・  (????)

僕も、最初はそうでした!!

 

今回、理解してほしいのは

「絞り込みの前に、○○をしましたか??」

という○○なんです(^.^)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
順番が違うよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ターゲット絞り込みを実行する前に、
○○が必要という事ですが、この○○は
何だと思います??

 

「???????」

 

たまには、ご自身で考えてみましょう!(^.^)

 

「?????????」

 

引っ張れば、引っ張るほど、記憶に残るらしいので
引っ張ります・・・

 

凄く、単純で当たりまえの答えです!

・・・・・

 

7文字のカタカナが答えです。

答えは

★★★
アクセスアップ
★★★

です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
時期によって、アクセスアップに集中せよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「申込みが来ないです・・・」
「アクセスが上がらないです・・・」
「差別化や絞り込みが甘いからですかね??」

 

という順番で、質問されます。

 

が!!!!!

 

「本当に差別化が弱いからでしょうか??」
と最近思うのです。

 

自分のターゲット絞りやブランドを疑う前に

★★★
「アクセスアップはしましたか??」
★★★

 

と、質問すると

 

「してません」

という答えが結構返ってきます(ー_ー)!!

 

ここで言う、アクセスアップとは

■アメブロで読者登録、ペタ 
■SEO対策
■記事更新

 

などがそれに当たります。

 

つまり

「限界までアクセスアップしたか??」

という事を疑ってほしいのです。

 

限界までアクセスアップをしても
アクセスが伸びない場合は

「差別化、ターゲットの絞り込み」

が原因、もしくは「記事内容がおもしろくない」
などが考えられます。

 

アメブロで言えば、読者登録50人
ペタ500件 を毎日打っているか??

 

という事です。(アメーバキングというツールを
使えば、毎日15分で終わります)

 

そこまでやってないなら、

今のあなたの「ブランドや差別化」が

 

★★★
効果があったのか測定
★★★

できないのです。(ー_ー)!!

 

測定とは

■PV(ページ閲覧数) UU(訪問者数)
■メルマガリスト取得数
■セミナー、申込み数

などを測定することです。

 

もしかして、今のブランドでアクセスアップを
ガッツリやれば、劇的にPVが上がる事さえ
考えられます!!

 

実施、僕のクライアントさんは
短期間で 1日のアクセス数が
100PVから600PVぐらいまで上がりました。

 

ブランドや絞り込みが問題でなく
「アクセスアップを実施」してなかったのが
原因でした。

 

ポイントは

(1)ブランドをある程度決める
(2)アクセスアップを限界までやってみる
(最低1か月ぐらい)
(3)アクセスや成約数を測定する

の順番を守る事です!!

 

(3)の時点で、目標数値に達しない場合は
(1)に戻ります。

 

だから(2)のアクセスアップをさぼっては
(3)の測定が正確にできないのです!

 

「ブランドが弱いのでは?」
「もっと絞り込みが必要??」

 

と悩んでいる暇があったら

「アクセスアップを限界までやったか??」

と自分に質問してみてください!(^^)!

今日はこの辺で~~ 仙道達也

 

★今日の質問★

あなたは

「アクセスアップを限界まで実施してますか?」

そして

「測定」をしてますか??

差別化を実施するのはその後でも遅くないです。