ターゲットを絞り込んで集客!絞り込む前にすべきこと!

どうも、仙道です!

起業して上手く行かない時に「ターゲットをもっと絞った方がよい」と言われることは多いかと思います。

 

実際に、塾生を見てみても、ターゲットの絞り込みが甘いことが原因で、ビジネスが軌道に乗っていない人もいるのです。

この「ターゲットを絞り込む」ということが、悩みの種である方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、ターゲットの絞り込みについて、考えていきたいと思います。

ターゲットを絞り込むな!

「もっとターゲットを絞りこんだ方がよいのでしょうか?」という質問をよくされます。
最近本当に多いです。

コーチング、コンサルティングで起業する人にとっては、トップクラスに多い悩みかもしれません。

 

確かに「ネットビジネスで○○」「夢をかなえる目標達成コーチング」などのタイトルより、絞った方がよいと、いつもアドバイスしています。

webではエキスパートの方と比較されるからです。
モデリングだけでは通用しないのです。

「え、じゃあなぜターゲットを絞るな!」って言うのですか?とあなたは不思議に思うと思います!

 

実は、クライアントさんが不安になる点は決まっています。

 

  • 今のコンセプトで本当に顧客が来るのか?
  • 絞り込みが弱いから顧客が来ないのかも・・・
  • これ以上絞ったら、潜在顧客が減るかも・・

など、絞り込みを考えると、「ジレンマ」が発生するのです。

 

「絞り込んだ方がよい??」
「でも絞ると怖い・・・」

私も、最初はそうでした。

 

今回、理解してほしいのは「絞り込みの前に、○○をしましたか?」という○○なのです。

 

ターゲットを絞り込む前に、やるべきことがあるのです。
やるべきことをやってから、ターゲットを絞り込む必要があるのです。

絞り込むには正しい順番がある!

ターゲット絞り込みを実行する前に、あることが必要です。
何が必要だと思いますか?

少し考えてみてください。

 

実は、凄く単純で当たりまえの答えです。

では、答えをお伝えします。

 

答えは「アクセスアップ」です。

 

時期によって、アクセスアップに集中する必要があるのです。

「申込みが来ないです」
「アクセスが上がらないです」
「差別化や絞り込みが甘いからですかね?」

上記のような順番で、質問されます。

しかし、「本当に差別化が弱いからでしょうか?」と最近思うのです。

 

自分のターゲット絞りやブランドを疑う前に「アクセスアップはしましたか?」と、質問すると「していません」という答えが結構返ってきます。

 

ここで言う、アクセスアップとは

  • アメブロで読者登録、ペタ
  • SEO対策
  • 記事更新

などがそれに当たります。

 

つまり「限界までアクセスアップしたか?」という事を疑ってほしいのです。

 

限界までアクセスアップをしても、アクセスが伸びない場合は「差別化、ターゲットの絞り込み」が原因、もしくは「記事内容がおもしろくない」などが考えられます。

 

アメブロで言えば、読者登録50人、ペタ500件を毎日打っているか?という事です。(アメーバキングというツールを使えば、毎日15分で終わります)

そこまでやっていないのなら、今のあなたの「ブランドや差別化」が効果があったのかを測定することができないのです。

 

測定とは

・PV(ページ閲覧数) UU(訪問者数)
・メルマガリスト取得数
・セミナー、申込み数

などを測定することです。

もしかして、今のブランドでアクセスアップをガッツリやれば、劇的にPVが上がる事さえ考えられるのです。

実施、私のクライアントさんは短期間で1日のアクセス数が100PVから600PVぐらいまで上がりました。

この方の場合、ブランドや絞り込みが問題でなく「アクセスアップを実施」してなかったのが原因でした。

 

ポイントは以下のようになります。

  1. ブランドをある程度決める
  2. アクセスアップを限界までやってみる(最低1か月ぐらい)
  3. アクセスや成約数を測定する

以上の順番を守る事です!

(3)の時点で、目標数値に達しない場合は(1)に戻ります。

だからこそ(2)のアクセスアップをさぼってはいけないのです。
(3)の測定が正確にできなくなるからです。

 

「ブランドが弱いのでは?」「もっと絞り込みが必要??」と悩んでいる暇があったら「アクセスアップを限界までやったか?」と自分に質問してみてください。

 

まとめ

集客が上手くいかないと「ターゲットの絞り込み」が問題なのではないかと、悩む起業家は大変多いです。

 

しかし、ターゲットを絞り込む前にすべきことがあります。

今回お伝えした「アクセスアップ」を限界まで行うことです。
アクセスアップを行う前にターゲットを絞り込んでしまうと、結局、いつまでもターゲットの絞り込みに原因があると思ってしまいます。

 

正しく原因を突き止めるためにも、アクセスアップを行うことが重要です。
アクセスアップを実施した結果を測定し、現状を正しく把握することが大事なのです。

  1. ブランドをある程度決める
  2. アクセスアップを限界までやってみる
  3. アクセスや成約数を測定する

上記の順番で行っていくことで、原因がターゲットの絞り込みであるのかを判断できるようになります。

 

むやみやたらにターゲットを絞り込んでいても、いつまで経っても結果がでません。
アクセスアップを行った上で、しっかり測定し、正しくターゲットを絞り込んでいってください。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );