【入門ガイド】Facebook広告の費用と仕組みをわかりやすく解説

仙道達也

どうも、仙道です!

Facebook広告が持つ魅力の1つは、低予算でスタートできることです。

しかし、どのぐらいの費用が必要になるのか理解していない人が多いので、今回はFacebook広告の費用について解説をしていきます。

費用を理解したうえで、Facebook広告を運用し、リスト獲得につなげてください。

Facebook広告にかかる費用は?

Facebook広告の料金
画像引用元:https://www.facebook.com/business/ads/pricing

 

Facebook広告を配信するためには、費用がかかります。1日で500-1000円程度の予算から運用することが可能です。

マスメディアの広告ともなると、1回の広告費用で数百万~数千万の資本金が必要となりますが、Facebook広告は非常に安い価格から出稿できます。

起業したばかりで資金がなくても運用しやすく、毎月1~3万の予算がとれれば、小さく始めることが十分可能に可能です。

 

Facebook広告費用は2つの課金方式がある

Facebook広告費用は2つの課金方式がある

 

Facebook広告を出稿して費用が発生するタイミングには、次の2つの種類があります。

1.インプレッション課金
2.クリック課金

それぞれの特徴について、簡単にお伝えします。

 

インプレッション課金(CPM配信)

インプレッション課金は、Facebook上で広告が表示される度に費用が発生します。

見込み客がFacebookを見ていて「画面上に広告が表示されたタイミングで課金される」という仕組みです。具体的には、1000回表示ごとに課金されます。

広告をクリックした人数は関係なく、あくまでも表示回数ごとに費用が発生します。

 

クリック課金(CPC配信)

広告がクリックされるごとに課金される仕組みです。

見込み客のFacebookにあなたの広告が表示されたとしても、その広告をクリックしなければ費用は発生しません。

1クリックごとに費用が発生する、シンプルな課金方式といえます。

 

初心者は最適化を選択しよう

Facebook広告には、最適化という機能があります。配信するキャンペーンの目的に応じて、配信方法を最適化してくれるシステムです。

Facebook広告システム構造
Facebook広告の構造

 

広告キャンペーンを選択すると、Facebookが自動的に最適な配信方法を設定してくれます。ですので、Facebook側が適用してくれた課金方法を選択していきましょう。

Facebookには膨大なデータがあるので、最適化された配信方法を選択すれば、初心者でも上手に広告運用することができます。

 

広告費を設定する

広告費を設定する

 

広告費ようの設定には、以下の設定が必要となります。実際に広告をセットする際には、この部分を確認しながら進めてみてください。

 

広告アカウントの費用上限を設定する

配信する広告費用の上限を決めることができます。

上限を設定しておくことで、予算以上にお金を使ってしまうことを避けることができます。上限の金額に達すると、課金されなくなり、Facebook広告が表示されなくなります。

まずは小さい予算で始めることがオススメですので、無理のない金額で予算上限を設定しておきましょう。

 

キャンペーンの上限費用を設定する

1つのキャンペーンで使用する費用を設定することができます。課金が上限に達すると広告が無効化するという仕組みです。

複数のキャンペーンを運用する場合は、こちらの方法で上限費用を設定していきましょう。

 

広告セットごとに上限費用を設定する

広告セットごとに費用の上限を設定することも可能です。

複数の広告を出稿して、広告の効果測定などもしていく場合は、こちらの設定方法がオススメです。

しかし、初心者には少し難しい部分もあるかもしれませんので、運用に慣れてきたことにチャレンジしてみてください。

 

入札単価で上限を設定する

課金方式にあわせた費用の上限を設定することが可能です。1クリックにかける費用の上限・1,000回表示にかける費用の上限を設定するということです。

しかし、Facebookが最適化してくれた内容で進めることがオススメです。ですので、自分で変更する必要はありません。

 

Facebook広告費用の支払い方法について

Facebook広告費用の支払い方法について

 

Facebook広告の支払い方法は基本的に次のよう方法あります。

  • クレジットカード(American Express、Discover、Mastercard、Visa)
  • クレジット機能付きのデビットカード
  • Paypal

JCBカードは対応していないのでご注意ください。銀行振込も可能ですが、スムーズな広告運用を考えるとクレジット決済が圧倒的におすすめです。銀行振り込みにすると、支払い忘れなど発生することもあり、余分な手間が増えてしまうからです。

Facebook広告費用を支払うためだけの、クレジットカードを1つ作ると管理がしやすくなります。

費用を支払うタイミングは、自動決済と手動決済の2種類があります。

 

自動決済

クレジットカード、クレジット機能付きのデビットカード、Paypalが該当します。毎月の請求日に課金されていきます。

 

手動決済

銀行振込が該当します。事前にアカウントに入金し、1日に1回残高から広告料金が差し引かれていきます。

 

まとめ

はじめて広告を始める場合、「知らない間に多額の請求が来たらどうしよう」という不安がある人が多いですが、その心配はありません。Facebook広告は上限を設定することができるので、予算以上に広告費を使ってしまうことがないからです(*多少の金額の前後は発生します)。

Facebook広告を出稿するための費用も、非常に小額から始めることができるので、ぜひ積極的に活用してみてください。Facebook広告をうまく使うことができれば、リスト獲得の安定にもつながり、売上の安定につながっていきます。

関連記事

仙道 どうも仙道です。 ビジネスを進めていく際に、一番の悩みの種となるのが「集客」であるかと思います。 集客が上手く行かなければ、売り上げをあげることもできず、ビジネスの継続を断念することになりかね[…]

【Facebook集客】2020年版|見込客になる友達を増やす3つの方法

パソコン用の画像

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );