仙道塾の名言|個人起業家の結果が出る速度が倍増するマインドセットとは

仙道達也

どうも仙道です

個人起業家がこれをやったら売上や集客で成果が上がる方法について紹介します。それが、仙道塾の中で生まれた名言の一つです。私は名言とは思っていませんが、仙道塾に参加されている起業家の方からすると、響いた言葉のようです。

コミットしても、普段から頑張っているのに売上が上がらない、集客ができない、そんな悩みを抱えているなら、ぜひここでのことを実践してみてください。ほぼ確実に成果につながります。

 

起業家の「結果出る速度が倍増するんじゃないかなと思う」こと

動画の解説は下記画像をクリック!

 

「結果出る速度が倍増するんじゃないかなと思う」この言葉が、仙道塾の生徒さんから名言だと言われた言葉です。僕自身は名言だとは思わなかったのですが、うちの生徒さんが名言ですと結構言ってくれたので、その内容まで含めてシェアしようと思います。

ここで紹介する方法は、素直にやっていただくと僕の感覚ですが、2倍・3倍は成果が出るスピードが早まると思っています。その内容は、概念というか本質論じゃないかなとも感じており、私が自分で思っていることを全て詳細に解説していきます。

結論から言うと、コミットする、目標設定を立てる時には「1ヶ月ではなく1週間、1週間ではなく3日、3日ではなく1日、1日ではなく4時間ごとのを出しましょう」ということです。

この言葉を仙道塾のチャットワークでみんなを励ますため投げかけたんですが、数ある中で特に「これよかったです」と言われました。

仙道塾ではコミットしてもらい、しっかり行動してもらうようにしてもらうことで多くの生徒さんの行動力が上がりました。しかしよりよく改善するためにも、行動目標(=コミット)は「1ヶ月ではなく1週間、1週間ではなく3日、3日ではなく1日、1日ではなく4時間ごとのを出しましょう」ということです。

 

言葉の裏側にあるメッセージ

これはどんな意味かというと、「一流の人ってのは森も見えてるし、木も見えてるし」というのを伝えしたかったんです。

そこで、年間目標・1ヶ月目標・1週間目標・3日・1日の目標設定を掲げる。それよりも、1日より3時間・4時間が勝負だなと最近思いました。

全体像を見るのも大事なんですけど、細かい木の部分、森じゃなくて木の部分の中身まで細かく見てるかどうかで、その人の結果が出るスピードは変わるんじゃないかなと、いつも思っているわけです。

少し専門っぽく言えば、戦略でばかり考えず、戦術までしっかりと見ましょうということです。

 

仙道自身にもあった目標設定への自覚

これは何を隠そう自分自身にすごい自覚があったことです。私は売れないミュージシャンとか派遣スタッフをしていて、2021年9月現在で起業して7年か8年くらい経過しました。

気付いた年商6億から7億近くまでいくことができていますが、結局他の人と何が違ったんだろうと、いつも考えていますが、明らかに一個違った点が今日の内容でした。

多くの人が「木を見ず森を見よ」と言うますが、それは抽象的な高い視点で見ましょうということです。専門用語ではメタな視点とも言います。

それも大事なんですけど、対極ばかり見てる人に限って、1日1日大して変わっていないなと僕は思っています。

私はライザップに通っているのですが、ライザップに行っていると、めちゃくちゃ細かいフィードバックを得られます。アプリで食事量とか報告したりもするのですが、その中で、ほんと細かく水を1日3L飲んでないですね、飲みましょうみたいな感じのフィードバックまでもらうことができます。

そうしたことは、1時間ごと、3時間ごとのように意識をしなければ、水を3Lってなかなか飲めないわけです。ということは、結果出てる人はやはりそれぐらい意識してるのだろうと気づいたわけです。

関連記事

どうも、仙道です!「起業したい」と頭の中では考えていても、「なかなか起業できない」という方は多いかと思います。しかし、私はかなり早く起業できました。 なぜ仙道達也はいち早く起業することができたのでし[…]

仙道達也が起業できた理由とは?ゴール設定と正しい進み方が鍵

 

結果の出せる起業家と結果の出せない起業家の違い

結果の出せる起業家と結果の出せない起業家の違い

起業して頑張っているにも関わらず、結果が出ない人はおそらく1週間単位くらいで考えて、「とりあえずこれをやればいいか」と考えているように感じます。

ひどい人は「1ヶ月後にこうなってたらいいや」としか見えてないかもしれません。要するにちょっと高い視点しかないわけです。もしかしたら高い視点というよりも、長い視点という言葉の方が合うかもしれません。

長い視点でばかり見ると何が起きるかというと、私はいつも言っていることですが、直前になるまでやらなくなってしまいます。

  • 今日はいいや
  • 明日やればいいか
  • まだ時間あるし

などのように、後回しにしてしまうわけです。今この記事を見てる方は、

起業家さん
「本当に3倍とか4倍とか、成果が倍増するんですか?」

と思いながら見てるかもしれませんが、騙されたと思って信じて欲しいと思っています。

私の場合、今は15分単位で仕事が進んでないとね正直イラつくんですね。いつからかって言ったら、起業して割りと早い段階の頃からそう思ってた可能性があります。

 

何故15分なんですか?と自分でも思うわけですが、その理由は、15分あれば1つの仕事が出来るからだと思っています。

  • 15分あれば1個のコピーのヘッドコピーとか書ける
  • 15分あれば今流れているプロモーションの悪いところを見つけられる
  • 15分あればメルマガが1本書ける

という具合です。なので、僕はいつもセミナー行く時とか打ち合わせ行く時は、大体5分までの集合時間ギリギリで到着します。今はZOOMになったんで、ZOOMも1分前くらいにしか入りません。

 

それまで何しているかというと、15分でできる仕事ないかいつも探しています。

そうしたことからも、やはり1ヶ月で結果出そうではなく、1週間・3日・1日・3時間~4時間を大事にしてほしいなと思います。

 

あなたは3時間・4時間を一体何に使っていますか?

3時間4時間あなたは一体何に使ってますか?これは、起業家の全員に聞きたい質問の一つです。

24時間ある中で、8時間寝たとしても、16時間の時間が残ります。

16時間を3時間で割ると5回くらいあります。その3時間で何をしてたか自分で記録している人って少ないと思うわけです。

なので3時間の使い方を意識できるようになれば、かなり成果も変わると思っています。

 

森を見たり木を見たりというのは、抽象度を上げたり下げたり出来る人ってことです。

よく高い視点でものを見ましょう、抽象度を高く見ましょうと言う人たちがいますが、基本その視点しかない人というのは結果が出ない人です。森ばかり見ていて細かいところ見れてないので。

空高く見る視点も必要だし、もう地に足着いた視点も必要だということを、ぜひ覚えておいてください。

 

結果を出す時間の使い方はまず3時間単位で考えること

結果を出す時間の使い方はまず3時間単位で考えること

実際に、起業家としての活動をしていれば、3時間で出来ることいっぱいあると思います。

ライザップの例に置き換えてみると、3時間で水を何リットル飲んだかを考えます。

3時間で1Lくらりは飲めるというようにです。最初は1日に3L飲むことは結構大変だと思いましたが、やってみると全然いけるなと感じるようになりました。500mLペットボトルを1~2時間あれば1本は飲んでいます。もちろん意識しながらです。

ビジネスにおいても、そうやってこまめにやることが成果を伸ばす秘訣になります。

冒頭でお伝えしたように、名言かどうかわかりませんが、森も見えている一流の人は、森も見えてるし木も見えてる。(僕が一流かどうかわかんないですけど)

常時同時並行で見えてることを、ここで知っていただくと、あなたの1日1日の単位の動きがわかるかなと思います。

そして、その単位はまず3時間で何をしているのか、何をやったのかをしっかりと把握することが始めの一歩になります。

関連記事

https://youtu.be/AMQES8TaLg8Nameどうも仙道です。今回は99%の人ができてなく、たった1%の人だけがやっている、爆発的に売上が伸びる起業術ということで、無料公開していきたいと思います[…]

【99%知らない】バカげた売上激増の起業の目標術

 

短期目標だけじゃなく長期目標も大事です

ここまでで、細かい時間管理についてお伝えしてきましたが、細かいところが見えるし高い視点のところも見える。やはりどっちも大切です。

売れてる人や結果が出てる人は、どちらも見えています。

特にライザップ行ったことで、こまめなフィードバックも必要だし、長期目標も必要なんだということです。

では、森も見て木も見るために長い視点で見たり、1日1日数時間単位で見たりするために何が必要なのかを紹介します。

 

両方見れるようになるために必要なこと

両方見れるようになるために必要なこと

森と木の両方を見るためには、知識やデータ量がないといけません。

高い視点の方が良いと言う人の中には、すごい抽象的な理論を勉強する方がいますが、そういう人に限って物理世界で結果を出すことができません。

頭の中に細かいデータ量や知識、そしてそれを具体的にどう運用するかまで考えられるようになる必要があるからです。

起業や集客の観点で言うと、ダイレクトレスポンスマーケティングとか、コピーライティングとか、集客の細かいテクニックも含め、知識がないとできませんし、ただ使えば良いということではないということです。

ライザップ行ってわかったことの中に、「水を3L飲んだ方が代謝が上がる」「筋肉の質もよくなる」ということがありました。

それまでは全然知らなかったことです。筋肉の質がよくなると代謝も上がるわけです。そして老廃物も出やすい体質を作ることができます。

ライザップに通う前までは、お茶・紅茶・コーヒーを多く飲んでいましたが、それはカウントしないでくださいと言われたことで、水をしっかりと飲むようになったわけです。でも、そういう情報も知らないことでした。

ビジネスにおいても、知らないと具体的な物理世界での運用ができません。

視点高い人たちには、そうした運用で使える知識が最低限必要になります。ただの知識コレクションではなく、物理空間で運用するための知識がないと結果を出すことはできないということです。

関連記事

仙道どうも仙道です。コーチ・コンサルなどの個人起業家が活動をする上で必要不可欠な要素に「マーケティング」があります。集客をしてセールスをする上でお客様の元に商品やサービスを提供する為にマーケティング活動が欠かせません[…]

マーケティングの勉強方法を解説|最も効果的な学び方と使い方

 

15分単位で邪魔が入るとムカつく

私は15分単位で邪魔が入るとムカつくという話を最後にします。

打ち合わせなどをやる時に、15分前とかに来られると、あと残り13分待ってください。と言います。1分前になったら行きますので、と本当にやってます。

事務所来たら本当にそんな感じです。15分前とかに来ないでくださいと最初に言ってたりします。せめて5分前に来てもらい、別の部屋で待ってもらうようにしています。

それくらい時間管理は大事にしてます。

とはいえ、どうでも良いYouTubeとか見てる時もありますが、それはもう仕事じゃない時間だと割り切っています。

仕事モードになったら15分単位で1日の計画立てる。そうすると得られる成果が劇的に変わると思います。

もしかしたら、3倍4倍と言わないぐらい成果が出るまでの期間は早くなると思います。

今の時点では、3時間、4時間ぐらいで何してたかがわかれば良いと思います。そして慣れてきたら1時間とか15分とかやってみてください。

そうすると、行動力もスピードも変わってきますし、そのことにより考え方にも変化が出るようになってきます。

そして、データや知識レベルで情報を持っている人であれば、そこから何をやれば良いのかがわかり、もっとマメに動けるようになります。

慣れるまでは大変かもしれませんが、ぜひ時間の使い方を身につけていきましょう。

関連記事

仙道達也どうも仙道です。起業して売上を作るためにはマーケティングをしなきゃいけない。そう思い勉強を始める人は少なくありません。そうしたマーケティング未経験者によくある悩みが、マーケティングってどうやって勉強し[…]

パソコン用の画像