メルマガ読者にこんな批判をされました…

 

 

仙道達也
どうも、仙道です!

今日はですね、「思いっきり批判されました」という話をしていきたいと思います。

それとですね、最終的にはね、無限と値段を上げてもいいぞというですね、話に持っていこうかなと思っております。

メルマガからの批判とは?

仙道達也

ここ最近メルマガ読者さんから批判のメールがきて、僕は普段、そういうメルマガの感想は見ないんです。いっぱいくるので。

今回はたまたまなぜか、パソコンでメール見てる時、ぽっときちゃったんで開いちゃったんですよね。

で、その内容がどういう内容だったかというと、「あなたが高単価契約の獲得の仕方や集客の仕方を教えることで、お金主義のコーチ、コンサル、セラピストが増えてるんじゃないか」と。

で、一時期なんか、キラキラ女子が問題、社会現象になって問題を起こした、ちゃんと仕事をせずになんかきらびやかなブランディングだけして売っているような人達を、あなたは育てているんじゃないか?「そんなことはやめなさい」みたいなメールが来たんです。

でも、まず名前も名乗っていないし、うちの生徒さんがなんかそういう悪い意味のキラキラ女子と一緒みたいな、うちの生徒さんが、そういう悪いサポートしているみたいな証拠も一切載っていないんですよね。

データを出せって話になっちゃうんですけどね。そういうのは。

もうそういうメルマガ、メールの感想っていうのは、なかなか僕はもう開封しないんですけど、たまたまそれは見ちゃって、で、そこで思ったことがやっぱいくつかありまして。

 

批判は成功の第2ステージへの通過点

コーチ、コンサル、セラピスト、どんな形であっても、ビジネスをしていき、売上が伸びてくるほど、批判されることが増えていきます。

これは起業家として避けて通れない1つのイベントだと思ってください。芸能界なんかが分かりやすい例ですが、売れている人ほど批判もされているものです。

きっとあなたが好きな芸能人も、称賛の声が100%ということはあり得ないと思います。

私たち起業家も芸能人ほどではありませんが、売れるにつれて批判が増えていきます。「あいつはダメだ」「あいつのやり方は詐欺だ」そんなことを言われるようになるでしょう。

でも、心を強く持ってください。

こうした批判の多くは、嫉妬・妬みからくるものです。その証拠に批判の意見は、感情論ばかりで、根拠がまったくありません。

こうした批判にエネルギーを奪われて、あなたの良さを失ってしまうことが非常にもったいないです。

批判されるということは、それだけ売れてきた証でもあります。年商3000万円、1億円など、さらに大きな成功への通過点だと思って、批判を良い意味で受け入れるようになっていきましょう。

 

批判する人に見られる間違ったマインドセット

仙道達也

批判する人は、「高単価=悪いこと」という風に思ってるんだろうと思いました。

高単価で薄いサポートをするんじゃないかみたいな。なんかそこを勘違いしていると思っていて、僕は生徒さんになんて言っているかというと、値段を上げたら、うちではもう高単価って言わないんですけどね。100万とか200万程度であれば。

普通の金額だと思ってるんです。

「どんなに安くても50万だよねと話をしてて、50万を頂いたんだったら100万円分のサポートをするのが当たり前だよね」と教えているわけですよね。

そういうのも何も知らず、その方はね、なんか一方的に批判して、ただの思い込みか嫉妬みかなんか憎しみかよく分かんないんですけど、そういうのを見て僕が思ったのは、あと業界全体の心理学とかサポート職の価値が、異常に低く低くしようという傾向があるのかなあと僕は思いました。

自分たちの仕事に対してのセルフイメージやエフィカシーを、どんどん下げているんですね。そういう高単価を契約取っているコーチやコンサルは間違ってるということでうす。

高単価取っている人が悪いことしてるかっていると、その証拠も一切ないわけで。

まあ、もちろんね、セールスするときだけは頑張って、サポートはね、全然頑張らないみたいな、頑張るっていうか、いい意味で頑張るって、それはちょっと問題だと思いますけどね。

なので、業界全体のね、あの~価値。自分がやっている仕事に対しての価値が、すごくね、自分で低く見積もっているんじゃないかなあと。

まあ、これは日本の心理学業界だったり、そのコンサル業界だったり、サポート業界に根付いている異常な問題なのかなと僕は思っています。

なぜかというと、まず子供たちが憧れないよね、そういう職業に。と思うんだよね。

「コーチになりたい」「コンサルになりたい」と思わないよね。そんな貧乏なコーチ、コンサル、セラピスト、カウンセラーがいっぱいいて、社会貢献だといいながらも、自分がまず満たされてないと。

そういうのは僕は避けたいと思っているので、値段はどんどん上げていこうと。そしてなおかつ頂いた値段以上のサポートをちゃんとすべきだと僕は思っております。

それだったらね、誰も不服はないと思うのですが、そうなったら100万、200万頂いたら、「それ以上のサポートって私怖いんですけど」ってよくまあ言われるんですが、それも、ものの考え方だと僕は思っています。

コーチングとかコンサルやセラピーとか、カウンセリングって、まあスピリチュアルとかヒーリングもそうですけど、その人の一生を変えるわけじゃないですか?

だから車とか海外旅行とかね、あと家買うより、全然ね、価値があると僕は思っていて、そこの考え方の違いだと思うんですね。

 

コーチ・コンサルとしてのセルフイメージを高める

批判をしてくる人の多くは「高単価」という部分に何かしらの、妬みや嫉妬を持っているように感じます。

高単価=悪であり、「高単価商品を売る人は全員詐欺師だ!」みたいな勢いを感じます。

でも、もし仮にコーチ、コンサルの高単価がなくなったら、私たちの業界は衰退するしかないと思います。なぜなら、純粋に売上が立たなくなりますからね。

高単価を否定するというのは、業界の存在を否定すると言っても過言ではないと思います。コーチ、コンサル、セラピストといった職業時代が不要なんだと感じているのかもしれません。

しかし当然ですが、コーチ、コンサル、セラピストという職業は素晴らしい職業であり、私たちのサービスを必要としてくれる人もたくさんいます。

アメリカなんかは良い例ですが、自分の専門のセラピストがいたりするのは普通のことなのです。

人の心や悩みに寄り添い、そこからより良い人生に導いてあげられる。そんな素晴らしい職業だと思ってます。

私としては、今の若い世代、子どもたちの世代がコーチ、コンサル、セラピストを目指してくれるような世の中になっていけば、とても嬉しく思っています。

そのためにも、業界のクオリティをさげないためにも、高単価を提供すること。批判を乗り越えて、業界の価値を高めていく活動は必要なことだと強く思っています。

 

価格の2倍以上の価値を提供しよう

仙道達也

高単価、まあ分かりやすいように高単価って言っていますけど、僕らの塾ではもう低単価。

価値はね、僕無限だと思ってて、100万だろうが1000万だろうが1億だろうが別にいいんじゃないのかなと思うんですよね。

ただその現実的に考えて、相手の、あの持ってるお金から、あわせていくと、まあ100万とか200万くらいが妥当なのかなと思っております。

その人のだって一生分が変わるわけなんで、車とか家とか買うより絶対価値があるんですね。

え~ですので、業界にいるコーチ、コンサル、セラピスト、カウンセラーの方々も、特にプロで長くやっている方々ほどね、自分でやっている仕事の価値がそこらへんの職業とは全然違うんだよって。

あの~めちゃくちゃ価値があって、「人生変えてるんだ」と。「世界を変えてるんだ」と思うくらいの価値であれば、いくら請求しても問題ないかと僕は思ってます。

まずその物の在り方というか、マインドセットがあればさ、まず高単価取っているコーチは間違ってるとか、たぶん思わないだよね。

その人の気持ちも分からなくはないです。その自分が低単価で、高単価の方が売れてて、しかもサポートの質とか技術がね、その人が無かったら、それはイラっとすると思いますよ。

僕も、あの、そういう時代もあったし、なんだけど、そんな暇が合ったら自分が影響力もって、もっと大っきく業界に主張すればいいんじゃないかなとおもうんですよね。

もっとサポートの技術とか上げようとか、カウンセリングやコーチング技術とかあげなさいって言っていいんじゃないかなと思うんですよね。

もちろん僕はそれも大賛成ですよね。

高単価頂いたなら、その、それ分の価値を提供する。ただ、その価値と言うのは、無限とあるわけ。人の人生を変えるような仕事なので、あの~車とか家とか安いと思ってください。

はい。それだけであなたは明日から簡単に値上げできます。

はい。今日は以上です。ちょっとね、精神論的な話を今日はしたんですけど、まあノウハウばかりだと飽きるよね、っていうのもあって。

最近、在り方、マインドセット、自分のゴールに関しての話をしてくれと生徒さんからも言われますので。

これで感覚値がちょっとでも変わったらかなりいいです。

動画繰り返し見るとね、僕の非言語情報、表情とか声のトーンとかでかなり確信度高い情報で、生徒さんもね、僕と会うと勝手に売り上げが上がるんですね。

それってノウハウじゃなかったりするわけなんで。

いかがだったでしょうか。何かいいなと思ったら「いいね」のボタンをお願いします。

チャンネル登録も2700ほどあります。まだまだ募集してますので、よろしくお願いします。

はい。WEBセミナーですね、この動画の下の方のURLから登録できますので、動画が見れますので、コーチ、コンサル、セラピストがクライアントを獲得するまでのプロセスですね。

ぜび、無料で勉強していただければと思います。以上です。仙道でした。失礼します。

 

本質的な原因はセルフイメージやマインドセット

結論からいえば、批判をしてしまう人っていうのは、セルフイメージやマインドセットが低いのだと思います。

もっとシンプルにいえば、自信がないのでしょう。

例えば、100万円の単価の商品やサービスを提供しても満足してもらう自信と覚悟がないんだと思います。だからうまくいっている人への嫉妬や妬みが出てきてしまうように感じるのです。

たしかに商品を購入してくれるお客様からすれば、100万円という金額そのものを見れば高額だと思います。

しかし、100万円を支払うことで、200万円以上の価値を感じるサービスを受けることができたらいかがでしょうか?

100万円を支払ったことで、年商が1000万円になり、その状態が一生続くようになったとしたら、お客様はどう感じるでしょうか?

きっと「100万払って損した!」なんて言う人はいないですよね。

高単価を売るということが問題なのではなくて、高単価を売るだけのセルフイメージやマインドセット。そして高単価を売った後に全力で成果に導いてあげる覚悟が欠落してしまうことが、本当の悪だと私は思っています。

これは憶測ですが、批判をしてくる人ほど、お金ばかりを見ていて、商品販売後のサポートなどは手薄なような気もします。

反対に私自身は起業した当時から、サポートに全力を尽くしてきました。自分で言うのもなんですが「ここまでやるか?」というレベルでサポートしてたのです。

そこで全力を尽くしたおかげで、今の私があるし、多くの生徒さんが大きな成果を手にすることができたと感じています。

もしあなたが、批判に苦しんでいたり、誰かを批判してしまいたくなるような状態なのだとしたら、自分自身のセルフイメージ、そしてマインドセットを見直してみてください。

セルフイメージとマインドセットが向上してくれば、嫉妬や妬み、モヤモヤが消えて、コーチ、コンサル、セラピストという仕事がより素晴らしく感じれらるようになると思います。

ぜひ今の自分を振り返ってみてください。

パソコン用の画像

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );