ブログが苦手でも継続できる|即実践できる2つの具体策

仙道

ども、仙道です!

コーチ・コンサル・セラピストや個人起業家の方が、ブログを使って集客をする目的は、最終的に自分の収入につなげるためだと思います。

この「収入を得る」という成果を得るまでには、ブログの場合どうしても時間がかかります。もちろん、成果が出るまでの時間に個人差はあります。

しかし、ブログが苦手という悩みは多くの起業家が抱えます。誰にでも共通していえることは、『ブログを継続することが絶対に必要』ということです。

 

ブログを使ってどんな人を集めて、どんな商品・サービスを提供するのかは1人1人違います。しかし「継続」という要素はブログを使う人にとっては共通して必要になる要素です。ブログが苦手だろうと、継続すればするほど、あなたのビジネスに良い成果を与えてくれます。

ここではブログが苦手でも継続するための方法もお伝えします。ブログを継続することはWEB上で集客を仕組み化していくためにも必須条件になるので、ぜひブログ苦手という状態からブログ継続に変換するための方法をご確認ください。

 

 

ブログが苦手でも継続するための2つの方法

ブログが苦手でも継続するための2つの方法

ブログが苦手でも継続するために使える簡単な方法をお伝えします。

「ブログを継続的にやることがイイのはわかっている、でも継続できない」

という悩みを抱えている方は非常に多くいます。もしかすると、あなたも同じ悩みを持っているかもしれません。ブログを継続できない最大の壁は、『ブログ記事を書けない』という壁です。ブログを始めたのに、すぐにやめてしまう人、更新が止まってしまう人は「記事が書けない、書くのがツライ」という理由からブログをやめてしまいます。

ブログを継続するために役立つ方法・考え方を5つお伝えするので、あなたのブログを継続的に構築していくためにも、ぜひご活用ください。

 

方法1:書いててツラくなったらやめる

ブログ記事を書くことに慣れない頃は、文章を書くことが、本当にツライ・苦しい・キツイと思います。

そんな時は、思い切って「文章を書くことをやめてしまう」という方法です。

 

ブログを書いていて、ツライ・苦しい・キツイと感じたら、その瞬間に書くことをやめて、次の日に回してしまいましょう。

記事のタイトルや本文を1段落だけ書いて終わりでも大丈夫です。

書くことに慣れていない文章を無理やり書こうとすればするほど、書くことが嫌になり、結果としてブログを続けることが嫌になってしまうからです。

 

もしあなたがどんなに文章を書くことが嫌いだとしても、この方法を使えば、本当に少しずつ文章が書けるようになります。

 

「やめてもいい」という気持ちを持って実践することがポイントになります。

 

「いつでもやめていい」という軽い気持ちで取り組むことで、あなたの脳が「ブログ=ラク・簡単」と自然と認識してくれるようになり、自然とブログを書くことに抵抗感がなくなります。

書いた文字数を気にする必要はありません。ブログを書いていてツライと感じたら、すぐに書くのをやめて、次の日に書くようにしましょう。

 

「書くのがツライときは、書くことをやめて次の日に少しだけ書く」という状態を、3ヶ月、半年と自分のペースで続けてみてください。

すると、だんだん記事が書けるようになってきます。「ブログのことを考えるだけでも、発狂しそうになる」という女性コーチが実際のクライアントにいたのですが、この方法を使ってブログを継続することができるようになりました。

もちろん、ブログから契約が取れるようにもなっています。

Webサイト集客で挫折しても習慣化ができた究極の改善方法

 

方法2:完璧主義を捨てる

「ブログ記事が書けない」という人は、完璧主義であることが多いです。完璧主義というものがどんな状態なのかお伝えします。

例えば、「読者の喜ぶ記事にしよう」と考えすぎて、完璧主義に陥っていると読者からの反応がないときに、「こんなに頑張って書いているのになんで、申込みが来ないんだろう」という具合に、自分を責めてしまうようになります。

 

このように自分を責める状態が続いてしまうと、ブログの継続が苦しくなり、最終的には「ブログを継続できない自分」を責めてしまうようになります。

 

頑張り屋さんほど、「完璧主義」になりやすい傾向があるので気をつけてください。

 

完璧な記事を求めて、できない自分を責めてしまうのは、精神的にも良いことではありません。ブログ記事おいて「完璧」という言葉に明確な定義はありません。

「完璧な記事」とは「あなたが納得する記事」でしかないということを覚えておきましょう。

 

  • こんな文章誰にも見せられない
  • こんな文章では誰にも見られたくない
  • こんな文章では価値がない
  • こんな文章では恥ずかしい
  • こんな文章ではSEOで上位を狙えない

 

ブログ記事を書くとなると、どうしても「完璧だ」と思える状態で記事を書きたくなります。しかし、完璧な記事を求めれば求めるほど、記事を書くことが苦しくなってしまい、そのせいでブログ書くことができなくなってしまいます。

 

もしあなたが完璧な記事を求めすぎているせいで、ブログを書けない場合は、「ブログ記事は30点でも大丈夫」と考えてみてください。例えば、30点ぐらいの記事の例としては、今あなたが読んでくれているこの記事。

 

仮にこの記事を100点満点とします。

この記事は、以下に記載してある『現在の目次参考例』のような内容で記事を公開しております。しかし、『目次の参考例』のように「ブログ継続の秘訣は完璧主義をやめましょう」という内容しか記載していないとしても、記事を公開していきましょうということです。

 

▶︎現在の目次参考例

1.ブログを継続するための2つの方法
1-1方法1:書いててツラくなったらやめる
1-2方法2:完璧主義を捨てる
2ブログ継続で得られる5つのメリット
2-1メリット1:Googleからの高評価
2-2メリット2:信頼獲得につながる
2-3メリット3:ブログは継続するほど資産価値が増える
2-4メリット4:あなたのスキルのレベルを上げてくれる
2-5メリット5:時代に左右されない
3まとめ

▶︎目次の参考例

1.ブログを継続の秘訣は完璧主義をやめる!

 

『目次の参考例』は「文章の量」や「記載する情報の質」に注目した1つの例にすぎませんが、『30点ぐらいでも良い』というのは、以下のような項目にこだわらないことです。

 

  • 文章の量
  • 記載する情報の質
  • 記事の内容がわかりやすい
  • たくさん具体例がある
  • 読んでいると感情が伝わる
  • 心揺さぶられる文章になっている

 

ブログが書けない4つの原因【すらすらアメブロが書ける秘訣とは?】

 

これらは、あなたがブログを継続していく中で自然とレベルアップしていきます。

子供の頃、初めて自転車が乗れるようになった時のことを思い出してみてください。

自転車をはじめから完璧に乗ることはかなり難しいと思います。しかし、それでも乗れるようになったのは、「今日は昨日よりも少しだけ長い距離を乗れた!」という少しの成長を実感して、楽しめたからだと思います。

 

ブログを書くこと、続けることも一緒です。最初は30点の記事でも書いてみることが大事です。そして、書き慣れてくることで徐々に記事の質も上がっていきます。はじめは30点でもいつの間には90点の文章を自然と書けるようになっていきます。

 

なので、焦る必要はありません。完璧主義を捨てて、自分のペースで楽しみながらブログを更新していきましょう。ブログは継続とともに改善を繰り返して、成長させていくメディアです。

だから最初は10点でも20点でも構いません。ブログを継続的に続けるためには、完璧主義を捨てて、気軽な気持ちで取り組んでください。

ブログが続かない時は断捨離&マインドセットで習慣化させる

パソコン用の画像

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );