ブログから申し込みをガッツリ獲得するオファーの作り方

仙道

どうも、仙道です!

ゼロからブログ集客をする三つの近道ということでブログから申し込みをガッツリ獲得する方法をお伝えしていこうと思います。

 

ブログから申し込みを獲得するには、オファーの作り方が何より大切なポイントになります。

僕の生徒さんはコーチ・コンサル・セラピスト・ヒーラー・カウンセラーさんや起業家さんが多いんですけど200名以上が、Web中心で100万〜200万とか1000万を超えるようになったことに関しても、オファーの作り方に秘訣があります。

これは別にブロクじゃなくても、Facebookだろうが、インスタだろうが、ツイッターだろうが、全てに応用が効くので、本質論を紹介していきます。

 

ブログから申し込みをガッツリ獲得する本質論

ブログから申し込みを獲得するには3つの本質論があります。

仙道

一つ目はブログの差別化コンセプトです。

これがめちゃくちゃライバルと違う。あとは、お客さんお金を出してでも欲しいぐらいの魅力がある。

二つ目はブログのコンテンツ。

テレビ番組では番組が面白くないちずっと見ないですよね、これがコンテンツがいいという本質ですね。

 

そして最後は何かというと、じゃあ売上でないと意味がないわけですよね。

ただアクセスを集めるどうのじゃなくて、売上をだすことが我々の目的なので、売上出すには一体どうしたらいいのか?

最終的に、提案内容や条件がいいものがブログ内で魅力的なものが出てないと、 そこに登録したり申し込んだりしないってことですね。

これをオファーといいますね。マーケティング用語オファーといいます。オファアーが強いとか、オファーが魅力的だとか、どこかで聞いたことがあるかもしれせんね。

 

クライアント獲得には、魅力的なオファーが必要不可欠

コーチ・コンサルとして、ブログ集客やSNS集客を頑張っている人はたくさんいます。

  • ブログから毎月リストを50件獲得しています!
  • Facebookからイベントに100人集客しました!
  • インスタから毎月15名は集客できています!

でも実際のところ、多くのコーチ・コンサルは集客ができているだけです。つまり、集客した見込客から売上を獲得できていないという現状があります。

 

ビジネスを続けるためには、当然、売上が必要がです。なので、ただ単に集客するだけでは、全く意味がないということです。

じゃあ、どうすればいいのか?

集客した見込客を売上につなげるためのポイントとなるのが、オファーと呼ばれるものです。

オファーとは、見込客に提案する取引条件のことを意味します。

 

例えば、次のような内容をすべてひっくるめてオファーと呼んでいます。

  • 商品・サービスの内容
  • 料金
  • 支払い方法
  • 保証の内容
  • 購入時の特典
  • 申し込みの期限

 

オファーが見込客にとって魅力的な内容になっていれば、商品は売れていきます。

今は引退してしまいましたが、世界ナンバーワンと呼ばれたセールスライターがいます。彼は、こんな言葉を残しています。

A gifted product is mightier than a gifted pen.
意訳:素晴らしい商品は、素晴らしいコピーに勝る

 

この訳では「商品」と書かれていますが、ここは「オファー」のことであると考えてください。つまり、こういうことです。

 

素晴らしいオファーは、素晴らしいコピーに勝る

 

もしあなたが、コピーがまだうまく書けなくても、セールストークが下手でも、オファーさえ魅力的なものになっていれば、あなたの商品は売れるということです。

 

ブログから申し込みを獲得する「断れないオファー」を作ろう!

sendブログからガッツリ申し込みをもらう方法

仙道

「オファーが強い」の事例としては、いろいろあるんですけど、やっぱり最近この2020年とかは、いかに有料なみの商品を無料で「今もらえるんだな」と思わせられるかが基本ですね。

ただのメルマガ登録どうですかというよりかは 7つの動画を完全無料でプレゼントって言った方がもちろんメルマガの登録率が高いですね。

メルマガの場合、セミナーの場合なんちゃらセミナーやりますよりは、今まで有料でしか教えてこなかった〇〇セミナーの細かい内容の5ステップを今なら無料でやります。
無料でセミナーをやります!とかでもいいし、半額以下で教えますとかでもいいわけですよね。

これはあと体験セッションに関しては、僕は直接募集しないほうがいいよって言ってます。

もし高単価、30万〜50万とか売りたければ、ブログよりかメルマガとかLINEに繋げて、そのあとで信頼関係を作った後で、体験セッションの募集をしてください。

ただそこでも一緒で、ブログで募集する場合も、フェイブックで募集する場合も、メルマガで募集する場合も同時でいいんですけれども、

体験セッションの場合はただ体験セッションをやりますとか、個別相談やりますは、もうダメだと思ってください。

「これ私にメリットないじゃん」と思われたらダメで、これ5000円でいいのか?10000万円でいいのか?と思えるような

 

有料並みのオファーになっていないとだめ

 

仙道

本来3万円でやっている、〇〇診断セッションを今なら5000円でやります!と言えば良いわけです。これはあのオファーが強い体験するんですよね。

診断してくれるでいえば、ブログ診断しますとか、前世を診断しますとか。もし僕なら、あなたに最適な集客ルートをあなたに1時間でわかるように提案しますとか。

そういうメリットがないと来ないわけですね。そういうのを工夫してオファーをつくってください。

これは3倍5倍でもお金を払っていきたいと思えるオファーになっていれば、メルマガ登録をしてくれます。体験セッションやセミナーにも来るわけですよね。

 

見込客に「断るなんて大損だよね」と感じさせる

オファーを魅力的にすることを、「オファーを強くする」と表現します。

オファーを強くするためのポイントはとてもシンプルです。それは、見込客があなたのオファー内容を聞いた時に、「これを断るなんて大損だよね」と感じるかどうかです。

「これを断ったら大損だ」と感じてもらえるオファーを構築し、提案することができれば、見込客はあなたの商品・サービスを高確率で購入してくれるということです。

 

例えば、あなたが本来は1回5万円で提供しているコーチングセッションを、「特別体験として、5000円で提供する」としたら、オファーが強くなります。

さらにオファーを強くしたい場合は、「この価格でセッションを受けることができるのは、本日申し込まれた人だけです。」という形にしても良いでしょう。

さらに加えて、「このセッションに申し込んでくださったら、当日のセッション内容を録音した音声と、パーソナル診断シートをプレゼントします」などとしたら、さらに魅力的なオファーにすることができます。

 

オファーを強くしていくときのポイントは、あなた視点で考えるのではなくて、とことん見込客の視点に立って考えてみることです。

あなたの見込客が「これを断るなんて大損だ!」と感じてしまうオファーを構築してみてください。

 

セールス初心者は必見!「断れないオファー」の作り方

 

コーチ・コンサル集客で本質となる3要素

sendブログからガッツリ申し込みをもらう方法

仙道

はい、そういう感じなんですけど、どうですかね。ちょっとボケと話しすぎた感じがして、本当はもっと事例をだしたいんですけども、あんまり動画長いとみなくなると思うので、復習しましょうね。

ブログ集客をゼロから始める3つの最大の近道は、アクセスアップっていうのはこれはもう最後に回してください。

はじめは、差別化コンセプトが魅力的で、絶対ライバルができてないものにすること。後はライティングのコンテンツが本当に役に立った面白い、テレビ並みにずっと見てたいと思うものである。最後はオファーが強い魅力的なメルマガ登録。

この3つを徹底的に最初にやれば、あなたはかなりライバルより早く、成果がブログとかメルマガ出ている。

LINE とか Facebook とかインスタも同じ話です。これを今日からぜひ活用して、この3つの近道を使ってレバレッジを効か背てもらえればと思います。

 

本質となる3つの要素を見直していこう

コーチ・コンサルの集客で本質的な要素は、たったの3つです。

 

  1. 差別化コンセプトが魅力的で、絶対ライバルができてないものであること。
  2. 提供するコンテンツが、見込客にとって本当に役立つものであること。
  3. オファーが、断る理由がないくらい魅力的であること。

 

この3つの要素を全て抑えることができれば、集客から売上獲得までをスムーズにすることができます。

もし今のあなたが、集客や売上に困っているなら、ここでご紹介した3つの要素をしっかり見直してみてください。

ワードプレスとアメブロの違い|ブログ集客ならワードプレス一択

パソコン用の画像

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );